クリミナル・マインドS2”サイコドラマ”&CSI:7”傘の骨”

ネタバレ気にしてません。


まずクリマイ。
自分の妄想ドラマを演じさせるために銀行に押し入ってお金盗って、人質に恥ずかしい事をさせて、でも満足できなくてみたいな?
今回もホッチは奥さんと揉めてるなあ。息子の事だけに奥さんも腹に据えかねるものがあるんだろうな。他のアメドラの奥さんよりははるかに思いやりがあると思うけど。
それでも普段は冷静なホッチが子供を手にかけた犯人を涙目で捕まえたのにはちょっと驚いた。
でもヘイリーに警告の電話をかけるのに「機密漏洩になる」ってためらうのは凄くホッチらしいなあと思いました。でもこの夫婦の携帯電話は繋がらなさ過ぎると思う。そしてそういうときのタフガイはカッコいい。
というか鍵があってもドアは蹴り破るモノなんだな、タフガイにとってはw

CSI:7。
サバティカル休暇というのは戻ってこない前提の長期休暇なんだと思っていたので、グリッソムが言い出した時には驚いたのですが、復帰するパターンもあるのか。
代わりで入ったケプラーはチームを騙したりしてたから今回のニックはまだちょっとわだかまりがあるのかなって感じでした。
しかしそのケプラーもなんか裏がある人っぽいですねえ。来週の予告を見ると。
それはさておき、死体から骨とか腱とか取って売りさばくというのはなんだかなあというかなんというか。また代わりに入れるものがないからってそこらにあった傘を入れるなんてまあ。杜撰というか適当というか。
しかもその臓器が疾病持ちの人の物で移植された人が被害にあってるなんて後味の悪い。なんとか証拠を見つけようと頑張るニックの気持ちはわかるなあ。というか、日本でも腎臓移植でこういうのあったよね。
日本であったと言えば、もうひとつの事件は日本風ホストクラブ絡みの事件。アメリカ人にはセックスの絡まない男女のサービスに大枚はたく気持ちはわからないんだなー。まあ、私もホストクラブには興味がないけど、でもそういうサービスが成立する事はわかる。コットン・キャンディも結婚まで思いつめちゃうところは本当の意味での日本風の理解はできてない感じ。
ところで本当に日本風ホストクラブはアメリカに進出してるんですかねえ。
若い頃手放した息子がホストで、息子は知らずに殺しちゃったってこっちも後味悪いなあ。
次回は主任が戻るのかな。模型もなんか意味ありげな感じだけど。
[PR]

by hyakurin | 2008-08-08 02:51 | 海外ドラマ | Trackback

トラックバックURL : https://escape72.exblog.jp/tb/9247822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。