キングスマン ゴールデン・サークル

今年最初の映画は「キングスマン ゴールデン・サークル」でした。
SWはねえ、次も行くとしたら新参者かなあなんて。

英国のスパイ物と言えば007でしょうが、私はあれが苦手でそれでもダニエル・クレイグの「カジノ・ロワイヤル」は凄い話題だったからよし見てみるぞとwowowで2回挑戦して2回とも寝ると言う快挙を成し遂げたワタクシでも安心なキングスマン。
私結局こういう馬鹿馬鹿しい映画が好きなの。


以下、普通にネタバレしてます。

ネタバレ注意。




特に2作目となる今回はもう突っ込みどころが多くてとても書ききれないって。
とにかくまずアドバイスとしては、エルトン・ジョンをあまり知らない人はちょっと調べて曲もちょっと聴いてから行った方が絶対にいいと思う。でないと私の夫のようにぽかんとしちゃうから。
それと前作を見るのはマスト。これはホントに絶対に見てから行った方がいい。

何より思ったのが巨大麻薬組織のゴールデン・サークルのボスでサイコパスのポピー(ジュリアン・ムーアである、よくこの役受けたな)はなぜキングスマンを狙ったのだって事。
まあキングスマンを一方的に恨んでるチャーリーからその組織の事を聞いて潰そうとしたんだろうけど、数年前にほぼ壊滅したキングスマンよりステイツマンの方が全然脅威じゃね?
だってキングスマンのダブルガラハッドが2人がかりでようやく倒せるエージェント揃いなんだせ。エグジーとマーリンじゃ途中からパンイチでおねんねのテキーラ(チャンニング・タイタムである、なぜこの役受けた)にさえまったく歯が立たなかった。
バックアップのジンジャー(ハル・ベリー、なんかなんでこんな地味な役なんだろう)なんて顔面撃たれた男を助けられる技術力があるし、ステイツマンはバーボン醸造所を経営しててめっちゃ資金潤沢だし、明らかに敵にしたらヤバイのはステイツマンじゃんと思う。

そう、しれっと書いたけどダブルガラハッドって事はハリー、生きてました。まあもうCMとかに普通に出てたけどな。
助けたのがステイツマンのジンジャー。でも記憶がなく、退行してて蝶々の学者になるのが夢って状態。
助けにくるシチュエーションといい超技術といい、ホントに男塾でした。

現ガラハッドことエグジーはまだあのスウェーデンの王女様とお付き合いしてて、ご両親に挨拶に行く勢い。
その前にチャーリーに襲われ撃退するんだけどその際に車に置き去りにされたチャーリーの義手がハッキング、スウェーデンに行ってる間にマーリンを覗いた全キングスマンがポピーによるミサイル攻撃で全滅してまう。
マーリンはただの事務方扱いだったので無事だったよう。
遺された2人はステイツマンの事を知りアメリカへ。
その頃ポピーはもう日陰の存在は嫌だとドラッグにウイルスを仕込み、全世界を混乱に陥れたり、エルトン・ジョンを誘拐してみたり暗躍中。
仕込んだウイルスでアメリカ大統領と取引しようとするが、大統領は乗ったフリで「この際麻薬を使うような奴は全滅すれば素晴らしい世の中になるしよくね?(意訳)」とか言ってる始末。
キングスマンとステイツマンでなんとかするしかないが、テキーラまでウイルスにやられて冷凍、代わりにウイスキーが任務にあたる事に。王女様までも餌食になって焦るエグジー。
何をやっても(っても水責めだけだけど)ハリーの記憶は戻らず、マーリンたちは諦めるがエグジーはどうしても諦めきれず彼が過去に空砲で撃った例の犬と同じ犬種の子犬を連れて来て、目の前で撃つぞと脅してたら思い出したよ、みたいな。
英国人は人より犬との繋がりの方が深いのだな。

しかしハリーは戻ったとはいえまだまだ本調子ではない。
そんな中ウイスキーとイタリアのスキー場へワクチンを奪いに行くが、その時の様子からハリーはウイスキーは敵だと断言、撃ってしまうが信じられないエグジーが例のハリーを助けたキットでウイスキーを助ける。
でもハリーはあくまでウイスキーは敵だし、ステイツマンも信用できないとマーリンと3人での任務に拘る。大統領に人々を救う気がなく、ポピーがワクチンをドローンですぐに配布できる状態にしている事からそうさせるしかないってなる。
ハリーがなぜウイスキーの裏切りが分かったのかってのは私は、ウイスキーが不自然にやっとの思いで取ってきたワクチンをエグジーを助けるフリして叩き落としたからかなあって。あれだけ凄腕のエージェントにしては変だもん。
ポピーの本拠地がカンボジアにあると分かり、3人で乗り込むがその目の前でエグジーが地雷を踏んでしまいマーリンが身代りになる。
この時に実はカントリーミュージックファンと判明したマーリンが敵をおびき寄せるのに「カントリーロード」を歌うのは笑うところか迷ってしまったわ。てか最近この曲、いろんな映画で妙に使われてるらしい、なんで21世紀にジョン・デンバーなんだ。いや名曲だけども。
と言う訳でマーリンまでお亡くなりに。ロキシーやらJBやらキングスマンのエージェントたちやら死に過ぎやろ。さすがにマーリン生きてましたとかないだろうし。なんでマーリンやロキシー殺してしまうのさ。ここだけ超引っかかった。

ここからの戦闘タイム、私は楽しかったですよ。
さすがにエルトンキックはどうかと思ったけどそれもまた楽し。
そしてようやく片付いたと思ったらウイスキー登場、やっぱり敵でした。でも大統領のとかではなく個人的にジャンキーに恨みがあり、助ける事はないと思っている。
かくしてダブルガラハッド対ウイスキー戦に突入。めっちゃつえええ。
まあでもなんとか世界は(世界のジャンキーたちは)救われたのでした。

ステイツマンのトップのシャンパンことチャンプがスコッチの醸造所を買ってくれて、キングスマンを再興させる道筋をつけてくれました。
ウイスキーの後釜にガラハッドのどちらかに残って欲しい、と言われますが実はエージェント志願だったジンジャーが名乗りをあげて彼女がウイスキーに。
王女様とエグジーの結婚式で華やかに終了。
と思いきや、キングスマンの店の前にテキーラが来てましたね。新ウイスキーといい、続編とかスピンオフとか聞こえて来てるのも本気なんだろうなあ。ただ興行的にはやや微妙だけども。
エグジーはどうするんだろう、一国の王女様、しかも次期女王様の婿になっちゃったしガラハッドはハリーに返すのかねえ。
まあアーサーでもランスロットでもパーシヴァルでも名乗りたい放題だけどな、空いたし。

見る前はあんまりいい評判聞こえてこないし、続編だしと思ってましたが全然楽しかったです。
前作と比べるってのもあれなんでしません、今作は今作で面白かったです。経緯はあれだけどハリー生きてて良かったし、ポピーのイカレ具合とか結構好き。
衣装は実際に売ってるものとか、なるべくCGに頼らないとかそういう姿勢も好きです。冒頭のカーチェイスなんてほぼCGなしであそこまで出来るのは凄いし。
次回作があるならぜひまた見に行きたいです。


[PR]

by hyakurin | 2018-01-08 08:26 | 映画感想 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://escape72.exblog.jp/tb/27978141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]