タグ:お笑いライブレポ ( 237 ) タグの人気記事

雑日記 生きてはいる

生きてるけど、ほぼ寝てる管理人です。

最近は野球は元気にTV観戦してます。
去年の先発投手の三本柱が故障で消えてどうなるかと思った我がベイスターズですが、飯塚、京山の高卒若手、そしてドラフト1位ルーキーの東がめちゃめちゃ頑張って、むしろ防御率は低いし抑えてるが打線が点を取らず負けると言うよく分からん状態に。
それでも広島を止めたし巨人にも勝ったし、後は故障者の復帰を待つばかりと楽しい感じです。

で、なんで寝てるかと言うと鼻炎薬のせいでして。
特にここ数日はもう大変でやっぱり花粉症なのかなと思いつつストナリニを服用していると、もう全然起きていられない。
ストナリニはすぐ効いて私に合ってる薬ではあるのですが、連用すると鼻はかぴかぴ過ぎて痛いし、味は分からなくなるし寝ちゃうしでもう耐えられん、となり三日前からはアレグラに変更。
効かないと評判のアレグラですが、時間通りにきっちり服用するとちゃんと効きます。頓服的に使う薬じゃないみたいです。割と穏やかな効き目で私には合ってる。
多少は起きていられるし。
それ以外にも気温差でやられたり、春はホントに調子がでません。


だからもう、雑に色々まとめちゃう。


海外ドラマはwowowで3つ見終わった。ちなみにブラインド・スポットはシーズン3の1話で投げた。もう見ない。

ではホントに見たという記録だけのほぼ一言感想、ネタバレもあるよ。褒めてないよ。


・Elementary/エレメンタリー シーズン5
今シーズンは割かし安定して面白かったと思う。ワトソンの華麗なるファッションも楽しめた。
ダークサイドに入った父は名前がたまに出たり、ちょっと利用したり程度。
ホームズはフィオナとあっさり別れ、キティが再登場。子連れでもうこれで探偵は辞めるとの事で最後になるのかね。
ワトソンは医者時代に治療したシンウェルと言うのが出て来まして、これがギャングにいたんだけど内通者になってそのギャングを潰すとかシーズンに渡ってあれこれ出てきたり。この関係は例によってつまらない。
そんでシンウェルが前にギャングの命令で人を殺してた事が分かって、ホームズはそれで捕まえようとし、ワトソンはそれでもギャングを潰すのを優先すべきと揉めたり、シンウェルにホームズが襲撃されたりごたごたする。
最終的にはシンウェルが殺され、ワトソンが後を引き継いでギャングに対峙するんだけどその頃からホームズの様子がおかしい。
捜査をほっぽり出したり、シンウェルの葬儀に来なくてワトソンが激怒したり。
人を殺したのがそんなに許せないのか、シンウェルは私の友達ですべてが終わったら自首するつもりでワトソンに供述書も渡していて、なのに葬儀にも来ずギャングを潰すのにも手を貸さないと。
何やら女のストーカーに付きまとわれてると思ったらそれは死んだ母でホームズの幻覚。他にも色々見えたり、記憶が飛んだりしてるらしい。
最終回では病院に行ってまして、そこで終わりのクリフハンガーと。
なんかシーズン6は一応決まったらしいですね。そろそろ正念場かもしれませんね。

・ナイトシフト~真夜中の救命医 ファイナルシーズン
ナイトシフトもシーズン4の10話でファイナルですが、いやあ酷かった。申し訳ないがそうとしか言えない。
とにかくシリアパートがいらないと思うんだよなあ…。
まずER自体は存続するが、トファーは責任者として首と言い張る新経営者ポール父。でもすったもんだありつつ、軍人病院と提携するのを勝ち取ったジョーダンの押しでトファーは戻れる事になるが、交通事故で娘とお亡くなりに。
降板だからって殺すなと思ったが、ここから殺しまくりですよ。アニーに至ってはスコットとも爽やかに別れて旅立ったと思いきや、リュックに石詰めて川へダイブ、しかも結局最終回でも生死不明。
他にもケインという新しいメンバーも最後突然辞めると言い出して、パスポートとか大金をバッグに入れて逃げ出したところを反社会勢力の皆さんにとっ掴まって、その後は放置。どうなったかも分からない。
TCは相変わらずふらふらしてて、シリアの女医といい仲になって結局やっぱりサンディエゴに居場所ないわーシリア行くわーと出てったのになぜか最後の最後でやっぱり戻って来て、あの女医どうしただし。
ポールが代わりに親に嘘ついてシリアに行ったとか、何もかも中途半端で終わりましたとさ。

・クリミナル・マインド12
10、11と見てないのについ12シーズンを見る。ちなみに国際のシーズン2は投げました。
まずホッチの中の人がスタッフを蹴るという事件があり、ホッチがドラマから消える。最初は特別任務とか言ってましたが、結局スクラッチからジャックを守る為に証人保護プログラムに入ったとの事。
私はホッチが凄く好きだったからもうこれだけでがっかり。
後釜のリーダーは帰ってきたプレンティスで新加入はアルヴェス、演じてるのはCSIマイアミでデルコだった彼。
途中からリードが殺人容疑で刑務所入り。お母さんの認知症を治そうとメキシコへ怪しい薬を買いに行ったりしてて付け込まれた。もうこれがホントにつまらないんだよ…。正直ホントにテキトーに見てました。
スクラッチに嵌められたと思いきや、実は10年ほど前に色々あったサイコパス少女リンジーの仕業でしたと。
全体的になんか雑と言うか、もうプロファイリングじゃないよねみたいな。
リードが刑務所とかホントに見てて厳しかったし、次はどうなるのかなあ。

最近はwowowでやった時は見なかったのに新米刑事モースをNHKBSで見て、面白いなあとか思ってます。
なんでwowowで見なかったのかなあ、長いからか吹き替えだけだったからか。まあNHKだって吹き替えなんだが。
無理矢理字幕出して見るので、中々1時間半の時間が取れずまだ3話しか見てない。


次はお笑い。

・磁石単独ライブ「Re:play」(4月7日)
毎年恒例磁石の単独ライブ。今年は会場が四谷区民ホールでしたが、実に立派なホールで快適。
磁石も安定してコントも漫才も面白いし、最後に軽くまとまるのもよく出来てる。
相変わらず佐々木さんがバツ2をいじられている。
ヤバイ、もう思い出せない。
まあとにかく、凄く面白かったからいいか。

[PR]

by hyakurin | 2018-04-11 13:27 | 日記 | Trackback

月刊コント関係2days

このところブログを更新しようかなーと思うと繋がらないという事が多かったのですっかり日にちが開いてしまいました。
何度も何度もだったので復旧したとか言われて更新しようとして、やっぱり駄目でしたとか嫌なので様子見してたのもある。
そんな訳でせっかく久しぶりの月刊コント東京開催なのに、大した事は書けません(いつもだけど)

と言うか横浜、春分の日だっつーのになんと雪が降って積もってます。
既に塀の上とかは2センチくらい。
ホントに今年の冬は寒いなあ。

と言う訳でささっと行きます。


「月刊コントを語ろう」神保町花月で16日開催。
前回の神保町の久馬さんのイベントで突如発表されたこのイベント、チケットはぎりぎりの発売だわ、それほど誰も告知しないわで座席が半分…くらい埋まったかなくらいの状況。
プランもゴエさんいなくて揃わず、2丁拳銃、シソンヌ、GAG少年楽団というわりかし謎メンバー。特にGAGは月刊コントもさほど出てないし、明日も出ない。
オープニングは今まで100回開催してる月刊コントのオープニングで使った曲を出演者に選んでもらって歌いながら出て来るというので、ギブソンさんは清志郎を替え歌で「全然客入ってない」とか歌うわ、小堀さんはハモニカまで吹いてノリノリだわ、後の2組は知ってる曲がないと歌わないわ。
ほぼフリートークみたいな感じ。
来てないゴエさんの話からで、とにかく冷静で後輩も「君」付けでしか呼ばないゴエさんが宮戸さんが凄く携帯ゲームが上手かった時だけ「お前」と呼んできて、ギブさんに報告したら「お前と呼ばれる後輩は俺と宮戸さんだけ」と言われたとか。
しかもその後はまた「宮戸くん」に戻ったそうでギブソンさんなんか嬉しそう。
久馬さんの元相方の話とか。同期の集まる会をやったときに、水玉のケンさんと後藤さんが大喧嘩したとかなんとか。
色々ゲスト出てるけどウーマンラッシュアワーがコントで出た事もあったそう。
キングオブコントの話から、GAGの3人が今年1年目の若手ライブの司会をやったらなんか凄い若手がいて、最下位とかめっちゃいじってきたり、つまらないとか言われたり凄かったそうです。
そしたら川谷さんも最近ゆにばーすがネタ終わりで袖に帰って来たら若手に「めちゃめちゃつまらないですね」とか言われたのを聞いたそうで、最近の若手凄いなってなったらなんとそれ同一人物だそうでちょっとざわついてる案件なんだとか。
小堀さんが誰か知りたがって何度か聞いてましたが、名前は出せないと最後まで言わず。
なんかそういうのがかっこいいと思ってるのかなあって生温い気持ちになりました。
最後は明日の月刊コントのオープニングをちょっとやって終わり


「月刊コントルミネ号」ルミネtheよしもと17日
実に3年ぶりに東京開催の月刊コントです、最後は浅草でまだ4人だった頃です。久しぶりにもほどがあるわあ。
今回はメンツも豪華でして、立ち見もいる超満員。
一応今度は10月頃を予定しているとか。楽しみだけど本公演はやっぱりこっちでは無理なのかなあ…。
コントの順番とかはめちゃめちゃですし、内容もあやふやです。

ザ・プラン9は修子さんと一緒に「タイタニック」
レンタル店で「沈まないタイタニックに変えろ」とか因縁つけるコント。これ最初にやったのは5人時代かなあ?
タイタニックで始まる月刊コント、前にも見たような…。修子さんが入ると感じが変わっていいですね。

レインボー、初めて見たんですがてっきり男女のコンビなんだと思って見てました。だって女装が自然なんですよ。久馬さんも後で言ってたけど、普通コントで女装と言ったらスカートとかなのにジーパンでやるって相当ですよ、声もなんか女性っぽいし。
ネタは音声だけ聞いてると笑いどころがない感じがジャンポケに似てる。「綺麗だ」「綺麗じゃない」のくだりは久馬さんが気に入ったのか延々と使ってました。

ニューヨーク、結婚式の余興のコント。やる事成す事本格的過ぎる。

横澤夏子、巨乳を嫌がる女。Gカップと言いつつ、凄いデカさ。
このコントで巨乳じゃない方がカフェの店員にナンパされて巨乳が怒る、みたいなくだりがあるのですが、ブリッジではその店員が安達さんでした。今回はピンネタはなさいませんでした。

ルシファー吉岡、うるさい隣人に注意に行くオッサン。壁が薄いが、隣の大学生の事を把握しすぎ。部屋の主のケンジくんになぜ女子と2人きりで行かなかったのかとか言うが、ケンジくんはゲイというオチ。

チュートリアル、疲れて帰ったサラリーマン(福田)が投かんされていたチラシを見てマッサージを呼ぼうと「コリトール」と言う店に掛けるが、出た奴が変なヤツで延々と話が続き、ようやく切っても今度は2年前に買ったケーキ屋が電話をかけて来てそれが交互に永遠に続くみたいな。
徳井さんは電話の声でずっと舞台には出てこずで、とにかく喋りたい放題に喋っていて、途中で自分で笑ったり。
ブリッジで徳井さんが女装でレインボーの姉で登場。しかも他の仕事があるため、これで出番終わり。

2丁拳銃は「おじいちゃんと孫」金髪の孫のところに来たジジイが、一々戦争に絡めたトークをしてくると言う。
シソンヌは友人と部屋に帰ってきた男が、手に持っていたコンビニ袋がないと騒ぎ出して、コンビニに寄ったけど買い物はしてないという友達の本当の事に納得せずしつこく騒いでいる内に、段々友人も買ったなってなってしまって…。

まとめコントは人数多すぎて2つに分かれましたが、凄く良くできてました。
笑ったのがケンジくんが好きな男がカフェ店員の安達さんで、肩を抱かれたりするたびにルシファーさんがああ、みたいに騒ぐとか、ホントに良かったです。

次は10月くらいにやるみたいな事を言っていて嬉しかったです。もう贅沢は言わないわ。
本公演も年一でいいから来てくれたらもっと嬉しいけど。
でも来月も神保町花月でプラン9とかもめんたるでコントライブあるし、月刊コントとか本公演とか大がかりでなくとも来てくれるのは楽しみです。

[PR]

by hyakurin | 2018-03-21 14:47 | お笑い・落語 | Trackback

雑日記 空白は空白のまま

どうも、前回「もうすぐバレンタインデー」みたいな事を書いたっきり消えていた管理人です。

その間にもうオリンピックも終わっちまった訳ですが、スケートとか屋内競技にはあまり興味がないと言いつつフィギュアスケートもパシュートもしっかり見ていたし、全国民がほぼほぼカーリングを見ている頃にマススタートを見ていて金メダルの瞬間まで見てたのであります。
と言うかカーリングを見てなさ過ぎて世の中にあふれる「そだねー」やら「もぐもぐタイム」「メガネ先輩」やらがさっぱり分からんが、マススタートは競技としてとても面白かったのでまったく後悔してません。金メダルを取ったレースも凄い見ごたえあってこれはいい競技だなと思いました。てかあの姉妹すげえわ。
スキークロススノボクロスなどフリースタイルも色々楽しかった。
ちなみになぜカーリングを見ないかと言うと集中力がないからです。ちょっと目を離した隙に投げてるし、なんだか分からなくなってしまう。他の競技は比較的時間が短いから見逃さずに済むので。


15日に神保町花月で「即興で泣かせたろか!芝居たろか!」を見に行った後、なんか微妙に体調がすぐれずにオリンピック期間中のほとんどをぐずぐず寝付いて過ごしておりました。だからより集中力がなかった。
ライブの感想もすっかり書いてないですが、即興芝居で泣かすイベントでした。そのままか。
事前アンケートで「最近泣いたエピソード」とかも考えたら全然書けなかった、泣ける映画とかも嫌いだし。
久馬さんが「芝居とシバイたろかをかけてるんですけど、こっちだとしばいたろかとは言わないですね、どういうんでしょうね」と言っていましたが私は「はったおす」かなと。ちょっと勢いありすぎるかね。

海外ドラマも「ルシファー/LUCIFER」のシーズン1見たんです。
レンタルで2話だけ見た時は借りるほどじゃないなと思いましたが、見ていく内に結構面白く感じてきて最後まで見ました。
シーズン2も楽しみですが、じゃあ感想書くかと言うとそうでもないみたいな。
もう段々このブログやってる意味も分からんくなってまいりました。
自分用の覚書としては、ルシファーはお父さん(神)にお願いごとをきいてもらって無事でしたが代わりにひとつやらなきゃならない事が出来ました。マムを探す事、だそうですがつーか悪魔に母親いるんだねえ。
そもそもルシファーからして元天使なのに性別は男みたいだし。

最近は実にシーズン3見てから5年ぶりに「ヘイヴン」のシーズン4を見始めたのですが意外に前の話も覚えてるもんだなあとか思いつつ、微妙にデュークの設定とか忘れてて、なんかふわっと見てる。
「グリム」も続きを見始めた。あれこれ見てて訳が分からない中更に、諸事情でamazonプライム会員になったので内村さまぁ~ずとか野爆の番組も見れるようになってしまってさあ大変。
今年は寒いのに風邪はひかないなあとか思ったが考えたらほとんど家にいるんだからそりゃそうだよな。
もうこのまま、春までひっそりしてるかなもう。

[PR]

by hyakurin | 2018-02-27 12:51 | 日記 | Trackback

チョップリン単独ライブ「昼間のお月さん」(10日新宿角座)

お久しぶりのチョップリン単独ライブ。
しかし久しぶりと言っても最近じゃ定期的に単独やる贔屓がほとんどいないので貴重です、東京でもやってくれるのは特に。
相変わらず開場に間に合わない、なんでだろうなあ。いつも連れに迷惑かけてすまぬ。
そしてその連れの取った席でまたハプニングが…。あはは。

コントのタイトルは不明なので適当。
順番とかも適当。


「面会」
刑務所に入っている西野、面会が来ると言われるが心当たりがない。
しかもやって来たのが中華風の格好に覆面の男。男は音楽とともに覆面をどんどん変えて行く芸を披露。
私これ最初面が変わっているのに気がつかず、何を騒がれているのが一瞬分かりませんでした。
凄く衣装とか小道具とか凝っていて、どう見てもライブで披露するだけの芸じゃないなあと思っていたらやっぱりで、小林さんがこの芸をやってる人に惚れ込んで中国からわざわざ一式取り寄せて練習したらしい。
さてハプニングと言うのは小林さんが客席に下りて来て、みんなと握手したりしたのですが私と握手した時やたらと長く握られてるなあと思ったら目の前で覆面が変わるという。それくらい近距離でも全然分からなかったです。
小林さんの手はとても冷たかったです、てか私が緊張して熱かったのかも。
オチは「面会人」ならぬ「めんかえ人」と言う。

「透明人間」
全身ブルータイツでコートとかマスクとかつけてる男を見て、白衣の西野「外に出たら駄目だ」と激怒。
実は透明人間になる薬品の治験中で小林は2日で半透明まで来たとの事。
ちなみに戻るには2年かかる。
小林は父親が危篤でとかで逃げようとしてるが。
ちなみにこのコントの全身タイツも中国から買ったそうなのですが、さっきのコントの面替え一式よりタイツが高くて38万円もしたそうで。どう見てもちょっといいけど普通の全身タイツなのに!
どう処理されたのか恐ろしくて知らないそうです。

「喫茶店」
喫茶店に全身黒装束で目出し帽の男が荒々しく入って来てビビる西野。
客なのか強盗なのか分からないと騒ぐが結局客であり、店の面接に来た男でもあった。
しかも西野は店員っぽくふるまっているようでただの客。
今回はオチが分かりやすいのが目立ちましたね、コント。

「雨乞い」
百姓の小林は日照り続きで困っているが太陽(西野)は「今日も燦々、にっこにこ」と叫ぶばかりで雨にしてくれと言う願いはガン無視しまくる。
こうなったら先祖代々の雨乞いをしてやると西野、キツネの面を被り横笛で謎の曲を吹くほぼ嫌がらせを。
キツネの面とか笛の曲とか、前にも見たなあと思ってたらオチを覚えていない。

「合格発表」
どんな馬鹿でも受かりそうな高校に合格発表見に行ったら小林だけ落ちていて…と言う前からやってるコント。
このコントの受験票と喫茶店で小林さんが出した履歴書が今回のプレゼントで、履歴書は小林さんのガチ履歴書で連絡先とかもすべて本物、流失させるなり好きにしてとか言ってました。初めてちょっと欲しいプレゼントだったかも。

「借金の取り立て」
以前バイトでちょっと一緒だっただけで大して親しくない西野の余命が僅かで入院していると聞いた小林は堪らずに見舞いに行く事に。なぜなら西野に7万円貸したままだから。
心配してる風の小林に「寒い事すな」と言う西野、見舞いは口実だろうと見抜いていますが一応見舞いの品を受け取るが、木の実ナナの写真集とか、ななまがりのDVDとか7を連想させるものばかり。
この後、100万円当たってる宝くじがあって云々なんだけど小林さんのお腹が鳴る音が響き渡って、コントが止まりそうになったりしたんだけど、それがネタなのかアクシデントなのか分からずオチも忘れてしまった。

「誕生日ケーキ」
子供の誕生日のケーキを予約した店に受け取りに寄った西野だが、店員の小林はそんなの知らないと言い張る。
西野に強く言われて裏に見に行くが帰って来て聞かれると「まだ見てない」をひたすら何度も繰り返す。
チョップリン恒例、憤り暴れる西野と掴まれるのが意外に痛いので嫌な小林、のコントですね。
しまいには「南口に新しいケーキ屋が出来た」とさもそっちで注文したんでしょと誘導する小林だが、西野が謝って電話をしてみるとやっぱりこの店でした。

「昼間のお月さん」
昼間のお月さん、と言う映画を撮っている監督西野と主演の小林。
色々ありましたねと今日のコントをちらっと振り返り、最後は号泣で締めたいと念を押し、小林は引き受けるが泣けない。
しょうがないので玉ねぎを持って来て切ったり、なすりつけたり食べたりして奮闘する小林、悲鳴を上げる客と言うカオスで終わりました。


やっぱりチョップリンはいいなあ。
覆面が変わるやつはホントに分からなかったし。珍しくタイトルが内容にかかってたり。
また東京でのライブを楽しみに待ってます。

[PR]

by hyakurin | 2018-02-11 09:56 | お笑い・落語 | Trackback

エレ片「新コントの人」初日と千秋楽見ました

見ましたってお前、千秋楽は14日だろうがと自分で突っ込みました。
その後、全豪オープン見たり体調崩したり色々あったんですけど酷いですな、もう内容とかは書けませんよ。
自分用に見たと言う記録です。


今回から新がついたコントの人です。グローブ座に行くのはラーメンズ本公演以来だ。そして周りにはそんな人がたくさん。
私はあくまでラーメンズが好きなのであって小林さんだけの物には興味がないので、ラーメンズはいつか見られる日が来るのかなあなんて考えておりました。
東京しかスケジュールされてなかったのですが千秋楽に大阪と名古屋公演決定が発表されてました。
オープニングとかすべて新しくなっておりますが、内容はエレ片はエレ片。
国技館イベとかあったから忘れてましたが結構久しぶりなんですね。
グッズはTシャツにパーカーにクリアファイルに巾着袋と福袋、そして初となるパンフレット。最後の日はパーカーと福袋はなかったようです。

変わったオープニングは本栖湖で撮影された綺麗な感じの物で今までみたいにコントのタイトルが入ってなかった。
本栖湖で水に入ってて、あれ真夏でも水が冷たいわ、意外に波あるわで泳ぎにくいんだよなあとか思いました。本栖湖はないけど河口湖と山中湖では泳いだ事ありで、波があって真水だと海みたいに浮かないので結構怖いんですよね。

今回は歌ネタと仁子とだっつんの恋愛物はなし。
だから多分ほとんどDVDに収録できるんじゃないかと思います。
代わりにと言うか、結構走り回るコントがしょっぱなからあって大変そうでした。今立さんは特に動くのが多かったです。
全体的にエロ系は少なく、中学生感が強かったかな。エロ系が少ないのは私はありがたいです。
北海道までヒッチハイクで行こうとした中学生たちが変な男の車に乗っちゃって…というコントが一番好きでした。

ブリッジネタではまず、腹筋が1回もできない仁ちゃんを気功と催眠術の先生のところへ連れてって出来るようになるか試すってのがあって、これはもう見てる方もだけど本人たちと先生が終始爆笑しっぱなし。
片桐さんが催眠でとても従順なのですが催眠による指示が(エレキの2人も指示できる)上手く伝わらないとなんか変な動きになっちゃったりしてもう笑えるの。
最後には足を押さえたらちょっとだけ出来たり。
しかし腹筋だけでここまで色々出来るエレ片が凄いよ。
後はレッドブル主催のレースに出るってやつで、その時作ったアンガーマネージメント仁ちゃん号が会場に展示されてたり。雨の中のレースで大破しちゃったのに片桐さんと一緒に(と言うか8割方)製作したリスナーの水島さんが修復してて、Vでは物悲しい感じで終わってたから直って良かった。

やっぱりエレ片は面白い。

[PR]

by hyakurin | 2018-01-19 15:44 | お笑い・落語 | Trackback

神保町花月 世にも奇妙なコント~面白いの裏に隠れた面黒い笑い~vol.8

一昨日の15日に行きました…。疲れすぎて書くの忘れてた…。
思い出せるところだけ。
順番とか適当。

オープニングの皆さんが硬すぎて動きがおかしすぎた。特にくーちゃん。
トークで「あのオープニング、クソダサいでしょ」と久馬さんに言い放ってました。
久馬さんまで「ダサいから出なかった」とか言うし。トップバッターだからでしょ。
次回からオープニング変わってるかもですね。

・先立つ不孝をお許しください(お~い久馬!)
ジジイが首つり自殺をしようとするが縄が高すぎて届かず、椅子を持って来るが持って来たらなんで持って来たのか忘れ、思い出してやっぱり遺書を書こうと紙とペンを持って来るが何をしようとしたのか忘れ、思い出して書き出すが「遺書」が書けず辞書を持って来るが何をしようとしたのか忘れしかも持って来たのが英和辞典でとりあえず「sex」を引いて喜び…と延々と死なない。
こんな事を繰り返して15年、とナレーションが入って暗転。

・バイト(サルゴリラ)
タイトル絶対間違ってる。
新しくバイトに入った赤羽に色々児玉が話しかけるが、家族の話をすれば暗い顔をして「お母さんは死んだ」とかバーベキューに誘えば昔数人でバーベキューに行って自分以外全員いまだに行方知れずとか、一々地雷が多い、みたいな。

・だーりんず
すみません、ネタがどんなだったか忘れました。と言うか、前からこんなにハ○だっけ?とか気になってたら、外して植毛されたとの事。大金が掛かってた割にはアレでした。

・ストーカー(かたつむり)
3人になったの初めて知りました。だからコントの途中でこれ、どうなるんだろうって思ってて3人目が出て来たのにびっくりしました。
付き合っている彼女を保険金目当てで殺そうとしている男、部屋に入ってそれを聞いたストーカーは彼女にそれを伝えるが当然信じてもらえずごたついてたら彼氏帰宅。揉めだすカップルに、ストーキングしてるのは彼氏の方だと言うストーカー。
そして金が欲しいならと10億円入った通帳を置いて出て行く。
暗証番号が彼女か見ていた占いのラッキーナンバーでした。

・ハブサービス
久しぶりにハブさん見たけど、やってる事まるで変ってなくて懐かしかったタイツ芸。
よく思い出せない変な生物と言うかなんと言うかだったけど、ユニットコントではまるで違う役だったのでまあいいか。

・はじめてのおつかい(野性爆弾)
奥さん役のロッシーに頼まれた夫のくーちゃんが味噌汁の具の大根を初めて買い物に行くが、間違えて人のふともも買って来たりと何度も間違う、間違って怒られるたびにメリケンサックで殴ったり、最後は鉄の処女に入れて見たり。生きてるけど。
ネタは以前とそれほど変わらないんですが、小道具とかギミックがかつてはガムテとビニールテープで作成されていたのがやけに豪華になってて怖かったです。太ももめっちゃリアルだし、鉄の処女ちゃんとしてるし。

ユニットコント
役者の今井さんが主役で、くーちゃんたち夫婦の息子の息子であるその子が死にそう。友達のハブや家族が駆けつけるなかで息を引き取るが、ナースが突然ホイッスルを吹くと起き上がる。
人生のロスタイムが50時間ほどあると言うので、願いをかなえようとみんなが奔走する。
有名人に会いたいと言う願いでミヤサコ(白塗りのくーちゃん)が出てきたり、疎遠になってた親友と再会しようとしたら既に死んでて、でも死ぬ前に書いた手紙があったり。
再び死んだ、かと思ったら死んだのは主治医で主治医もロスタイム中だったというオチ。
ハブちゃんのタイツ芸コーナーもあったり色々盛りだくさんでした。親友の手紙を読み上げようとして出て来た親友役が全然手紙をセリフで言えずに最終的には手紙出して来たり。久馬さんが無理ならカンペ読んでいいよって事で持ってたらしい。

遅い始まりだったのでトークは短め。
くーちゃんが突っ込み役に回ってたのがちょっと珍しいかも。
次回は若手を集めて今までのユニットコントの傑作選みたいのをやるようです。

[PR]

by hyakurin | 2017-11-17 08:35 | お笑い・落語 | Trackback

神保町花月 世にも奇妙なコント~面白いの裏に隠れた面黒い笑い~vol.7

途中まで書いたのに消してしまった。
ただでさえ記憶が曖昧なのにー。
なのでもう、ホントに覚書で順番とか全部適当。

久しぶりにプラン9が見られて本当に嬉しかっただけですな。


・雨宿り(ザ・プラン9)
雨宿りで入り込んだ怪しい館のババアとシェフのおっさんが実はクッキーで有名なステラとチーズケーキで有名なりくろーでしたと言うコント。
ババアが持って来たどろどろの赤い液体がキイチゴのスムージーとか好きだなあ。
と言うか、りくろーおじさんは関西どころか大阪ローカルだよ関東の人あんまり知らないから(私は土産でもらった事あり)と思ってたら久馬さんも自分で幕間で言ってました。全国区だと思ってたそうですが、そう思うくらい大阪では店舗あるらしいですね。

・ゴキブリ(ネルソンズ)
バイトの女先輩にゴキブリ退治してと部屋に呼ばれた眼鏡で小太りの冴えない男が最終的にはストーカーを投げ飛ばすと言うアクションなコント。とても舞台に近い席だったのでびっくりしました。

・おかわり自由(夜ふかしの会)
5人と言う大人数ならではのコント、説明が難しいよこれ以上。おかわりを求めて厨房にまで入り込もうとする客を阻止するみたいな感じです。プラン9はあんまりこういうネタはなかったかな。

・悪魔のノート(やさしいズ)
ヤンキーが道に落ちていた黒いノートを拾うと黒頭巾の男が現れ、名前を書けば人が殺せるノートだと言われるが、押し売りだと思って先輩のリュージくんに電話したり、リュージくんの名前を書くが漢字で書けず死ななかったり。
その内勝手に黒頭巾が家族も友達もいない寂しい奴と勘違いして友達になってやるからダーツでもやりにいこうって。
なるほど、月と書いてライトがアホだったらこうなるんだなあっておかしかったです。

・結婚式の二次会(三浦マイルド)
二次会で乾杯の挨拶をするが、会費が高い割に食事が安っぽいとかビンゴの景品がしょぼいとか言いまくるおっさん。

・神様(NON STYLE・石田)
物凄く疲れているサラリーマンが休日出勤して仕事をしているが、中華の出前の間違い電話に対応しようとしたり全然進まない。その内、神様なんていないと言う呟きと何やら怪しいお祈りで神様が出て来るが信じず…みたいな。

ユニットコント「会いたい」
ネルゾンズの眼鏡の人が主役。
コンビニのバイトで居眠りをしていると美人が来て、いい雰囲気になると言う夢を見て段々夢にのめり込んでいきみたいな。
彼女との夢でのデートでリュージくんが出てきたりしてあまりシステムを知らなかったらしく、アフタートークで喜んでました。
これ以上飲むと危ないと言われたのに睡眠薬を奪って逃げたり。ちなみにその病院の医者がゴエでナースが夢の彼女で医者がゲスくナースに言い寄ってました。
その医者のところに「妊娠した」とかババアがやってきたり。全然ストーリーと関係ないけど面白かったです。
夢の中で乗ったタクシー運転手が石田で、当て逃げされたとかやってるし。客もタクシー運転手ってだけで笑ってる、勘が良すぎるとか石田さん後に言ってましたがそりゃ分かるって。
最後には2人で海に行ったつもりの眼鏡くんが一人、海で睡眠薬自殺をしたって終わり。考えると寂しいねえ。

アフタートーク。
とにかく人数が多いので舞台いっぱいに座れる物を置いてトーク。
ギブソンさんがババアで貫こうとしてすぐ心折れてました。夜ふかしの会の人が、プラン9の月刊コントで知り合った野口かおるさんと2人舞台をやるまでになったそうで。野口かおるさん強烈だもんなあ。

面白かったし嬉しかった。またプラン9に来て欲しい。
次回は野性爆弾がゲスト。もちろん行くわ。


[PR]

by hyakurin | 2017-10-29 10:27 | お笑い・落語 | Trackback

神保町花月 世にも奇妙なコント~面白いの裏に隠れた面黒い笑い~vol.6

今月も行ってきた。


オープニングのはけ方をライスが間違えてましたが、理由は後に分かりました。


・ピタ殺スイッチ(お~い!久馬)
久馬さんらしい一人コント。
気がつくとドミノに囲まれてて、見てたら最後の仕掛けが銃の引き金を引くとかで殺されると言う。
あのテーマソングとドミノの倒れる音だけで出来たコント。
最後のはあまりにドミノが長すぎて外とかに続いていて、見てたら轢かれてドミノの仕掛けからは免れるというオチ。

・ジェームズとマサコ(相席スタート)
奥さんが美人だと思っているジェームズは「ビューティーワイフコンテスト」と言うチラシを見て、妻のマサコを出そうとするがマサコは自分が並みだと分かっているので断る。
このコント、面白いけどそんなに奇妙ではないですかね。
と言うか今回は全体的に前回より奇妙度は低いかも。前回が凄かった。

・アジト(ジャングルポケット)
近くで見ると斎藤さんの圧が半端ないなー。ロッカーにバンされるのも迫力あったし。
なんかの組織の抗争で、情報を聞き出されようとしてる斎藤だが、段々ロッカーに叩きつけられるのがメインになって行ってみたいな。
これもそんなに奇妙ではないかな。

・Monday(Aマッソ)
初めて見るコンビですが、エンドトークでシェイクダウンがどうこう言ってたので、そんなに若手じゃないのかなあ。
週末旅行に行ってきた同僚の女が、どこへ行ったか聞いても人数とか関係ない事ばかり答えてくるのと変なお土産にイライラする。実はそうやって同僚のやる気を削ぐのが狙い。
普通のコントだなあ、てかエレキテルとかがおかしすぎたのか。

・動き屋(ライス)
ピッチャーが投げる動作で歩いてとある店に入る男。
動きのカードを買わないとその動きが出来ない世界で、歩くを持っていないので「ピッチャー第一球投げました」で歩いていた。基本のカードは高価なので、代わりになるような物が欲しい、と色々試していく。
ライスらしい、そして奇妙なコントでした。

幕間の久馬さんのトークでは、うめだ花月時代の変なファンの話。
これ他の人がちょっと話してたのは聞いた事があるんだけど久馬さんが話すのは初めて聞いた。詳しく聞くのも初めてで、面白いけど怖いなと思いました。芸人さんも大変だなってか、久馬さんも毅然と断らないと。
でも行く先々に現れたり、親切か知らないけど勝手に自転車にライト付けるとか嫌だよ。
気に入らない事したら、嫌いなピクルスを渡してくるとか精神攻撃も怖いし。

ユニットコント「リモコン」
まとめコントは冴えないサラリーマンの関町が時間を止められる不思議なリモコンを手にして、逆当たり屋みたいな事をしたりするみたいな。
最後は人を電車のホームから突き落として助けようとしたが、時が止まらずそれを同僚たちに見られて逃走。逃走先でリモコンを押して見たら止まったけど、今度は時を動かす事ができなくなって…というコント。
斎藤さんが嫌な上司役で輝いてました。てか、斎藤さんが入ると凄く芝居っぽくなっていい感じになるな。

アフタートーク。
いたって普通にみんなでお話。と言うのも、トークは普通でいいんじゃないかってアンケートに書かれたから。
うん、私も書いた。前回みたいなのも面白いけどね。
そこで関町氏の苦労が語られる。と言うのもこのイベントは当日合わせるだけで稽古的なものはないそうで、なのに最後のコントで関町さんが主役でめっちゃセリフもあって大変だったそう。それで頭がいっぱいでオープニングの動きを間違えたそうです。
話してる内に線路に突き落とされた田所さんの演技の話になって、いろんな人がやらされたり。
普通に楽しかったです。

次回はついにあのコント師が出るよー。
アンケートに書き続けただけはあった、絶対行くと思ったら見事にきょんきょんの独演会とかぶった…。
昼間のイベントなら間に合ったりしないかなあ。駄目だろうなあ。
でもこの機会を逃せないしなあ、と悶絶中。

[PR]

by hyakurin | 2017-09-22 07:42 | お笑い・落語 | Trackback

神保町花月 世にも奇妙なコント~面白いの裏に隠れた面黒い笑い~vol.5

今月も行って参りました。


・プロポーズ(お~い!久馬)
トップバッターは久馬さんの一人コント。
レストランで食事の後、プロポーズするが無職ゆえフラれる。
しかし店員さんが踊ったり、彼女が踊ったり、両親が登場したり、天井が開いて空には飛行機雲で「フラれた」とか辱められるというコント。

・SNS(ニューヨーク)
バイトで遅刻してきた同僚が不倫したとか不祥事を起こしたタレントなどをSNSでめっちゃ攻撃するヤツだった。
初めて本物を見たとか言ってると、そいつはタレント志望だと分かる。
一次試験に受かったと言うが、その事務所の大物タレントが生放送に遅刻した事が分かり、やっぱり電話で抗議する、なんか怖いというコント。
ニューヨークのコントを知らないのでこれがいつも通りなのかは分からないですが面白かったです。

・出産(チョコレートプラネット)
物凄いお腹の妊婦が現れる。逆子で出て来ないため妊娠35か月だとかで、もう2歳なので話しかけてきたりする。
産気づいて居合わせた男に無理矢理取り上げさせるが足がいくら引っ張っても胴体が出て来ないくらい長かったり…。
もうこれは出オチでありインパクト。チョコプラらしい。
出て来る人形が超気持ち悪くて、これは単独でもまったくウケなかったとか。
アフタートークでチョップリンも似たようなコントやって、後輩を出したんだそうです。勿論、滑ったそうです。
似てるのかねー。

合間の久馬さん。
人形ショックを引きずりつつ、ゴエさんやギブソンさんのプロポーズを暴露してました。まあ暴露と言うか、ゴエさんは関西のテレビでは喋りまくってるらしいです。私は初耳だったのでちょっと意外でした。
一つずつプレゼントを何気なくして行って、頭文字を繋げると「Marry Me」が完成すると。最後のeのエンゲージリングを差し出しながら言って完成だそうです。まあ、素敵。

・立て続け(犬の心)
彼女が部屋に来るから帰れと友達に言うが、なぜか中々帰らない。
その内、俺もその彼女と付き合ってると言い出したり、何もないところで躓いて骨折したと騒いだり、どこも開いてないのに猫が入って来て鳴き出したり、彼女を誘拐したと電話が来たり…。
奇妙だったり不思議だったりというコントをと言う依頼だったのですが、猫が一番不思議だと思って押してたらなんかみんなもっと怖い感じだったので、なんかすいませんみたいに最後言ってました。

・ひいおじいちゃん(チョップリン)
一番楽しみだったチョップリンがまさかのこのネタかい。短いし。
怖いし不気味だとは思うけど、もうちょっと舞台にいるネタがよかったなあ。小林さんも見えないし。

そして久馬さんのトークの後、まとめコント。
・殺人の原稿犯で逮捕します
最近の久馬さんってこういうネタが好きなのかな。
ホテルで浮気のいざこざから殺人に発展して、女が男を殺して自殺と言う小説を書いていた小林さん(小説家にちなんだ役名があるんですが忘れました)
そこへ突然刑事が来て、殺人や喫煙、キスなどを小説や漫画や映画で表現するのは禁止になった、と逮捕に来ます。
逃れようとそういうシーンのない小説を書こうとするのですが、まったく成立しない。
小林は捕まる覚悟で書き続け、捕まり死刑を待つばかりに。
しかし死刑ではなく「紙刑」で大量の紙にすみませんでしたと書き続ける刑だった…。
最初の再現シーンで松尾さん(女役)に押見さんが思いっきりキスされるのを良い席で見てしまった。

アフタートーク
全員で座って喋るが、前もって指令を各コンビに渡して置き、しばらくして照明が変わったら実行する事という。
「うんこがしたくなる」「客席に好きな女の子がいる」「隣のコンビが親の仇」「女性ゲストの匂いをかぎたくなる」とかでした。みんな自分たちがやる事以外は知らないのが肝。
犬の心の指令が親の仇で、隣がチョップリンでいきなり殺すとか首絞められたりして驚いてました。そのチョップリンは匂いを嗅ぐので、小林さんだけ実行。西野さんは一人でいいのかと思ってしれっとしてるし。
客席に好きな女の子がいるを実行したニューヨーク、ずばり当てた押見さんはさすがだなあ。
と言うかこれ、アフタートークでなくて「ただの芸人の楽しい遊び」(by屋敷さん)でしたね。
毎回色々面白いけど、別に普通のトークでもいいのにともちょっと思う。

しかし、素晴らしいメンツだったわー。
来月もライスとか相席スタートとか楽しみ。
いつか、プラン9が出ますように(もはやお祈り)

[PR]

by hyakurin | 2017-08-29 05:35 | お笑い・落語 | Trackback

神保町花月 世にも奇妙なコント~面白いの裏に隠れた面黒い笑い~vol.4

ようやくこのライブ行けた。
前回も行く予定が雨降って電車止まったのと体調不良、今回も一昨日までの猛烈な暑さのままなら危なかったわー。
おかげ様で久馬さんを久しぶりに見られた。

これは前に久馬さんがやっていた「月刊コント」(って大阪では今もやってるんだっけ…)みたいな感じで、ゲストたちがネタをやりまして最後に久馬さん作のユニットコントをやると言う流れ。
来月ももう決まっているのですが、前回行った友人がアンケートに書いたゲストが決まったとかなんとか。ならと張り切ってプランメンバー出して欲しいと書いてきましたよ。プラン9が見たい…、大阪行けないのが悔しい。

前半と後半に久馬さんが椅子に座ってゲスト紹介するのですが、まあドキドキするよね(客が)
しかもアフタートークライブも久馬さんの仕切りなんて、それも楽しみ。
今回はエレキテル連合がいるのでそっちもドキドキ。


ガンバレルーヤ
「夜逃げ」と言う、王将のバイトを飛ばしたから逃げるってコント。
結構短く唐突の終わったのが奇妙だったかも。

エレキテル連合
「ニジマスの精霊」
一言で言うと怖い。精霊って言う私のイメージとはかなりかけ離れた容姿と内容でした。
交尾的な事してるし、やってる事もよく分からないけどとりあえず人は死んでる?のかな。

天竺鼠
「ボクシング」
コントのイメージがあまりない天竺鼠ですが、一言も喋らずにマネキンとボクシングしててダウンしたら終わりとこれまた実に奇妙なコントでした。

シューレスジョー
「穴」
定年退職したおっさんが山登りの途中穴に落ちて上がれない。
良く見るとやけに深い人工的な穴でそこからはアタッシェケースに入った大金が…と言う。

かもめんたる
「キレる店長」タイトルこれだけ忘れた、絶対にこれ違う。以前は「砂浜店長」ってネタだった気がするんだけどなあ。
喫茶店の店長(う大)が皿を割ったバイト(まきお)にどんどんエスカレートしてキレて行くんだけど、最終的には中身が入れ替わってみたいな。
自然に女装するよねまきおさん。別にしなきゃいけない訳じゃないのにね。かわいいけど。
このコントが普通に見える今回のメンツでした。

ユニットコント
「フクサヨウ」
店長が倒れて病院(医者がシューレスジョー)へ行き、副作用があるからくれぐれも飲みすぎないようにと言われて処方された薬だが、飲むと良い事が次から次へと。処方箋には「福作用」と書いてあり、店長はどんどん飲んで行くように…。
冒頭、例の喫茶店で天竺鼠が相席でご飯食べててみたいなの面白かったなあ。
しまいには新しくできた彼女がそこの穴から出て来た、とアタッシェケースに入った大金を持って来て、ますます薬に依存していく店長。てか穴、そこらにあるのかい。
駅で小雪とマツケン(カンバレルーヤ)に出会ったりもする。
とうとう処方を断られる店長。変な副作用があったのでもう製造禁止になったと言われ、店長は最後に処方された女を追いかけて行き…。
その後の患者で出て来た川原さんがめちゃめちゃでまた面白かった。
店長は追いついた女を倒してむりやり薬を奪って飲むが違う薬。そこへ彼女が「お前結婚してるの黙ってただろ」と激怒してやって来て、ナイフで襲われるのを返り討ちにして、更に起き上がった女も刺してしまう。
こんなはずじゃと必死に手や顔の血を拭く店長、フクサヨウはフクサヨウでも福ではなく「拭く作用」だった、と言うオチ。
こんなオチでも人が死ぬのがさすがだなあ。

アフタートーク
人数が多すぎるとクジで半分ほど残すことにするが、先に告知していいとかクジ交換ありとかやっぱりめちゃめちゃな仕切りになる久馬さん。川原さんに「先輩だけど、ちゃんとしいや」と怒られてた。
今回は最後のまとめのユニットコントに入らなかったコントがあると(前回は全部入ってたみたいです)
久馬さんが言うには、台本だけ読んだら「ニジマスの精霊」と「ボクシング」が訳分からな過ぎてどうにもならなかったそうです。精霊はなあ、確かになあ。
かもめんたるは映像も渡してくれたので分かりやすかったとか。
途中、クジで下がった中野さんも出て来てネタの説明してくれたのですが、その説明がマス情報が大半で更に謎。独自性はやはり凄いですねエレキテル。

次回はチョップリンも追加されてますます楽しみに。
プランメンバーも出しておくれ…。

[PR]

by hyakurin | 2017-07-28 04:04 | お笑い・落語 | Trackback