GRIMM/グリム シーズン2 1話と2話

手を負傷中(負傷かもわからんがとにかく痛い)につき、短めに感想。
ネタバレあり。





1話 新たなる刺客
ジュリエットがアダリンドのせいで眠り姫状態、死んだはずのニック母ケリー突然登場、くらいしか覚えていない前シーズンラストから始まり。今シーズンからアバンでニックの宿命の説明ありに。
まず10日前に北大西洋コンテナ船で密航者が死んでガードマンが襲われている。
さてニックはよくも両親を殺したなとキムラとタイマンしているとその死んだはずの母登場。キムラを倒して背中のタトゥーを見ているが、それがひらがななのがおかしい。ニックは嬉しいよりなにより戸惑いと、生きていたならなぜ出てこなかったのかとか疑惑が先に立っている様子。
母によると死んだのは父と友人のジーナで、ニックを守るために今まで出てこなかったの、実はマリー叔母も知っていたと。そこへ毒を知らべていたモンローとロザリーが来て、グリムである息子がヴェッセンとつるんでいるとは夢にも思わない母、いきなり退治モードに。モンローも相手になるぜって感じになって慌てて仲裁に入るニック。そういえばニックの方がグリムとしちゃ変なんだよね。
というかここでモンローの名前がジェームズって初めて知ったよ。字幕では出た事ないし(今回も)ニックも呼んだ事ないから知らなかったよ。母はまだ納得してないがロザリーはほっておいてニックにジュリエットに使われた毒を調べたわと。
それは“レスプリ・アイユール”という毒で記憶障害と昏睡を引き起こし、今もジュリエットの記憶は失われているから、まずそれを止める薬を作って与えないとと。昏睡はとりあえず後回しで。その薬が出来るまで16時間かかる。モンロー去り際に「お前のかあちゃん怖すぎる」だって。というかこれ電話でよくね?
母は竜の舌とか王家と戦った。ニックがコインを持っていると知り、それを処分してニックを守ると言う。
レナード警部はジュリエットを見て、アダリンドの仕業と知り彼女の母の所へ行き、責任とって目覚めさせろと命令。魔女、ロザリーのところで材料を買うんだけど脅して50ドルまけさせるとか割とせこい一面あり。ロザリーが脅されたのに怒るモンロー、喜ぶロザリーとこの2人はいい感じ。
ハンクは前シーズンで見ちゃった物のせいですっかり怯え、家で銃を抱えてる始末。そこへコンテナ船の事件の捜査が入る。行ってみると皆殺しの現場の壁に死神マークが。ニックの首送り付けは逆効果だったのか。しかし事件はFBIが調べる事になる。
母とぎくしゃくしながらも、マリーのキャンピングカーへ連れて行く。母にとっても懐かしい。母はグリムとして目覚めた妹と祖母から色々教わったと。家系だからと言って必ずしもグリムの力が現れるとは限らないとか一緒に暮らしたかったとか話して、少し和解ムード。ニックはコインを母に。母は作られた島で破壊すると言うが、死神の話を聞いて、コインをしまってモルグに連れて行ってと。
現場写真を見て、死神じゃないと言い出す母。死体を見てこれはモヴェ・ドンの仕業だと。残忍凶暴。そこへロザリーから電話があって、魔女が気付け薬の材料を買いに来た、このタイミングで妙だわと。
ニックは戻って母に例のカギを見せる、これは全部で7つあって、全部合わせると王家に仕えた騎士たちの宝の地図になるのだと。コンスタンティノーブルから奪ってきたグリムの先祖が。王家に渡ると世界を支配できるため、王家の人間がこれを狙っているのだと言う。モヴェ・ドンは王家の手下。
倉庫を捜査しているFBI、襲われてニックに助けを求めてくる。母と行くがそこへロザリーからジュリエットの薬が出来た、作って45分で効力がなくなってしまう、でも部外者が病室に入れないから来て欲しいと言ってくる。とにかく急がないとと倉庫へ入るとモヴェ・ドンが死体に化けてて襲われるってとこで次回へ続く。
変なところで終わってびっくり。

2話 くちづけ
母の手助けもあってなんとかモヴェ・ドンを倒し、時間内で病院へ。と言ってもニックも婚約者ってだけだから病室に入れず結局、母とモンローのフォローで強行突破。ならモンローでも良かったような。とりあえず薬を目に点眼して、記憶の喪失は止めるがジュリエットがどこまで覚えているかは目覚めないと分からない。
ニックに母を送ってと頼まれ、渋々了承するモンロー。でも元々人がいいので何となくニック母にあれこれ話しかけ、ニックとの付き合いは1年くらい(そんなに?)とか、信頼してるとか聞かれた事に答える。ニック母はそれでもモンローと息子の関係は不可解だと言うが、ロザリーもいい子なので、ニックを信頼してるしジュリエットを助けたいと言い、最後にはハグまでしてる。っでもどうも、この母がいい人に見えないんだよね。
ニックは改めて捜査で倉庫へ。乱闘で落とした自分の銃を物陰に見つけてさり気に拾ったり。FBI捜査官が新たに2人来て、ニックを怪しむ。最後の電話の事も言わないし。ニックすかさず銃を捨てて、人間の姿になってるモヴェ・ドン殺しの容疑の証拠はこれで隠滅したが、やっぱり後でしょっ引かれるのでした。まあ捜査官を殺したわけじゃないのは彼らも分かっているんだけど、何か隠してるニックを疑うのは当然で。今回は切り抜けたけど、ニックの立場も危ういんだよね。ヴェッセン殺しましたじゃ通らないし。
何かと庇ってる警部、ハンクは相棒だから信じるって言ってくれるけど。でも単独行動しないで連れて行けってのはハンクのためにもならんよなあ。そんな警部にはお兄さんがいて、今回の手下送り込みはお兄さん。弟のやり方が気に入らない、グリムはとっとと殺せと。警部も王家だけど、非嫡子って事は異母兄弟か。
ロザリーから薬買って行った魔女のところへはニック母が。ニックはFBIに見張られているので。警部が一足先に薬受け取っている。その薬で浄化して清らかなキスでジュリエットを目覚めさせる。ってニック立場ないなあ。浄化は苦痛を伴うけど、あなたなら楽しめるわとか皮肉を言われ、警部ビビりながらも飲んで悶絶。
というか魔女さらっと、人間じゃないあなたなら楽しめるって、警部と言うか王家って人間じゃないんだ。やって来たニックママにも、この街には王家の人間がいるのよ、でも非嫡流だけどね、とド突きあいながら言い、結局アダリンドママの負け。
悶絶中の警部、ちょっと本性でてますが、やっぱりバケモノ系なのね…。
母にコインを渡すニック、コインの破壊にはどれくらいかかるか分からないし、まず島にたどり着くのに時間が…と言う母にようやく、会えて良かったと。母は必ず戻る、私と同じ過ちをおかさないでとジュリエットを離しちゃダメと言い、駅に送ってもらって息子と別れるが列車に乗る事なく、駅裏で車盗んで去って行きます。これは何を意味するんでしょうね。
警部の純真なキスでジュリエット目覚める。ちょうど来たニックは大喜びするが、当のジュリエットは「アンタ誰よ」状態で。
何と言うか。これを機にお互い別々にやり直せば?と思わなくもない。

グリム、今後はとりあえずジュリエットの記憶回復が中心なのかしら。まあとにかく今シーズンも楽しみ。
[PR]

by hyakurin | 2014-07-18 02:20 | 海外ドラマ | Trackback

トラックバックURL : https://escape72.exblog.jp/tb/22975076
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。