タグ:音楽 ( 8 ) タグの人気記事

雑日記 音楽とか血縁とかの事

最近そう言えば階段から落ちないなあ、と思ったんですけどよく考えたら以前のように勢いよく上り下りしないからだと言う事に気が付いた管理人です。てか大人が階段から落ちるのもどうかしてますが、もうこの頃は慎重に慎重に降りるようになりました。前の住人が階段に手すりをつけていて、引っ越した当初は「邪魔だよねえこんなもん」とか夫と言ってましたが今や、いやあありがたいよねこんな立派な手すり、とか言いつつ毎回使ってますよ。もうね、見栄とか捨てたから。落ちるよりましだから。

私の夫は早くに両親を亡くしているのですが、他にも失踪した叔母だの、ご両親が再婚なので実は異父兄弟がいるらしいとかかなり複雑な親戚関係がありまして、某宗教も絡んで(堂々と政治に絡んでるあそこです)色々複雑なのです。あまり話したがりませんし、聞いてもこっちも憶えてなかったり新事実が出てきたりしていまだに驚く事があったり。
私もいけなくて、何せ両親が一人っ子でいまいち親戚ってのがよく分かってなかったり、別に財産もないし話したくないなら訊かなくていいか、付き合いもないしとか適当なもんだから駄目なんですよね。
先週もその失踪叔母の件で連絡があって、私ではお返事できないのでちょっと困ったり。
実は私の父も少し似たような生い立ちで、今は健在だからいいですけど何かあった時に対処出来るかなあとちょっと真面目に考えたりする。まあこっちは年齢も年齢なんでだいたい死んじゃってるんですけどね(言い方が悪い)

映画「LUCY」は映画の日に行く事にしてチケット取りました。月曜日なのにもう結構席埋まってる。そんなに広いとこじゃないけど、なんか嬉しいな。評判は微妙な感じだけど、まあ気にしない。
逆に迷っていたルパンはやっぱりそっとしておこうかなって。だって映画って逃げ場ないし。

ついにSyrup16gのアルバム「Hurt」が発売、もちろん発売日にアマゾンさんが届けてくれた訳ですが(フラゲとかしに行かない、もうリアルショップでCD買ったのがいつだったかも思い出せん)実はまだ聴いてない。もう5日経っちゃうけど。ようやくウォークマンに入れたのでそろそろ聴きますけど。
やっぱりねえ、期待がねえ、大きいからねえ。ちょっと頭冷やしてからがいいのかなあとか、評判見てからとかつい逃げ腰に。でもそれくらい好きなんです。
最近大量に新しいのを仕入れてるので、それ聴いてクールダウンクールダウン。気に入ったのはまずパスピエですねえ。特に「演出家出演」が好きだなあ、最初の2曲はとてもいい。よく相対性理論と比較されますけど言うほど近くないと思うけどねえ。テイスト的にはアーバンギャルドの方が近くないかね。これも気に入りましてよく聴いてます。まだ「鬱くしい国」は借りられてないんですけど。
他にはKANA-BOONとゲスの極み乙女(インディゴもね)も気に入り。クリープハイプとねごとも引き続き聴いてるし、一周するには結構時間がかかります。
でも聴くよSyrup、ちゃんと聴く。正座して。
[PR]

by hyakurin | 2014-08-31 06:41 | 日記 | Trackback | Comments(0)

雑日記 ついにその日が来るのねの事

音楽の話とか。

ここ最近はウィンブルドンを眺めるとなしに眺めながらひたすら耐えていました、色んな事、些細な事に。生きているって色々あるよね、とようやく少しだけ気を取り直しかけていた今、知った。多分遅いんだろうけど構うもんか。

Syrup 16gがついに再始動ですよ、すっげええ。

というより、こんな道が開ける事もあるんだなあって、あんなに完全に終わったのに。というかこれでまた犬が吠えるみたいに直前でぽしゃったら、もう落ち込むなんてもんじゃないからな五十嵐さんよ。
日本全国、同じ気持ちの人がどれだけいるだろうね。
いやしかし、これは嬉しい。正直に。
復活ライブとか言ってるBURGER NUDSもさらっと復活すればいいのになあ。
とにかく『Hurt』 8月27日発売 だ、これを手に取って聞くまで死ねないわ。
しかし生きてると本当に色々ある、こうやってたまにはいい事もある。


ウィンブルドンは男子の勢力図がようやく持って変わるのかって興味がないわけじゃないけど、いつかはそりゃ入れ替わるしねえ。確かにここんとこはとてもトップ4の形が強かったけど。私は別にどっちにも思い入れはないので静かに見ているけど、少なくともジョコビッチ対ディミトロフを見てる限り、まだそんなに今すぐ上位が追い落とされて若手に入れ替わるって印象は受けませんでしたねえ。負けたからではなく。


今日の読書
・ノックス・マシン(法月 綸太郎)
このミス大賞を取ったと思えないほど、読み手を選ぶ本。というかなぜ今更、この人に賞をやるならもっと他にあったろうにと読みながら思い続けた。で、私もそれなりに海外ミステリもSFも読んでいる方だとは思うけど、平均値からみたら、でもこの本をきちんと理解出来たかは分からない。少なくともクリスティ読んだ事ないとかそういう人が読む本ではない。
しかしなんだろうねこのミス。他によっぽどなかったのか、尖ったところを見せ付けたかったのか。まあでもこういう路線嫌いじゃないけどね。ここんところこのミス大賞を嫌っていたけど、認識を改めました。
本の感想はまあ、書かない方が身のため。
[PR]

by hyakurin | 2014-07-05 10:01 | 日記 | Trackback | Comments(0)

雑日記 見たい聴きたいの事

今年は全然、見たいと思う映画がなかったのですが、今月末にようやく2本行く予定です。
「トランセンデンス」「渇き。」です。前者は夫も行くそうです。
なんと言うかどちらも、インセプションやら告白やらが脳裏をよぎったりよぎらなかったりですが、でも中々楽しみなのです。
「トランセンデンス」はなんとなくGlamorousGossipと言う漫画を思い出します。ちなみにこの漫画、もう長い間連載が止まってますが、続く可能性もあったりなかったりで、私はこの作者さんが好きなのでずっと待ってます。
デジタル全盛期にフィルムで撮影、とかはまあどうでもいいけど。こういうSF作品にはつい釣られますねー。8月公開の「LUCY」も多分、行くだろうな。猿の惑星でないのが私。
「渇き。」は珍しくも原作読んでません。先に読むか後で読むか考えどころ。どうも私は本屋大賞とこのミス大賞は肌に合わない気がして、手が伸びないです。捻てるんです。どっちにしろAmazonとかじゃ今は品切れで買えないですね。最近のこういう、電子書籍で買えと言わんばかりのやり方にかちんと来まくり。
話戻して、なんとなくだけど、中島監督の上手い改変に期待かな、告白みたいに。

しばらくぶりに何か新しい音を仕入れる気になりまして。
候補は、アーバンギャルド、パスピエ、ゲスの極み乙女、モーモールルギャバン、KANA-BOON辺り。
とりあえずアーバンギャルドの「恋と革命とアーバンギャルド」を借りてみました。このうっとおしい季節にはいいように思います。初恋地獄篇、セーラー服を脱がないで、都会のアリスなんかは結構好き。
とか言いつつ、ドラマ・大川端探偵社の影響で借りたEGO-WRAPPIN’を聴いてる方が多いけど。
YouTubeで見た感じはパスピエが一番しっくり合いそうなんだが、ネットのTSUTAYAでまったく回って来そうにないので、リアル店舗へ行くしかないかも。クリープハイプとかも全然ネットじゃ借りれず結局、普通に借りに行った方が早かったんだよね。
この辺でもCDにこだわる私です。古いんです。本は紙、アルバムはCD、なの。

さっきサミットストアで買い物したら、お釣りの400円分くらいが50円玉で渡されたのにびっくり。店員が何も言わなかったのにもびっくり。最近のレジは店員さんが小銭を出すわけじゃなく、自販機のお釣りみたいに出てくるから、たまたま100円玉が切れてたんだろうけどそういう時って何か一言ないのかね。いや、別にいいけどさ、なんとなく。そもそも100円玉切らすなよ、とも思うが。
お財布があまり小銭が入らないタイプなんで、そういうのがちょっと気になるんです。
近所とか普段のちょっとした外出では、Suicaとnanakoを使う事が多いんで意外に小銭って減らないんですよねえ。
そういう新しさには対応するタイプ。

今日は何しろサッカーでしょうが、私たち夫婦は中継も見てなきゃテレ東がテロップも出さないから(男子ごはんを見てた)負けって言うのを夕方まで知らなかったと言う。テレ東、さすがだ。
[PR]

by hyakurin | 2014-06-15 22:21 | 日記 | Trackback | Comments(2)

最近のお気に入り

ここ2年くらい、あまり積極的に何か聴くって事がなかったんですがなぜか先月くらいから急に色々借りたり買ったりを盛んにしとります。

私は懐メロを楽しむ事はほとんどないのですが、例えば中村一義、くるり、GRAPEVINEとか前に聴いてたものを引っ張りだしてみたり。私的には懐メロ扱いなんですね、15年くらい前だと。
ベスト盤新たに借りたり。くるりは最近も全然好きだけど、GRAPEVINEはホントに好きなのは2枚目までだったって分かった。

サカナクションはファーストアルバムを聴いて、私には合わないと思って放置したんだけど改めて聴いたらすっごいよく思えて、慌てて全部レンタルしてみたり。やっぱりいいよ、最初聴いた時はどうかしてたな。紅白そこだけ見ようかな(紅白、もう何年も見てないなあ)
変わったと評判の相対性理論もこれはこれで私は好きですよー。確かに今までとTOWNAGEはかなり違うけどね。歌い方からして違うし。帝都モダンなんかカラオケで歌ってみたい。

新規取り入れはまずクリープハイプ。愛の指標、バイト バイト バイト、オレンジ、ラブホテル、かえるの唄とかが好き。
復活してたpegmapはますます良くなった。see you,againは初っ端からがつんと来ていいねえ、大好きよ。
SEKAI NO OWARIは好きだけど、ちょっと幅がないのがややあれかな。それが持ち味かも知れないが。今後が楽しみ。

そして今年なんと言っても最高に気に入ったのは、ねごと。このバンドは面白い。ベースとキーボードが普通と役割が逆じゃねみたいな曲があったり、あのスケール感は素晴らしいと思うんすよ。素人なんで上手く言えねえのがもどかしい。
1番好きな曲はメルシールーですかね、あの曲ホントにすげえ好き。ここ数年でも1番。
アルバム5の最初4曲の流れがまたびっくりするくらい、いいと思う。
そういえばくるりのばらの花をカバーしたんですよね、聴いてみたい。ばらの花も大好きな曲なんで。

今年中に赤い公園も聴いてみたいですね。
[PR]

by hyakurin | 2013-11-26 21:33 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ATARASHII YATSUI!

エレ片の会場で買ってからずっとヘビロテ中。前作より好きかも知れない。
入ると思ったアーティストが予想通り入ってて、最初はどうかなと思ったけど、それで興味はあるけど聴いたことはないアーティストを聴けてよかったし。とりあえずサカナクションと相対性理論は買うか借りることにしました。逆にかまってちゃんとtelephonesは買わなくていいと判断。
それときみはキョンシーのバージョンアップぶりが凄かった。なんかちゃんとした歌に聴こえるもんなー。首を一噛みが。次もシトラスラベンダーの歌入れて欲しい。
…小島真由美懐かしかったなあ。
[PR]

by hyakurin | 2010-08-11 21:02 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ART-SCHOOL 「Anestesia」

正直、ここ最近のARTはあまり好きじゃなかった。
14soulsはいまだかつてないくらい聴いてないし。だからミニアルバム出すってもまず、買うかも悩んでました。
でも結論から言うとかなりいいです。ちょっと音が良くない感があるけどそれも味っつーか。
ミニアルバムと言うと私は前にタワーレコード限定で出したSwanSongが凄く好きなんだけど、同じくらい好きかも知れない。
私はやはり木下理樹が曲作って歌ってくれないと駄目みたいです。
噂によるとひなっちとソロアルバム作るらしいが、それは楽しみにしてます。ひなっち好きだ。
[PR]

by hyakurin | 2010-07-08 03:26 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

サザンオールスターズ

wowowでやっていた真夏の大感謝祭をなんとなく見ていたらやめ時が分からなくなってついつい最後まで見て、その最後の『Ya Ya (あの時代を忘れない)』で思わず泣いてしまったです。
桑田圭祐のパワフルさにも感心しきり。勝手にシンドバットの盛り上がり方なんて見ると、本当に色褪せないバンドなんだなあと思いました。
それほど熱心なファンではないんだけど、でも私を洋楽一辺倒から転換させるきっかけであるバンドのひとつである事は間違いない。
私は子供の頃家のテレビがとても映りが悪いところに住んでいまして(横浜なのにね…)まともに映るのが地元局のテレビ神奈川(現tvk)くらいで、その当時そこでとても洋楽番組が充実していたため必然的に聴く音楽はほぼ洋楽だったんですね。親兄弟が聴いてたユーミンだの佐野元春だのは受け入れてたし周りに合わせてアイドルとかも聴いたりしてたけど、好きなのはやはり洋楽だった。
でも気が付いたら高校生になる頃にはすっかり洋楽からは離れてたんだけどその分岐点にサザンがいる。それはアルバム「KAMAKURA」です。これを聴いたとき本当に心から気に入った事を覚えています。
今でも全部歌えるくらい聴いて聴いて聴き倒した。その後のサザンも好きだけど一番いいと思えるのはこの頃だろうなと思う。
とにかくこのアルバムは私にとって大傑作。KUWATA BANDも好きだが。
あの時聴いたのが「KAMAKURA」でなかったらサザンには興味を持ってなくて終わってたかもしれない。そして日本の音楽をそれほど聴く事もなかったかもしれない。そう考えるとサザンは偉大だ。
復活するのかはわからないけどその時はまたそれくらいのインパクトをぜひ与えて欲しいと思う。
[PR]

by hyakurin | 2008-12-30 02:19 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

驚いた

このカテゴリーはずっと作ろうと思ってましたが、私が聴くのはほとんどが日本のギターロックというかその辺のインディーズとか元インディーズでライブには全く行きませんし、最近はあんまり熱心じゃないです。
なので書くこともあまりないんだが、ART-SCHOOLがベスト盤をだすのでその辺でなんか書こうかなとか思ってて、今頃知って驚いた事が。
元アートの大山さん、いつの間にストレイテナーに加入したんでしょうか。
遅すぎると分かってても書かずにいられないわー。
これでテナーにはひなっちとオオヤマンがいるのか。羨ましいなあ…。
別に今のアートが嫌いなわけじゃないんだけどやっぱりひなっちと大山さんがいたいわゆる1期が好きなんだよなあ。
今更テナー聴こうかな。

どうも最近聴くものがない。BURGER NUDS解散後はGDHMにはついていけなかった。なんで色々言われてるLOWNAME(現カフカ)聴いてみたり。しかも結構嫌いじゃないw
Syrup16gも解散で今後は五十嵐のソロに期待状態だし。
なんか探そうと思ってpegmapとかNovembersも買ったけどまだ聴いてない…。
まあとりあえずはアートの新譜が届くのを待ってます。
[PR]

by hyakurin | 2008-10-14 14:10 | 音楽 | Trackback | Comments(0)