クリミナル・マインドS3 暗闇の子供たち

ネタバレありです。



一家惨殺事件が相次いでコロラドで発生。でもホッチはコロラドはやりにくいと渋い顔してました。なんでもジョンベネちゃんの一件で地元警察をFBIが批判したからだそうですが、話の中では特に問題は起こってなかったのでこの前フリはなんだったんだろう…と思いました。向かう途中の飛行機の中で話を脱線させて子供のように怒られるリードにちょっと和みました。
調べていくと複数犯だろうとプロファイル。殺し方がまず両親を殴り殺すところを子供たちに見せてからその子供たちを鎮静剤の大量注射で殺しているから、おそらく2人組だろうと。
で、本当にそうなんだけど家に入り込む方法が猫をはねてしまって…とか言いながら猫の死体を持って来るという。前もって玄関の明かりはつかないように電話線は切って携帯も電波妨害機を使って通じないようにしておくという周到ぶり。ガルシアがなんで猫まで殺すの、と憤ってて私も同じ気持ちだけどでもまず人殺しの方が問題だろ…とちょっと思いました。
最初はただの押し込み強盗だったのに途中から変わってしまっています。
そんな中新たな事件が発生しますが、なぜかキャリーという少女だけ生き残りました。その子の証言によって容疑者を絞り出し、1人は捕まえます。そのアーヴィングは動物の処分場で働いていて子供の頃里親によって虐待されていました。押し込み強盗先で虐待されている子供を見て、タガが外れてしまったようです。しかもその里親、まだ他の子を育ててるし…。よくドラマで養育費目当てに里親をやってる人が出てきますがこれもそのパターンのようです。
もう一人のヤバい方、ゲリーを捕まえるためにアーヴィングから話を聞こうとしますが中々口を割らず、プレンティスはキャリーを同席させようとします(キャリーを殺さなかったし、写真を持ち去っているので気に入っているんだろうとの判断)
そんなプレンティスに反対するJJ。キャリーには過酷だろうと思ったのでしょうが、プレンティスはキャリーが家族に対していい子じゃなかったと後悔しているのを聞いていたのであえてキャリーにまかせたのでした。キャリーは親せきからも連絡がなく、プレンティスはかなり同情しているようす。
キャリーを同席させた事でゲリーの次の行動を読む事ができました。彼は里親をターゲットにする気だと。しかし時すでに遅く、里子のタイラーを連れてゲリーがドーナッツショップに立てこもっていました。しかしなぜかタイラーをあっさり解放して、ゲリーも投降します。
それをいぶかしく思うホッチ。
一方プレンティスとモーガンは里子たちを里親のところへ送りました。問題があるのはわかっているのにまだ調査してないからという理由で里親の元へ返さないといけなかったのです。モーガンは特に気になっているようでタイラーに名刺を渡したりしてます。
ドーナッツショップではリードとJJが後処理を。嬉々としてドーナッツを持って来るリード、JJにはプレーンなやつなのに自分のはお子様が好きそうなチョコがけでまた和む。しかし店員がゲリーが銃を持っていたと証言したのをちゃんと聞いていたのはさすがです。店内に銃はないしゲリーも投降した時持っていませんでした。慌ててモーガンに連絡するホッチ。
その電話をモーガンが受けた直後、家から銃声が。乗り込むとタイラーが発砲していました。でも里親ではなく壁の写真を狙ったのでした。いかにも幸せそうな子供の写真を「こんなのみんな嘘だ」というタイラーを説得するモーガンがカッコよかったし、タイラーがそれを受けておとなしく保護されてよかった。里親も殺さなくてほっとした。
プレンティスはキャリーを引き取ろうとしてました。ホッチに諭されても聞こうとしませんでしたが親せきから連絡が来たのでそれはかないませんでしたが、なんかだんだんプレンティスがいい人に思えてきた。いやいい人なんだよね。
それにしても尋問の時にやっぱりギデオンがいないのが変な感じ。やはり尋問といえばギデオンだったんだなあと思います。
タイトルの「暗闇の子供たち」はゲリーとアーヴィングの事だったのか。彼らは犯罪者ではあるけど被害者でもあったわけで。子供の頃の暗がりから抜け出せなかったんでしょうね。でもだからって許せる事じゃないけど。ガルシアも言ってましたがアメリカの里親制度も光と影があるんですね。

役者インタビューがまたしてもモーガンだったのですが現場で「キャプテン・ドアキック」と呼ばれているという話にめちゃめちゃ笑いました。やっぱりあちらでもあのドアキックはもうネタなんだなあ。本人も「ドアキックしても中に人がいないか死んでるかで役に立ってない」「タフガイを演じるのは楽しいよ」とぶっちゃけまくり。面白い人だなあ。
[PR]

by hyakurin | 2009-02-03 02:18 | 海外ドラマ | Trackback

トラックバックURL : https://escape72.exblog.jp/tb/10292431
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。