アニメの魍魎の匣 「言霊の事」

だいぶ話も進んできましたが、ちょっとずつ話が前後してる?のかな。
冒頭の久保の小説部分は見てるととても怖い。狭いところが怖いせいもあると思うけど、あの異様さはアニメ向きだったんだなあと思う。
久保と榎さんの対面とか御亀様とかはどうなるのかしら。省かれるのはもったいないけど。
にしても榎さんは格好も話し方もまともすぎる気がする…。デンスケの下りなんかもっと奇声を発してたと思うんだけど。それとも魍魎の頃だからこんなものかな。百器とラジオドラマの榎さんをイメージしすぎなのかもしれない。

頼子が関くんは「怪しい、この人変」榎さんは「綺麗な目をしてる、嘘は言わないわ」とか断じてるのはあんまりすぎて笑いました。やはり人間見た目でしょうかね。
あんな怪しげな久保にあんな理由で付いていくとは。それに榎さんもむざむざ行かす?
原作を読み返して見なければその辺の細かいところがどうだったか思い出せない。
里村先生はイメージどおりでよかったなあ。雪絵さんはまた少女のように可愛らしい。
京極堂が頭を掻き毟るところはひじょうに共感を覚える。
しかし考えてみたら、榎さんと京極堂とかがどういう関係かこのアニメだけだとわからなくないでしょうか。たしかその辺の説明はなされてないはず。なんか普通に京極堂んちにいましたが。
[PR]

by hyakurin | 2008-11-28 05:01 | TV全般 | Trackback

トラックバックURL : https://escape72.exblog.jp/tb/9945420
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]