1ミニットHigh↑の感想

1ミニットHigh↑行ってきましたよー。2千円で一杯芸人さん見られてとても記憶できませんー。私語が凄くてネタが聞き取れない部分も多々あり。だもんでレポと言ってもちょこっとだけ。

以下結果まで普通に書いてます。


・バッドボーイズ 下ネタ…。MCのCOWCOWに「審査対象外でいいですね」とか言われてました。
・こりゃめでてーな 大きい声の漫才(内容記憶のかなた)とアントニオ猪木の真似。ナベアツやったりと単独祭りの後夜祭で見たネタ。
・はんにゃ 中学生のコントと中学生がお葬式で足がしびれたのをごまかすコントと漫才。漫才の突っ込みの「戦争か!」は何度見ても面白いなあ。惜しくも決勝行きならず。
・田畑藤本 どちらかが東大卒なんですね。それだけ覚えて帰ってくださいって言ってたけど、ホントにそれしか覚えてない…。片方も立命館なのに馬鹿にされてて可哀想な。
・金成(ハロバイ) みんなピンかと思ってた…そうです。ネタはDT浜田のあの名曲を使ったもの。予選を勝ち抜きさらにそのネタの続きをやって落ちましたが、受かってたらどうなってたんだろう。
・ザ・パンチ 予選、1回戦とも漫才。「シャンデリアの下でトランポリンやってぇ~」が好きだなあ。
・コンマニセンチ 全力兄弟。でもなんと2本目のコントが飛んでしまいました。勿論多田さんに突っ込まれてました。
・イシバシハザマ よくやってるマルチ商法のコントをハリセンじゃなくて、あからさまに怪しい数珠に変えてやってました。「自転車に乗ってる硲くんとバイクに乗ってる硲くんはどっちがカッコいいかな?」「バイク?」「どっちでもないねん」「なんやねん!」「本当にカッコいいのはベンツに乗ってる硲くんや。このビジネスチャンスを掴めば乗れるで」「俺、ベンツ今乗ってるし!」このくだり、凄い好きだー。Bコースに負けましたが。
・インポッシブル 決勝までの場繋ぎでやったいつものカブトムシと闘うやつしか思い出せない…。面白かったんだけどなー。
他の人たちもほとんどがいつものネタを短くしてやってる感じです。だからああもっと見たいなあと思う事が多かった。
微人とか天龍とかは初めて見たんですが、女性コンビなんですね。

決勝はロシアンモンキーとカリカ。
カリカの予選は気持ちの悪い女が男に付きまとっているコント。ちなみにこの女は不死身で銃で撃たれても死にません。ゲド戦記のテーマ曲を歌いだすしまつ。ホントにドラマなんかで使うような銃で音が凄くて驚きました。
1回戦はネクハゲ(?)ネクタイをたくさん首にぶら下げた男がなまはげのような感じで小学生のネクタイを狩ろうとするが、お父さんの形見だと言われてやめる。が小学生に撃たれる。また銃が。というか小学生がTシャツにネクタイとかもう。ネクハゲも死んでない。
2回戦は予選の気持ち悪い女が付きまとってた男と野球観戦をしている。なんだかんだで付き合っているらしい。女は色々言うが結局、死にたいと言う。でまた撃たれるが死なない。HRボールもゲット。面白いのに面白くまとめられないよー。
決勝はネクハゲのところに気持ちの悪い女が来て、彼氏を紹介したいと言う。この2人、兄妹。また撃たれる女。そんな感じ(レポもう無理です)

ロシアンモンキー予選。つり橋で落ちそうになる息子をスパイダーおかんが助けにくる。AGEAGEでやってるやつです。
1回戦はラジオ体操をやってると力道山がちらちらでてくるネタ。
2回戦は国旗掲揚のような感じで力道山を掲揚。君が代の曲に合わせて。
それで勝ってしまってもうネタがないと困ってました。
注目の決勝は力道山対スパイダーオカン。時間切れで途中で終わってしまいました。

優勝はロシアンモンキーでした。
[PR]

# by hyakurin | 2008-05-11 04:09 | お笑い・落語 | Trackback

ミディアム3「パラドックス」

ネタバレありの感想です。


なんかデッド・ゾーンみたいな話だったな。ジョン・スミスも何度も戻ってやり直す話あったと思ったけど。あるいはトゥルーコーリング。映画ならバタフライ・エフェクト(これは面白い映画だった)
でも面白かったです。ただ最後、アリエルの件はほったらかし?と突っ込みを入れたいのですが。だって休んで週末を挟んでも解決してないじゃないかー。というかアリソンの解決方法も凄い。そんな弱虫に育ててない、ワルになれて。それで殴っちゃうアリエルも。まあアリソンもあんな目に遭いたくないだろうし、必死にはなるだろうけど。
でも展開はわかってるんだから、その子と2人きりにならないようにするとか(人前で殴ってきたらその子が悪者になるだけだし)先生に電話のひとつもして気をつけてもらうとか、話し合いさせてもらうとか。
しかし凄いパンチくらってたなあ、アリエル。ああなるとわかってたらそりゃ怖いかも。だったら君も仮病を装うとかすればいいのに。真面目な子なんだね。
最後電話渡されてたマリーの可愛いこと。
それとスキャンロン刑事は結局副知事と続いてるのか。鍵も結果的にあげたしね。先週、女連れ込んでたのはあんな事言われて拗ねただけだったのかい。身を引くつもりかと思って同情しちゃったじゃないか。

事件の方は綺麗に解決。犯人の茫然自失ぶりが面白かった。
それより次週が早くも気になって。ウォーカー再登場とは。今シーズンはまた最初から面白いなあ。
[PR]

# by hyakurin | 2008-05-08 16:26 | 海外ドラマ | Trackback

Re:Genesis 3(リ・ジェネシスS3 謎の伝染病)

ネタバレありで感想書きます。


先週めでたくも真人間への道を歩み始めたデヴィッドですが、もう職場復帰してるんですね。というか、先週から気になってるんだがカナダ人は下着を付けないでジーパン穿くのかい。なんか不衛生な気がするよー。
まあそんなどうでもいい話はさておいて、結局デヴィッドはデヴィッドだなあと思ったワシントンの会議。本当に資金打ち切られたらどうするんでしょ。レイチェルの旦那もうっとおしいなあ…。でもデヴィッドの言ってる事もあながち的外れでもないし。ただデヴィッドも研究の為ならスペイン風邪も掘り出しちゃう人だからな…。
謎の伝染病はまだまだ続いていく話なんでしょうが、シナトラって名前で広めていいのかw
凄く大掛かりな蔓延になっていくっぽいけど、これをノーバックがどうにかしたらレイチェル旦那も手出しできなくなるかなー。どうだろ。なんだかんだで世界を救ってるからなノーバック。カナダの研究所にアメリカが金を払うのはどーたら言ってたけど、アメリカの機関が出来ない事をしてるのも確かだし。

それとオーウェン再登場しちゃった…。この子をデヴィッドがどうこうしなきゃいけない理由もないし、刑務所を出たいがために人体実験に参加しようっていう心根もいまいちなあ…。しっくりこない。もうちょっと自分の頭で考えて決めたらどうなのオーウェンよ。脳にウィルス入れて、遺伝子の問題を解決できるのか、それとも遺伝子は置いといて脳をいじるって事なの?
どちらにせよ、脳にそんなもの入れる研究って常軌を逸してる。マウスの脳からすぐ人間て飛躍しすぎ。頭から否定するデヴィッドが普通なんじゃないのかな。
電話でちょびっと出てきたジルにあんなに逢いたいだの淋しいだの言ってたくせに、次回の予告でその人体実験をしようとしてる女と…なデヴィッド。やっぱり全然変わってないね。
[PR]

# by hyakurin | 2008-05-08 15:59 | 海外ドラマ | Trackback

CSI:マイアミ S5 総括

再放送見終わったのでちょこっと感想を。
ウルフが好きな人は読む価値の無い事を書いてますのでご注意を。それ以外も大した事は書いてませんが。


私はまだS4はAXNで数話しか見ていないので、ナタリアがその時なにをしたのかは知らないんですが、とにかく最初の方で突っかかりまくりなウルフがうざくてたまらなかった。カリーやデルコは認めてるのにと。
それなのに最後、ウルフの復帰の為のチェックを手伝ってあげてるナタリアは大人の女性で素晴らしいなあと。ウルフももう、立場ないので痛快な気分。いやまあ、ウルフはそんな事くらいじゃ改心しないと思うけど。
…ウルフ苦手なんですよ。カリーがテレビ局でキレたとき、その言い分のひとつひとつに本気で共感しました。リックも嫌な奴だとは思うけど、今回ばかりは頑張って復職させるなと応援すらしたくなった。だってリックの言ってる事、正論でしょう。
まあ、苦手キャラクターの話はもうやめておいて、後はデルコが撃たれて、その過程も含めて気の毒だった事くらいですか、S5の印象…。最後の方の取って付けたようなデルコとカリーの恋愛フラグはちょっとなあ。別に悪い組み合わせじゃないし、ベガスの主任とサラよりは興味も持てるけど、CSIでそんなに恋愛ドラマを見たくないし。デルコは色々やんちゃな過去もあって、カリーもよーく知ってるわけだし。あのなだぎディランみたいな元アンダーカバーよりはデルコの方がまともだと思ってしまいますが。カリーもびっくりするほど男運ないからなあ。
そういえばクラーボがまた出てきてましたね。今度こそお別れでよかった。
イエリーナは復帰するのかな。それは別にいいけど、リックがそうなるとまたうろちょろしてくるのかなあ。

そして最後のホレイショの意味の無い空撮シーンはもう笑っていいんですよね…?
[PR]

# by hyakurin | 2008-05-06 05:23 | 海外ドラマ | Trackback

Re:Genesis 3(リ・ジェネシスS3 体内時限爆弾)

今回も怒涛の展開で目まぐるしいなあ。
以下ネタバレありで進行しますのでご注意を。



とにかくデヴィッドに色々起こりすぎてて、肝心のシアノバクテリアがどーたらいうのがすっかりどうでもよく…。
だって物凄くヤバそうなモノだったわりには結構あっさり、新メンバーのキャサリン、もといレイチェルとボブが解決策見つけるんだもの。デヴィッドの捨て身の人体実験があったとはいえ、解決早い早い。でもボブが助かってよかった。デヴィッドは主役だし心配しないけど。
しかしデヴィッドのお父さん死んでたのか…。今回の冒頭でようやく、あれ?と思った。鈍かったなあ。そりゃいくらドラマとはいえあんなにあっさりアルツハイマーが治るのもおかしかったですよね。デヴィッドはずっと苦悩してたし。
でもお父さん、デヴィッドとようやく少しは歩み寄った(主にデヴィッドが大人になって)かと思ったのに死んじゃうなんて。あまりに身勝手で、そりゃ病気は辛いだろうけど、デヴィッドの気持ちもちったぁ考えろよ、とすっかり憤りモードに。
それでも、カルロスがすっかりお母さんのようにフォローしたり親身になってくれてよかったねと。あんなにデヴィッドに拒否られても見捨てないカルロスってナイスガイ…。何だか不思議なほど人望があるサンドストロム博士。こんな調子じゃS3始まったばっかりなのにもう退場?とびっくりした最後の施設入りですが、なんか予告にもうあっさりいて相変わらず毒舌ふるってて一安心。
レイチェルの息子の事件はそれこそキャサリンばりに解決してましたねー。キメラの遺伝子の話はCSIでも見たし。これに関しては犯罪捜査班というサブタイトルもあながち外れてなかったな。
[PR]

# by hyakurin | 2008-05-06 04:44 | 海外ドラマ | Trackback

ザ・プラン9春公演「室内の人々」千秋楽を見ての感想。

東京公演千秋楽、行ってきました。
やっぱり楽しかった。この公演が始まる前は、春公演が良くても悪くてもそれぞれに複雑な気持ちになると思ってたんですけど、なんだろう、意外とそうはなりませんでした。普通に楽しんで、これからのプラン9にたいする期待感もたくさん持って帰ってきました。
自分はやっぱりコント大好きなんだな、と改めて思ったり。半端にお芝居っぽい作りより今回のようにコント色の強い方が好きですね。それと伏線がばしばし決まる爽快感もよかった。
芝居は昔嫌というほど見てるし、プラン9には笑いを求めたい。元々、感動するとか泣けるとか系のお話もそんなに好きじゃないですし。
パンフレットのギブソンさんと久馬さんのインタビューを読んでも、今後の新しい4人のプラン9をこれからも見ていこうと思えたし。色々あった不安も吹き飛びました。
次もギブソンさんの脚本に期待します。今回みたいな2本立てでもいいし本公演くらいの長さのも見てみたい。
それとやっぱり私は客演がいない方がいいなあ。プラン9をいっぱい見られるのが単独公演のよさだと思うので。

以降でネタバレありで更に感想書きます。ネタバレが駄目な人は読まないでくださいね。

その前にちょこっと勝手に宣伝。
神保町花月「カーテン」DVD7月7日発売。amazonで予約すれば26%割引になって比較的お手ごろ価格。別に他のところでもぜひとも買い上げを。ブラックな内容がどうしても駄目という方以外にはオススメです。面白いです。

More
[PR]

# by hyakurin | 2008-05-05 03:28 | お笑い・落語 | Trackback

ザ・プラン9春公演「室内の人々」東京公演初日の感想

ちょっと昼間トラブルがあって、テンションが極めて低い状態で行ったので楽しめるか不安だったのですが、そんな心配全然杞憂でございました。
はっきり言って、相当面白かったです。
確かに助長な部分もあったし、肝心なオチ部分で暗転多すぎるよー(お誕生日壊)とか細かい部分で言いたい事はあるんですが、私は好きなタイプの舞台でした。
すっかり気分よく会場を出て新宿駅に向かって歩いていたらどこかで見たような人がすぐ隣に…。なんと片桐仁さんじゃありませんか!思わずガン見してしまった…。無礼で申し訳ない。
タイミング的にはスペース・ゼロでご一緒だったのかなとか思ったんですが、どうかはわかりません。もし偶然だったらちょっと嬉しいなあ。実は今日私は誕生日で、なのにトラブって凄く嫌な思いをしたんだけど、プランの公演は面白いし、仁さんには出くわすし、案外人生捨てたもんでもないと思いました。

これから行く人、もしくはDVDが出たら買って見るという人にアドバイスをひとつだけ。この公演は絶対オチのネタバレを見て行ったらいけません。面白さが半減します。
私もDVDになると思うので細かいレポは書かないつもりですが、感想はどうしても内容に触れる部分もあります。ちょっとのネタバレも嫌な人はこの先は読まないでください。
ではちょっとのレポと感想です。

その前にちょこっと勝手に宣伝。
神保町花月「カーテン」DVD7月7日発売。amazonで予約すれば26%割引になって比較的お手ごろ価格。別に他のところでもぜひとも買い上げを。ブラックな内容がどうしても駄目という方以外にはオススメです。面白いです。

More
[PR]

# by hyakurin | 2008-05-03 04:48 | お笑い・落語 | Trackback

ミディアム3「夢を見る者たち」 その他

前後編だったので、1話と2話をまとめて見ました。
ネタバレを気にしないで感想行きます。

…デヴァロス検事、子供じゃないんだからそんな理由で医者に行かないとかないでしょうに。オネショまでしたら普通は即行くでしょう。奥さんに見放されないでよかったね。
スキャンロン刑事が副知事を避けるようになったのは、単純に傷ついたからなのか、身を引いたのか…。どちらにしてもせつないな。
デュボア家。最初はジョーも幽霊相手に嫉妬しすぎだろうと思ったんですが、娘を幽霊探知機にしてみたり真剣に脅してみたり、相変わらず可愛い人ですねえ。ジョーのお父さんといい、出てくる身近だった人の幽霊みんな死んだ後でいい事してくれるのね。S2のジョーのお父さんの「土曜の昼下がり、君がいてジョーがいて子供たちがいてバーガーのいい匂いがする。これ以上の幸せがあるかね?」って物凄い名台詞ですよね。
それにクレイがパトリシア・アークエットのリアル夫なのが妙に面白いなあ。でも家の前で再会したとき、高校時代と変わらないとかはないよなw
3になってのアリソンの髪型。なんというか金太郎みたいに見える…。あんなにぱっつんと前髪切らなくてもいいのに。とかしょーもない事を気にしつつもモンキーヘッドのアニメとか気合入った作りで、子役たちも変わらず、面白かったです。このシーズンではもうちょっとマリーのエピソードなんかも見てみたいな。

CSI:7「霊安室の声」
死体が喋ってみたり、変わった作りでなかなか面白かった。前シーズンくらいから1話に1事件パターンが多くて、出演者が多いだけに物足りない感じも多々していたし。具体的に言うとグレッグの出番が少ないのが不満。今回もちょっとだけ。でも脳ミソを平然と見つけたり、S2で血を見ておろおろしていた頃が懐かしいくらいの成長振り。というか、イーグルスカウトってなんだろ、と思って調べてみたらボーイスカウトの最高位なんですねー。ためになるなあ。
でも来週はいよいよあの…。予告を見ただけでドキドキしてきた。

wowowに加入したのが最近なので、CSI:マイアミもS4より先にS5見ていたり(S4はAXNで後追い中)するんですが、来週からはコールドケースのS2も始まっちゃう。まだS1途中までしか見てないのに。
AXNはホント、LOSTだけだなあ。S4は6月からやるみたいですが、そんなに真剣に見ていなかったので細かい事は覚えてないかも。島の外と思われるところに連絡がついて終わって、なんかジャックが廃人みたくなってたり意味深なエピソードがチラッとあったとかそんな程度…。
[PR]

# by hyakurin | 2008-05-01 01:53 | 海外ドラマ | Trackback

今後のお笑い関係のライブ予定

決まっているものだけ書いておこうー。忘れないように。

5月2日 プラン9春公演「室内の人々」 スペース・ゼロ
5月4日 同上
5月10日 1ミニットHigh↑ ルミネtheよしもと
5月18日 漫才BATTLEG3 シアターモリエール
       東京大喜利倶楽部 ルミネtheよしもと
5月23日 ラ・ゴリスターズLIVE 三越劇場
5月29日 神保町花月「犯人と人質(オレ)」

6月15日 神保町花月「アグレッシブ6」
6月21日 よしもと若手おもしろオールスター大集合!
        ~夏の夜の若手事変~ 東京厚生年金会館
6月28日 ダイナマイト関西2008~オープントーナメント大会~
       ルミネtheよしもと予選①
6月29日 ダイナマイト関西2008~オープントーナメント大会~
       ルミネtheよしもと予選②

まだチケットが売り出されてないライブもありますが、予定はこんなもん。さすがに5月はもう増えない予定。6月はまだまだ増えるかも。
ダイナマイト関西予選は案外あっさり先行が取れてほっとしてます。しかも結構見やすい位置を確保できて、とにかく楽しみです。大喜利が大好きです。更にノーテレビなら尚よいと思うので、5月の大喜利倶楽部も楽しみ。
でもさすがにD関予選を見に大阪へ行こう、とは思わない。私のお友達は行きたいみたいですが。私は無理。旅行大嫌いだから。でももし、今回の決勝が大阪だったら…。考える事は考えるかも。最後に旅行したのもプラン9の舞台絡みだったし。
ラゴリは楽しみというより、どんな事をするかに興味がある。

6月の若手おもしろオールスター大集合とかいうライブはよくわかりませんが。これ、単独祭りの前夜祭って訳でもないのかな。というか、今のところ発表されてるメンツの割りにやたらとデカイ箱なのはなんでだろう。大物が追加されたりするのかしら。

しかしよしもと関係しか予定にないなあ。当分東京腸捻転もないし。またチョップリンが東京に来ればなあ…。
ラーメンズは…書くだけ無駄でしょうね。      

勝手に宣伝。
神保町花月「カーテン」DVD7月7日発売。amazonで予約すれば26%割引になって比較的お手ごろ価格。別に他のところでもぜひとも買い上げを。ブラックな内容がどうしても駄目という方以外にはオススメです。面白いです。
[PR]

# by hyakurin | 2008-04-30 02:02 | お笑い雑記 | Trackback

QMA5戦記 その3

なかなかプレイしにいけないのが悲しいQMAですが、無事に本日魔導士に昇格。ミノタウルスにいたおかげですんなり。
しかし、前作に比べると空いてるなあ台。平日夕方でも全然できるもの。
他にもアンサー×アンサーですか、クイズゲームもあるからなのか、やはり昇級試験がネックとなりプレイ人口が減っているのか。

そういえば知らない間にコース選択のときにジャンルがでなくなったんですねー。形式のみに。これはいい変更じゃないかなあ。だってジャンルが出てるとそこで絶望感にとらわれがちになりますからね。私の場合は。
まあそこで見えようが見えまいが、できないジャンルはできないですが。

それにしても、検定試験でなかなかSクラスになれませんー。なれたのはアメリカ検定のみ。お笑い検定は惜しいところまでは行くんですけど…。タイピングが遅いからなかなか…。
インパルスのどちらかのフルネームさえ打てればSだったんですがね。今ここでならもちろん、板倉俊之と堤下敦ってすぐ出てくるんですけど、それがねえいざとなると出てこないんですよね。
老いは悲しいものだ。
でもお笑い検定だけは期間中に絶対Sクラスになってみせる。

未だに宝箱は取れないままです。今日なんて2回区間賞取ってて、取れなかったところにだけ宝箱があるとか。付いてなさすぎ。もう諦めた。
[PR]

# by hyakurin | 2008-04-29 02:31 | ゲーム | Trackback