CSI:マイアミ8 サキルの刀

ネタバレあります。



感想と言うよりツッコミです。
先週の予告からある意味楽しみにしてましたが、いやあ期待を裏切りませんね。バイクに乗った人が日本刀で脇にいたオッサンを真っ二つですよ(文字通り、真っ二つ)
斬鉄剣(字がわからん)かっつー。日本刀を一体どんだけ勘違いしてんでしょう。
日本刀の鍛え方が特殊とかはあってなくもないけど。というか欧米の刀だって似たようなもんじゃないのかねえ。

で、出ましたジャパニーズ・マフィア(ヤクザとは言わず)
最近の傾向でありがちなのですが、どうもアメリカンはヤクザと侍を混同している。指つめるのに脇差は使わんだろう、ドスだろうよ。その上、失態のたびに指を小指からどんどん落としていくとか。そんなんじゃヤクザみんな指ないよ。しかも小指落とすともう刀は使えないとかで容疑を外れる、東京から来たタカシ・ヤマダ。フロリダ支部長らしい。結構庶民的なお名前で…。ヤマダさんも3本ほど指がない。

で、結局殺された人はヤマダの息子を養子に(正式にじゃないけど)してヤマダからかくまってた。15歳でヤマダにレイプされて産んだ母親が組織と関わらせたくないと願って。
そう、サキルと言うのは組の名前らしい。一体何を間違えたのか、意味不明だし漢字でどう書くのかさっぱりですな。普通にヤマダ組じゃ駄目だったのかね。

ヤマダもなんで今更息子なんか探したのかというと、全身に彫った刺青のせいで肝臓が駄目になったから。肝臓目当てだったようです。刺青で肝臓がやられると言うのは昔の事だと思いますけどねえ。その頃は人体に有害な染料で彫ってたらしいので。深さの問題でもないような。竹の道具は今でも手彫で使うとか使わないとか見たような気がするけど、面倒だから調べない。
ちなみになんでだか1話でCSIが出来る前ホレイショと組んでいた刑事がヤマダのボディーガードという小ネタあり。
そういえばヤマダは一度、肝臓移植して血液型が変わったとかよくわからん事も言ってたなあ。臓器移植って血液型の一致は最低条件だと思うし、骨髄移植なら血液型が変わる事はあるけど、肝臓でってのは私は聞いた事ないけどなあ。そういう事もあるんですかね。

息子がさらわれるが、間一髪で息子の前でヤマダをホッさんが射殺。息子は母親に捨てられたと思っていて、母親を拒絶するんだけどホッさんが「君を守る為だったんだ、チャンスをやれ」と説得。親子はこうしてめでたいですが、ホッさんはジャパニーズマフィアの親分を殺っちまって今後大丈夫なんでしょうか。まあ、今更か。

ナタリアの耳は新たな展開。ウルフに医者行けと言われ、更にみんなに広めたらしく(ウルフも揺るぎねえな)ウォルターにいい医者あるよと紹介され、ようやく検査に。なんか弱みを見せたくないから我を張ってたようです。まあ口が軽いのはともかくウルフの主張もも間違ってはないよね。顔にネイルガン撃たれた時にアレックスに怒られた過去があるからどうしても「お前が言うな」とは思っちゃうが。
さて、検査終わって医者がなんか微妙な態度。ナタリアの耳は今回の爆破のせいだけじゃなく、過去に頭を打ったのが別の原因であると。で、これはようするにDVを受けた(平手打ちされた)女性によくある現象らしく、医者はそれを疑ってたわけ。ナタリアは頭ごなしに否定してたけど、確か暴力を振るう男と結婚してた過去、ありましたよねえ。なんだか根深い話になりそうです。
[PR]

by hyakurin | 2011-01-18 02:29 | 海外ドラマ | Trackback

トラックバックURL : https://escape72.exblog.jp/tb/14766721
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。