鷹の爪 THE MOVIE3 ~http://鷹の爪.jpは永遠に~

日曜日に見てきました。ちゃんと0巻みたいなのも貰いましたよ~。
わざわざ2つ折りにして、入場口で一人一人に真剣に渡していた映画館の人、本当にご苦労様です。特設グッズ売り場もあってとてもにぎわってました。ガチャガチャを連れがやったら中の人の缶バッチで私も帰りにやろうと思ったらもうなくなってました。しかし中の人ってよく見るとエグイ…。

ではここから映画の内容に触れてちょっとだけ感想。

ネタバレ気にしてませんので注意してください。

ネタバレにご注意ください。


まず最初に言いたいのは白組の無駄使いっぷりがもうめちゃめちゃ無駄に凄くて笑いました。博士の動く城最高です。いや、実に素晴らしい。
今までの映画版で一番好きかも。

コフィーは「コフンデレラ」でしたがコフィーなので全然可哀想でない。ダニエルの車のガソリンに「ついうっかり」砂糖を入れてみたり(しかも6回も)テロリスト並の諸行です。
桶狭間店長が魔法の落武者だったのがめちゃめちゃツボった。なんだよ魔法の落武者って。声に出して見るとこれほど面白い言葉ないっす。連れはニントク、ではなくチャールズ王子が「生中2つ」と言ったのが面白かったらしい。
最後のコフィーの身も蓋もないまとめっぷりはたくさん見に来ていたお子さんたちに対してどうなんだろうってくらいその通りで笑いました。そんなもんよ世の中。というか鷹の爪が子供にも人気があるって初めて知りましたよ。マナー上映とかでおなじみになったのかしら。とにかく子供が多かった。
ちょろっと青い海から来た魚の子っぽいのが出たときと海産物の名前が付いた人が出てる国民的アニメの家っぽいのが出たときはお子さん達も楽しそうでした。というか私前者を見逃してしまってちょっとショック。
鷹の爪が始まる前の恒例の吉田君の説明ですが、今回は告白タイムがなく変わりに白組のパートが始まる前の目覚ましタイムと途中で寝ちゃった人の為のあらスジタイムがあり。パジェットゲージは健在でしたが今回はコレが大きな意味を持つ事に。ちなみにあらスジタイムは役に立たないのでちゃんと寝ないで見ましょう。
とにかく博士がもりだくさん、博士の秘密も男前っぷりも存分に堪能。博士ファンにはたまらない映画でした。吉田君も大活躍。その分若干総統の影が薄かったかも…、そういえばこの映画はTV版のカウントダウンより時間列的には前の作品なので、カウントダウンであれ?だった事もわかったりします。
デラックスファイターの駄目っぷりが最後ああ生かされるとはとか、博士って実は…とかとにかく色々詰め込まれていて楽しかった。
死にすぎるフィリップ、たくさん出現しすぎるフィリップの霊体、それをお迎えに来る観音様とかもう書ききれないわ。
レオナルドって地獄の夫婦生活って意味でしょ、には大爆笑しそうになった。
1回じゃとてもすべて見切れないかもですがパンフが結構詳細に出来ているのでそれを見ると結構思い出せます。
でももう1回見に行きたいなあ。博士の動く城は映画館で見る価値ありすぎだし。
[PR]

by hyakurin | 2010-01-18 14:48 | 映画感想 | Trackback

トラックバックURL : https://escape72.exblog.jp/tb/12689263
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。