しばらくおやすみします。

しばらくブログの更新をおやすみします。

その間はコメント欄も閉じます。

今までありがとうございました、復活したらその時はまたよろしくお願いいたします。





以下は暇で理由が知りたい人だけどうぞ。





.








More
[PR]

# by hyakurin | 2018-05-16 10:18 | その他 | Trackback

2018ATPマスターズ1000 モンテカルロ 準決勝まで

花粉症だかなんだか分からないものと闘いながらもちゃんと見てます。
ヨーロッパは時間帯がいいので見やすいですね、若干野球とかぶるけど、ベイスターズは割に試合が早く終わるので見れる。
とにかく、錦織圭復活って言っていいんじゃないのモンテカルロで。
こんなにいい試合結構久しぶりに見てると思います。

1回戦がまずいきなりベルディヒ、12位だっけ。今大会は錦織選手はノーシードなのでもう最初から迷惑ノーシードでありますね。
どっちもなんでこの相手が一回戦なのって感じ。
でもベルディヒ、あんまり良くなかったかもスコア的にも結構圧勝。
でも錦織選手も勝ったけどトレーナーを呼んだり、手首を気にしてるのでハラハラした。
と言うか手首とはもう上手く付き合って行くしかないんだろうなと思う。

2回戦、メドベージェフはストレート勝ち。
なんかここらで新しい錦織選手を見てる感じ、まだフォアは思いっきり行ってないと思うけどとにかく冴えわたるバックハンド。

3回戦のセッピは1セットめで見事ベーグル焼いたんだけど結局フルセットに。
でもフットワークも凄くいいし、なんかこれはいいな強いなって思いました。
なんか凄く乗ってる印象を久しぶりに受けたし、粘り強くいい展開。

準々決勝はチリッチ。いつの間にか3位なんだねチリッチ。
割かし因縁と言うかあんまり勝った印象がないんだけど、1セット目が凄く良くて2セット目ももう取れるってとこまで来て行けると思ったんだけどやっぱりチリッチ甘くなく、タイブレークから落としてしまってフルセット。
チリッチも途中膝が痛そうで、みんな傷つき色々背負って頑張ってるなと思ってちょっと胸が痛い。
でももちろん錦織選手を全力応援してたけど。最後は結構突き放せた。

準決勝は若いズべレフ。1セット目はやや押されて落とした感。
でもそこからの巻き返しがホントに良い時の錦織選手という風でなんか嬉しかったし、錦織選手の方が役者が上かなって。
数年ぶりにマスターズで決勝まで行けて、錦織選手も早くトップ10に戻りたいとの力強い言葉もあって、とてもとても嬉しいしああ帰ってきたなあって実感。


そして決勝は土魔人事、ナダルです。
最後の対戦では勝ってるけど(リオオリンピックですな)ハードコートだった。クレーのナダルはもう、怖いの一言。
でも勝敗はどうでも、いい試合になればいい。
とにかく錦織選手がここまで戻ってくれて私は本当に心から嬉しいです。
今の彼にはクレーが合ってる気がするのでこの時期にホントに一つでもランキング上げて欲しいですね。

夜の試合を今からドキドキしながら待ちます。
頑張れ、錦織圭選手。

[PR]

# by hyakurin | 2018-04-22 09:35 | スポーツ | Trackback

雑日記 生きてはいる

生きてるけど、ほぼ寝てる管理人です。

最近は野球は元気にTV観戦してます。
去年の先発投手の三本柱が故障で消えてどうなるかと思った我がベイスターズですが、飯塚、京山の高卒若手、そしてドラフト1位ルーキーの東がめちゃめちゃ頑張って、むしろ防御率は低いし抑えてるが打線が点を取らず負けると言うよく分からん状態に。
それでも広島を止めたし巨人にも勝ったし、後は故障者の復帰を待つばかりと楽しい感じです。

で、なんで寝てるかと言うと鼻炎薬のせいでして。
特にここ数日はもう大変でやっぱり花粉症なのかなと思いつつストナリニを服用していると、もう全然起きていられない。
ストナリニはすぐ効いて私に合ってる薬ではあるのですが、連用すると鼻はかぴかぴ過ぎて痛いし、味は分からなくなるし寝ちゃうしでもう耐えられん、となり三日前からはアレグラに変更。
効かないと評判のアレグラですが、時間通りにきっちり服用するとちゃんと効きます。頓服的に使う薬じゃないみたいです。割と穏やかな効き目で私には合ってる。
多少は起きていられるし。
それ以外にも気温差でやられたり、春はホントに調子がでません。


だからもう、雑に色々まとめちゃう。


海外ドラマはwowowで3つ見終わった。ちなみにブラインド・スポットはシーズン3の1話で投げた。もう見ない。

ではホントに見たという記録だけのほぼ一言感想、ネタバレもあるよ。褒めてないよ。


・Elementary/エレメンタリー シーズン5
今シーズンは割かし安定して面白かったと思う。ワトソンの華麗なるファッションも楽しめた。
ダークサイドに入った父は名前がたまに出たり、ちょっと利用したり程度。
ホームズはフィオナとあっさり別れ、キティが再登場。子連れでもうこれで探偵は辞めるとの事で最後になるのかね。
ワトソンは医者時代に治療したシンウェルと言うのが出て来まして、これがギャングにいたんだけど内通者になってそのギャングを潰すとかシーズンに渡ってあれこれ出てきたり。この関係は例によってつまらない。
そんでシンウェルが前にギャングの命令で人を殺してた事が分かって、ホームズはそれで捕まえようとし、ワトソンはそれでもギャングを潰すのを優先すべきと揉めたり、シンウェルにホームズが襲撃されたりごたごたする。
最終的にはシンウェルが殺され、ワトソンが後を引き継いでギャングに対峙するんだけどその頃からホームズの様子がおかしい。
捜査をほっぽり出したり、シンウェルの葬儀に来なくてワトソンが激怒したり。
人を殺したのがそんなに許せないのか、シンウェルは私の友達ですべてが終わったら自首するつもりでワトソンに供述書も渡していて、なのに葬儀にも来ずギャングを潰すのにも手を貸さないと。
何やら女のストーカーに付きまとわれてると思ったらそれは死んだ母でホームズの幻覚。他にも色々見えたり、記憶が飛んだりしてるらしい。
最終回では病院に行ってまして、そこで終わりのクリフハンガーと。
なんかシーズン6は一応決まったらしいですね。そろそろ正念場かもしれませんね。

・ナイトシフト~真夜中の救命医 ファイナルシーズン
ナイトシフトもシーズン4の10話でファイナルですが、いやあ酷かった。申し訳ないがそうとしか言えない。
とにかくシリアパートがいらないと思うんだよなあ…。
まずER自体は存続するが、トファーは責任者として首と言い張る新経営者ポール父。でもすったもんだありつつ、軍人病院と提携するのを勝ち取ったジョーダンの押しでトファーは戻れる事になるが、交通事故で娘とお亡くなりに。
降板だからって殺すなと思ったが、ここから殺しまくりですよ。アニーに至ってはスコットとも爽やかに別れて旅立ったと思いきや、リュックに石詰めて川へダイブ、しかも結局最終回でも生死不明。
他にもケインという新しいメンバーも最後突然辞めると言い出して、パスポートとか大金をバッグに入れて逃げ出したところを反社会勢力の皆さんにとっ掴まって、その後は放置。どうなったかも分からない。
TCは相変わらずふらふらしてて、シリアの女医といい仲になって結局やっぱりサンディエゴに居場所ないわーシリア行くわーと出てったのになぜか最後の最後でやっぱり戻って来て、あの女医どうしただし。
ポールが代わりに親に嘘ついてシリアに行ったとか、何もかも中途半端で終わりましたとさ。

・クリミナル・マインド12
10、11と見てないのについ12シーズンを見る。ちなみに国際のシーズン2は投げました。
まずホッチの中の人がスタッフを蹴るという事件があり、ホッチがドラマから消える。最初は特別任務とか言ってましたが、結局スクラッチからジャックを守る為に証人保護プログラムに入ったとの事。
私はホッチが凄く好きだったからもうこれだけでがっかり。
後釜のリーダーは帰ってきたプレンティスで新加入はアルヴェス、演じてるのはCSIマイアミでデルコだった彼。
途中からリードが殺人容疑で刑務所入り。お母さんの認知症を治そうとメキシコへ怪しい薬を買いに行ったりしてて付け込まれた。もうこれがホントにつまらないんだよ…。正直ホントにテキトーに見てました。
スクラッチに嵌められたと思いきや、実は10年ほど前に色々あったサイコパス少女リンジーの仕業でしたと。
全体的になんか雑と言うか、もうプロファイリングじゃないよねみたいな。
リードが刑務所とかホントに見てて厳しかったし、次はどうなるのかなあ。

最近はwowowでやった時は見なかったのに新米刑事モースをNHKBSで見て、面白いなあとか思ってます。
なんでwowowで見なかったのかなあ、長いからか吹き替えだけだったからか。まあNHKだって吹き替えなんだが。
無理矢理字幕出して見るので、中々1時間半の時間が取れずまだ3話しか見てない。


次はお笑い。

・磁石単独ライブ「Re:play」(4月7日)
毎年恒例磁石の単独ライブ。今年は会場が四谷区民ホールでしたが、実に立派なホールで快適。
磁石も安定してコントも漫才も面白いし、最後に軽くまとまるのもよく出来てる。
相変わらず佐々木さんがバツ2をいじられている。
ヤバイ、もう思い出せない。
まあとにかく、凄く面白かったからいいか。

[PR]

# by hyakurin | 2018-04-11 13:27 | 日記 | Trackback

月刊コント関係2days

このところブログを更新しようかなーと思うと繋がらないという事が多かったのですっかり日にちが開いてしまいました。
何度も何度もだったので復旧したとか言われて更新しようとして、やっぱり駄目でしたとか嫌なので様子見してたのもある。
そんな訳でせっかく久しぶりの月刊コント東京開催なのに、大した事は書けません(いつもだけど)

と言うか横浜、春分の日だっつーのになんと雪が降って積もってます。
既に塀の上とかは2センチくらい。
ホントに今年の冬は寒いなあ。

と言う訳でささっと行きます。


「月刊コントを語ろう」神保町花月で16日開催。
前回の神保町の久馬さんのイベントで突如発表されたこのイベント、チケットはぎりぎりの発売だわ、それほど誰も告知しないわで座席が半分…くらい埋まったかなくらいの状況。
プランもゴエさんいなくて揃わず、2丁拳銃、シソンヌ、GAG少年楽団というわりかし謎メンバー。特にGAGは月刊コントもさほど出てないし、明日も出ない。
オープニングは今まで100回開催してる月刊コントのオープニングで使った曲を出演者に選んでもらって歌いながら出て来るというので、ギブソンさんは清志郎を替え歌で「全然客入ってない」とか歌うわ、小堀さんはハモニカまで吹いてノリノリだわ、後の2組は知ってる曲がないと歌わないわ。
ほぼフリートークみたいな感じ。
来てないゴエさんの話からで、とにかく冷静で後輩も「君」付けでしか呼ばないゴエさんが宮戸さんが凄く携帯ゲームが上手かった時だけ「お前」と呼んできて、ギブさんに報告したら「お前と呼ばれる後輩は俺と宮戸さんだけ」と言われたとか。
しかもその後はまた「宮戸くん」に戻ったそうでギブソンさんなんか嬉しそう。
久馬さんの元相方の話とか。同期の集まる会をやったときに、水玉のケンさんと後藤さんが大喧嘩したとかなんとか。
色々ゲスト出てるけどウーマンラッシュアワーがコントで出た事もあったそう。
キングオブコントの話から、GAGの3人が今年1年目の若手ライブの司会をやったらなんか凄い若手がいて、最下位とかめっちゃいじってきたり、つまらないとか言われたり凄かったそうです。
そしたら川谷さんも最近ゆにばーすがネタ終わりで袖に帰って来たら若手に「めちゃめちゃつまらないですね」とか言われたのを聞いたそうで、最近の若手凄いなってなったらなんとそれ同一人物だそうでちょっとざわついてる案件なんだとか。
小堀さんが誰か知りたがって何度か聞いてましたが、名前は出せないと最後まで言わず。
なんかそういうのがかっこいいと思ってるのかなあって生温い気持ちになりました。
最後は明日の月刊コントのオープニングをちょっとやって終わり


「月刊コントルミネ号」ルミネtheよしもと17日
実に3年ぶりに東京開催の月刊コントです、最後は浅草でまだ4人だった頃です。久しぶりにもほどがあるわあ。
今回はメンツも豪華でして、立ち見もいる超満員。
一応今度は10月頃を予定しているとか。楽しみだけど本公演はやっぱりこっちでは無理なのかなあ…。
コントの順番とかはめちゃめちゃですし、内容もあやふやです。

ザ・プラン9は修子さんと一緒に「タイタニック」
レンタル店で「沈まないタイタニックに変えろ」とか因縁つけるコント。これ最初にやったのは5人時代かなあ?
タイタニックで始まる月刊コント、前にも見たような…。修子さんが入ると感じが変わっていいですね。

レインボー、初めて見たんですがてっきり男女のコンビなんだと思って見てました。だって女装が自然なんですよ。久馬さんも後で言ってたけど、普通コントで女装と言ったらスカートとかなのにジーパンでやるって相当ですよ、声もなんか女性っぽいし。
ネタは音声だけ聞いてると笑いどころがない感じがジャンポケに似てる。「綺麗だ」「綺麗じゃない」のくだりは久馬さんが気に入ったのか延々と使ってました。

ニューヨーク、結婚式の余興のコント。やる事成す事本格的過ぎる。

横澤夏子、巨乳を嫌がる女。Gカップと言いつつ、凄いデカさ。
このコントで巨乳じゃない方がカフェの店員にナンパされて巨乳が怒る、みたいなくだりがあるのですが、ブリッジではその店員が安達さんでした。今回はピンネタはなさいませんでした。

ルシファー吉岡、うるさい隣人に注意に行くオッサン。壁が薄いが、隣の大学生の事を把握しすぎ。部屋の主のケンジくんになぜ女子と2人きりで行かなかったのかとか言うが、ケンジくんはゲイというオチ。

チュートリアル、疲れて帰ったサラリーマン(福田)が投かんされていたチラシを見てマッサージを呼ぼうと「コリトール」と言う店に掛けるが、出た奴が変なヤツで延々と話が続き、ようやく切っても今度は2年前に買ったケーキ屋が電話をかけて来てそれが交互に永遠に続くみたいな。
徳井さんは電話の声でずっと舞台には出てこずで、とにかく喋りたい放題に喋っていて、途中で自分で笑ったり。
ブリッジで徳井さんが女装でレインボーの姉で登場。しかも他の仕事があるため、これで出番終わり。

2丁拳銃は「おじいちゃんと孫」金髪の孫のところに来たジジイが、一々戦争に絡めたトークをしてくると言う。
シソンヌは友人と部屋に帰ってきた男が、手に持っていたコンビニ袋がないと騒ぎ出して、コンビニに寄ったけど買い物はしてないという友達の本当の事に納得せずしつこく騒いでいる内に、段々友人も買ったなってなってしまって…。

まとめコントは人数多すぎて2つに分かれましたが、凄く良くできてました。
笑ったのがケンジくんが好きな男がカフェ店員の安達さんで、肩を抱かれたりするたびにルシファーさんがああ、みたいに騒ぐとか、ホントに良かったです。

次は10月くらいにやるみたいな事を言っていて嬉しかったです。もう贅沢は言わないわ。
本公演も年一でいいから来てくれたらもっと嬉しいけど。
でも来月も神保町花月でプラン9とかもめんたるでコントライブあるし、月刊コントとか本公演とか大がかりでなくとも来てくれるのは楽しみです。

[PR]

# by hyakurin | 2018-03-21 14:47 | お笑い・落語 | Trackback

2018ATPマスターズ1000 インディアン・ウェルズ二回戦

コタツで寝ていて、ああしまったテニス始まるって思ってテレビをつけたらダニエル太郎戦がやっていた。
ああジョコビッチとやってるんだと思っている内に1セット目を取ったダニエル選手。おお、復帰戦とはいえジョコビッチから1セット取ったなあとそのまま観戦。

そしたらそしたらなんと、ダニエル太郎選手がジョコビッチに勝ちました。
おおお、すげええ。
ジョコビッチが久しぶりの実戦とは言え、これは素晴らしい。
本当におめでとう。

ジョコは去年も確かここで早めに敗退してるのでコートと相性悪いのかもなあ、そう言えば錦織選手もここは跳ねるから苦手だったなとここでようやく、あれ?と思う。
なんで錦織選手の放送枠でダニエル戦やってんだと。

と言う訳で錦織選手は体調不良で棄権でしたと。
ううん、もう早く良くなれ。それしか言う事なし。
次から次へと大会はあるしね。マイアミはでるのかしら。

[PR]

# by hyakurin | 2018-03-12 11:04 | スポーツ | Trackback

HAVEN/ヘイヴン-謎の潜む町-シーズン4

実に5年ほどぶりにヘイヴンの続きを見ました。
ユニバーサルチャンネルが無くなってから長いスパンだのうって事で大まかな事情しか覚えておらずに視聴。
ホントはシーズン3くらい見直すかと思ったけどもういいやって。
シーズン3まではちゃんと1話ずつ感想を書いていただけあって、実際まあまあ覚えているんですが、細かい事はさっぱり。てへ。


見たというだけの覚書。
適当スーパー短文感想、ネタバレは大いにあり。

話の順番とか名前とかはかなり曖昧なのであまり信じないでください。
と言うか新聞社兄弟がどっちが兄で名前がどっちとかすら混乱してる始末。


前シーズンはヘイヴンに降り注ぐ隕石を止めるためにオードリーが納屋に入ったんでした。27年間出て来れないし、また記憶を無くすというのでネイサンは止めようとするが出来ずに代わりにデュークが行ったら納屋消滅、ハワードもついでに消滅。
その後は納屋を探すも見つからず、守り人に命を狙われたネイサンは姿を消し、ドワイトが警察署長に。
オードリーはレクシーと言う人格でどこかのバーで働いている、そこにウィリアム(ユーリカのカーターだ)と言う男が来て、君はレクシーじゃない思い出せとか言い出す。レクシーは鼻ピアスとかしてるはすっぱな感じでなんか凄い似合ってない。
そして一緒に入ったデュークはなぜかボストン(だったと思うが違うかも)の水族館の水槽の中に出現、怪しいので当然拘束されてます。
デュークのところにジェニファーと言う女性がやってきて、ネイサンとかオードリーとかなんか声が聞こえるとかうんぬん言い出してこれは納屋と繋がっているのではと一緒にヘイヴンへと逃げ出す。
そして殴られ屋をやってたネイサンと再会、ネイサンはジェニファーに納屋を探そうと迫ったりなんだり。
デュークの店はお兄さんがやっている。お兄さんは何も事情を知らず、デュークのような災いもないためとにかくヘイヴンから追い出そうとするんだけど上手く行かずにいつかれてしまう。
ちなみにこの時点ではデュークの災いは消えている。
最初に書いてしまうとお兄さんも災いが出て、それで守り人だのを殺しまくる。ネイサンと一時期いい仲だったジョーダンまで。それを水中に沈めて隠してるのを見つけたデュークは止めようとして結局お兄さんを殺してしまいました。

レクシーは話を信じないけどなんか怪しい男の2人組が来て、ウィリアムと争いになりとにかく思い出して戻るんだとか言われてまあなんやかんやで戻りました。
しかし記憶はレクシーのままって事にしておく。と言うのも守り人代表の新聞社兄弟のビンスなんかが、オードリーが最愛の人を殺せば災いが消えると思ってるから、ネイサンを殺させようとすると思ってそうしたのです。
ネイサンにバレてからはいちゃいちゃラブラブしてますが、ネイサンはやっぱりオードリーが自分を殺すべきだとも思っている。
ジェニファーは納屋は見つけたけどデュークに誘われて船に住んでて、お兄さん殺しの辺りからデュークと恋仲。更に自分が養子でヘイヴン出身と分かって、身元を調べるためもあって新聞社で働く事に。
そうしたらジェニファーを連れて来たのはハワードと判明。他の人には見えない物が見えたり、かなりの重要人物に。

一方、災いは酷くなるばかりで死人もどんどん出る。
しまいには災いが本来の物から変わってしまった人が出て、そういう人たちにはオードリーにしか見えない手形が。そしてウィリアムが出現、実はコイツが暗躍してました。なんか小さい黒い球を人の耳から入れて、お互いにいがませ合ったりとか。バーで争った2人は手下。
目的はオードリーでもレクシーでもない、本来のオリジナルを取り戻す為だと言う。しかも災いは2人で生み出したものなのだと言う。
そして次々と災いを新たに生み出して騒動を巻き起こしまくる。
その上言った事が本当でオードリーも例の黒い球を使って災いを作れる。どうしても赤ん坊の命を守るのに父親をデュークの力で殺す必要があって、オードリーがデュークの災いを復活させました。それでデュークは父親を殺して、かなり傷ついた。更にどんどん血を吐いたりして具合も悪くなる。
オードリーもウィリアムの言っていた自分の本性を感じで恐ろしくてたまらない。名前がマーラだったとも思い出す。
しかしカーター役だった時にはお人よしの保安官だったのに、ウィリアムは超ムカつくのよ。実に嫌らしい感じで。さすがだ。

いよいよだと思ってネイサンはオードリーに自分を殺すようにと。ついにオードリーもそうしようとするが、その頃ジェニファーが見つけたハワードが遺した本(かつてオードリーのところから持ち去った本)によると、こうなった場合もう最愛の人を殺してもかえって逆効果と判明、慌てて止めました。
こうなったらウィリアムをあの世界に戻すしかないと、本に従って扉を開ける儀式をすることに。ただしヒントが一つずつしか出ないしまどろっこしいので大変なんだけど。
そしたら新聞社兄弟のデイヴも養子でよそから来た者だと判明。扉を開けるのに大反対してたんだけど、それは扉が開いたら絶対あっちに引き寄せられちゃうし、それが死ぬほど恐ろしいからだと。
更にウィリアム本体も連れてくる必要があるが、幸か不幸かオードリーと繋がっていて、ウィリアムを撃てばオードリーも傷ついた事があったのでそれを利用して連れてくる。ネイサンにオードリーが昏倒するほどヘッドバッドされてて痛そう。
まあそれでも連れ出して、必要な人数を集めて灯台の地下にあった場所で扉を出現ウィリアムはこれは間違ってる、想像を超えた恐ろしい事が起こるぞと。
デイヴもひきこまれそうになるわ、ウィリアムいわくデュークの調子の悪さはオードリーが例題の一族が吸った血ごと災いを戻したからだとかわあわあやってましたが、ウィリアムを突き落としてジェニファーが扉を閉めるのに成功。

しかしそこでジェニファーが倒れ、呼吸が止まってるとデュークが大慌て。
更にオードリーがまるで別人のように喋り出す、自分はマーラだと…。


こんな感じでシーズン4は終了。
毎度ではあるけど、とにかく人が死にまくる。ヘイヴンみたいな小さい町でって思うがどうも規模がいまいち分からんのよね。割とデカい病院とかもあるし。
なおシーズン5はシーズン4の倍ほどの話数があり、そこでヘイヴンは終了。なんかシーズン5はえらい不評だったみたいで、シーズン6の予定だったものもまとめたのかなとか勝手に思ってます。
とりあえずちゃんと終わってはいるらしいけど…。
このシーズンはデュークが悪に戻ろうとして結局人助けやめられなかったり、ジェニファーといい感じで微笑ましかった。なのにあんな終わりでなあ、デュークも危ないし。もはやデュークとドワイトだけが救いなのに。
まあまた続きはぼちぼち見ていきます。

しかし私は言いたい。
納屋と消えたハワードもだし、傷を治すと消えたジェームズとか納屋に飛び込んだアーラの事にはビタイチ触れてないですけど一体どうなったんですか。
まるでなかった事になってるけど、アーラはともかくジェームズはネイサンとオードリーの息子なんでしょうが。
この先でてくるのかなあ、なんか両親揃って丸っきり忘れてますけど。
シーズン3までは重要人物だったじゃないか、デュークが復活してなんで消えたままなんじゃい。

[PR]

# by hyakurin | 2018-03-05 12:16 | 海外ドラマ | Trackback

雑日記 空白は空白のまま

どうも、前回「もうすぐバレンタインデー」みたいな事を書いたっきり消えていた管理人です。

その間にもうオリンピックも終わっちまった訳ですが、スケートとか屋内競技にはあまり興味がないと言いつつフィギュアスケートもパシュートもしっかり見ていたし、全国民がほぼほぼカーリングを見ている頃にマススタートを見ていて金メダルの瞬間まで見てたのであります。
と言うかカーリングを見てなさ過ぎて世の中にあふれる「そだねー」やら「もぐもぐタイム」「メガネ先輩」やらがさっぱり分からんが、マススタートは競技としてとても面白かったのでまったく後悔してません。金メダルを取ったレースも凄い見ごたえあってこれはいい競技だなと思いました。てかあの姉妹すげえわ。
スキークロススノボクロスなどフリースタイルも色々楽しかった。
ちなみになぜカーリングを見ないかと言うと集中力がないからです。ちょっと目を離した隙に投げてるし、なんだか分からなくなってしまう。他の競技は比較的時間が短いから見逃さずに済むので。


15日に神保町花月で「即興で泣かせたろか!芝居たろか!」を見に行った後、なんか微妙に体調がすぐれずにオリンピック期間中のほとんどをぐずぐず寝付いて過ごしておりました。だからより集中力がなかった。
ライブの感想もすっかり書いてないですが、即興芝居で泣かすイベントでした。そのままか。
事前アンケートで「最近泣いたエピソード」とかも考えたら全然書けなかった、泣ける映画とかも嫌いだし。
久馬さんが「芝居とシバイたろかをかけてるんですけど、こっちだとしばいたろかとは言わないですね、どういうんでしょうね」と言っていましたが私は「はったおす」かなと。ちょっと勢いありすぎるかね。

海外ドラマも「ルシファー/LUCIFER」のシーズン1見たんです。
レンタルで2話だけ見た時は借りるほどじゃないなと思いましたが、見ていく内に結構面白く感じてきて最後まで見ました。
シーズン2も楽しみですが、じゃあ感想書くかと言うとそうでもないみたいな。
もう段々このブログやってる意味も分からんくなってまいりました。
自分用の覚書としては、ルシファーはお父さん(神)にお願いごとをきいてもらって無事でしたが代わりにひとつやらなきゃならない事が出来ました。マムを探す事、だそうですがつーか悪魔に母親いるんだねえ。
そもそもルシファーからして元天使なのに性別は男みたいだし。

最近は実にシーズン3見てから5年ぶりに「ヘイヴン」のシーズン4を見始めたのですが意外に前の話も覚えてるもんだなあとか思いつつ、微妙にデュークの設定とか忘れてて、なんかふわっと見てる。
「グリム」も続きを見始めた。あれこれ見てて訳が分からない中更に、諸事情でamazonプライム会員になったので内村さまぁ~ずとか野爆の番組も見れるようになってしまってさあ大変。
今年は寒いのに風邪はひかないなあとか思ったが考えたらほとんど家にいるんだからそりゃそうだよな。
もうこのまま、春までひっそりしてるかなもう。

[PR]

# by hyakurin | 2018-02-27 12:51 | 日記 | Trackback

雑日記 キャビアキャビア

どうも、いらない本をあちこちに放置してたら大変な事になって来たので一昨日ひいひい言いながらまとめて今日段ボール5箱分発送して力尽きた管理人です。
古本も大量に混じっているとはいえ、相変わらず紙の本を愛している私ですがまとめながら「あれこの本読んだかなあ、もう一度読みたいな」とか思って選り分け出したらまたまた大変な量になったのですぐやめました。
なんのために読んでいるのかねえ。
これだけ売りとばしても大した値はつかないだろうけど、CDやらDVDもあるのでね。そうよ私は時代遅れ、配信?なにそれ。
今は「バッタを倒しにアフリカへ」と言う本を読んでます。バッタは嫌いだが面白いです。


そんな事している間に錦織選手がATPツアー復帰初戦を勝利で飾っているではないか。
NYオープン出てたの知らなかった、でも本当におめでとう。
今回の手首の故障はきっとずっと付き合っていく事になるのでしょうから、この勝利は嬉しいですね。
と言うか全然試合が見れないのだよなあ、相変わらずwowowのオンデマンドにも入れないし、そもそも今回はどこも買ってないみたいだし。もう少し勝ち進んだらなんかあるかなあ。
他の選手もソックに勝ったりしてるもんね、日本男子勢の活躍は楽しいね。


そして今日はバレンタインデーでしたね。
一応夫にチョコを用意したけど夕飯は宝煮、純和風。
自分用のチョコもばっちり買ったけど、私気がついたんだけど有名ショコラティエの期間限定チョコとか高いお金出して買っても結局私には合わないって事に。
食に関しては完全に保守派なので変わったフレーバーとか全然嬉しくないの。
だから今回はテオブロマのキャビアチョコを思いっきり購入。大好きなんだけど普段は送料か交通費がかかるから中々買えないのが今回は地元の百貨店に出店したので。
トリュフなんかもあったけど目もくれずにキャビア。賞味期限も長いしゆっくり食べれるな。
父のところへも顔を出すのにチョコってのもなあと思ったらちょうどDEAN&DELUCAのお菓子がいくつかあったのでチョコレート味のを持って行って、帰って来てから気がついた。
やべえ、持ってったのカントゥッチだった。
めちゃめちゃ堅いのよりによって持ってってもーた。嫌がらせだなあ。まあ歯を鍛えてもらうか。どうしよう超高額のインプラント折れちゃったら。
私だったらコーヒーとかに浸けて食べるけど、言った方がいいかなあ。普通にチョコ持ってけば良かった。

冬季オリンピック、私はフィギュアへの興味をなくした事によって室内競技の大半に興味がないのですが、フリースタイルやアルペンなどスキー競技だけ大好きなのでよく見ています。
原選手が銅メダル取ったのは凄いハラハラして感動しました。
なんかコースの状態が悪いみたいでみんな凄く苦労したり派手にクラッシュしたりしているので、もう勝ち負けよりみんな無事に降りてえって思いながら見ていたので、心臓が痛かったです。
そんな中いつも以上の力を発揮してメダルを勝ち取った若者にホントに拍手を送りたい。メンタル大事だなあ、だってあの子笑ってたもん出る前に。昭和のおばちゃんはびっくりよ。
後はエアリアルとかスキークロス、スノーボードクロスが見たいのだが放送はあるのだろうか。
バイアスロンとかを夜中にぼーっと見るのも楽しいよね。昔からこの競技がなんか好き。
それにしてもモーグルなあ、凹凸がちょっとコースにあるだけでうぎゃあとなる私には信じられない競技です。よくあんな滑りが出来るもんだよなあ。


[PR]

# by hyakurin | 2018-02-14 17:50 | 日記 | Trackback

チョップリン単独ライブ「昼間のお月さん」(10日新宿角座)

お久しぶりのチョップリン単独ライブ。
しかし久しぶりと言っても最近じゃ定期的に単独やる贔屓がほとんどいないので貴重です、東京でもやってくれるのは特に。
相変わらず開場に間に合わない、なんでだろうなあ。いつも連れに迷惑かけてすまぬ。
そしてその連れの取った席でまたハプニングが…。あはは。

コントのタイトルは不明なので適当。
順番とかも適当。


「面会」
刑務所に入っている西野、面会が来ると言われるが心当たりがない。
しかもやって来たのが中華風の格好に覆面の男。男は音楽とともに覆面をどんどん変えて行く芸を披露。
私これ最初面が変わっているのに気がつかず、何を騒がれているのが一瞬分かりませんでした。
凄く衣装とか小道具とか凝っていて、どう見てもライブで披露するだけの芸じゃないなあと思っていたらやっぱりで、小林さんがこの芸をやってる人に惚れ込んで中国からわざわざ一式取り寄せて練習したらしい。
さてハプニングと言うのは小林さんが客席に下りて来て、みんなと握手したりしたのですが私と握手した時やたらと長く握られてるなあと思ったら目の前で覆面が変わるという。それくらい近距離でも全然分からなかったです。
小林さんの手はとても冷たかったです、てか私が緊張して熱かったのかも。
オチは「面会人」ならぬ「めんかえ人」と言う。

「透明人間」
全身ブルータイツでコートとかマスクとかつけてる男を見て、白衣の西野「外に出たら駄目だ」と激怒。
実は透明人間になる薬品の治験中で小林は2日で半透明まで来たとの事。
ちなみに戻るには2年かかる。
小林は父親が危篤でとかで逃げようとしてるが。
ちなみにこのコントの全身タイツも中国から買ったそうなのですが、さっきのコントの面替え一式よりタイツが高くて38万円もしたそうで。どう見てもちょっといいけど普通の全身タイツなのに!
どう処理されたのか恐ろしくて知らないそうです。

「喫茶店」
喫茶店に全身黒装束で目出し帽の男が荒々しく入って来てビビる西野。
客なのか強盗なのか分からないと騒ぐが結局客であり、店の面接に来た男でもあった。
しかも西野は店員っぽくふるまっているようでただの客。
今回はオチが分かりやすいのが目立ちましたね、コント。

「雨乞い」
百姓の小林は日照り続きで困っているが太陽(西野)は「今日も燦々、にっこにこ」と叫ぶばかりで雨にしてくれと言う願いはガン無視しまくる。
こうなったら先祖代々の雨乞いをしてやると西野、キツネの面を被り横笛で謎の曲を吹くほぼ嫌がらせを。
キツネの面とか笛の曲とか、前にも見たなあと思ってたらオチを覚えていない。

「合格発表」
どんな馬鹿でも受かりそうな高校に合格発表見に行ったら小林だけ落ちていて…と言う前からやってるコント。
このコントの受験票と喫茶店で小林さんが出した履歴書が今回のプレゼントで、履歴書は小林さんのガチ履歴書で連絡先とかもすべて本物、流失させるなり好きにしてとか言ってました。初めてちょっと欲しいプレゼントだったかも。

「借金の取り立て」
以前バイトでちょっと一緒だっただけで大して親しくない西野の余命が僅かで入院していると聞いた小林は堪らずに見舞いに行く事に。なぜなら西野に7万円貸したままだから。
心配してる風の小林に「寒い事すな」と言う西野、見舞いは口実だろうと見抜いていますが一応見舞いの品を受け取るが、木の実ナナの写真集とか、ななまがりのDVDとか7を連想させるものばかり。
この後、100万円当たってる宝くじがあって云々なんだけど小林さんのお腹が鳴る音が響き渡って、コントが止まりそうになったりしたんだけど、それがネタなのかアクシデントなのか分からずオチも忘れてしまった。

「誕生日ケーキ」
子供の誕生日のケーキを予約した店に受け取りに寄った西野だが、店員の小林はそんなの知らないと言い張る。
西野に強く言われて裏に見に行くが帰って来て聞かれると「まだ見てない」をひたすら何度も繰り返す。
チョップリン恒例、憤り暴れる西野と掴まれるのが意外に痛いので嫌な小林、のコントですね。
しまいには「南口に新しいケーキ屋が出来た」とさもそっちで注文したんでしょと誘導する小林だが、西野が謝って電話をしてみるとやっぱりこの店でした。

「昼間のお月さん」
昼間のお月さん、と言う映画を撮っている監督西野と主演の小林。
色々ありましたねと今日のコントをちらっと振り返り、最後は号泣で締めたいと念を押し、小林は引き受けるが泣けない。
しょうがないので玉ねぎを持って来て切ったり、なすりつけたり食べたりして奮闘する小林、悲鳴を上げる客と言うカオスで終わりました。


やっぱりチョップリンはいいなあ。
覆面が変わるやつはホントに分からなかったし。珍しくタイトルが内容にかかってたり。
また東京でのライブを楽しみに待ってます。

[PR]

# by hyakurin | 2018-02-11 09:56 | お笑い・落語 | Trackback

スーパーブルーブラッドムーン

天気が悪くて見られないかと思っていたら晴れましたね。
と言う訳で寒さに負けずに皆既月食観察中。
途中までは東の窓から見られたんだけど今は南のベランダに出ないと見えない。

スーパームーンは月が地球に接近している状態の満月。
ブルームーンは月に2回満月がある事。青くはない。
ブラッドムーンは皆既月食で月が赤っぽく見える事。
と言う事で「スーパーブルーブラッドムーン」なんか必殺技か悪の怪人みたい。
この条件が3つ重なるのはレア、だけど日本では35年ぶりだそうで。記憶にないなあ。北米では150年ぶりでそっちの説がネットで回ってるみたい。ちなみに確率計算上では256年ぶりとか言うけど、私には意味が分からん。
とにかく今日を見逃したら多分私の人生ではもうないと思う。

しかし月を見てると眼鏡だと乱視が矯正しきれてないのがよー分かるわ。
もっと見えるけど長時間はかけていられない眼鏡持ってこよう。

はい、皆既月食になりました。赤いかな、暗くて見えない。
今回の月食は長くて満月に戻るのは日付が変わってからです。前回は10分くらいだったのでえらい違いますね。
でもご近所だーれも見てない、寂しい。興味ないのかな。
あんまり見上げてると首をやられるから気を付けながらだったけど、完全に隠れる瞬間見えた。
後はまた月が出て来るところを見たいが1時間くらい待ってないと。
夫が飲み会でいないので一人で夜更けにベランダに出入りする怪しい人になっとる。

[PR]

# by hyakurin | 2018-01-31 22:09 | 日記 | Trackback