<   2010年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

臨場おもしれー

普段昼間に録画チェック以外の事でテレビをつける事はほとんどないのですが、たまたまつけたら丁度「臨場」の再放送が始まるところで、ああそういえば相棒の後番組だっけ…と思ってなんとなく見てみたら面白かった。
最初は高嶋弟とか内野聖陽が濃いな…と思って苦手意識が芽生えかけたのだけど話が面白かったので。
というか、私多分原作読んでると思うんだけど例によってこまけえこたぁ全然覚えちゃいないので普通に楽しんでしまった。
何より渡辺謙の息子があまりにお父さんの若い頃にそっくり(特に目、見開いた時の目と叫ぶときの声)だったのでなんか懐かしい気持ちに。息子が俳優というのは聞いた事があったけど見たのは初めてで、でも初めて見た気がしないという変な気持ち。大好きでした独眼竜政宗の渡辺謙。毎週毎週真剣に見てたなあ。数年前にもう一度見る機会があったのだけどやっぱりあの大河ドラマは凄かった。大人になって見たら更に面白かったもの。迫力が違うのよ迫力が。
しかしまあー私も歳とったもんだ、としみじみ思う。

話を戻して臨場。検死官に現場の刑事が修行的に行かされる事があるのかは知らないけど、考えたら検死官と解剖する人って日本では別々なんだなあ。あくまで検死官は警察員なんですね、医者じゃなくて。つかホントに原作読んでるのかな私。あれ?
CSIとかだとドクターが現場で検視してモルグに運んで解剖して…って流れだからそんなもんだと思ってました。なんか2度手間に思えるが検死官が変死ではないと判断したら解剖まではしないって事なのかな。
そういう知識を得るのは面白いです。

このまま再放送を見てみて、よさそうなら2も見てみようかな。だとすると私は海外ドラマもいれて4月は週に11本ドラマを見る事になる…。うーん、我ながら凄いぞ。しかも全部刑事物(犯罪物)だ。マニアか。その内5本が日本のドラマというのは私にしては珍しい事でもある。
まあ全て見続けるかは分からないし海外ドラマは4月で終わるのもあるからそんなに大量なのはホントに4月だけですが。
気が向いたら今週の感想まとめてドン、とかやってみようか。ナンバーズとか見てるけど感想は書いてないのもありますし。ケーブル局とwowowと地上波が見られる環境だとその気になればいくらでもこの手のドラマって見られるんだよなあ。
みんな結局、犯罪ドラマが好きなんだよ。でなければこんなに本数あるわけないもん。私が異常なんじゃない、と思っておこう。
[PR]

by hyakurin | 2010-03-30 03:35 | 日本のドラマ | Trackback

デクスター~警察官は殺人鬼S3 #9~10

ネタバレあります。



ああやっぱりミゲルはまともじゃなかったんだなあ。ハリーは正しいなあと。
ミゲルはエレンを殺したあげく、デクスターが前に言い訳に使った棺桶を入れる前の墓穴に埋めるを実行。デクスターは、ミゲルを殺すかでも検事補だけに殺したら知人も調べられるしなあと。だからなんとか優位に立とうとしますが。
ミゲルの妻シルは浮気を疑ってます。そしてリタもデクスターの言葉をすっかり曲解してラゲルタを疑ってます。これがめんどくさい事に…。
エンジェルはバーバラが襲われてキレちゃってますし。

アントンをなんとか助ける事が出来たデボラ。ちょっと皮剥がれたし犯人のキングは逃げちゃったけどね。で、彼といるのは楽しいんだけどでも情報提供者で事件関係者と付き合うのはまずいし、アントンはクィンに利用されてた事にキレて殴っちゃうし。
アントンとの事がバレれば刑事にはなれないでしょう。
エンジェルはデクスターの助言でバーバラを襲った犯人を普通に捕まえるだけですませました。デクスターは以前、生まれ変わるならエンジェルのようになりたいみたいな事を言っていた覚えがあるんだけど、ホントにこのドラマで一番まともだよなエンジェル。

ミゲルとはいよいよ上手く行かずデクスターはついにフリーボ殺しの時に渡されたシャツを疑います。調べます。ついてたのは牛の血でした。親友なんかじゃやっぱりなかったな。
デクスターはエレンの死体を見つけさせた上、ミゲルがトロフィーとして持ち帰ったエレンの指輪をミゲルの指紋付きで入手に成功。ラゲルタを利用しようとしたミゲルも阻止。
これでデクスターはミゲルと縁を切るつもりだった。
しかしそこにシルがリタの入れ知恵で乗り込んできてしまい…。
家族を壊されたとミゲルは激怒。デクスターはフリーボの居場所を知っていると皮剥ぎキングに言う。デクスターもミゲルを殺すしかないと決めたんだけど先にキングに襲われてしまいましたねえ。

ドークスやライラのときとは違う緊張感がありますね。ミゲルはイカれてはいますが馬鹿じゃないし。さて、デクスターは皮剥がれちゃうのかしら。早く見たい。
[PR]

by hyakurin | 2010-03-29 01:43 | 海外ドラマ | Trackback

ライアー・ゲーム

ネタバレあります。



なんだかんだ言いながらつい見に行ってみましたよ。
で、思うんだが私のようにドラマのシーズン2でがっかりした人ほど見に行くべきなのかも。というかシーズン2っていらなくね?という感じ。
まず2で嫌だった、契約書で他プレイヤーを縛る、かかっている以上のお金をばら撒く、終わった後での金銭の取引で人を釣る、がすべて禁止になってるんだもん。
これなら期待できるかも、と思えます。

まあXが誰かなんてのは田辺誠一がメガネかけたいい人っぽい感じでいる時点で、お前しかいないわー、と思ってその通りなんだけど、内容的には盛りだくさんで面白かったです。途中、Xにハメられた秋山が退場しちゃうなんてのは結構ドキドキしたもの(見所なくなっちゃうしね)
まさかそこですっかりいい人になったヨコヤさんが出てくるとはなあ。
気に入らない点を上げるとするなら、後半キノコが空気だったのと直があっさり「私が借金1億でいいです」とか言い出した事かな。つかてめー1億とか簡単に考えんなよ小娘が、とかつい脳内でエキサイトするオバサンに。
でも直はうざかった部分もあるけど、そのうざさが勝利に繋がっているわけで。直がいなければ秋山はおそらく勝ててないと思うのでそういう展開は上手いと思います。
個人的には田辺誠一のオーバーアクトを久しぶりに見られただけでも十分っす。もう少し前半目立ってもよかった気はするけど。

最後、秋山が「嘘つきは駄目か」と直に言って直が「優しい嘘はいいと思います」というのはシーズン1での直が「馬鹿正直は駄目ですか」と言うと秋山が「いいんじゃないか馬鹿正直で」と返したののアンサーになってるわけですよね(だからシーズン2って…)
こういう甘酸っぱいの、嫌いじゃないわ。

ゲーム自体は、リンゴを何個でも投票所から持ち出せるんだったら必勝法は簡単かなあとか思うんだけど。だってリンゴを全部持ち出しちゃって、みんなで見張ってて投票する人が赤のを1個しか持てない状況を作ればいくらでも全部赤をそろえられるじゃん。
直が金のリンゴかばんに詰めて持ち出してるんですよね、10個も。だったらこの方法不可能じゃないじゃないか。と思うんだけど。
1度見ただけで別に必勝法を考えながら見てたわけじゃないので違うかもですが。

とりあえずシーズン2でがっかりしたから映画も見ない、はもったいないと思うのでそういう人にはオススメです。ただ私はDVDを家でゆっくり考えながら見た方が面白いかもとは思いました。だって映画だと気になったからもう一度とは行かないもんなー。
そうそう、エンドクレジットの後に少しオマケがあるので最後まで席を立たない方がいいかもです。
[PR]

by hyakurin | 2010-03-28 02:09 | 映画感想 | Trackback

CSI:マイアミ7 #22~23

ネタバレあります。


「花嫁は誰だ」
テレビのリアリティー結婚番組で選ばれた女性が死体で見つかる。ちなみにカップルが成立すると2人には100万ドルが。ナタリアは番組のファンらしくはしゃいでます。
タラちゃんはもう堂々と仕事場で飲んでますねオキシコドン。それをカイルに見られてアスピリンと誤魔化しますが疑われてキレてるし。ああもう。
カリーは前は番組見てたけど今はデルコにしか興味ないからとか言って現場でいちゃつくし。もうクールビューティーって看板は下ろしましょう。
出演者同士のケンかはやらせ、そもそも出演者も仕込み。選ばれた彼女は仕込じゃなかった。番組をよーく見ていたナタリアのおかげで事件解決。
結局選ぶ側の男と組んで金儲けしようとしたが彼が他の女性を本気で好きになって裏切ったので殺しちゃいました。でしたね。

「爆風、そしてダメージ」
レストランにいきなり手榴弾が投げ込まれる。狙われたのは大物ロビイストのエマーソン氏のテーブル。その席を担当したウェイトレスに話を聞こうとしますがそのトーニャは子供が福祉局に連れて行かれているので協力できない、と言い出します。彼女は夜番の時にナニーを頼んだはずだったのにいなくなって、それを調査に来た福祉局に見られて子供を取り上げられたと。
一方モルグで運んだ死体から手榴弾が落ちて爆発。ウルフがカイルを庇うという稀に見るファインプレーを。その時何もかもそっちのけでオキシコドンを拾っているタラちゃんをウルフが見つけちゃいました。誤魔化すタラちゃんだけど、まあもうチェックメイトだよなあ。
現場から逃げた車を追っていたトリップが銃撃戦に。でも捕まえた男はカード偽造してただけ…と思われたがその大元はエマーソンの息子。狙われたのは息子だった。そのレストランのオーナーと組んで客のカード番号を使っていたらまたそこにロシアンマフィアが混じってましたと。で、ロシアンマフィアは以前デルコたちを隠し撮りしてたパパラッチを使って手榴弾投げましたと。
トーニャの件もナニーが店主に脅されていたと分かり子供は無事に彼女の元へ。ホッさん子供の事になると頑張るよなあ。
次回予告はなんかもう盛りだくさん。とりあえずさらばタラちゃん、なのかしら。
[PR]

by hyakurin | 2010-03-26 17:47 | 海外ドラマ | Trackback

CSI:NY5 #10~11

ネタバレあります。


「マンハッタン・トライアングル」
エンパイアステートビルの近くでバミューダトライアングルと言われる地域で不可解な現金輸送車襲撃事件が発生。乗っていた警備員が発火し、撃たれたように見えるのに射入口がない。
調べるとマイクロ波によってペースメーカーが爆発したらしい。
さて、ダニーはリンジーにプロポーズしますが速攻で却下。
エンパイアステートビルに登ってその外側を捜査するマックとダニーとホークス。これマジで撮影してるんだとしたらこえー。
現金輸送車からは金は盗まれていない。アダムがその施錠を開けたのが以前の手口と一致するのを発見してその男を取り調べるが。
結局その男が娘と組んでマイクロ波発生装置でうんにゃらしたらしい。余命わずかのその男は娘に何か遺したかった。娘は逃亡成功。
マックは例のアン・スティールのフラッシュメモリ紛失の件で盗んだと疑われ、その時保管庫で担当だった警官を探すが既に殺されている。
リンジーはダニーと結婚したくない訳ではないがドサクサ紛れ的に仕方なくするならしない方がいいと思っているようす。でも2人でマックに報告。マック祝福してるっぽかったけど職場恋愛禁止じゃなかった?
なんかまた娘が逃げたとか決着して無い案件が増えたよーなー。

「禁断の果実」
車のトランクから女性の死体を運び出そうとしている男・トニーをパトロール警官が見つけ、追うと男は逃げようとフェンスに登って落ちて串刺しに。前にも見たよーな。
マックはその頃深夜のスーパーで以前母親が父親を殺した事件の娘エラと再会。なんかうさんくせー、朝食をどうとか言われているし。
トランクの女性・イザベルは内臓がでろんでろんに溶けていてそれが死因。びっくりしてホークスを呼ぶシドがなんとなく可愛く見える。
そして死ぬ前にトニーも同じ変なもの、タンポポだの生の玉ねぎだのを食べていて、イザベルだけ更にパイプ洗浄剤のようなもの(水酸化ナトリウムと思われる)を500mlも飲んでいる。それで溶けちゃったのね内臓。しかしこういうゲテモノ食いもNY多いよな。
でも無理に飲まされたわけではない。
ステラは以前、ネズミ釣り男が殺されたのと同じ手口の死体を捜査。
イザベルはミラクルフルーツを食べていた。それで味覚が変化しそれでくそまずいはずの毒物を飲んじゃったと。マックは不思議じゃないとか言い放ってましたが、口の中で味は分からずともあんな腐食性の液体、すぐ異変を感じるでしょうよ、少しでも飲み込めばさあ。味が普通でも500は飲めないよ、痛いだろうし。まあマックは自分が生の玉ねぎがりがりやれたからそう思ったのかな、もうそれでいいけど。
トニーはミラクルフルーツパーティを開いただけで、更に外聞を恐れ彼女と一緒に死体を放棄しようとした。でも毒は盛ってない。と、そこでエラ登場。自分はイザベルの死を予告するカードを持っているとマックに見せますが…。自分でも言ってるがご都合すぎますよね、ねえマック。
ステラはまだまだコインがある限り殺人は続くだろうと、元贋金作りと取引して例のギリシャコインの贋物を作る事に。でもこれが後でマックにバレて、マックは捜査の中止を命令します。担当じゃないし。
エラのカードはでっちあげ。マックに構って欲しかっただけ。マックは逮捕はしないがふざけんなと激怒。
イザベル殺しは元恋人が疑われるが彼は無実。彼のところから水酸化ナトリウムを盗んだのは彼をイザベルから寝取ったイザベルの会社の経営者。イザベルとは独立問題でもめてました。で終わり。
エンジェル刑事が偽コインを使ってギリシャ大使と接触。ステラ諦めてませんね。更にエラは狂言自殺でマックを呼び出す。マックすっかり「私がついてる」とか言っちゃってますがどう見てもその子、地雷女だよ…。
なんかもう色々めちゃくちゃですなあ。ダニーとリンジーだけがほのぼのしてますけど。
[PR]

by hyakurin | 2010-03-26 17:22 | 海外ドラマ | Trackback

キャッスル~ミステリ作家は事件がお好き #1~2

なんかありがちなタイトルだなあ、と思いつつ一応2話まで観賞。

ネタバレあります。

1話
バラの花びらで埋め尽くされひまわりで目隠しをされた女性・アリソンの死体が発見される。その様がとあるミステリ小説の1シーンにそっくりな事に気が付いた女刑事・ベケットは早速その作家のリック・キャッスルに話を聞くが。最初はそんだけで作家のところへ行くかねと思ったら他にもキャッスルの著作と同じ殺人があったんですな。
キャッスルは人気シリーズを終わらせてしまい、編集者で元妻に嫌味言われたりしてる。新しいシリーズを考えなければならないキャッスルはちゃらけた男でベケットはイラついてます。うーん、ありがちな。ベケットは美人だね。ミステリ好きな刑事って珍しくないのかな。他の同僚はキャッスルの本読むの嫌そうだったし。
キャッスルはそれなりに事件の事は考えているし、市長と友達とかで協力するというと警部は喜んでいるがベケットは迷惑。
3人目の被害者から指紋が出てPDD患者が捕まる。これで事件は解決…な訳はさすがになくてキャッスルは無罪だと主張。ベケットも納得行かず捜査続行。結局3件のうち本命はアリソンで資産家の娘である彼女の兄が取り分増やそうとして連続殺人に見せかけましたでした。捕まえる時キャッスルが出張ったもんだからベケットは危ないと怒っているけど、キャッスルは犯人が銃の安全装置を外していない事をしっかり見極めてました。
で新しいシリーズを書くのに警察の取材がしたいと市長を通して話を通し、これからもベケットについて回るつもりのようです。
キャッスルには真面目で可愛い娘と元?女優で奔放な居候の母親が。娘はいいんだけど母親は若干うざいかも…。

2話
キャッスルは死んでも訴えません、という書類を提出して正式に取材を。
ナニーのサラがマンションの洗濯室で殺されたあげく乾燥機に放り込まれているのが発見される。いつも不思議なんだけど高級マンションなのに洗濯室があるって事は各家には洗濯機とかないんだよねえ。不便じゃないのかな。それともそれこそお手伝いさんとかナニーがやるからいいんでしょうか。アメリカわからん。お金も取られるみたいだし。
まずサラの元恋人が疑われるがアリバイあり、雇われていた家の夫が疑われるがコイツは浮気を会社の女としていてそれの工作にサラを使ってただけ、奥さんもそれに気が付いて弁護士のところへ相談に行っていただけでサラの死とは無関係。
途中、サラの友達でサラに仕事を紹介したナニーのクロエに話を聞きに行く時にキャッスルが娘をナニー任せにせず自分がナニー代わりになっていたという話をするとベケットはちょっと見直したよう。向こうはとにかく子供の面倒を見る男性が尊ばれますからねえ。
さてそのクロエの家の夫とサラが実は出来ていて、クロエもまたそいつに結婚までちらつかせられている仲。でまあクロエがサラに話をしている時にやっちゃいましたと。
二転三転する割にはそれほどみどころなし。今回も母親はうざい。
もう1回くらい見てから続きをどうするかは考えるかなあ。
[PR]

by hyakurin | 2010-03-26 16:55 | 海外ドラマ | Trackback

クリミナル・マインド4 ありふれた狂気

ネタバレあります。



今回の原題はそのものズバリ「Normal」見終わった後でずしりときます。

高速道路で乱暴運転をする金髪の女性を注意して相手にされなかった極普通に見えるネクタイ姿の中年男性がショットガンをぶっぱなして女性の車が大クラッシュする派手なシーン、こういうのを見るとやっぱアメドラの金の掛け方って半端ないなあと思います。日本のドラマの予算じゃ絶対マネできないだろうな。
その女性は辛うじて命は取り留めますがその後の2件は死んじゃって、しかも犯人は車を変え、身なりをかえ、銃身を切るなど短期間で飛躍的に向上しています。いやそんな事を向上とは言いたくないけど。
プロファイリングが固まったところでジョーダンが会見。その直後犯人は会社を飛び出し横に並んだ車に発砲、男性2人が死亡。ジョーダンは自分の会見のせいか、と取り乱しますがそんなジョーダンをホッチは叱り飛ばします。みんな見てるからね。そこでは、やれる、というジョーダンですが。
会見の20分後という事で範囲が絞れた上に会社の人からも連絡が。犯人は半年前にタイヤ交換中外に出てきてしまった娘が目の前で轢き殺されてしまっていました。次に狙うのは家族だろうとホッチとジョーダンとロッシは家に、残りは逃走中の犯人を追います。
結局既に残りの家族、娘2人と妻は殺された後でした。ショックを受けるジョーダン、ロッシは我々が関わる前に既に死んでいたと言いますが、ジョーダンは続けていく自信を失った様子。
一方犯人の車はクラッシュ。犯人には車に家族が乗っているように見えていましたが本当は違います。モーガンが説得、確保しましたが。勿論この犯人は気の毒ですがでもだからといって巻き添えのように死んだ人たちも浮かばれないよな…。日本だったら銃が無いからせいぜい車に突っ込むとか道路に何か撒くとかその程度で済んだろうに。
普通が壊れるなんて本当にちょっとした事なんですよね…。

ジョーダンはモーガンが声を掛けてもさっさと帰ってしまいますが、ブリーフィングルームにはみんなの帰りをJJが赤ちゃんと一緒に待っていました。ホッチは産休中はここの事は忘れろと厳命したのに、とちょっとお怒りですがJJは「考えたらここで笑った事ないから。いい思い出が欲しくて」と。モーガンが赤ちゃんを抱いて、ホッチまでも笑顔に。
こういう家族的なところがいいですね。というかジョーダンを見ているとJJって本当に凄い人だったんだなあと思います。
[PR]

by hyakurin | 2010-03-25 16:47 | 海外ドラマ | Trackback

デクスター~警察官は殺人鬼S3 #7~8

ネタバレあります。


リタは妊娠中の不安定感真っ盛りで何もかもにイライラしています。結婚式の準備もやらなきゃならないわ、シルとの仕事も始めたわで。そりゃ一杯一杯にもなってデクスターにも当たりたくなるよなあ。デクスターは結婚式の準備には全然役に立たなくて、招待客のリスト作るってもデボラだけでいいとか言い出すし。そんな訳にはまいりません。エンジェルを呼ぶなら、エンジェルが誰を連れてくるか聞かなくてはならない、当たり前の事ですがデクスターには当たり前じゃないからねえ。
おまけに婚約指輪をまだリタにあげてないし。リタは口ではいらない言ってますがその事で嫌味言ってるし本心は明白だよねえ。でもデクスター(以下略)
シルはミゲルの様子がおかしいと疑ってますし(デクスターと会ってるだけなんだけど)デボラはユキに「クィンは前に同僚を死においやった」とか言われて動揺してる。というかそうだったらそうだって最初からユキも言えばいいじゃん。
その流れで情報屋のアントンを実はクィンが非合法に使っていたとわかり、デボラは彼にそれを告げます。更に皮剥ぎ犯のオトリに使われる前に逃げろ、と。それに感激したのかアントンはマイアミに残ると告げ、デボラといい仲に…。

ミゲルは自分にとって邪魔な弁護士のエレンを殺せと迫る。勿論デクスターの掟では殺すような相手ではないので断ります。ミゲルとの友情もここまでかと思われます。
更にカミリアの病状が悪化、遠まわしに殺して欲しいと言われてもそれも出来る事ではないと。カミリアは一旦は納得します。そして自分はデクスターとアイストラックキラー・ブライアンの関係を資料を見て知っている、もしあなたが殺せば兄と同じになると。
しかし私はカトリックだから自殺はできないけど、あなたはカトリックじゃないでしょって他殺はカトリックでなくても犯罪だっつーの。

デボラはアントンをオトリにしなくても事件を解決しようと必死になって資料を調べた結果、皮剥ぎ犯が被害者の家で事前に木の伐採を行っているのを発見。造園業者を当たる事に。そしてクィンからも事情を聞く。クィンの麻薬捜査課時代の相棒は(ユキもその一人)覚醒剤をやってて丸腰の売人を撃ってしまい、自殺。クィンは覚醒剤の事を知っていたのに黙って庇っていたと。こりゃ大問題だ。
デボラの助言でデクスターはリタにロマンティックでデカイ指輪を贈ります。リタ感激。つか面倒くさい女だなあ。でもまあ私も婚約指輪を貰うつもりが無かったのにどうしても贈りたい、と言われて買ってもらい、やっぱり貰えば貰ったで嬉しかったからそんなもんかもしれませんけどね。
話が逸れた。エレンの事で怒ってたミゲルですが、エレンが犯人逮捕に協力した事で一転、デクスターにお礼を。しかも次の標的は自分がやると言い出します。勿論デクスターは断りますが、ミゲルはしつこくその上父親を殺したと告白してきます。
そしてとうとうミゲルが殺しを。後始末はデクスターです。ハリーはずっと警告しているのですが…。そうだよねえ、殺人友達なんて身を守る掟から大幅に逸脱です。
でもデクスターは更に苦しむカミリアに薬入りのキーライムパイを。完璧なパイとデクスターの行為にカミリアは感謝して眠りにつきます。すっかり今のデクスターは友達を大事にする事だけが頭にあるようです。

デボラはアントンから連絡が無いので一度寝て捨てられたのかと憤慨していたのですがどう探してもいない事で不安になり部屋に。でも部屋は鍵も開いていてもぬけの殻。おまけに目の前の木が刈り込まれている…。相変わらずデボラの行動は筒抜け。

そしてミゲルは最後エレンの家をヤバイ顔つきで訪ねた…ところで終了。
うわー、やっぱりミゲルってヤバイな。というかデクスターがある意味殺人鬼のクセにまともすぎるのかもしれないなあ。
残りはまとめてレンタルしよっと。
[PR]

by hyakurin | 2010-03-23 13:48 | 海外ドラマ | Trackback

シャーロック・ホームズ

ちょっとだけ感想。


とにかく、でかいスクリーンでかかってる内にどうしても見たかったこの映画。
まあ、キャノン以外認めん、という方には絶対勧められないですが。
・キャノンはキャノン、映画は映画と割り切れる。
・ロバート・ダウニー・Jrかジュード・ロウのファン。
・ガイ・リッチーが好き。
なら見に行って欲しい映画だったと思うのです。ちなみに私はキャノンは勿論別格ですがパスティーシュ小説も好きだし、ジュード好きだし、なんと言ってもガイ・リッチーのファンなのでかなり楽しめました。
途中までは本当にリッチーらしく、小ネタのテンポは速いのにストーリー展開は遅い、せっかく背景が素晴らしい出来栄えなのにちゃかちゃかカット割するのがもったいないなあとか色々あるんだけど中盤からはアクションの連続でそれらも気にならなくなります。
アイリーンがなんとも勇ましいというかフジ子ちゃんでした。

さて、私はドクターファンなのでジュードワトソンは見るまでとても不安でした。ダウニーとも歳の差があるし、なんかホントに助手扱いだったら嫌だなとか。でも見てみたらまあ、まず見た目はいいし、そして何よりこれほどホームズをリスペクトしてないワトソンというのも見た事がなくて面白かったです。でも口に出してリスペクトしないだけでホームズの面倒見はいいし(ハドソン夫人に結婚しても出て行かないでとか言われるくらい)いざとなれば身の危険も顧みず身を挺して助けますし。
でも青空留置場では(そもそもこの2人が捕まって牢屋にぶっこまれるというのもなんか新鮮)今までの鬱憤とばかりにホームズに文句言うわ、メアリーのおかげで出られたらとっとと一人で帰るし。そして強いし。爆発に巻き込まれても次の日復活するし。最後も結局出てっちゃうし。なんというかいい意味で裏切られました。ジュードワトソン、私は好きです。
細かい事ですが最初の方、ワトソンが足をちょっと引き摺ってるんですよね(の割にはがんがんアクションこなしてたけど)従軍中に足を撃たれた設定なんでしょう。ちょっと原作ファンとしては嬉しいところ。
一番好きなのはベストをホームズにやるくらいなら、と馬車から投げ捨てて笑うところでしょうか。こんな事するワトソンなんて見た事ない。

一方ダウニーホームズですが。全体的には嫌いじゃないけどもう少し小奇麗にして欲しかったかな…。あれでは紳士ではないよなー。とにかくワトソンが出て行くのが面白くないのか初対面のメアリーにワインぶっかけらるような事言うし、わざと銃を忘れて乗り気じゃないワトソンに追いかけてこさせたり。
でもワトソンが怪我して入院したらわざわざ医者に変装して見に行っちゃう可愛げも。このとき指名手配中なのにね。
アイリーンとについてはまあどうでもいいや…。アイリーンは中々強いのがよかった。

結局ワトソンはメアリーとの新居へ越して行ってしまいましたが(この事件が最後と何度も強調してたし)すでに決まっている2作目ではどうなるんでしょう。ホームズがあの手この手で事件に引きずり出すのか、それとも結局ワトソンがほっとけなくて出てくるのか。
この2人の協力プレーっぷりがとてもよかったので次回作でもそれが見たいです。
[PR]

by hyakurin | 2010-03-22 00:47 | 映画感想 | Trackback

クリミナル・マインド4 殉職警官

ネタバレあります。


前からFBIに地元警察が協力的すぎるよなーと思ってたんだけどそういう意味では今回はイメージ通り。でもウザいみたいな。
フェニックスで通報を受けた警察官が現場で射殺される事件が多発。署長はギャングの仕業ではないと判断してBAUに依頼してくるが。プロファイルでもトロフィーとして警官バッジを持ち去ったり手口が一緒なので連続事件だろうと。
最初の被害者の警官はネズミ捕りをやっててその時におびき出されて犯人が車から射殺。砲弾チョッキのない首を狙うなど慣れた感じ。
ガルシアは資料を取り寄せようとしてかなり苦労した様子。態度が意地悪だったとかで確かに現場に着いてみりゃ署長はやっぱり帰って、だしどうやらFBIを呼んだ事で部下たちがメンツを汚されたと言わんばかりの様子。
まあそんな事は気にせず捜査。モーガンは突っかかってくる地元署の警部補に、俺も警官だった父親を殺されてるんだ気持ちは痛いほどわかる、と熱く語ってみたり。
捜査で選ばれる警官はランダムだとわかる。
模倣犯が出て捕まっちゃったもんだから署長はとっとと発表して事を済ませたいようだがそうはいかない。先走って警部補が捕まえてきたギャングからモーガンが話を聞きだして、最初の被害者はギャングの副官だったのではないかとなる。
関連箇所を調べる内にファイトクラブに出入りしている男が浮かぶ。そこでホッチが会見を開き、犯人はまだ捕まっていない、指揮はFBIが執ると宣言。これで標的はホッチになりました、と。
で、わざと犯人の自宅に乗り込んで見せて空振りでしたと帰る所でホッチを一人にし、出てきた犯人を捕まえる…。うまい事行きますなあ、と思ってたら犯人がギャングに射殺されてしまうという後味の悪い終わり方。
モーガンは警部補とちょっと友情かよわせてみたり、一人残って殉職した警官の葬儀に出て息子に「君の父親はヒーローなんだ、それを絶対忘れるな」と言ってたり。ホントにいい人なんだよなモーガン。自分の経験からくる行動はカッコいいですね。
[PR]

by hyakurin | 2010-03-20 16:56 | 海外ドラマ | Trackback