雑日記 ついにその日が来るのねの事

音楽の話とか。

ここ最近はウィンブルドンを眺めるとなしに眺めながらひたすら耐えていました、色んな事、些細な事に。生きているって色々あるよね、とようやく少しだけ気を取り直しかけていた今、知った。多分遅いんだろうけど構うもんか。

Syrup 16gがついに再始動ですよ、すっげええ。

というより、こんな道が開ける事もあるんだなあって、あんなに完全に終わったのに。というかこれでまた犬が吠えるみたいに直前でぽしゃったら、もう落ち込むなんてもんじゃないからな五十嵐さんよ。
日本全国、同じ気持ちの人がどれだけいるだろうね。
いやしかし、これは嬉しい。正直に。
復活ライブとか言ってるBURGER NUDSもさらっと復活すればいいのになあ。
とにかく『Hurt』 8月27日発売 だ、これを手に取って聞くまで死ねないわ。
しかし生きてると本当に色々ある、こうやってたまにはいい事もある。


ウィンブルドンは男子の勢力図がようやく持って変わるのかって興味がないわけじゃないけど、いつかはそりゃ入れ替わるしねえ。確かにここんとこはとてもトップ4の形が強かったけど。私は別にどっちにも思い入れはないので静かに見ているけど、少なくともジョコビッチ対ディミトロフを見てる限り、まだそんなに今すぐ上位が追い落とされて若手に入れ替わるって印象は受けませんでしたねえ。負けたからではなく。


今日の読書
・ノックス・マシン(法月 綸太郎)
このミス大賞を取ったと思えないほど、読み手を選ぶ本。というかなぜ今更、この人に賞をやるならもっと他にあったろうにと読みながら思い続けた。で、私もそれなりに海外ミステリもSFも読んでいる方だとは思うけど、平均値からみたら、でもこの本をきちんと理解出来たかは分からない。少なくともクリスティ読んだ事ないとかそういう人が読む本ではない。
しかしなんだろうねこのミス。他によっぽどなかったのか、尖ったところを見せ付けたかったのか。まあでもこういう路線嫌いじゃないけどね。ここんところこのミス大賞を嫌っていたけど、認識を改めました。
本の感想はまあ、書かない方が身のため。
[PR]

by hyakurin | 2014-07-05 10:01 | 日記 | Trackback

トラックバックURL : https://escape72.exblog.jp/tb/22894996
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]