ヘイヴン-謎の潜む町-シーズン3 7話からまで10話まで

記憶がおぼろげなので極々簡単に感想。一挙にずどん。

一応ネタバレ注意。





7話と8話 マジック・アワー
前後篇。死んだ少女が生き返るところから始まる。
オードリーはデュークを連れてコロラド・キッドことジェームズ・コーガンの母を2日の休暇でコロラドで探すつもり。父親は死んだらしい。
死んだ少女は生き返ったがその母が死亡。少女の時は何者かが電話をかけてきたらしく、父は電話をかけようと妻の死よりそっちを優先する態度に不信を持ったネイサンがトミーを尾行させる事にする。大金を下ろしたりモルグに妻の死体を奪いに来たり色々するが結局妻は時間切れ、夕暮れまでがタイムリミットらしい。
これは人を生き返らす力がある妹とそれを利用している姉の仕業。姉は昔、妹が父親を救わなかった事を恨みに怨んでいて、妹もいいなり。彼氏も殺され、姉と逃げる事になるがなんとか彼氏を生き返らせたためネイサンたちの捜査は進む事に。
ジョーダンが他所から受難者を移送するグレイディと数週間連絡が取れないと言う。彼女に家畜銃犯の写真を見せると、守り人のタトゥーがあるなら私が調べてみると。
オードリーたちはジェームズの養母を見つけるがその女性、ジェーンはすっかりボケていて話が訊けない。しかしデュークがそこからアルバムをぎってきて、捜査続行。ジェームズはアーラという女性と結婚していた。オードリーはアーラを知って、ルーシーはジェームズを愛していたのではなかったのかとショック。慰めるデュークとキスしたり。でも友情。
グレイディの行方を追うのにジョーダンはドワイトを頼ったり。グレイディの死体発見。
もう一度ジェーンに会いに行く、サラのような赤毛のかつらをかぶって。するとサラがやってきたのだと思うジェーンの話でジェームズがサラの子供である事が判明。ここでオードリーたちはヘイブンに戻る事に。
その事姉妹を追っていたネイサン、ふとしたことからトミーに疑惑を持ち彼の車のトランクをさぐるとそこには家畜銃が。トミーはネイサンを射殺。その間に姉妹逃亡、そこへオードリーも帰って来て、トミーの犯人に撃たれたという言葉を信じる。でもデュークはなんとなく疑っている。
でまあ、トミーは姉妹を射殺しろとか色々画策するんだけど結局トミーが妹を殺す。オードリーはネイサンと妹2人の死体を運び、姉にも同じ災いが生まれるかもとそれに賭ける事に。なんとしても目覚めさせてみせると姉を探す。
ドワイト、グレイディを埋めているが脱いだら背中にサークルマークが。ドワイトもわけありかい。
姉を見つけたオードリー、最初は妹をトミーが殺したというのを信じられないが最終的には信じざるを得ない。しかも家畜銃犯であると。一緒にいるデュークに知らせる。ジョーダンも来る。姉に妹の死体を見せても姉はショックを受けない。そうでないと災いが目覚めないのに。妹が父を見殺しにしたのだから死んでもショックはないようす。色々あってトミー逃亡。
更に姉を殺してやるとか物騒な事を言っていたオードリーだが、彼女の傷跡とかから妹が姉を助けていた事が分かる。父が死んだ事故の時、妹は父ではなく自分を助けたと知った姉はさすがにショック。そこでネイサンを生き返らせ、更に妹を。でも実は1日で生き返らせられるのは1人だけと父が言っていたのは本当で2人生き返らせると自分が死んでしまう。でも姉は妹を救う。ようやく最期に分かり合った姉妹。妹は彼氏とヘイヴンを離れる事に。
ネイサンが死んでる間にオードリーは愛してたから突き放したと告白するが、生き帰ってからは離れて代わりにジョーダンといちゃいちゃするネイサン。なんかオードリーがいい人みたいになって来たのでネイサンが馬鹿っぽい。
その頃トミーはコロラドの居場所を教えろと捕まえた新聞社兄弟を釣り小屋で拷問していた。あの納屋はどこだと。納屋ってあのオードリー2が入ってぱーになったあれか。今頃出てきたなあ。そこへオードリーたちが来て、トミーはボートで逃走を図るがネイサンと2人で撃つとボートは爆発炎上。何も訊けずじまい。死体もあがらない。だからなぜ、家畜銃殺人犯の姿がトミーとは違う姿だったのかとか謎のまま。
ビンスが来て、今までオードリーを騙していて悪かったと。混沌から守りたかったと謝る。兄弟はつまり、コロラドが息子とか知ってたわけだ。しかしコロラドの父親の事はサラも言わなかったので本当に知らないと。そして何故かオードリーはネイサンにだけコロラドの秘密を話さない。

9話 サラ
デュークの祖父はサラに殺されたというメモ、さらにそこに書いてあったスチュワート・モズリーという男がまだ生きてると分かり、訊ねるデュークだが問答無用で海岸に飛ばされる。気が付いたら海岸にいたという感じ。おまけに携帯も繋がらないしと歩いて行くと街並みが古い。クラシックカーが普通に走っているいう事で、デューク過去に飛ばされました。訊ねると1955年だと言う。落ちつこうと入ったバーで乱闘騒ぎに巻き込まれ、バーテンのジュニアを結果的に助けるが警察に拘束される。しかしジュニアの証言で釈放。その最中にサークルマークの入った男も見る。
現代ではネイサンがオードリーに避けられた理由をキャラハンから聞いて、なんか和解ムード。そんな最中に新聞社消滅。オードリー以外は不審に思わないいつものパターン。ネイサンによると13年前にデイブがビンスを殺したと。
デュークは過去でモズリーを探すが電話帳に見当たらない。しかし電話帳の広告を見て、現代に連絡する方法を思いつく。現代まで残っている配送業者にメッセージを託すと現代で律儀にオードリーのところへ届く。この異変はデュークが過去でした事で現在が変わったせいと判明。現代のモズリーをネイサンと訪ねるとそこでネイサンも飛ばされてしまう。
デュークはその頃、父に貰った金貨でジュニアに当時のお金と変えてもらっていた。あっさり合流し、ネイサンに俺は何も変えていないというが、乱闘の時ジュニアの命を救ってしまっている。そしてジュニアの名前はロイ・クロッカー。デュークの祖父。デュークは煩悶するが、ロイが死ねば自分の災いも消えると気が付く。サラは見当たらない。ネイサンはデュークにロイの事はまかせてモズリーを探しに守り人のところへ行く。
現代ではオードリーは牧師殺しでお尋ね者、更にキャラハンを呼ぶと彼女はネイサンはオードリーを庇って死んだと言う(パラドックス…いやなんでもない)モズリーも消え、別人が住んでいる。キャラハンはとにかくオードリーに町から出ろという。
過去のネイサンは子供の頃の父親(署長の方)に会ったり。署でモズリーが今日船で着くと首尾よく聞き出すが、それを見ていた巡査にどこかへチクられる。その巡査はロイにモズリー殺しを命じるが、ロイはモズリーが復員兵と聞いて嫌がり逆に殺されそうになるが、デュークが助ける。ネイサンと揉めてるとモズリーと一緒にサラが降りて来る。付き添いの看護婦。ネイサンはそっちへデュークはロイの方へ。
デュークはロイを説得するが、持っていた日記を見られてしまいロイに殴って昏倒させられる。しかし孫と分かると自分がサラを始末すると。その頃ネイサンは暢気にサラを海岸デート。サラは町へ来たばかり。
デュークを見つけたネイサンは事情を知りサラのところへ。
現代ではキャラハンやジョーダンが人々を町から逃がしていた。ウォーノス署長も生きていて協力してるが牧師一派に捕まってしまう。
過去ではネイサンとデュークがサラを逃がそうとするが、ロイが来て結局サラがロイを撃つ。運命からは逃れられないとネイサンは更に受難者の事などを教える。モズリーは自分が死ぬものと思い込んでいたが、未来で自分が家族に囲まれた写真などを見て、サラに説得される(ネイサンが都合よく持ってきたのかなあ、覚えてない)モズリーは自分のいた部隊を守ろうと1年後に飛ばしたりしてて、ようは守りたい気持ちの強い臆病者だったようす。
現代でまさにオードリーが撃たれる瞬間に元に戻る。デュークは祖父を殺された事が凄くショックみたい。ネイサンだけサラとデートしていい思いを…。オードリー、ここでようやくコロラド・キッドが自分の子供であるとネイサンに告げる。
これ、後から思えばそういう事なのかというシーンなんですねー。てかこの時ネイサンとサラってただちょっとデートしただけかと思ってたよ…。

10話 陰謀
トミーが最初に町で殺した死体が出る。トミーの生死は依然不明。
守り人が移送をしていた男がジンジャーという娘を残して逃げる。警察に保護されるが喋らないジンジャーにキャラハンもお手上げだが、ランチの誘いに暢気に現れた(立ち直りがはえーなおい)デュークがジンジャーの心をほぐす。また海賊とか言われてるし。
消えた男、モートンの事をジョーダンにネイサンが聞きに行くが、ジョーダンはこの件には自分は噛んでいないと言うが、娘の事を聞いて仲間に訊いてみると。でも実はジョーダン、消えた運転手をかくまってたり。
見つかった死体は本物のトミー。家畜銃のトミーは成りすましのニセモノ。
ジンジャーに上手く誘い出されるデューク、隙をついてジンジャーは現れた父と逃げる。しかし実はそれは父ではなく別の守り人。ジンジャーに死ねと言われると自らを刺して死ぬ。どうや受難者でヤバいのはジンジャーのようす。その死体を見てオードリーは事情を察するが、デュークがまんまとジンジャーに操られている。言葉で海賊になりきったデュークはオードリーたちの目の前でバルコニーの手すりから落ちる。オードリーが止め、デュークも一応無事。
ジンジャーは父の様子を不審に思い、急にヘイヴンに連れて来られた事から捨てられると思いこんで「あっちにいって」と言ったばっかりに父はあっちにいったわけ。落ちたショックかデュークは元に戻るが、父は消えたまま。
ジンジャーの話からその現場にジョーダンがいたと知り、問い詰めに。あの子のせいで唯一の友人のデュークは死ぬところだった(…いつそんなに仲良しに)と激怒。ジンジャーの叔父が町にいると聞きだす。しかしすでに守り人の手が回っていて、ジョーダンはジンジャーを連れ出しに来るがオードリーとネイサンが阻止。
ネイサンがジョーダンを尋問するが埒が明かないのでジンジャーが。オードリーは反対だが、デュークはやらせればいいと。モートンはウォーターマンのところにいる、そばに行っただけで撃たれて殺されるから行かないでと懇願するジョーダン。ジンジャーを必要とした訳はオードリーに対する保険だと。オードリーは操れなくてもネイサンとか周りの人間は操れる。なぜそうするかと言うと流星群の夜に現れる納屋にオードリーを入らせる為。27年に一度現れるその納屋にオードリーが入れば町から次の27年間災いが消えるから。歴代のサラもルーシーもそうしてきたらしい。それこそが守り人の目的。てかこうなるともうオードリーが災いでは…。
モートンはジョーダンと交換で救出。ジンジャーとのわだかまりも解け、デュークが2人を連れて町から出る。ネイサン、ここで守り人ときっぱり決裂。ジョーダンは去る。
オードリーは家畜銃犯の隠れ家を見つけ、ネイサンと向かうとそこには水槽がたくさんあって、人の皮ぷかぷか。しかもトミーの皮まで。死ぬ前に別の皮を被って誰かになりすまし、まだ生きていると判明。
[PR]

by hyakurin | 2013-04-20 15:31 | 海外ドラマ | Trackback

トラックバックURL : https://escape72.exblog.jp/tb/20310510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。