<   2008年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

グランプリシリーズ第6戦・NHK杯 女子フリー

普段出来ることが本番で出来ない、というのは本当に不安で苦しい事だと思います。それをよくフランス杯からのわずかな時間で修正して、3Aも2回入れてくるとは…。
浅田真央選手は本当に凄い選手です。
惜しくも2回目の3Aは回転不足となりましたが、私は回れたと思ってます。ジャッジが辛すぎですよー。
でもとにかくこういう状況で挑戦してほぼ成功するのが本当に本当に凄い。
こんな選手をリアルタイムで見られて本当に幸せです。この仮面舞踏会のとりこです。衣装も凄く素敵。
最後のあの輝く笑顔、とても可愛くて胸が一杯になりました。
優勝おめでとう。

そしてSPの出遅れを見事に取り戻した中野選手のジゼル、とても素晴らしくて魅了されました。ファイナルでもぜひ頑張って欲しいです。それまでに故障箇所が少しでもよくなりますように。
鈴木選手の2位には驚きました。これから楽しみです。

さあ後は殿の応援だー。
[PR]

by hyakurin | 2008-11-30 14:10 | スポーツ | Trackback

グランプリシリーズ第6戦・NHK杯 SP終わって

まずはなんと言っても殿こと織田信成選手のSP1位が嬉しかった!
本当にこれで復活ですね。おめでとう。とても得点も出ていたので明日も頑張って欲しい。

中野選手、新しい衣装もとても素敵だったのに出遅れがちょっと残念。やはり足を痛めているというのが影響してるのかな。でもそんな事一言も言わずに冷静にインタビューを受けてる姿がとても立派でした。ぜひ明日のフリーでの巻き返しを。
またあの可愛らしいジゼルを楽しみにしてます。

そしてそして、浅田真央選手の1位が死ぬほど嬉しい。前回のフランス大会は辛すぎて見られなかったけど今日は本当に最初のジャンプが決まって、それからはゆっくり見られました。こんなわずかの間にきっちり修正してくるのは本当にさすが、としか言いようがない。
今年のプログラムは本当に美しくて最高です。
私は真央ちゃんの演技を見るといつも泣いてしまうキモイおばさんですが、今日も泣いちゃった。素晴らしくて。
思ったより点は伸びませんでしたが、まだまだ細かいところを修正していけばもっと凄い演技になると思うのでこれからも期待大。

しかしやはり民放のような変な演出がないと見やすいわあ。やはりフィギュアはこうでなくちゃ。アナウンサーもくだらないお喋りじゃなくて、エッジの話とかちゃんとしてくれるし。
明日も楽しみだ。
[PR]

by hyakurin | 2008-11-28 21:27 | スポーツ | Trackback

アニメの魍魎の匣 「言霊の事」

だいぶ話も進んできましたが、ちょっとずつ話が前後してる?のかな。
冒頭の久保の小説部分は見てるととても怖い。狭いところが怖いせいもあると思うけど、あの異様さはアニメ向きだったんだなあと思う。
久保と榎さんの対面とか御亀様とかはどうなるのかしら。省かれるのはもったいないけど。
にしても榎さんは格好も話し方もまともすぎる気がする…。デンスケの下りなんかもっと奇声を発してたと思うんだけど。それとも魍魎の頃だからこんなものかな。百器とラジオドラマの榎さんをイメージしすぎなのかもしれない。

頼子が関くんは「怪しい、この人変」榎さんは「綺麗な目をしてる、嘘は言わないわ」とか断じてるのはあんまりすぎて笑いました。やはり人間見た目でしょうかね。
あんな怪しげな久保にあんな理由で付いていくとは。それに榎さんもむざむざ行かす?
原作を読み返して見なければその辺の細かいところがどうだったか思い出せない。
里村先生はイメージどおりでよかったなあ。雪絵さんはまた少女のように可愛らしい。
京極堂が頭を掻き毟るところはひじょうに共感を覚える。
しかし考えてみたら、榎さんと京極堂とかがどういう関係かこのアニメだけだとわからなくないでしょうか。たしかその辺の説明はなされてないはず。なんか普通に京極堂んちにいましたが。
[PR]

by hyakurin | 2008-11-28 05:01 | TV全般 | Trackback

「天地人」に向けて色々見てみよう、ドラマ編その1

来年の大河ドラマへ向けて気持ちを盛り上げようドラマ編、まずは「医龍」です。北村一輝が出てるドラマでまず思い出したのがこれだったので。1話だけ見て裏番組へ流れた記憶が…。
以下、霧島のみに注目したとても偏った感想なのでまともな医龍ファンの方はどうぞ読まない、怒らないでお願いいたします。
ネタバレもあります。
それにしてもなぜか今、医龍のレンタル品薄です。私の周りだけか?

「医龍」
1話しか見てないくせになんでか北村さんが出てるのはばっちり記憶してたのはおそらく、霧島があまりに怪しかったからだろう。どうみても大学病院の教授に若くして上り詰めるようなキャリアウーマンというより、薄幸そうな女にしか見えない稲森いずみ(加藤)が騙されてるようにしか見えなかった。そして実際そうだった。
朝田は天才で目立たないわけじゃないのになんでか印象が薄かったなあ。周りの藤吉とか伊集院とか麻酔医とかがあまりにキャラが強かったせいなのか。
その分、その周りの人たちのドラマがよかったけど。
イメージトレーニングとか背中の龍とかは若干意味不明だったものの、ストーリーはなかなか面白かった。最終回までは。
そう、最終回ちょっと展開が無理やりすぎる気が…。手術が困難すぎるしそれにあの投げやりな新バチスタはどうなんだとか。
結局朝田はまた旅立っちゃうし。それより新しくなった医局で頑張って欲しいと思ったです。まあドラマとしてしめるにはそうなっちゃうんだろうけど。

霧島のダイブにはビビリました(明確にはされてないけど誤って落ちるとは考えにくいよねえ)それまでの異様な行動とか卑劣な態度とか全部飛ぶほとに。冷静に考えればミキの言う事がもっともなんだけど、助けてあげてと心底思った。可哀想で。
というか、心臓が破裂するほどの落ち方なのに他は無傷とか退院はやっとか、結局加藤フラれてる…とかもう。加藤はあれじゃ報われてないと思うんだけど。
最後も朝田と和解?してたみたいだけど、朝田はむやみやたらとお人よし。というか朝田って初回のイメージと違ってどんどん良い人になったのに、なればなるほど印象薄くなって行ったなあ…。

霧島は悪いオーラがみえるような素敵腹黒メガネ男子でよかったです。得意の絶頂から失意のどん底まで落ちるまでを堪能できたし。
ただひたすら北村さん目当てで見始めたわけですが、ドラマとしても楽しみました。
[PR]

by hyakurin | 2008-11-28 04:33 | 日本のドラマ | Trackback

「天地人」に向けて色々見てみよう、読書編その1

ちょっと邪道な読書感想文を。
ネタバレとかしまくりなので注意してください。
まったく参考にならない5点満点でのオススメ度付。
邪道なので景勝公が私的に素敵に描かれていると点は上がりますw

「謀将 直江兼続」南原 幹雄
秀吉が死んで2年後からのお話。上杉討伐に家康が来て、大阪で三成が挙兵。反転する家康をさあどうするってところで、兼続と景勝の意見は違います。
一旦は了承したのに兼続は割りとネチネチ「あんときああしてればなー」と思ってたり、その兼続を敵と狙う人たちがいたり、なんか話は遅々として進まず。
まあなんやかやで米沢へ移ったりは細かく書かれてて、直江も頑張っててこの辺はそこそこ面白いんだけど。ただ自分のやりたい事と景勝の意見は同じ、と言わんばかりに勝手な事もしてる兼続に「おや?」ってなってる内に、なんか話はおかしな方向へ。
そうこの小説、後半は完全な作者の創作でいわゆるIfものなんです。まったく知らなかったのでびっくり。
家康が死ぬのを虎視眈々と狙って挙兵する上杉軍…。なんかその動機も微妙で、それなら最初から家康と戦ってればよかったじゃーんと思いました。またそれまでにページを使いすぎたのかその肝心なIf部分が凄い少なくてあっさり終わっちゃうし。というかもう上杉お仕舞いではないのか…。
ちなみに景勝様はほぼ空気です。

個人的オススメ度 2点(5点満点) 
兼続が好きで一味違う上杉家の関が原後を読みたい方にはオススメ。
[PR]

by hyakurin | 2008-11-27 12:25 | 日本のドラマ | Trackback

流星の絆 5話と6話

ようやく見れました。
原作の話絡みでちょっとだけ感想書きます。


私、勘違いしてたんですがドラマだと静奈の母と功一たちの父はちゃんと入籍してるんですね。て事は静奈母は他人と結婚しておきながら矢崎から養育費貰ってたのか…。
それとここまで血の繋がりはないって事引っ張ったのはもう意味ないんだよね。なんか功一が本気で静奈を一人の女性として好き、とかいう展開は勘弁なんだけど。
というか功一とあの謎の女の関係は…。予告で謎の女が「あたしはあんたのなんなのさ」みたいな事言ってたけど、見ていた人ほぼ全員が「こっちが聞きたいよ」って突っ込んだんじゃないw
さりげなく兄弟と妹に戻ったところがよかったなあ。
ここまではだいたい原作通りに展開してますが、この先はどうなるのかな。
[PR]

by hyakurin | 2008-11-25 01:38 | 日本のドラマ | Trackback

「天地人」に向けて色々見てみよう、映画編その1

私は凝り性なのでのめり込んだら結構とことん行く方です。なんで凄く楽しみにしてる来年の大河ドラマに出演する人たちの関連のものを見たり、小説なんかを読んでいこう思いまして。そこからまず入るわけです、気持ちの盛り上げ方として。
とりあえずまずは主役に敬意を表して「憑神」を借りてみました。元々見るつもりの映画だったし丁度良いかと。本当は楽しみにしてるのは主役の兼続じゃなく、その殿の方なんだけど。
まあとりあえずちょっとした感想を。

「憑神」
コメディタッチの映画ですが(終盤は浅田次郎だからそうでもない)よくよく考えると、ただちょっとばかりよこしまな思いを怪しげなお稲荷さんに願っただけなのに、貧乏神・疫病神・死神の3点セットに次から次へと憑かれていくなんて酷い話だよなあ。日本の神様は怖い。
出演者も華やかでそれぞれのキャラが凄くイキイキしてて楽しかった。特に佐々木蔵之介のしょーもないお兄さんが。
妻夫木さん、意外に時代劇装束似合いますね。馬鹿が付くほど真面目で不器用なお侍さん役も合ってた。死神が小さい女の子の見た目だからってつい優しくしちゃったり。
それに結局絆されてしまう神様も妙に人情味にあふれてて面白い。
子供達を諌める場面もなかなかよかった。キリっとしてて。
思ってた以上に楽しめました。
[PR]

by hyakurin | 2008-11-22 03:29 | 日本のドラマ | Trackback

アニメの魍魎の匣 「もうりょうの事」

まさか2週続けて京極堂の薀蓄だけで終わるとはw
凄すぎる。というかその姿勢が立派だ。やはりこのアニメ出来がいいですねえ、脚本の。原作ファンとしては映画版よりよほど見る価値がある。
相変わらず柘榴が可愛くて(卓に乗ったり自由気ままなところがもう)気が散ってたけど、でも今回の妖怪薀蓄の方が分かりやすかった。
これでまた来週からは話も動くでしょうし。
榎さんが関くんと聞き込みに行くのは入るのかなあ。そこが見たい。
[PR]

by hyakurin | 2008-11-20 03:02 | TV全般 | Trackback

4400 S4 見終わりました

しかしこれで打ち切りなんて酷いなあ。
だいぶグダグダになってたとはいえ、シアトルに能力者が大量発生しててトムもいよいよカイルにそそのかされそうになってて、もう能力者じゃないのはダイアナだけ?とか。イザベルとかショーン弟とかうっとおしかったのも退場して見やすくなりそうとかまだまだ興味はあったのに。
まあもう、大風呂敷広げすぎてたからどう収束させる気だったのかだけでも知りたいなあと。
これだからアメドラは1話完結以外はあんまり見たくないんですよね。
デッド・ゾーンも打ち切られたし。
こっちはもう決まったときから諦めて最終シーズンも見てないですが。ウォルトもブルースもいなくて、サラしかいないんじゃ見る気にならないー。

これでLOSTが途中で打ち切られたら相当ムカつくわ。もうオチを見る為だけに我慢して見続けてるのに。

それにしても4400…。残念だわ。
[PR]

by hyakurin | 2008-11-20 02:55 | 海外ドラマ | Trackback

東京大喜利倶楽部~スケッチブック。そう、君がいるだけで

プライムライブになってからは初めて東京大喜利倶楽部に行ってきました。1時間で大喜利じゃ物足りないかなと思ってたのですが、意外にそうでもなかったです。1時間となれば余計な事はほとんどせず大喜利のみで、MCも前にみたいに持ちまわりではなく専用の人がいたので見やすかったし。

今回は人数が多いなあと思ったら入れ替え戦でした。レギュラーの7人を決めるわけですが、その前にまず2組に分かれて手慣らしを。
「ドラえもんの道具で言いにくい感じのものは」というので又吉の「いけにえ」とか、「転校生が転校初日で絶対やってはいけない事は」で林が「殺人」とかが面白かった。

その後くじ引きで2チームに分かれて、6人の中からまず3人勝ち抜けを選ぶ。選ぶのはもうひとつのチームの人。
最後に残った6人で1つの椅子を争う方式。
で、結果を一応書きますがちょっと眠かったのであまり当てになりません。間違ってたらすいません…。
先に勝ち残った6人は、林・又吉・田所・安達・中村…と五明だったと思うのですが本気で自信がないです。
吉田が残れず、創設者がレギュラー陥落かと思われましたがなんとか最後に勝ち抜けました。安達に「段々バッファロー吾郎の木村さんみたいになってる」と言われたり。負けた徳井は吉田が負けるところが見たかったそうでかなり悔しがってました。

ちなみに今回のサブタイトルを付けたのは村上で、次回のサブタイトルも考えていると言ってましたが、落ちちゃいました。赤羽もだけど今日はあんまり調子よくなさそうでしたね。少年少女の人(どっちかわからない)は途中から投げやりになってて、それが持ち味だったのかはよくわかりません。
これからも新しく人を入れてやっていくそうです。
徳井がいないと寂しいなあ。サイコ解答が好きなので。
[PR]

by hyakurin | 2008-11-19 04:04 | お笑い・落語 | Trackback