デクスター~警察官は殺人鬼 シーズン7 1話から4話

ネタバレあり。



とっくに放送終わってるので、ちょい簡単目に感想。
ファイナル前のシーズン、おまけに前シーズンがデクスターがトラヴィスを殺した瞬間を完全にデボラに見られた、という強烈なクリフハンガーだったのでとにかくドキドキして見始めました。

1話 追及
トラヴィス殺害の瞬間をデボラに見られたデクスター。いやまあ、そりゃその可能性を考えないデクスターが悪くないかね。だって教会を鑑識してくれって頼んだのデボラだし、見に来る事だってあろうよ。
もうここからデクスターの必死の言い訳。現場に来たらトラヴィスに襲われてついやっちゃった、なんかラップとかに巻いて用意周到なのは鑑識の知識を動員して足がつかないようにだよてへぺろ☆みたいな(いやそんなにふざけてないけど、あまりに稚拙ないい訳なのでつい)
とりあえず通報しようとするデボラ、そういう事なら正当防衛と言うがもちろんそんなわきゃないデクスターは必死に止めます。仮に正当防衛でも精神科送り、ハリソンも仕事もすべて失う。自殺に見せかけて教会を燃やそうと。一人でやるから帰っていいと言いますがデボラは納得せず、ガソリンを買いに行く役を。ここでせめて遠くで買って来いくらい言った方がいいのになあと思われた諸兄は多いでしょうね。
刺し傷を偽装し、ガソリンを撒いて燃やして2人して事件で出動要請を待ち捜査に。デボラはかなり挙動不審で、しゃあしゃあとしているデクスターに不信感ばりばり。でもなんとか自殺で終わりそう。だけどそこでラゲルタがなんと、血のスライドを発見してしまう。ラゲルタにとっては因縁のあのスライド。
家に帰るとルイスがいる。ジェイミーと一緒にいたい体だがデクスターは不快。そこでようやく自分がスライドを持ってないのに気が付く。ルイスはこの時デクスターのカード番号をメモって帰り解約するなどの嫌がらせを。そんなにゲームをけなされたのが許せないのか。
アンダーソンからトラヴィスの車が教会近くになかったのはおかしいのではないか、と電話を受けるデボラ。探せとしか言えない。しかしアンダーソン、パンクした車を見つけ手伝おうとトランクを開けたら死体が入っていて男に射殺されてしまう。いきなりの退場劇にびっくり。
デボラはデクスターのやり方があまりに手慣れていたと追及しているところでその知らせが。デクスターは逃亡バックを用意してから現場へ。死体入りの車からは指紋が拭きとられていて出ないがデクスターは案外ここは忘れている、とウィンカー部分から指紋を。黙ってるけど。死んだ女はストリッパー。
デボラはラップが気がかりで、あまり鮮明じゃなかったあのアイストラックキラーに殺されかけた時の記憶が少しずつ思い出されてくるように。ファイルを見て確信、なぜデクスターがそれを再現できたのか追及するが。デクスターはひたすらはぐらかし、そのストレスでますます獲物を求めるように。
指紋の主はビクター・バスコ、インターポールに指紋があった。逃げたのを追いかけるが、カードが使えなかったり。それでも逃亡バッグに現金も偽パスポートもあるので問題なしで空港でチケットを買い、中まで追いかけて行く。中のトイレで捕獲、遺失物室かなんかで殴って殺害。サーフボード入れか何かで持ち出し、そのまま船から投棄…雑だなあ…。そしてこのビクターくん、ウクライナの組織の大物のお気に入り。掟を破ってトラヴィスを救おうとしたばかりに失敗したなとか考えてる。
エンジェルはクインを許したわけではなく、ちゃんとアルコール依存の治療を受けろと。聞きそうにもありませんが。
ラゲルタは証拠品を見に行って、アンダーソン事件が優先でトラヴィスの証拠が手つかずなのを見てスライドを持ち出す。
デボラはデクスターがいないのでジェイミーに訊くと、今日は残業だと。いつも凄く遅くまで働いていると聞き、察する。デクスターが戻るとデボラが血のスライドからバラす道具からすべて見つけ出し座り込んでいた。全員殺したのか、兄貴はシリアルキラーなのか訊かれて「イエス」と答えるデクスター。
暢気にビクター殺してる場合じゃなかったよねー。そりゃ家探しくらいされるよねー。

2話 日光浴とアイス
デボラは家を飛び出し、デクスターが追いかけると外で吐いている。なんとかなだめすかし、訊かれた事には応える。いつからか、20歳から、親父は知ってたのか、全部知っていた掟を作ったのもハリーだとか。なぜか、子供の頃の経験がトラウマにと言うかデボラはそれでもまともにくらしてる人はいる正当化しているだけだと。それでどうするか訊かれてデボラはデクスターをぶん殴って出て行く。ハリーにこれだけは避けたかったのにと詰られるデクスター。
とりあえず義手が本物かを調べる事に。倉庫を調べるが証拠箱にない。そこにマスカが来て、研修生が盗んでオークションに出した事、入札されてしまいその痕跡をルイスに消させたと白状する。それで真相を察したデクスター。ルイスが買ったに違いないと。
ランダルという服役囚が自分が殺して埋めた死体の場所を話す、と言っている。
デボラは一晩考えてデクスターを更生させると言いだす。ランディがシリアルキラーは依存症のようなものだと言っていた、なら私が更生施設になる一緒に住んでと。親父はおかしい、私はやめさせると言いデクスターは受け入れデボラの家で寝泊まりする事に。ハリソンはどーすんだ。ハリーは上手くいかないと確信してる。デボラはランダルの現場に行きたいというデクスターを阻止、四六時中張り付いているつもり。
ラゲルタは外部のラボでスライドを調べさせ、それがトラヴィスの血であると知る。ドークスの事件を再び検証し始める。
ビクターが捜査線上に浮かび、ウクライナの組織「コシュカ」のメンバーであると判明。働いていたストリップバーで死んだのもそこのストリッパーであると。アンダーソンのために捜査が進むのでその隙をついてデクスターはランダルの現場にマスカと代わって行くのに成功。
1時間の休憩中にルイスの家へ。カードの事を知り、動画でデクスターへの憎しみをぶちまけ復讐してやるとか言ってるのも見つける。ルイスはボブという男をハメて会社を乗っ取ったりもしてる。帰宅したルイスを締め上げ、これ以上俺に関わるなと警告するデクスターだが。動機があのゲームと知り心底呆れている。それがルイスの闘志に火をつける結果に。
コシュカのボス、アイザック・シルコがやってくる。ビクターの事もだが、ビクターがいないと商売の麻薬取引にも色々支障がある様子。クイン、捜査でストリップバーに出入りしている時にナディアという踊り子に誘惑され、ふらふらと…。こいつこりねーなー。
デクスターが家に帰るとルイスが堂々といる。懲りてないとデクスターは決意を固める。夕食のデボラのステーキに少しだけ麻酔薬を注射して眠らせ、ルイスを連れ去るがそこでデボラを呼び、自分は思いとどまれたとアピールする。デボラは素直に喜び、少し一人になりたいと言うデクスターを置いて帰る。デクスターもその場にルイスを捨てて帰る。
死体捜索現場でデクスターはランダルと色々話している、ランダルは昔と同じ店のアイスを食べながら刑務所にいる事を受け入れたとか色々言っていたんだけど結局車の前に飛び出して自殺。死ぬ前に日光浴してアイスが食べたかっただけ。

3話 古巣へ
デボラの監視にやっぱりいらついているデクスターはデボラを説得して一応、監視は終了。早速レイ・スペルツァーという仮釈放された男を狙う。
ナディアに情報を流す本当に懲りない男、クイン。ビクターは麻薬取引に必要なGPSのついたなんかを持っている。それを追うアイザックたち。海に捨てられているのがバレ、船を探す。
マスカのところに義手が届き、落書きされているから返品したいとメモが付いている。ルイス宛てだったため怒ったマスカはルイスを首にする。更にジェイミーが娼婦とルイスがやってる動画を見てしまい、キモいとふられる。でもこれって逆効果だよなあ…。
ランダルの母親が他の殺人の証拠を署に持ってくる。生きてる内はやっぱり出せなかったけど死んだ今は被害者の親の気持ちがわかるからと。
デクスターはスペルツァーを見張っている現場へデボラを呼ぶが、デボラはあくまで正攻法で調べようとする。デクスターが忍び込めばすぐそこに証拠があるんだけどね。そして正攻法不発。そりゃ根拠もないのに令状が出る訳ない。せめてものお願いで見張りはつくが。
デクスターはランダルと逃亡した当時少女のハンナという女のDNAを取りに行く。
その頃デクスターの船にアイザックたちが来るがちょうどルイスが嫌がらせに来ていて、持ち主の事などを話し殺される。ナディアといい雰囲気のクインにナディアがあなたを見張れと言われたと打ち明ける。クインはそれを逆手にとろうと。
スペルツァーの見張りは終了せざるを得ない。デクスターはスペルツァーの殺人の証拠を見つける、被害者のアクセサリーを飾ってた。デボラは自らスペルツァーの見張りに行くが、ちょうど女を連れ込んで殺そうと追いかけまわしてるところ(スペルツァーは家を迷路みたいにして女を狩る変態、しかも変な被り物して)助けようと家に入るが逆にピンチになり、駆けつけたデクスターに助けられる。が女は死に、スペルツァーも逃亡。証拠もなにも残ってない。
デボラはデクスターのしてる事を理解した、必要悪かもしれないとは言うが、受け入れたわけでもなさそう。でもとりあえず自分の家に戻ってと。兄貴である事に変わりないというデクスターだがデボラはすべて変わったと答える。

4話 迷路
デボラは自分の真の姿を受け入れてくれないと嘆くデクスター。結局この人はそれなんだよね。リタが死んだ訳、トリニティの事、デボラはすべてを疑っている。
スペルツァーは完全に痕跡を消して依然逃げたままだったが、割とあっさり捕まる。証拠がないと高をくくっている。デボラも顔も見てないから証言出来ないし。
アイザックはデクスターを調べている。そこへクインが店にのこのこと。ナディアと訳ありなのはバレバレ。ビクターを殺したくせになぜ警察は捜査をやめないのか、アイザックは不審に思っている。
スペルツァーの尋問はデボラが。上手くやって自白を取る。なんとかデボラと歩み寄ろうとするデクスターだが、デボラはリタが死んだのは兄貴のせい、ハリソンはアスターたちと暮らすべきだ兄貴から守るためにと。デクスターは反発、絶対にハリソンを手放さないと。デボラはなら守りたいならやめるべきだと言うが、デクスターの反省点はトリニティをすぐ殺さなかった事だったり。
アイザックは店のバーテンに大金をちらつかせて刑事殺しの罪をかぶせて自殺させる。クインあたりはあっさりこれでアンダーソン事件は終わったと思うが、エンジェルは部屋に妻子の写真が飾ってあるのにストリッパーに入れ上げて殺すかと納得行かない様子。
ハンナが署にやってくる。ランダルとの会話を話すデクスター。おいおいなんか妙な空気になってきたぞ、そりゃデボラよりこっちのが理解してくれそうではあるけど。
デクスターはスペルツァーのねぐらを探ってるときに帰って来られて(なんでだか思い出せないが多分自白だけでは駄目だったんだろう、多分)倒され、迷路に放置される。逃げるしかないデクスター、スペルツァーは変態仮面だがとにかく強い。迷路を逃げていて、誘導されている方ではなく塞がれている方へ行ったらと思いついて上に逃げ、そこから外に出てなんとか逃亡に成功。すぐにデクスターはあくまでスペルツァー対策でハリソンをアスターたちのところへ。
被害者の葬儀に参列していたデボラ、スペルツァーがそこへ現れたのに激怒。その後様子を見に来たデクスターに当たり散らすデボラ、兄貴が別人に見えるとも。デクスターは自分は何も変わってない、お前の兄貴でいつもそばにいる、お前はいてくれないのかと言うが、デボラは同じではいられないと。
エンジェルはどうしても納得行かない、もう一度だけ聞き込みをしようとクインに。駄目刑事クインは明日なと。
デクスターはスペルツァーを捕まえ、火葬にする(スペルツァーは墓地で働いてる)その時スライドも一緒に燃やす。デボラを呼びだして報告すると、デボラは思わず嬉しいと呟き、私も怪物だろうかとデクスターに訊く。デクスターはお前は人間だと答える。
デボラ都合のいい時は受け入れてるじゃん。どうなるんだろうねえこの先。シーズン4思ったより全然面白い、溜めてたおかげで続けて見られるし。
[PR]

by hyakurin | 2013-07-03 17:21 | 海外ドラマ | Trackback

トラックバックURL : https://escape72.exblog.jp/tb/20677269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。