シャーロックホームズの冒険(グラナダTV制作)1巻

最初にNHKで放送していたのを見て以来だから何年ぶりかわからないくらいに久しぶりに見ましたが、やはりグラナダ版は最高だわ。ホームズといえばこのジェレミー・ブレットがすぐ思い浮かぶもの。
今回初めてオリジナル音声聞いたんですが、ジェレミーって声割と高くてしかも結構煩い事を知りました。これもエキセントリックなホームズらしくて素晴らしい。これで私がもう少しヒアリングが出来たらなあ。イギリス英語全然聞き取れません。吹替えと英語字幕で見ると字幕は結構意訳というか物足りない部分があるようです。多分。ワトスン博士はFriendって言ってるのに「同僚」って字幕はちょっと違和感が。
完全版とNHK版を見比べても結構削られている事がわかりましたし(コカイン絡みのシーンはほぼカットだった)完全版DVD集めたくなってヤバイ。まさに物語を読んで子供の頃に想像した通りのヴィクトリア朝時代が再現されていて、紳士淑女の格好なんかホントに見とれてしまう。
そして一番嬉しいのはワトスン博士がお間抜けさんではなく立派な英国紳士!
何よりこれが一番素敵。
では以下ちょっとした感想。

「ボヘミアの醜聞」
ワトスンがいないとイライラするらしいホームズ。ワトスンは奥さんかい。ハドソン夫人も嘆いてるぞ。それを聞いてやっぱりねーと諦め顔のワトスン。仕事で地方へ行ってずぶ濡れで帰ってきたのにホームズの様子を見てまたコカインやってるだろとお説教を。保護者のようだ。
でも事件の依頼があったからホームズはコカインはやってなかったのでした。
今回の依頼人が国外の貴族で、話が大きそうだからと遠慮しようとするワトスンを「私のボズウェル」と引き止めるところは好きだなあ。
マスク・オブ・ゾロのような格好をした自称ボヘミア貴族、あっさりホームズに見破られて本当はボヘミア国王の依頼は前カノのオペラ歌手アイリーン・アドラーの持っている写真を自分の結婚前に手に入れる事。国王はワトスンの握手の手をシカトしたりやな感じ。
アイリーンはとても綺麗だった。特に教会のシーンはドレスも素敵で。
火事騒ぎに乗じて首尾よく写真のアイリーン宅の写真の隠し場所を発見したと思ったホームズだったがアイリーンの方が一枚上手。見破られていてあっさり逃走された後。でもアイリーンの写真は自己保身の為に持っているだけだから安心していいという手紙を読んで安心する国王。うーんあっさり。
国王からアイリーンの写真を貰うホームズ。こうしてアイリーン・アドラーはホームズ唯一の「The Woman」になったのでした。
最後国王の握手をホームズがシカト、代わりにワトスンがするところでニヤリ。

「踊る人形」
いきなりワトスンに、投資話に乗らなかったねとか言い出すホームズ。なぜかを知りたがるワトスンとのやり取りが最高。どうせ訳を知ったら「そんな簡単な事か」って言うから言わないと一筆書けとか、言わないよって言いながらやっぱり言ってしまうワトスンとか。そんな上機嫌のホームズを見て依頼が来たのを感づくワトスン。
子供の落書きのような「踊る人形」が庭に描かれているのを見て妻の様子がおかしくなったというキュービット氏からの依頼。
踊る人形の暗号解読のとき、そのポーズを取って見せるホームズお茶目だなあ。完全版で見ると昔のイメージと大分変わる。昔見たのはやはり大分カットされてたり、原語だと喋り方が違ったりするからだろう。
依頼人が死んだのに驚いた。そんな話だったっけとなったのでやはり正典を読み返す時期かと思う。
[PR]

by hyakurin | 2009-03-13 16:43 | 海外ドラマ | Trackback

トラックバックURL : https://escape72.exblog.jp/tb/10499918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。