<   2010年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ミディアム5 ラスト2話

ネタバレあります。




#18「ライバルあらわる」と最終回「この命にかえても」を見ました。
まずライバル~の方ですが、もう最初からルースは夢で強盗を予知したが嘘だろと。アリソンみたいな人がごろごろいるわきゃない。
ジョーが火曜日朝から木曜日夜までサンディエゴに行くってのも淋しいのは夫婦だけで、子供たちは全然冷静。アリエルに至っては留守中、妹たちの送り迎えとアリソンの代わりに買い物限定でジョーの車を借りられて大喜び。しかしこれでブリジットが勝手に車を動かし(正確にはサイドブレーキ解除しただけだが)軽く事故って騒ぎを起こしたり。
スキャンロンは子供の頃父親に殴られてた事で子供の事で前向きになれないようす。リンとは結婚もしないみたいだし。性別も知ろうとしないスキャンロンにリンが子供の名前は男女どっちでもリーにすると言われて嫌がったり(スキャンロンも暴力親父もリーだから)でも結局、入院中の父親に俺は子供を殴ったりしない、と言ってリンにピンクのベビー服をプレゼント。子供は女の子だそうで、次の回でアリソンからお古貰ってた。これでようやくこのカップルは上手く行くのかね。
で結局、強盗の方は上前はねようとしたルースだが上手く行かず、アリソンに泣きついてきて解決。ルースがまるでお咎め無しもどうかと思うけど。

最終回。
アリソンは未来の自分の夢を見るが、それが家族を皆殺しにされて1年後の自分だったので大騒ぎ。
ジョーにも当たり散らしてるが、なら検事局の仕事をやめるか犯人を捕まえろと言われ、後者を選択…。まずそれが無理ないかい?
やめる方がずっと安全じゃん、まあドラマ的に無理だけど。
夢に出て来た刑事にも出会ってしまいますますパニック、それでも必死に捜査するが。
ところが道半ばにしてアリソンは脳腫瘍のため倒れる。良性ではあるが今すぐ手術しないと危ないと言う事で入院。翌朝手術する事になる。
しかし夢で手術後は夢を見なくなり、それで捜査に失敗→皆殺しである事がわかり、アリソンは病院を脱走する、夢を見るために。
まあそれでお約束だが新しく出て来た刑事が内通者でした、と。アリソンは自分が犯人と悪刑事もろともに吹っ飛ぶシーンを見る。
内通者は捕まえたがアリソンは再び倒れる。緊急の腫瘍摘出手術は成功するが、術前にアリソンは腫瘍の圧迫のせいで脳卒中を起こしていて、意識は戻らず昏睡状態。
いつ目覚めるかあるいは一生このままかはわからない…と言う終わりでしたが、もうS6があるのはわかってんだよねー。
目覚めないパターンもありえるけど、その時は娘の夢に出て来るとかかな。まあ普通に目覚めるが力はなくしていて、やはり娘たちが夢を見てそれを伝えるイタコになるとか。
目覚めないままだったら斬新ですけどねえ、まあこのクリフハンガーさほどの意味はないんじゃないかな。
というかこれだけあったら目覚めても検事局はやめるよなー、普通。

S5を振り返ると事件部分はかなりパターン化してて、面白みに欠けました。もはや家族ドラマとして見てる感じ。
アリエルは典型的なティーンエイジになって、ブリジットが段々しょーもない娘に育っている気がするが。奔放と言えば聞こえはいいけど。
マリーが見ていて1番和むキャラ。このまま可愛くいて欲しい。
[PR]

by hyakurin | 2010-08-31 17:13 | 海外ドラマ | Trackback

2010全米OP 錦織圭初戦突破

対戦相手のコロレフの棄権と言う形ではありますが、勝ちは勝ち。まずはおめでとう。
今大会は予選を勝ち上がっての本選入りですからこれは正直ラッキーでもありましょう。ちらっと見た予選ではあまり良い感じには見えませんでしたが、今日はサーブの決まり具合といい中々。
次はまず間違いなくチリッチが相手になると思われますが、全米の錦織選手には期待が膨らみますからね。またいい試合、期待してます。
[PR]

by hyakurin | 2010-08-31 01:52 | スポーツ | Trackback

秘密情報部トーチウッド #8 スージーの思惑

スージーとは初回で自殺した人だなと思ったら。そしてこの回、なんかイアントが変。

殺人現場に血文字で「TORCHWOOD」と書き残されている事件。3人死んでいる事態にスワンソン刑事がトーチウッドが我が物顔で歩き回ってるせいだ、と非難。どうやら警察には嫌われてるんだなトーチウッド。というかなんかもうBAUかCBIのジェーンでも呼べ、という現場だな。

グウェンはスージーが使っていたグローブで死者を呼び出して話を聞けば、と提案する。一度封印したグローブですが、提案を受けて取り出すジャック。なんでも深海から出てきた謎のグローブらしいが。なにかクールな名前が必要だと言うオーウェン、元は「蘇生グローブ」と呼んでいましたがイアントは「復活グローブ」を提案。「キャッチーだ」と言ってますがなんだかな。
最初はジャックがやってみますが蘇生出来ず。元々苦手だと。オーウェンも以前試したがダメで、やはりスージーしか無理だと言うがグウェンが名乗りを。どうやら同情心とかが必要らしい。この場面でなぜかストップウォッチで計測するのを楽しんでいるイアント。好きらしい、ストップウォッチが。
グウェンは初手から24秒間の蘇生に成功、そして他の死体でもやっている内にマックスという犯人の名前が出てくるが同時に彼の親しかった女性としてスージーの名前も出てくる。更にマックスからはレコン(グウェンも1回目で飲まされた記憶消去薬)が出てきて、これがレコンの副作用なら大変だと。イアント調べで今まで2008人に飲ませてるそうだから。
こうなったらスージーを復活させようと。最初は失敗するが彼女が殺人で使っていたグローブと同じ素材のナイフ(イアント命名、命のナイフ)で刺してみたら…で成功。しかも気絶したままではあるが再び死なない。
彼女を尋問して徐々に事件が見えてくる。自助グループで知り合ったマックスにスージーは自分の仕事に関する秘密を喋っちゃレコンを与えていたらしい。そのせいか…となったとき、グウェンが勝手にスージーを余命いくばくもないという父親に会わせようと連れ出してしまう。でも実はスージーは徐々にグウェンから命を奪っているのだった。スージーを殺さなければグウェンが死ぬ。
気がついたメンバーは後を追おうとするが基地が完全にロックダウンされてしまい、出られなくなる。マックスがディキンソンの詩を暗唱すると基地がロックダウンするようにスージーが仕掛けていたのでした。そもそもマックスが殺人を犯したのもスージーと3ヵ月合わないとそうなるように操作されていた。すべてはスージーの思惑通りだったのです。
その頃一人で何かやっていたイアントは携帯を使えるようにする。涼しい顔で凄い事やってますが。ジャックも思わず誉めてますがさてではどこにかければ、と。
結局スワンソン刑事たちに散々馬鹿にされながらもトシコがロックを解除する。トシコもイアントも優秀だ。

道々スージーと死後の世界の話をするグウェン。死後の世界は無、生がすべてよと言うスージーはなぜか父親を殺す。それがコイツにふさわしいと。その上グウェンも自分が死にかけているのに気がつく。逃走しようとするスージーにジャックから電話が。しかし止まらない。ジャックが追いついてスージーを撃っても死なない。
その時ジャックは命を供給しているグローブを壊す事を思いつく。成功して息絶えるスージー。彼女の唯一の誤纂はジャックが不死身だった事でしょうか。
そのスージーは死ぬ前、何かが死の無からジャックに迫っていると不気味な事を言います。
でもなんというかやはりジャックって底知れない感じが怖いですね、そう思うとあのシャイニースマイルもなんか怖い。

再び冷凍されるスージー。私たちも死んだら冷凍と聞くグウェンに「永遠に。それが規則だ」と言うジャック。
この後のイアントとの会話も怖かった。スージーがまたそこらを歩き回らないように鍵をかけておきましょうかというイアントにもう絶対に復活しないからいいというジャック。しかしイアントは静かに「普通グローブはペアです」
…怖いねえ。

というか最後のストップウォッチには使い道が色々ありますよ、何か提案しましょうかというイアントに「他の連中を帰すから10分後に俺のオフィスで」となんか嬉しそうに言うジャックの会話はどう取ればいいのだ?
普通に考えたらエロティックな事を想像するんだが。まさかみんなを帰して2人で息止めタイム計測大会でもする訳じゃあるまい。私が知らないだけでイギリスではなんか遊びがある、という訳でもなさそうだし。
これがイアントでないならジャックはなんでもありだそうだし、別に男相手でも不思議じゃないけどイアントってつい最近、ジャックに地獄を見せてやるだの怪物だの言ってたような気がしますが。リサの件の時、あなたのためなら黙ってなんでもやった、とはそういう事こみなんですか、とか怖い事考えちゃった。

なんか、色々怖い回でした。トーチウッド、得体が知れねえ。
[PR]

by hyakurin | 2010-08-30 12:03 | 海外ドラマ | Trackback

秘密情報部トーチウッド #7 ピロクテテスからの贈り物


私はいまいち不器用そうなトシコに結構共感を覚えるのだけど、そのトシコがメインだと思ったら…。ははは段々このドラマが分かって来ましたよ。

トシコをからかうオーウェンとグウェンが悪趣味です。その上オーウェンは謝るどころか、仕事ばっかしてないでもっと遊べば、とか嫌みまで。この2人雰囲気からして怪しくて、オーウェンに複雑な感情を抱いてるらしいトシコがかわいそうです。
彼女はパブで一人飲んでいますがそこへメアリーと名乗る女性が近づいてきます。彼女はトシコの事をとても詳しく知っています。ネットや警察無線で調べたという彼女を警戒するトシコですが、メアリーについ仕事上の事をあれこれ言ってしまう。メンバーと分かち合えない苦悩とか。ホントにあのチームまとまりないもんね、信頼とかさ。もうクビだと言うトシコにメアリーがくれたペンダントをつけると周りの人間の考えが流れ込んできて…。
どう考えてもエイリアンのテクノロジー、トシコはそれをみんなに話すと言うがメアリーはそんな事しない、と自信満々。
案の定翌日、職場で色々知ってしまったトシコは傷つきます。まあ人間そんなもんだけどさあ、グウェンとオーウェンはお互いの事ばっかりだしトシコの事さりげに馬鹿にしてるし。イアントは自分の事だけ。でも自分の仕事の意味とか、なんかトシコと共感できそうだったけど。まだリサの事から立ち直ってないっぽい。
そしてなぜかジャックだけは読めない。相変わらず謎な人。
トシコが散々ダメージ受けて家に帰ろうとするとメアリーが待ち構えていた。そしてやり取りの後、彼女と寝てしまうトシコ。あああ、凄いなあこのドラマ。オーウェンがかつて愛をこめてなんて書いてきたカードをまだ持ってるトシコが切ない。このペンダントのせいで…というトシコにこれは良い事にも使えるというメアリー。自分は本当はピロクテテスだと名乗ります。ジャックに聞いてみるとなんかギリシャ神話で10年ほどどこかの島に置き去りにされた人らしい。どうでもいいがジャックは首相とホットライン持ってるんですね。
まあそれでペンダントで犯罪を未然に防いでジャックに疑われたりなんだりあって、結局メアリーをハブに連れてきてしまうトシコ。というのもメアリーの本性はやっぱりエイリアンで、先日見つかったのが彼女のトランスポーターだから。実は彼女は犯罪者であり、流刑で地球にきた。でももう何もかもに幻滅しちゃったトシコは人類でいたくないとまで言ってる。
でもハブにはジャックその他もいて、メアリーが殺人を犯したりしてるのを暴く。ジャックはトシコの様子がおかしいのを見抜いていた。この時ついメアリーをかばって人質にされるトシコ、更にオーウェンに彼女をグウェンを交換しようとか言ってまた彼女を傷つける(グウェンは駄目とか普通に考えるもんなオーウェン)
結局ジャックは太陽の真ん中に行くようにプログラムしなおしたトランスポーターをメアリーに渡す。「殺したの?」と泣くトシコに「そうだ」ときっぱり答えるジャックがやはり少し怖い。

心を読んだ事で怒ってるオーウェンはトシコに怒りを隠さないまま行っちゃいますが、グウェンはあなたを避難できるほど自分は高尚な人間ではないとプライバシーを侵害したと悔やむトシコを慰めます。その上、なんにせよこの数日あなたは輝いていた、愛って素敵よねと。まあそうなんだが、なんとなくお前が言うなと思うなあ。

ジャックと話してペンダントを踏みつぶしてしまうトシコ。おおい、それ凄いテクノロジーに思えるけどいいのかいな。その上ジャックは読めなかった、まるで死人だと言うトシコ。ううんジャックが怖くなってきた。
[PR]

by hyakurin | 2010-08-30 11:27 | 海外ドラマ | Trackback

クローザー5 殺人のにおい

ネタバレあります。



重大犯罪課に着払いでっかい荷物が。みんなが口々に「ダクトテープはヤバい」と言ってるのが笑える。そしていざ開けるって事になった時にプロベンザが俺の席の側で開けるな、と言い出し休みでいないブレンダのオフィスで開封してみると中には死体、馴れてるはずの捜査官たちすら凄い臭いで引くくらいの。
その頃ブレンダは母と姪を連れてフリッツとチャイニーズシアターに。喜んでるのはママだけでチャーリーはつまんなそう。ブレンダのズレ方は相変わらずですな。で、結局仕事へ。オフィスの臭いに激怒。アロマキャンドルでどうにかなるかしらねえ。
贈り主は「びっくり箱のジャック」(つうかジャック・イン・ザ・ボックスで良くないか、余計に分かりにくいわ)とかふざけた差出人の貸し倉庫のオーナー。4度もあの怪しい箱で警察に相談したのに何もしてくれないので業を煮やしたらしい。契約切れで見つかるっていつものパターン。
借り主はダグ・コートニー、前科者で彼が被害者。彼の捜索願いが出てないので昇進試験勉強中のガブリエルを連れて事情を聞きに。遺族であり容疑者でもある。ダグは義父と上手くいっておらず、母親は心配しながらも何も出来なかったらしい。
ダグの車があるのを見つけたブレンダは適当な事を言ってガブリエルに相手をさせている間に勝手に車を漁る。中にはロトの束があり、ギャンブルにはまってるのが伺える。
他にも、元恋人に元大家に友達が怪しい。
ブレンダが家に帰るとチャーリーは殊勝に料理なんかしてます。ブレンダはチャーリーの部屋でブラウニーを見つけて勝手に食べちゃいますが、これなんとチャーリーお手製のスペースケーキ(マリファナは友達に送ってもらいました)
フリッツが帰ってみるとそこにはぶっ飛び状態のブレンダが。それに激怒してチャーリーを送り返す事にするフリッツ。しかしFBI捜査官とLAPDのチーフがいる家でキメようとするかね。恐ろしい娘だな。
飛んでる間にブレンダは捜査の手がかりを思い付くんだが、翌日思い出せず。しかしドクターになったテレンスの言葉で思い出す。つーかモラレス先生の出番が減るじゃねえか。テレンスちょい不気味なんだもん。
ブレンダが思い付いたのは容疑者4組に死体が入ってたのと同じ箱を送り返すというもの。なるほどね。
中にはカメラを仕込んであり、開けたら容疑者から外れる。中に死体があるって知ってて開ける訳無いし、なんなら捨てに行くよね。もちろんGPSも仕込んでます。
そして友人が怪しいとなり、ブレンダは追跡するのに警察車両はまずいと無理矢理パズのプリウス(新車)を借りて出動。途中から音のでない電気で走行。凄いぞプリウス。
まあもうここまでくりゃ語るに落ちただけど、ダグは友達に借りた金で買ったロトで1500万ドル当て、殺されました。一応、母親に恩返しするつもりもあったらしい。母親は夫の顔色を伺って息子を見捨てたと後悔。

そしてブレンダは家に帰り、チャーリーを送り返さないと宣言。怒るフリッツに彼女を見捨てない、信頼出来る大人もいるんだと教えたいと言う。
もう両親と祖父母に見捨てられてるからなあ、チャーリー。でもたいしたタマだぜあの娘。果たして分かり合えるかな。
パズのプリウスがドロドロの上凹みまでつけられたのになんとなくトヨタに対するヘイトをちょっと感じました。トヨタってデカデカと映ってるし。
[PR]

by hyakurin | 2010-08-29 23:05 | 海外ドラマ | Trackback

やりすぎフェスタ2010 しずる座長「すいさいど」

金曜日の初日に行ってきましたが、まあ着くまでが暑くて地獄でした。電車が遅れたせいで走ったけど、東京暑すぎるよ。
しかし会場は予想外にかなり快適。涼しいし、席もちゃんと角度がついていて後ろも後ろだったけどちゃんと見えました。

内容に触れますがネタバレってほどの事はちょっとしか書きません。


「すいさいど」とはsuicideの事。自殺しようとする人がばらばらに3人屋上に集まったり、そこに都市伝説を検証に2人、更に下から見て自殺を止めに来た男、その人々を別の建物の屋上から見張っている2人。
しかしそこには自殺を止めるのを仕事にして、更に実はそもそも自殺に追い込んだ者がいたり。

話は二転三転する込み入った物で見応えありました。日替わりゲストの野爆のフリーダム加減を扱いかねてとうとう池田が「帰ってくれ」と言っていたのが面白かった。
石橋さんがホントに学生には見えなかったのはお約束だったなあ。
[PR]

by hyakurin | 2010-08-29 16:34 | お笑い・落語 | Trackback

秘密情報部トーチウッド #6 恐ろしき村

いつもはお留守番のイアントも今回はなぜか一緒に遠出。格好もいつものスーツじゃないので若く見える…というかもしかして若いのかも。気が向いたら調べます。オーウェンがずーっと文句言ってるのがうっとおしい。
とある田舎の道路で17人もが忽然と姿を消している。そこでその脇でキャンプすると言い出すキャプテンにまたもオーウェンがぎゃーぎゃーと。この人、グウェンと真逆方向にうざい。トシコにも態度悪いし。トシコもなんでこんなの好きなんだろうなあ。
キャンプの準備があらかた済んだ頃、グウェンが最後にチューしたのは誰か言い合いしようと。この時のオーウェンの小学生かと言うツッコミには賛同。ようするに自分にはリースがいると言いたいだけなんだろ?
トシコの最後のキス相手はなんとオーウェン。それを聞いたオーウェンの小馬鹿にした態度、ムカつくわ。しかもオーウェンは前回のグウェンとのキスばらすから、トシコもむっとして「案外手が早いのね」なんて厭味言っちゃうし。つか、グウェンもその可能性くらいあるの分かるだろ。
更にイアントは誰もふってくれないから(これもひでえよ)自分から「リサです」と。さすがにここでグウェンは自分の無神経を謝りますが、イアントはもう忘れたのかと。ホントにグウェンって最低。
唯一、キャプテンがエイリアンとでも出来る人って分かったのは面白かった。それとリサと言った後のイアントと意味深に見つめあってたのは、やはりまだイアントはジャックを恨んでるのかな…。イアントも分かってても割り切れないか。
オーウェンとグウェンはその場から逃げるように薪拾いに。なんでキスの事を言うのかとキレるグウェンにオーウェンは、欲求不満なんだろとかもう、やっぱりこの2人苦手だ。
またキスしそうになるか、謎の早く動く影が。追っていくと無惨な状態の死体が。みんなで調べていると乗ってきた車を盗まれる。
走って追い掛けても無駄で、キーをつけっぱにしてたオーウェンは逆ギレするわと混乱する中、一人冷静に車をサーチしていたイアントが素敵。
少し離れた小さな村で停車しているのでジャックの指示で見に行く事に。
どことなく不気味な村に人影はなく、車を探すのはトシコとイアント。他は村を探索。
酒場に入るとそこにはまた死体が。恐怖でパニクるグウェン。しかも別の建物でいきなり少年に撃たれる。幸い大した事はなかったが、ジャックは酒場に篭城すると言い出す。オーウェンはイアントたちを探しに行こうと2度ほど言うが、ジャックは「彼等はこどもじゃない」と却下。少年もいるし、グウェンの怪我もあるけど普通に言うと軽く部下2人切り捨ててるよな。ジャックは間違ってはないかも知れないが、非情な面もあると思う。
その頃イアントとトシコは何者かに襲われ、地下室らしきところに閉じ込められている。慣れてないイアントは怖いのか、助けなんかなくても大丈夫と勇ましいトシコに食ってかかったり。誰も助けてくれない、は実は正しかったりして。
更にそこにある冷蔵庫の中をトシコが止めてるのに見ちゃって…。まあ、入ってるのはみんな薄々気がついていただろう人肉。さらって喰ってたんだね。
篭城組も地下から襲われたのを機にグウェンとオーウェンはトシコたちを探しに行くと勝手に行動を始めます。ジャックのリーダーシップって…。
トシコたちのところに突然銃を持ったおばはん、イアントはかかって行きますがあっさり転がされてしまう。…よわ。でもリアルだよな。
奴らにあなたたちを渡すと涙ながらに言うおばはん、助けると言うトシコの言葉はスルー。
連れていかれた場所にはお肉のストックが沢山。おばはんはグルでしたー。それどころか村の伝統でら村人みんながグル。10年ごとの誘拐を収穫祭と証し、いなくなってもばれにくい人を狙ってた。
トシコを逃がそうと頑張るイアント格好いいけどぼっこぼこ。しかも結局逃がしたトシコも合流したグウェンたちもろとも捕まってしまう。警官もぐるなので。
そこへ別行動してたジャックが車で突入、犯人たちを殺さないていどに銃をぶっ放すが、その時叫ぶのはなんかダサい気が…。
こうして異常な村人は捕まるが、動機を知りたいとグウェンは事情調子に。でも結局ロクな事聞けない。

そして任務の重さ、守秘義務に耐え兼ねたグウェンは同じ立場のオーウェンと関係をもってしまう。
なんか生々しいなあ…。グウェンだってそんなに大変だと愚痴るなら、警官に戻ればって感じ。やはりこの2人やだ。

イアントが普段は冷静なのにやっぱり実戦にはなれてないところが可愛かったし、トシコはカッコイイし、グウェンたちもトシコたちを助けようとしてたのはよかった。
しかしおいしいとこ全部持ってくのはキャプテン。なんか釈然としないわ。
[PR]

by hyakurin | 2010-08-27 03:07 | 海外ドラマ | Trackback

秘密情報部トーチウッド #5妖精の森

ちまちま録画して見ているのが面倒になり、FRINGEの後はこれをDVDフォローする事に。すでに8話まで見たのですが、そこであまりに疑問点が増えたので重い腰を上げ、少しばかり知識を得ようと検索してみたのですが、キャプテン中の人の素敵なイケメン夫(シビルパートナーですな)とのツーショットがボロボロ出てくるので、すっかりそっちに心を奪われて終わり。いや素敵なカップルですね。
キャプテンはゲイセクシャルではなく、オムニセクシャル(わかんねえから調べたよ。パンセクシャルって言ってくれりゃわかったのに)と言う情報とかいらんもんしか結局得てない。だってやっぱりドクターフーが分からないと分からないんだもん。

この回も相変わらずグウェンがウザいが、聞き魔の彼女のおかげでキャプテンがかなり長生きなのが分かりました。不死身の上に不老なのかな。
昔の夢を見て目を覚ますジャック。起きていくとハブ(これは検索で得た知識。アジトよりずっとマシな呼び方ね)ではイアントがまだお仕事してます。前回で辞めたりしなかったんだな、ジャックとはなんかまだ雰囲気ぎこちないけど。怪物とか言ってたけど、あれは根拠ありの発言なのかな。
異常気象がと調べるイアントの肩に手を乗せるジャック、はっとそれを見るイアント。前にオーウェンもゲイとか言ってたし、なんか妙にそのシーンがエロく見えたわ。ジャックってなんか佇まいが既にエロくて(悪口ではございませんが、私はそばにあまり寄らず遠くから見ていたいタイプ)フェロモンが見えそう。

義父(つか母親の彼氏)と上手く行っていない孤独な少女、ジャスミンが妖精に魅入られ不思議な現象を。更にジャックの昔の彼女(現在はかなりのおばあさん)のエステルも妖精を見たと言う。
しかしジャックは妖精じゃない、この世の始まりからいる彼らに名前などないと言う。まあ見た目も可愛くないし、ジャスミンを守るために人を薔薇の花びらで窒息死させてるしな。でも妖精って結局そういう善悪のない始末に負えないモノって気がする。
その姿を見ただけのエステルまで殺され、更にジャスミンは義父も殺し、私を行かせないなら大勢が同じく死ぬと言う。
打つ手がないジャックはジャスミンを行かせてしまう…。まあ彼女が選んだと言うかそうなる運命(何十年も前の妖精画にジャスミンが描かれているのを最後にグウェンが見つけてるから、生まれる前から決まってたのかと)って気がするけど、チームはみんな忿懣やる方ない感じ。まあ、それも分かる。一番気の毒なのは娘と彼氏を一緒になくした母親だよな。

途中、妖精についての議論になったとき若干信じたいっぽい女子組に「マジックマッシュルームでもキメたんだ」と言うイアントにジャックが「君の趣味は聞いてない」と返す一連のやり取りはなんか面白かった。
チームでなんか食べたり、和むシーンもないじゃないけど、やっぱりこの人達にチームワークは見えないな。個人主義と言うか単に他人の話を聞かない感じ。
今のところ、イアントがお気に入りでトシコには共感が持てる。ジャックは見た目は好きだけど得体がしれなすぎと行動に些か不可解さが。
グウェンとオーウェンは言動に不愉快さを感じるかな、根は悪くないと思うけど…。好きではない。
それにここまででトーチウッドが活躍してる気がしないかな。なんか逆に災いの元になってるように見えちゃう。
[PR]

by hyakurin | 2010-08-26 15:32 | 海外ドラマ | Trackback

エアコンが死んだ…

よりによって寝室(兼普段私が寛ぐ部屋)のエアコンが死にました。室外機が動かなくなってしまって。
家には後は居間にしかエアコンがなく、またここが寝るようなとこじゃないんですよね…。
一応明日、とりあえず修理の依頼をしたんですが、もう12年近く使ってるエアコンを修理ってもなあ。応急処置して貰って、本格的に死ぬ前に買うしかなさそうです。というか一刻も早く買いに行くべきなのかも。今エアコンって買えるのかな。

もう家計にも大ダメージ過ぎます。考えるだけでも頭が痛い。でもまだまだ暑いし、エアコン無しで寝るのは無理だ。寝室はベランダに面していて、窓を開けて寝るわけには行かないし。開けても近所の室外機の熱気がくるだけだし。
あー、修理してみたら案外まだまだ使えますとか言わないかなあ、無理だろうなあ。
[PR]

by hyakurin | 2010-08-25 23:08 | 日常 | Trackback

よしプリ スペシャルライブ 久馬歩編集 月刊コント8月号

極めて雑にちょいレポ。


いつものようにOPは各コンビ紹介のコント。ヤナギブソンと彼女が喫茶店で話しているがその喫茶店の店長がなんと平田敦子さん。出ると知らなかったのでびっくりしました。なんでか知りませんがニブンノゴ辺りからシルエットで掃除機がたびたび登場。でも本編には一切出てこず。

最初はプラン9で「どんな肉でもええやろがい」でした。食品偽装の会見に彼女を待たせておいてきたヤナギブソン。結局終わっても今度は飛行機事故の取材で彼女のところには行けず。
次がカレー(トゥインクルの若手らしい)でなんか面接のコントで色々制約をつけられるというネタ。何か質問をされてではそれを5文字で言ってくださいとか言われる。始めてみるコンビでしたがいかにもトゥインクルらしい感じで中々面白かった。この面接を受けていた人が平田さんの喫茶店に来て「雇ってもらえませんか」と言うが断られる。
次がパンサーで「お葬式」故人にいじめられていたという向井以外の2人は散々おかしな事をする。しかし棺桶を見るとそこには何も入っていない。そこへ偽装会見をしたひろしがやって来て弟のせましは飛行機事故で唯一死体が見つかってないのだと言う(母親は死んでいない)
次がラバーガールで「猫カフェ」大水の店員役でかなり面白かったです。「ぼたんちゃん」などと名前を呼べば出てくるとか色々いうが結局猫はおらず、怒って帰る飛永。ラジコンが出てきたりするだけなのですが後ろの方にいたのでよく見えず。その店には面接で落ちた人がバイトしている。
そしてニブンノゴの「魔法のランプ」森で迷っていると大川がランプを拾うがこすった後投げ捨ててしまい、ランプの精の歯が折れてしまい、願いが叶わない。そこへ飛行機事故の取材で道に道に迷ったヤナギブソンとそれとは別に彼女も現れ、さらに瀕死のせましも見つかる。更にカレーの出前に来て迷った面接に落ちた人も。とりあえずせましを連れて行く事に。
インパルスは「ランチタイム」だったかな、そんなようなコント。シェフの板倉とウェイターの堤下は佐々木希が来店した、とはしゃぐが別人だった、という。
その店に大水と平田がデート?でやってくる。そこへ銃を持って飛永を人質にした面接で落ちた人が。しかし本当は飛永が金で雇ってやらせただけ。飛永は自分の店の商売がうまくいかないのはオシャレな店のせいだ、この店も潰すと言い出す(猫カフェも偵察でいったらしい)しかしそこで平田に諭され、土下座して謝る。

なんかこの後のまとめコントがよく思い出せないんだけど、結局せましは生き返ったんだっけ。ラバガが自分たちが凄くいい話のオチになってて恥ずかしかったみたいな事を言っていたのしか思い出せない。大オチが面接で久馬さんが「ぼたんちゃん」と叫んでたのは覚えてるけど…。

途中、宮地さんがなだぎさんに関節技?か何かを決められて本気でなだぎさんのお尻を叩いたりとか、色々ありました。大阪の仕事でゴエさんがリハに参加できなかったとか。
生で見たのは初めてですがとても面白かった。10月まだ予定に入ってませんが、今後もあるなら行きたいです。
[PR]

by hyakurin | 2010-08-25 02:59 | お笑い・落語 | Trackback