<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ダイナマイト関西2015 トーナメント一回戦の1

今年のダイナマイト関西は事務所対抗戦です。
と言う事で初戦の「吉本21世紀軍対ASH&Dコーポレーション」に行ってきました。

ですが残念な事に暑さで駄目になった人のレポなので、レポになってません。しかもあちこちで落雷とかで電車止まってたりして焦ったり、膝丈のスカートなのに生足(普段はそんなお見苦しい事はしないんです、暑かったんです)で冷えちゃったり、後ろの方だったので純粋に回答が絵でよく見えなかったとか色々あるんでホントにテキトーに書きます。
ちなみに今回はカイジがモチーフらしく、館長が会長でカイジが出て来て小芝居したりとか色々。カイジ知らない人は大丈夫だったんだろうか、私も正直ちょっとしか知らない。
後、司会がゴエさんじゃなくGAG少年楽団の人が担当、エキシビジョンだけ坂本さん。

と言うか、ASHってそもそも芸人が7人しかいないって事で、出ない人も応援で全員来てました。が、Tシャツも貰えず入館証着けて最初だけ舞台に上がってました。だから凄い大物が、シティボーイズから斉木しげるさんが登場で盛り上がりが凄かったです。まさかまさかの参戦、客の迎え方が天皇陛下みたいとか言われてましたが、いやーすげえなダイナマイト関西。斉木さんは笑点感覚の参戦だとか。
というか人数だけだと、吉本の方が圧倒的に有利に思えますが。呼び込みの時もザ・ギースの尾関さんが変なタイミングで出てきたりとハプニングが。それになんかあまり大喜利慣れしてないから大竹まことさんから資金を貰って合宿したけど焼肉食っただけとか。
吉本側は最初っからもう中学生の言ってる事が意味不明とかある意味いつも通り。てかもう中はなあ、飛び道具だよなあ。

今回は色々特殊なルールがあって、最初にまず柔道みたいに順番を決めて勝ち残り。残った方はポイントは減ったら減った状態で次の人と当たる。引き分けの場合は両者退場、大将同士で引き分けの場合は代表者がサドンデスで一問一答。
この引き分けルールがとても大きい。シミュレーションではほとんど出なかったらしいのですが(勝ってもポイントが少ない状態から始まる訳だからね)今回は多かった。
順番も吉本が菅→伊藤修子→R藤本→もう中学生→最後がリーダーの村上純に対してASHは最初にリーダーの高佐→塚本→尾関→渡辺江里子→斉木しげると最初にリーダーが出る形。ただし、勝ち抜き戦なので下手したら5人抜きもありえるよ、みたいな。でも引き分けがあると意外に強くても両者消えたりとか色々出てきましたね。
ここまで書いてなんですけど、順番は途中が違う気がしてきたので信じないでください。

出だしは高佐さんが2人倒した後負け、だったかな。覚えてる回答は「酢を飲むと体が柔らかくなるみたいな事を書いて」みたいなお題で伊藤修子さんが「ビールを飲むと静岡の工員が死ぬ」「イクラを食べると家畜が子を産まなくなる」みたいなのが面白かったです。もう中学生のポイントゲット率が相変わらず凄い。
で、引き分けがあってリードもなくなり最後は大将同士。村上はまさかコントでなく大喜利対決を斉木さんとすいるとはと。斉木さんの回答はやや笑点風ながらやっぱり面白かったです。
最後はサドンデスになり、もう中学生対高佐。
結果、ASH&Dコーポレーションの勝利となりました。少数精鋭と言われたのは伊達じゃないですね。

エキシビジョンはまず、勝ったチームで誰が一番本当に大喜利が上手いのかを決めるってヤツでカイジも小芝居で出て来て色々やってました。これは運もあって、最初の回答者になると20秒で回答しないといけないので大変でした。カジノ風にコインをかけていき、続行でも没収になります。で、高佐さんが一番手で苦戦してて、途中尾関さんが8枚かけて死んで行ったり、それ以外は最後まで結構盛り上がりました。最終的には圧倒的にリードしてた斉木さんが最後に理解不能な回答を出した事もあって、塚本さんの勝利。
それからまた会長が出て来てみんなを1995年に戻したという体で全員(竹若さんも混じって)で未来に帰るためにポイントギガワットを溜めるための大喜利。お題は「1995年の自分を叱ってください」みたいな。これは叱るよりアドバイス回答みたいになってたけど村上の「ラーメン二郎は食べるだけにしとけ」とか身を斬る回答もあったりして凄く面白かった。
次のお題は「安達祐実ちゃんにアドバイス」みたいので渡辺さんの「ママはママ、祐実は祐実」とか修子さんのサークル仲間が今の旦那さんとか、これもとても盛り上がりました。
というかトーナメントの後で休憩はさんでエキシビジョンなので時間はとても長いです。これから帰りが不安になってきました。それとあのカイジネタ、続けるんでしょうかねえ。前回はさんま祭りも全部ずっと続いたけど。

しかしこの先も興味深いですよねえ。だって吉本の劇場なのに吉本が出ない対決もありますからね。今回も吉本負けたし。私は次の吉本20世紀軍対ワタナベエンターテインメントは都合が悪く行けませんが、その次のSMA対人力舎と浅井企画対ケイダッシュステージは絶対行こうと思ってます。私の勘違いかもしれませんが後ろの方で見てる範囲では、カメラとか入ってない気がするんですよね。分からないけど。どっちにしろ生で見られる時には行きたいですが。
だって、勝ち負けよりまず浅井企画対ケイダッシュなんて誰が出るのって。まだ決まってないんですよね。浅井企画はずんはマストとして、斉木しげるさんクラスが出るなら関根勉さんとかも十分ありえますよね。てか大喜利得意なのって他は誰なのかな、スパローズとかかな、イワイガワとかとにかくイメージが湧かない。流れ星は分かるけど見たいような見たくないような、ファンだけどついそう思ってしまいます。だって怖いよダイナマイト関西は、むしろファンだから複雑なんです。いやでも見たいかな、流れ星ももう舞台でそうそう近づけないから。今度の単独だって渋公の遠いところから見ますし。
ケイダッシュステージもオードリー若林がいないと後はどうなのかなあ、とかぐだぐだ書いてたらリーダーだけ発表ありましたね。浅井企画が飯尾さんで、ケイダッシュステージは佐藤(どきどきキャンプ)だそうです。若林さんがリーダーじゃないんだねえ。まさか出ないとかあるのかなあ。でもそうなると思いがけない人の活躍とかもあるかもしれないし、ダイナマイト関西は今年も楽しいです。
[PR]

by hyakurin | 2015-07-25 07:09 | お笑い・落語 | Trackback

雑日記 なんか申し訳ない

どうも、アルガンオイルを買いに無印良品に行ったのに結局値段にビビってホホバオイルでお茶を濁した管理人です。いやだってアルガン高いもん、それに私夏場はそんなに肌乾燥しないつうかむしろオイリー寄りだもん。ホホバオイルの方がさっぱり系みたいだから。
じゃあなぜ買おうとしたかと言うと、瀧上さんが使ってるって言ったから。あの玉の肌に憧れが。自慢じゃないがそれまでまったく、アルガンオイルの存在すら知らなかったわ。女子力はないも同然(もはや大威張り)アルガンじゃないけど、髪に使うオイルは結構前から使ってたけど。あれね、湿気対策です。普通は乾燥対策だけど私のようなくせ毛はオイルの入ったスプレーとか使うとちょっとだけ湿気に対抗できるんで。
まあなんつうか、高いオイル買うより肌に大事な事あるよね。睡眠時間とか、日焼け対策するとか。化粧したまま床で寝ないとか。もう性別以前に人としての問題点が出てきたのでやめる。

先週のアクセス解析のレポート見てびっくり。わずか2日で通常月の三分の一くらいのアクセス数があったからです。この日に何が起こったのだろうと調べて分かった。キャッスルのテレ東放送がシーズン2の最終回だったらしい、多分。確かにあの終わり方は続きが気になるよねえってか、テレ東で放送始まってからキャッスルの感想へのアクセスが凄いのです。さすがに地上波放送は違うんだなあ、テレ東でも。
このブログはどこへも出張らない、繋がらない、ひっそりやるをモットーにしてるのですが続けるとはえらいもんで、そこそこ長くやってるから割とキャッスルなんかだと検索も上位で出て来るのね。まあ、キャッスルの感想もシーズン初期のはまあまあちゃんとしてるからいいんだけど。
問題は最近は感想もテキトーで更新も少ないけど、ブログもやってる人が減ってるのかまあこのブログが結構上位で検索で出てきちゃうのがなあ、申し訳なくて。キャッスルの感想だってもっとちゃんとしたブログとかあると思うんだけど、ここで無駄足踏ませてるんだろうなあきっと。
それでもまだ、海外ドラマとかそんなにメジャーではないのがネタだからいいけど、今「相棒」とかの感想書いてたらと思うと怖い。そんな事言うなら、ブログなんかやめちまえだけどね。それかもっとまじめに書いたらいいんだけど、また暑い季節になりましたからねえ。パソコン部屋、今年もエアコンありません。そしてうちには有線のデスクトップパソコンしかございませんな状況は変わってないのでどうしても、昼間はパソコン使えませんね。パソコンの前に人が死んじゃうから、猛暑日的な気温に耐えるようにできてないので。
もうちょっと目立つところに、役に立つ感想はありません、とか書いておこうかなあとか真面目に考えてたりする今日この頃です。
[PR]

by hyakurin | 2015-07-21 03:48 | 日記 | Trackback

雑日記 月に一度の

どうも、考えたら2月を最後に全然映画を今年は見に行っていない管理人です。でもこの先も当分、見たいと思う映画を見つけれてません。このままだとSWまで何も行かないのかもしれません。こんな事初めてだとは思うんですけど、だからと言って適当になんでも見るのはできない性格なので。あ、一応9月に猫侍があるかな。ホントにないなあ。

さて今月もWEBダ・ヴィンチで「肘神様が生まれた街」を読んで感傷にふける私です。
共感ワードは「街に行く」ね。言ってた言ってた。横浜(ちなみに横浜駅周辺の繁華街に行く事を市民は横浜に行く、と言う言い方をする)とかそこまで大きくない、ちょっと大きい商店街へバスで行くのも「街へ行く」ですよね。私の住んでたところはさすがに信号はあるけど、おもちゃ屋みたいなものはないところでしたので。雑貨屋、小間物屋、そしてなぜかケーキ屋だけは極近所に2軒あるという意味不明さだったけど。今もケーキ屋は健在だけど、雑貨屋と小間物屋はつぶれて、コンビニができました。
連れてってくれるのが祖父母と言うのもね。うちの親は子供に誕生日、クリスマス以外におもちゃとか買ってくれるような人たちじゃなかったし。しかもクリスマスになんの希望もしてない「水筒」とかもらったりね。私は祖父母がいなければ確実にグレてたと思います。ゲームウォッチ(歳が明確にばれるなこれ)もねだってねだって買ってもらったなあ。普段は瀧上さんみたいにダダこねる子を冷たく見てるような子供でしたが、これだけはねだったね。しかも、他の子とかぶらないようにってすげえマイナーなの選んで、結局あまり遊ばなかったと言う。今思うとホントに祖父母に申し訳ない、結構な値段だったのに。
他にもわざと商店街が休みの水曜日に行って、しまってる店の前に出てる出店でおままごと用の小さい食器やら鍋やらを数点ずつ買ってもらったり。でも瀧上さんみたいなガチャガチャ愛みたいのはなかったけど。すぐ飽きて新しい物へ行きたがる典型的なハマっ子気質だから。そういう粘り腰が芸人さんを続けるのには大事な要素だなあと思いました。
おもちゃ屋さんのエピソード、いい話です。素敵な思い出で素晴らしい。ガンダムのガチャガチャを好きな女の子にあげるってのも、男の子らしいエピソードでいいですよね。問題は女子がそう考えられるようになるのはアラサー以降って事なんだけど。
そしてつくづく私は思いました。しかるべき時期に「ニュー・シネマ・パラダイス」を見ておくべきだったと。そうなんとワタクシ、この名作をいまだに見た事がないのです。しかもそうこうしてる内にストーリーはだいたい知ってるからいっか、ってなっちゃってる。でもこれは兄のせいなんですよ。この映画が話題になり始めた頃に兄が私に勧めて来て、その頃からこの流行もの好きの軽薄な兄を嫌っていた私は絶対この映画を見ない、と心に誓ったのでございました。ひねてます。てか言われる前に見ればよかったんだよなあ、兄に言われるまでもなく凄くいい映画ってのは情報として知ってたんだから。
どうもこの兄、勧めてくる本など読んで感想を聞いてみても浅いチャラいで。だから勧められると急に私の中で価値が下がる訳です。今にして思うと、兄の言語表現が貧弱なだけで映画や本が悪い訳じゃないのにね。私は割に人に勧められると読んだり見たりを気軽にする方なんですが、なぜか周りに正統派の映画ファンがいないんで、タイミングを逃して見てない名作が結構あるんだなあ。
今はネットがあるから逆に映画も探しやすくなったのにねえ、そうなるとなんか本当に見たいものが見つからないような気がします。単に私が歳とともに感受性が鈍ってるのかもしれませんが。
でも夏休みってやっぱり、子供向けが多いからなあ。うーん。なんか見たいなあ、映画が。とか言って借りたのに「インターステラー」を放置してる私ですが。見ろよ。中学、高校時代は必ず祖父母にもらった小遣いで月一で映画を見に行ってたものなのに。親からの小遣いはだいたい本を買うのに使ってたから、それ以外は祖父母からもらったので賄ってました。なんと親からの小遣いと同額もらってたから結構な額で。これも親が訳の分からない門限を設定したせいでバイトをできなかった私にはありがたかった。
今はお盆だから特に祖父母の話は心に沁みますね。ホントに感謝しかない、これだけはまっすぐにそう思います。祖父母が真ん中っ子の私も可愛がってくれたから。普段構われないから、真ん中は。多少(だいぶ、かも)ひねるくらいで済んだのは祖父母のおかげです。
[PR]

by hyakurin | 2015-07-16 03:47 | 日記 | Trackback

見た海外ドラマ2つ リストと夜勤

ずらずらっと覚え書き感想っぽく。ろくな事は書いてません。
ネタバレあり。




・ブラックリスト/THE BLACKLIST シーズン2
…話が世界規模の秘密結社とかにまでなってるわで段々ついてけなくなってまいりました。まあいつも録画でさっと見て消しちゃうんで。全然詳しくはならないですね、他の情報見ないし。でも結社なあ…、都市伝説のフリーメーソンじゃあるまいし。
話を最初に戻すと(あんまり覚えてないけどとりあえず)まずトム・キーンは生きてました。エリザベスはこの元夫をレッドに内緒でとある船に監禁して情報を聞き出そうと必死。なんかモーテルを泊まり歩いたり、出来る捜査官感をばりばりに出したり、下着姿とか見せてますけどこれは誰得なんでしょう。割とマジ。トムとの離婚が成立したのにキーンを名乗り続けるところでお察しってところだな。
んでこのリズの行動が後々まで響く事に。すったもんだの揚句にトムが港の警備員だったかなを殺して逃亡してしまい。リズが容疑者になり、それをクーパーが庇う羽目になり。そのクーパーも脳腫瘍が末期だったり、レスラーは薬物依存だしで。マリクの代わりに途中から女モサドのナヴァービが加入しますが目立ってたのは最初の方だけだなあ。
トムはまたベルリンのとこに行く前にいた組織で元のように働いてるんだけど、リズの無実を証明するのに結局戻って来て。リズもまだ好きなんだね結局。レッドは追い払おう追い払おうとしてますがそれもそのはずで、元々はトムはレッドに雇われてリズに接近したのに途中でベルリンに寝返った。トムも生い立ちが複雑です。で、最後までリズに付きまとってますこの男。
レッドは「フルクラム」とやらを手に入れるのにリズの記憶を呼び覚ましたいんだけど、全部はまずいと。自分の過去を自分から遠ざけるレッドと対立するリズ。単なるウザい子にどんどんなって行く。レッド的には秘密にしておきたいんだけど、この辺はデンベと対立してたりして。そのデンベの過酷な過去も描かれてたな。で、そのデンベの手引きでリズは自分の母親がKGBのスパイだったと知る。「フルクラム」もなんか大した事ない過去の遺物だった、のかな。だいぶ見失って参りました。
てかこの辺から結社の影がね。情報局長のコノリーもその手先で、クーパーは脳腫瘍の治験を受けてかろうじて小康状態なので彼に逆らえない。一度逆らってみたけど、奥さんが機密情報して協力しちゃったり。しかも実は脳腫瘍は嘘。医者を脅してそう思い込ませてただけ、薬使ったりして。
リズもコノリーにハメられて政治家殺しで逃亡するしかない状態に。でもリズにウイルスを仕込んだ奴は消されてしまう。自分の無実を証明するのに、コノリーが医者を脅していた録音があるとクーパーと言いに乗り込むが、コノリーは自分は結社にとって変えの利く存在だしーと小馬鹿にする態度。思わず銃を突きつけたリズはクーパーの制止も聞かずに撃ち殺してしまった。
…ここで目が点ですよ。なんで殺すと思ったら、幼い時の記憶がフラッシュバックしてやってしまったみたい。そうレッドが封印しようとしたのは、リズが幼い頃に母に暴力をふるう父を撃ち殺した事でした。ああ引っ張った割には普通だ。レッドは結社の事をジャーナリストたちにバラして、デンベともハグで分かれ、リズと旅立つ事に。あ、ちなみに一瞬、何もかも捨ててトムと逃げようとしたリズですが結局戻らず、トムは一人自家用船で旅立ちました。
これでリズはめでたくホントに犯罪者、レッドとともに指名手配犯、それも10大重大犯扱いですよ。追うのはレスラー。わあ、駄目っぽい。そしてクーパーの人生も結局めちゃくちゃだわなー。一応リズはレスラーに電話して、クーパーはコノリー殺しと無関係と言うのですが。レッド、今更素直に頼られて嬉しいのかな、てか結局このシーズンではリズとの関係は謎のままですが、多分スパイ母とレッドが不倫ってところかね。
何と言うか、結社とか言われると急に安っぽい感じがしちゃうんだけどなあ。うーん。それにいくらコノリーが悪人でもリズが人殺しには違いないし。
これでシーズン3がリズがFBIに出頭する、とか言うシーンで始まったら笑う。

・ナイトシフト
変なサブタイトルは忘れちゃった。WOWOWで吹き替え放送しかないので仕方なく吹き替えで見ました。非常に不本意。医療物なんて特に字幕の方が、医療用語とか分かりやすいじゃないか。
まあこっちもトファー役に釣られて見ただけなんだけどね。
よくあるER物でしたが、このドラマらしさと言うと基地の街で、医師たちも軍上がりが多いとかそんくらいかな。後はお約束の元彼氏彼女、元彼氏との軋轢やら、責任者がやな奴とか、親がクズとか。
責任者のラゴーサはやな奴だけど、案外物わかりもいいし、押しが弱く押しに弱いと言う中々可愛い奴でもあった。最終回で目の裏に腫瘍が見つかってましたが無事だといいけど。
トファーは撃たれたけど無事だったので、シーズン2も見るつもり。主役のTCとジョーダンのPTSDやら復活愛はどーでもいーですが。
[PR]

by hyakurin | 2015-07-15 04:11 | 海外ドラマ | Trackback

雑日記 何をしてたのか

どうも、お化け屋敷が怖がれない管理人です。つか、あれ怖いすかね、冷静に考えて。だって、流れ星の「お化け屋敷」ってネタじゃないけど、どうせ出てくるのはバイトの人、もしくはロボットとか作り物じゃん。怖いってか仕掛けでびっくりはするけどさあ。
もっとも私の周りはお化け屋敷NGの人ばっかりなんであんまり入った事ないんだけどね(夫も。どう説得しても全然だめ)遊園地自体めったに行かないし。だけど富士急ハイランドとかでも入った事あるですよ。涼しくて快適でした。でもまあ、単に損な性格だと我ながら思います、あんなん怖がった方が楽しんでるんだから。

しかしまあ、もうとっくに7月。何をしてたんだと言うと、主にずっと流れ星のDVDを見てた。だって雨で雨でやる気もない、何も乾かない、出かけたくないもの。だけどそろそろ海外ドラマの録画を見ないとなあ。
またキャッスルとかがたまっていくよー。まだ1話も見てません。
ただ今期は日本のドラマは一切見ない予定なのでまだ大丈夫かな。その代りつか、海外ドラマは色々始まるけどな。ヤバイ。
でも流れ星、面白い。特に8年くらい前にやってた「エンタの味方」(神様、ではない)が面白い。昔は深夜番組もまだ色々あったんだよなあ。今は通販番組ばっかりだもん。と言うか、今まで流れ星って割とベタなコンビだと思ってたんだけど、なんでそう思ってたのか不思議になるDVDでしたね。
夫が突っ込みのビンタが決まるたびに大喜びしてましたが、ならハマるのちと遅かったねと。今はそれほど強烈にはやってないから。私はその頃に1度だけ生で見た事あるけど、いい音してましたわ。
その内感想まとめたいなあと思ってはいる。いるだけ。

とにかくまあ、こんなしょーもない相変わらずの暮らしですわ。
[PR]

by hyakurin | 2015-07-08 01:55 | 日記 | Trackback