<   2018年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2018ATPマスターズ1000 モンテカルロ 準決勝まで

花粉症だかなんだか分からないものと闘いながらもちゃんと見てます。
ヨーロッパは時間帯がいいので見やすいですね、若干野球とかぶるけど、ベイスターズは割に試合が早く終わるので見れる。
とにかく、錦織圭復活って言っていいんじゃないのモンテカルロで。
こんなにいい試合結構久しぶりに見てると思います。

1回戦がまずいきなりベルディヒ、12位だっけ。今大会は錦織選手はノーシードなのでもう最初から迷惑ノーシードでありますね。
どっちもなんでこの相手が一回戦なのって感じ。
でもベルディヒ、あんまり良くなかったかもスコア的にも結構圧勝。
でも錦織選手も勝ったけどトレーナーを呼んだり、手首を気にしてるのでハラハラした。
と言うか手首とはもう上手く付き合って行くしかないんだろうなと思う。

2回戦、メドベージェフはストレート勝ち。
なんかここらで新しい錦織選手を見てる感じ、まだフォアは思いっきり行ってないと思うけどとにかく冴えわたるバックハンド。

3回戦のセッピは1セットめで見事ベーグル焼いたんだけど結局フルセットに。
でもフットワークも凄くいいし、なんかこれはいいな強いなって思いました。
なんか凄く乗ってる印象を久しぶりに受けたし、粘り強くいい展開。

準々決勝はチリッチ。いつの間にか3位なんだねチリッチ。
割かし因縁と言うかあんまり勝った印象がないんだけど、1セット目が凄く良くて2セット目ももう取れるってとこまで来て行けると思ったんだけどやっぱりチリッチ甘くなく、タイブレークから落としてしまってフルセット。
チリッチも途中膝が痛そうで、みんな傷つき色々背負って頑張ってるなと思ってちょっと胸が痛い。
でももちろん錦織選手を全力応援してたけど。最後は結構突き放せた。

準決勝は若いズべレフ。1セット目はやや押されて落とした感。
でもそこからの巻き返しがホントに良い時の錦織選手という風でなんか嬉しかったし、錦織選手の方が役者が上かなって。
数年ぶりにマスターズで決勝まで行けて、錦織選手も早くトップ10に戻りたいとの力強い言葉もあって、とてもとても嬉しいしああ帰ってきたなあって実感。


そして決勝は土魔人事、ナダルです。
最後の対戦では勝ってるけど(リオオリンピックですな)ハードコートだった。クレーのナダルはもう、怖いの一言。
でも勝敗はどうでも、いい試合になればいい。
とにかく錦織選手がここまで戻ってくれて私は本当に心から嬉しいです。
今の彼にはクレーが合ってる気がするのでこの時期にホントに一つでもランキング上げて欲しいですね。

夜の試合を今からドキドキしながら待ちます。
頑張れ、錦織圭選手。

[PR]

by hyakurin | 2018-04-22 09:35 | スポーツ | Trackback

雑日記 生きてはいる

生きてるけど、ほぼ寝てる管理人です。

最近は野球は元気にTV観戦してます。
去年の先発投手の三本柱が故障で消えてどうなるかと思った我がベイスターズですが、飯塚、京山の高卒若手、そしてドラフト1位ルーキーの東がめちゃめちゃ頑張って、むしろ防御率は低いし抑えてるが打線が点を取らず負けると言うよく分からん状態に。
それでも広島を止めたし巨人にも勝ったし、後は故障者の復帰を待つばかりと楽しい感じです。

で、なんで寝てるかと言うと鼻炎薬のせいでして。
特にここ数日はもう大変でやっぱり花粉症なのかなと思いつつストナリニを服用していると、もう全然起きていられない。
ストナリニはすぐ効いて私に合ってる薬ではあるのですが、連用すると鼻はかぴかぴ過ぎて痛いし、味は分からなくなるし寝ちゃうしでもう耐えられん、となり三日前からはアレグラに変更。
効かないと評判のアレグラですが、時間通りにきっちり服用するとちゃんと効きます。頓服的に使う薬じゃないみたいです。割と穏やかな効き目で私には合ってる。
多少は起きていられるし。
それ以外にも気温差でやられたり、春はホントに調子がでません。


だからもう、雑に色々まとめちゃう。


海外ドラマはwowowで3つ見終わった。ちなみにブラインド・スポットはシーズン3の1話で投げた。もう見ない。

ではホントに見たという記録だけのほぼ一言感想、ネタバレもあるよ。褒めてないよ。


・Elementary/エレメンタリー シーズン5
今シーズンは割かし安定して面白かったと思う。ワトソンの華麗なるファッションも楽しめた。
ダークサイドに入った父は名前がたまに出たり、ちょっと利用したり程度。
ホームズはフィオナとあっさり別れ、キティが再登場。子連れでもうこれで探偵は辞めるとの事で最後になるのかね。
ワトソンは医者時代に治療したシンウェルと言うのが出て来まして、これがギャングにいたんだけど内通者になってそのギャングを潰すとかシーズンに渡ってあれこれ出てきたり。この関係は例によってつまらない。
そんでシンウェルが前にギャングの命令で人を殺してた事が分かって、ホームズはそれで捕まえようとし、ワトソンはそれでもギャングを潰すのを優先すべきと揉めたり、シンウェルにホームズが襲撃されたりごたごたする。
最終的にはシンウェルが殺され、ワトソンが後を引き継いでギャングに対峙するんだけどその頃からホームズの様子がおかしい。
捜査をほっぽり出したり、シンウェルの葬儀に来なくてワトソンが激怒したり。
人を殺したのがそんなに許せないのか、シンウェルは私の友達ですべてが終わったら自首するつもりでワトソンに供述書も渡していて、なのに葬儀にも来ずギャングを潰すのにも手を貸さないと。
何やら女のストーカーに付きまとわれてると思ったらそれは死んだ母でホームズの幻覚。他にも色々見えたり、記憶が飛んだりしてるらしい。
最終回では病院に行ってまして、そこで終わりのクリフハンガーと。
なんかシーズン6は一応決まったらしいですね。そろそろ正念場かもしれませんね。

・ナイトシフト~真夜中の救命医 ファイナルシーズン
ナイトシフトもシーズン4の10話でファイナルですが、いやあ酷かった。申し訳ないがそうとしか言えない。
とにかくシリアパートがいらないと思うんだよなあ…。
まずER自体は存続するが、トファーは責任者として首と言い張る新経営者ポール父。でもすったもんだありつつ、軍人病院と提携するのを勝ち取ったジョーダンの押しでトファーは戻れる事になるが、交通事故で娘とお亡くなりに。
降板だからって殺すなと思ったが、ここから殺しまくりですよ。アニーに至ってはスコットとも爽やかに別れて旅立ったと思いきや、リュックに石詰めて川へダイブ、しかも結局最終回でも生死不明。
他にもケインという新しいメンバーも最後突然辞めると言い出して、パスポートとか大金をバッグに入れて逃げ出したところを反社会勢力の皆さんにとっ掴まって、その後は放置。どうなったかも分からない。
TCは相変わらずふらふらしてて、シリアの女医といい仲になって結局やっぱりサンディエゴに居場所ないわーシリア行くわーと出てったのになぜか最後の最後でやっぱり戻って来て、あの女医どうしただし。
ポールが代わりに親に嘘ついてシリアに行ったとか、何もかも中途半端で終わりましたとさ。

・クリミナル・マインド12
10、11と見てないのについ12シーズンを見る。ちなみに国際のシーズン2は投げました。
まずホッチの中の人がスタッフを蹴るという事件があり、ホッチがドラマから消える。最初は特別任務とか言ってましたが、結局スクラッチからジャックを守る為に証人保護プログラムに入ったとの事。
私はホッチが凄く好きだったからもうこれだけでがっかり。
後釜のリーダーは帰ってきたプレンティスで新加入はアルヴェス、演じてるのはCSIマイアミでデルコだった彼。
途中からリードが殺人容疑で刑務所入り。お母さんの認知症を治そうとメキシコへ怪しい薬を買いに行ったりしてて付け込まれた。もうこれがホントにつまらないんだよ…。正直ホントにテキトーに見てました。
スクラッチに嵌められたと思いきや、実は10年ほど前に色々あったサイコパス少女リンジーの仕業でしたと。
全体的になんか雑と言うか、もうプロファイリングじゃないよねみたいな。
リードが刑務所とかホントに見てて厳しかったし、次はどうなるのかなあ。

最近はwowowでやった時は見なかったのに新米刑事モースをNHKBSで見て、面白いなあとか思ってます。
なんでwowowで見なかったのかなあ、長いからか吹き替えだけだったからか。まあNHKだって吹き替えなんだが。
無理矢理字幕出して見るので、中々1時間半の時間が取れずまだ3話しか見てない。


次はお笑い。

・磁石単独ライブ「Re:play」(4月7日)
毎年恒例磁石の単独ライブ。今年は会場が四谷区民ホールでしたが、実に立派なホールで快適。
磁石も安定してコントも漫才も面白いし、最後に軽くまとまるのもよく出来てる。
相変わらず佐々木さんがバツ2をいじられている。
ヤバイ、もう思い出せない。
まあとにかく、凄く面白かったからいいか。

[PR]

by hyakurin | 2018-04-11 13:27 | 日記 | Trackback