カテゴリ:TV全般( 27 )

ポニョとかジブリとか

テレビ放送でポニョを今更見ました。つきあいで。
こんなメルヘンな話だと知らなかったので途中からなんか混乱してしまいました。最後まで見てああこれは御伽噺なのだな、と思ったけどにしても「ハムが好き」みたいなノリの「ポニョが好き」でポニョの人生(人じゃないけど)引き受けていいのかよーとちょっと思ったりなんだり。命の水とかポニョのホントの名前がワルキューレのブリュンヒルデだったのは何か意味があったのかな。よくわからんなあ…。

私はジブリは結婚してから夫の付き合いで見るようになりまして、それまではナウシカとラピュタしか見た事がなかったので、とんでもない勘違いとかありました。
トトロなんですが私はあれを妖怪だと思ってまして。ネコバスで子供を攫って代わりにトウモロコシを置いていく妖怪だと。それを言った時の夫の顔ったらなかったです。その後懇切丁寧に説明された後、DVDを見させられた事は言うまでもない。
しかしここで私が言いたいのはですね、私はトトロを見た事がないのにネコバスだの窓際に置かれたトウモロコシだの微妙に知ってるというのが凄いと思うの。つまりまったく興味がなくてもジブリはテレビがある家の人の目には止まるという事ですよ。
それって結構凄い影響力があるって事だと思うんです。
ポニョにしてもこれは大人があれやこれや言って見るものではなく、子供こそが見るべきなんだと思います。私も子供だったら十分楽しかったと思う。別に大人が見るに耐えないとかそういう事ではなく、物語に無心で入り込めるか否かだと思う。そういう意味ではジブリで育つ子はちょっと羨ましいかもしれません。
うんと分かりやすい謎がない物語よりずっと子供の心には残るはずです。大きくなったとききっと物語の不思議さに気が付く時が来るだろうし、そこでまた違った楽しみが生まれると思う。やはりジブリ作品と言うのは奥が深いのかも。
ちゃんと見たトトロも面白かったし。
まあだからといって私が今後もジブリ作品を積極的に見る事はないだろうけど。こっちが積極的にならなくても向こうから来るしな。
[PR]

by hyakurin | 2010-02-07 18:23 | TV全般 | Trackback

秘密結社鷹の爪カウントダウン#11

今日はコフィーSPで最終回。ああいよいよ終わっちゃうのか寂しいなあ…。
しかしいつにも増してカオスな出来だった。というか最後だからやりたい放題というか。アイキャッチもルパンとガンダムをパクってるし。
なんだか最終回らしくはなかった、ドロシーもいなかったし。
初っ端から空港でほら貝吹いて捕まる桶狭間店長に爆笑。よくわからない沖縄旅行ですが、仁徳は飛行機は貨物室にしか乗れないとか。
古墳のお産が始まる=近くで中の人が死ぬ、という設定は相変わらずシュールだなあと思うが、その死ぬ中の人が飛行機の機長だったり、副操縦士がそれほど副操縦士じゃないのが全部小泉時代の規制緩和のせいだとかもう。
最終回なのによく分からない元軍人パイロットがやけに目立ってるし。あれ元ネタとかあるんでしょうか。私にはわかりません。
仁徳が胴体着陸時に車輪代わりになったりカッコいいが今日はやけに口悪かったな。ダニエルはともかくコフィーにまでお荷物とか言うし。
オチが生まれた古墳にコフィーが「不時着」と名づける…、まあいいか。
途中からは実は鷹の爪よりコフィーの方が面白い気がしてたけど今日もやっぱり面白かったなあ。鷹の爪は来週の最終回に期待。

先週仮提供だったサントリー、今回またあっさり非提供に戻ってるし。とうとう提供のお姉さんの懇願が入りましたが最後はどうなるのかなあ。
CM投票はやはり予想通り吉田の秘密でしたね。鶴の恩返しは2位だったみたい。
[PR]

by hyakurin | 2009-12-16 02:51 | TV全般 | Trackback

秘密結社鷹の爪カウントダウン#10

今週は博士いたー。ちなみに映画前売り券はわざわざ川崎まで買いに行きました。

コフィーは転校生ってタイトルだったから、またエルビスの墓みたいなキャラが出てくるのかと思いきや「俺がアイツでアイツが俺で」の方だった。相変わらず一定年齢じゃないとわからんネタだなあ。
ドロシーってそんなに前方後円墳にあこがれてたのかあ、とか仁徳は大変だあとか面白かったけど一番得しているのはダニエルなんじゃなかろうか。仁徳気分も味わえたし(ちょっと致命傷負ったけど)コフィーのおかげで素敵な舎弟もできたしね。そうか普段は桶狭間店長のせいで血なまぐさい香りを嗅いでたのか。
というかコフィーが一番ダニエルをいじめてると認定されてるのに笑いました。
しかし古墳の人格って中の人に依存してるんだー。なんか前ダニエルの中の人って入れ替えられた事がある気がするのは記憶違いかしら。
来週はコフィーのみで最終回。

鷹の爪、いよいよ大家さんの子って生まれるのかあ…。フィリップ、前は結構好きだったけど今はなぜかとてもムカつくキャラになってるわ。
にしてもいよいよ菩薩峠くんをまともに使う時がと思ったら大道芸から見世物って酷すぎるわ。世界征服に使えよ~。普通に菩薩峠くんが可愛そうだ。
あっという間に転落した総統たちを気の毒と思わないけど、ベンチャー企業鷹の爪もいよいよ倒産ですか。
別に映画に続く、とはならないんだろうけど(テレ朝でそれは無理)どうオチをつけるのかは楽しみだけど、次々週までおあずけかあ。最近すっかりオチ要員のデラックスファイターも出番あるといいけど。
しかしフォアグラの煮っ転がしはともかくトリュフのお浸しって匂いも飛んでマズそう…。

そしてとうとうサントリーが提供(仮)なので勝手にCMも終わってしまって残念。人気投票は吉田の素顔かなあ。私は鶴の恩返しに投票したけど。味噌汁の具がコピー用紙とかこの辺にCCレモンホールなんてねえよと扉をばっしんと閉める博士がツボったから。
[PR]

by hyakurin | 2009-12-09 12:15 | TV全般 | Trackback

秘密結社鷹の爪カウントダウン#9

今期の深夜番組で一番好きなのがこの番組。
今まではさすがに映画までは行ってないんだけど、今回は行くつもりです。だって博士がメインらしいから!
なんかあらすじを見ると実は出番が少ないのでは…って気がしなくもないけどね。
とりあえず前売り券が可愛いので買おうかと。ただウチの近所にはTOHOシネマズがないので買いに行くのが面倒なんだけど、でも博士のためならね。博士大好き。

しかし今回は博士の出番がまったくなかったのはなんでじゃー!
本編はともかく勝手にCMの出番すらないし。うう博士がいないと寂しいよ博士。
内容は面白かったけど。相変わらず篠沢教授に全部とか淀川さんとか若者置き去り感が大好き。テレビのジョンとかいいのかそれだし。吉田君が荒れてたなあ、総統に「泣けば済むと思ってるんですか」とかさ。
しかもあんだけ割り箸をネタにしておいて最後の最後、デラックスファイターにぶつけた時思いっきり「ただの割り箸」って言ってたし。
コフィーの方はなんだかカオスだった。いつもだけど。鍵穴にもぐってダニエルが壊れたときは何か深い展開になるのかと思ったけど結局ただ、出オチキャラは扱いにくいという…。
今回も面白かった~。
[PR]

by hyakurin | 2009-12-02 02:50 | TV全般 | Trackback

偉大なるミステリー作家たち

NHK-hiでやっているプレミアム8と言う番組で1回目がポー、2回目がクイーンという実に私好みのラインナップ。

まずポー編。江戸川乱歩の依頼で明智小五郎がポーの生涯を辿るというメタドラマ。
私もポーと言うのはロリコンの人格破綻者だと思ってました。それは違うと言う切り口で大変ためになりました。

クイーン編は大学生のミス研を解答者にクイズ形式。そんなに目新しくはないけどなんせクイーンが取り上げられるだけで嬉しい~。大好きだから。
私がミステリを読む時に犯人探しをしなくなったのはクイーンの挑戦に負けまくったからw
クイーンの息子たちが出て来たのもよかった。
ラジオドラマの再現はシャア声が素敵だったなあ。こうやって録音してるんだー。
ヴァン・ダインにも触れてましたねえ。でも最後の事件のネタバレはちとスレスレすぎでは。まあ未読でこの番組を見るとは思えないけど。
NHKはこういう番組をたまに作ってくれるから好き。
[PR]

by hyakurin | 2009-04-08 13:35 | TV全般 | Trackback

カエラは明日でおしまい

いよいよ残り2日となったカエラのいるsakusakuですが、今日はまた抜群に面白かった。昨日のエイプリルフールネタをまだ引きずってる黒幕も。
カエラなら言いかねないというのにとても同意だ。

常識クイズも相変わらずかっ飛ばすなと。原子力って何?は凄いぜ。
アトムの妹はウコンとか。面白い。

そして大怪獣久美子話は懐かしかったなあ。
話の内容も面白いけど、カエラの話し方も以前よりずっとまとまりよく話せるようになってたから聞きやすかった。やっぱり成長したねえ、と親戚のおばちゃんのように思ってしまうのだった。
というか黒幕も親戚のおじちゃんみたいな感じw

最後の日は何を話すのか。注目。
[PR]

by hyakurin | 2009-04-03 02:23 | TV全般 | Trackback

木村カエラのいるsakusaku

私はそれほど熱心なサクサカーではないし、木村カエラの特にファンでもない。
でもやはりsakusakuは木村カエラがしっくりくる気がする。
中村優が悪かったわけでは全然ないんだけど、あの子はとにかく余りにも良い子すぎた。この番組にはカエラくらい傍若無人というか良い意味でいい加減というか、なーんも気負わずに喋ってるのが合ってるんだと思うんだなあ。
正直中村優になってからはカエラの時ほど見なくなってた。それはまあカエラ以外の人もいなくなったりしたし、ガヤの人数と口出しが増えたのもあまり好きじゃなかったせいもあるが。

タメ口姫も24歳になって一応大人になったと思うが、それでも屋根で喋っている姿は変わりないなあというか。もう別に手とかふらなくてもいいよと思う。
1週間限定復活だけどまたこんな形で屋根に戻ってくれたらいいな。
[PR]

by hyakurin | 2009-04-01 02:30 | TV全般 | Trackback

秘密のケンミンSHOWで横浜市歌が

先週からずっと「横浜市民しか歌えない歌」ってなんだろ、と思ってました。
そんなにローカルCMとかないし、市歌だったらそりゃ市民以外歌えないよと。そしたら直球で横浜市歌だったので笑ってしまった。
横浜市歌は横浜市立の小中学校に通ってたら絶対歌えます。だって何かといったら歌う。校歌並に歌う。そうやって子供たちに「横浜港は日本一」という微妙な思想を植えつけるのである。
歌詞が古臭い(なんたって作詞は森鴎外)が要は「日本は島国だから色んな国から船がくるんだよ。それゆえ日本には港は一杯あるけど横浜港に勝るものはないんだぜ」という歌なのである。番組ではみんな意味を知らないみたいに言われてたけどうちの小学校はちゃんと授業で歌詞の意味を習いましたよ。
大人になっても忘れようが無いほど歌って育つ。これが歌えない横浜市民は横浜育ちではないと言っても過言ではない。
と思っていたらなんと私の連れ合い、歌えないの。違う区とはいえありえん。
…経歴詐称してんじゃねーか、と今疑っている。私立校には通ってないそうだし。
私なんか校歌はまったく覚えてないが市歌は歌えるけどな。

追記:あまりに納得いかないのでネット上で音源拾ってきて連れ合いに聞かせてみた。そうしたら「あああ、これか。覚えてる」だって。私の歌唱じゃ思い出さなかったのはかなり引っかかるがとりあえずこれで経歴詐称疑惑は晴れた。というか本当にそれくらいハマッ子なら歌えて当たり前なのですよ。なんだろう、ハマッ子の誇りみたいのを小学生の時に割りと叩き込まれるんだなあ。それが市民性に影響してる気がする。東京に全然負ける気がしないとハマッ子はひそかに思っているw
番組を見て、他のところでは市歌って歌わないんだーと思いました。
[PR]

by hyakurin | 2009-02-27 01:01 | TV全般 | Trackback

アニメの魍魎の匣 最終回

終わってしまいましたねー。
最終回はやはり少し早足だったかなと思いますが。陽子さんの告白とか木場修の辺りが。手錠をかけるところはまるで2人の世界だったが、陽子さんは何でその前に久保をそこらの箱?に入れたんだろう。そんなシーンあったかなあ。なんか物みたいで可哀そう。久保のセリフは鳥肌がたちました。花火については何も言うまい…。というかなぜ…。
それでも関君の絶叫とか京極堂の「この僕が言うのです」はよかったなあ。
榎さんは説明がなかったので原作読んでなければ何してるんだかわかりにくかったのでは…。
最後寝てる所は可愛かった。一応関口先生の本を読んでいたのね。
雨宮の彼岸っぷりがすごくよかった。久保の逆襲もはっきり見れたし。
それに加菜子の手足の事は前回わざと濁してたのかな。今回はがっつり分かるように言ってましたものね。
いさま屋も何の説明もなく出てたなあ。もうちょっといさま屋は典雅な顔だと思っていたので一瞬誰だこいつと思ってしまった。しかしそれでも出てきただけでよし。

視聴率とかはわからないけどDVDは結構売れそうだし、また続けてアニメ化して欲しいな。
でも狂骨は難しいかもなあ。鉄鼠は宗教関係を大胆にぶった切ればこれくらいの話数でも出来そう。なにより私は鉄鼠が好きなのでぜひ見てみたい。
とってもよかった!
[PR]

by hyakurin | 2009-01-02 16:34 | TV全般 | Trackback

アニメの魍魎の匣 「脳髄の事」

ネタバレあり。



いよいよ残りも今回を入れて2回。盛り上がって参りました。
今週の榎木津探偵閣下のハイテンションぶりに物凄く満足致しました。運転してる時の鳥ちゃんのひきつりまくった顔に相応しい運転と「力の無い車は廃車だ、ハハハハ!」は最高だった。
木場修を殴るところも、機械人間だなんだ外れか、もすこしはしょられている部分もあったけど探偵らしさ全開でもう。美馬坂教授にも「探偵です、見ればわかる」とかもう。榎さんよかった。
関くんは車では落ち着いてたけど自分の作品で頼子が嘘をついたところと最後の久保の中だ、はいい感じでしたねえ。あれでこそ関くんというか、視聴者の気持ちにたってる登場人物です。
憑き物落としの京極堂は迫力のあるオールバックはいいけど個人的には足袋も黒いんだと思ってました。下駄の鼻緒だけが赤い、だから。
でもこの過程も上手くまとまってますね。
加菜子が四肢を切断されているとかそういうのはテレビ的に言ったらまずいんでしょうが、言わないから分かりにくいんじゃないかなあ。箱もなんか首だけ入るくらいに見えたし。それで延命は無理かと…。
そうなるとミイラ化したのはもっと無理かしらね。
黒衣の男役が京極夏彦本人だとエンドクレジットで知りました。普通に声優さんだと思ってた。前からだけど上手かったし声渋いし。いい役ふられてるなあ。
目眩もああやって映像化すると凄くいい。
なんにせよ後1回、どうやってまとめるのかがみどころですね。
[PR]

by hyakurin | 2008-12-24 16:54 | TV全般 | Trackback