「ほっ」と。キャンペーン

タグ:海外ドラマ ( 676 ) タグの人気記事

SCORPION/スコーピオン シーズン2


見たよってだけの覚え書き。
ネタバレあり。



相変わらずシーズン2も、なんでこのドラマ見続けるのかなと自問自答しながら見てました。
前シーズン無謀運転で事故ったウォルターの後遺症やら罰則の社会奉仕やら、そこで親しくなったレイってのが一時期ガレージに住みついたりとかそう言えばありましたね。
仲が進むと思われたウォルターとペイジですが、なぜかあれこれ理由をつけてペイジには行かないウォルター。他の女の子と出会おうと色々やったりなんだり。こいつの思考は天才だからじゃなくてアホすぎて理解不能。
まあ結局、お姉さん絡みなんだな。このシーズンで難病のお姉さんが亡くなるんですが、シルヴェスターと心を通わせ、ウォルターの強引な延命を避けるためとはいえシルヴェスターとも結婚し、最期は穏やかでした。
ウォルターにしてみたら、好きな人が去るのはもう耐えられない、拠り所はスコーピオンだけで職場恋愛はスコーピオンの邪魔、だからペイジへの気持ちは無視、と子供かい。
しかしその脇でとっくにいい仲になるハッピーとトビー。今シーズンはなぜかトビーとウォルターの仲が険悪になりセラピー行ったりとか。ウォルターも嫌々職場恋愛を認める。

てかお仕事について書いてませんが、まあなんと言うか天才凄いねしかないっつうか、割と最後は体力だよねとか、ウォルターより誰より優秀なのはハッピーであるとか。
いや一番はどう考えてもラルフとか。普通の学校へ行きつつ大学へも通い、天才だけどちゃんと感情も分かるし、しまいにはウォルターよりも優秀みたいで。
元スコーピオンのコリンズとか言うのもそんなに大した敵でもなく。

さてそんな中、チームに研修でティムと言うイケメンマッチョが入りました。
中々優秀だし性格もいいし申し分ない彼はペイジが気に入りアタック。ウォルターも応援しちゃうし、トビーやハッピーにまで間違ってると言われても、デートのために用意したチケットも「ティムと行けば」とあげちゃう始末。
ペイジ的にはウォルターにまだ心はあるんだけど、目の前で他の女の子誘ったりそんな具合だから、最終的に駄目押しのように後押しされ彼とお泊りデートへ。
その少し前にハッピーにプロポーズして玉砕したトビー。ハッピーは「もう結婚してるから無理」とだけしか言わず出てってしまってる。今まではハッピー凄いいい女だったのにこれで一気に株が下がるような。なんだそれですよ。コリンズは理由を知ってるようでしたが。
そのトビーと話してる内にようやく自分の馬鹿さ加減に気がづいたウォルターは追いかけますが。700キロも先で、夜の運転でまた事故って始まったら笑うわ。

まあそんな感じで大して先も気にならず、シーズン3があるのかも知りませんがやったら見る、かな。

[PR]

by hyakurin | 2017-01-13 17:28 | 海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

Chicago Fire/シカゴ・ファイア シーズン1見ました


超短文感想。

ネタバレあり。



シカゴ・ファイアも今更くるのかあって。このドラマってこれが本家でスピンオフがいくつかあるんだけど、確かスピンオフの方が人気があるんじゃなかったかなとか。
AXNでも既にPDはやるみたいですね。こっちもすぐにシーズン2をやるし。

シカゴの消防署のドラマな訳ですが、日本と違って救急車もあるのが特徴。「サード・ウォッチ」みたいな感じなのかなと思ったらあれよりもっと、人間関係が中心というかグレアナ並みに恋愛要素が多いような(グレアナ見た事ないけど)
ポンプ隊と救助隊の違いもイマイチ分からないし。ポンプは消火がメインなんだろうけど結局現場で救助も入るしさ。救助隊の方が書く上みたいでその軋轢もあったりなんだり。
隊員の死があって、ポンプ隊小隊長のケイシーと救助隊小隊長のセブライドは険悪ムード。と言うか、セブライドがガキなんですねえ、必要な事はかっこつけて言わないし、女たらしだし、しかも肩の負傷を隠して鎮痛剤中毒みたいになって、救急のシェイに迷惑かけてるし。シェイは女性が好きな美女なのでセブライドとルームシェアしてる仲良し。
その肩も結局すったもんだで治るんだけど、こいつはまあ女性隊員に訴えられたり色々。でも元カノと再び壮絶な別れをしたシェイはセブライドに協力してもらってシングルマザーになるつもり。
一方のケイシー、ハリーという医者の彼女がいたんだけど彼女が子供が今はいらないと言うので破局、その後復縁するもハリーが診療所の不正に気が付いて殺されると言う悲劇に見舞われたり。息子の事故を揉み消そうとする悪徳刑事とやりあったり。ちなみにこの悪徳警官が他のスピンオフでは主役だったりする。
お母さんはお父さん殺してるしもう色々。そんなケイシーを救急のドーソンは好きなんだけど、どうも上手く行かず候補生からポンプに入ったミルズと言うのと付き合って、結局別れたり。
そのミルズも父の死にセブライドの父絡みで疑惑が合ったり、母が大隊長と昔に不倫してたとかショックな事があり、ドーソンと別れる。ドーソンも結局はケイシーへの思いを捨てきれず、ハリーを失って消沈しているケイシーのところへ。
ミルズは更に救助隊への移動を希望し、ポンプ隊の人達から嫌われ、しかも受からず。それで最終回では警察の願書貰ってましたが。こいつもホントにしょうもない。

他にもバーを開くだ、子だくさんな隊員が怪しい商売やろうとするわ、消防隊の出動シーンはわりかし2の次のドラマかなと。
まあもう少し見るつもり。

[PR]

by hyakurin | 2016-12-05 09:02 | 海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット/Person of Interest ファイナルシーズン

パーソン・オブ・インタレストもシーズン5でファイナル。ファイナルは半分の話数と寂しい終わり方ですが打ち切りよりはまあいいやね。
その分内容は濃かった気がする。

以下、超適当短文感想。
ネタバレあり。



サマリタンからなんとか逃げ延び、再び廃線の地下鉄に落ち着いたマシン。
ルートはショウを探すのに必死だけど報われず、これ以上巻き込めないとファスコを遠ざければキレられと大変なジョンとフィンチですがなんとイライアスは生きていたり。それをかくまったり、人助けもしたりと。
ルートは死んだと思ってる2人と違ってルートはあくまで信じているわけですが、ホントに生きてまして。洗脳実験で架空世界で何度も何度も仲間を裏切れと言われては自殺しなんてやってるのが6千回(だっけ)
サマリタンと対決させるのにマシンのリミッター的な物を外そうと言うルートと煮え切らないフィンチ。一旦オープンシステムにしてもやっぱりやめたり。

そんな中とうとうショウにメッセージを届けられたルート。それを見たショウも勇気づけられついに逃げ出す。なんと南アフリカにいたんですが割とあっさりアメリカへ。でも自分自身がどう洗脳されているか分からず、仲間の元へ戻るのは躊躇。
サマリタンは大量殺人ウィルスを撒いたりますますやりたい放題でついにフィンチも決意するのですが、追われてイライアスと逃げたらイライアスが目の前で殺され、更に助けに入ったルートも死んでしまい、ここからはもう自分だけでやろうと決意し一人立ち去ります。
その少し前に仲間の元へ戻ったショウ、事情をすべて明かされたファスコ(よかったなあ、長かったね)ジョンはフィンチを探し、マシン(再びオープンで喋れるようになってて声がルート、泣ける)の導きでショウとファスコはマシンを守り、ジョンはフィンチの元へ。地下鉄動かして逃げたのは笑ったわ。

フィンチはあるウィルスでサマリタンを滅ぼすつもり。もうサマリタンは運用者が死んでも独自に動いています。しかしそれはマシンも殺すことになる。サマリタンのコアは連邦銀行の地下金庫にあって、そこへ乗り込み仕掛けるがサマリタンは逃げ出して更に衛星へ逃げるつもり。
フィンチはそれを阻止するのにアンテナのあるビルにミサイルを撃ち込む仕掛けを、更にその前にサマリタンに逃げられないようにケースに入れたマシンを連れてそのアンテナのあるビルでマシンを通じて直接阻止するために、地下の金庫へジョンを置き去りにする。
どうしても大切な友である君には死んで欲しくないからと。

しかし土壇場で隣のビルの屋上へ現れたジョン。以前にマシンと取引して何が何でもフィンチの命は守る、そのために協力すると約束があったので。ジョンのいるビルのアンテナが本物。ジョンは追っ手を始末しながらサマリタンを食い止め、更にフィンチに逃げろと。
フィンチは自分が生き延びる事がジョンをも生かす事だと悟り、去って行く。

ショウとファスコは2人の行方は知らないままで、ベアーを引き取ってショウも去って行く。その時マシンの声がしたようなしないような。ルートもまたショウの傍にいるって事ですかね。
フィンチはグレースの元へ。

綺麗に終わりましたなあ。結局サマリタンとの最終決戦はルートとジョンの尊い犠牲の元勝ちましたと。
サマリタンはなあ、身近で考えたら悪なんだけどさてマクロで考えたらどうなんだろうとか、フィンチ結局幸せかとか若干モヤモヤしなくもない。でもまあ人間の運命を人工知能が決めたらいけないって事かしらね。なんか段々人類補完計画みたいになって行ってたし。こういうのっていつも最終的にはそうなるなとか思う。
なんて書いたけどルートの死から最終回は結構じーんとした。ルートとジョン、マシンとフィンチに救われた2人が身を殉じるのがちょっと悲しかったし、生き残らないシビアさも好きです。
綜合的には楽しみました。

[PR]

by hyakurin | 2016-11-17 10:13 | 海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

TRUE DETECTIVE/二人の刑事(True Detectiveシーズン1)

トゥルーディテクティブシーズン1見ました。面白かったです。
最近よくある、大物俳優呼んでテレビドラマのミニシリーズ作るヤツね、とか思ったけど本当に良かったです。
バディ物かと思って見たら全然バディってほど親密じゃなくて、でも通じ合ってるところでは凄い深い関係で。見ごたえが半端じゃない。
The Handsome Familyの"Far from Any Road"がテーマ曲でまたかっこいいの。
映画をテレビドラマにしては1シーズンでコケてる作品が近頃たくさんありますが、スターチャンネルの買ったファーゴといいこれといい、ホントにお目が高い買付だなあ。もうスタチャン見たいよ。

簡単に短文感想。
ネタバレあり。



ルイジアナ州警察殺人課の二人の刑事ラスト・コールとマーティン・ハートは3か月前に組んだばかりの刑事。ラストって変わった名前だと思ったらラスティ(ラッセル?)が本名みたい。
ラストがマシュー・マコノヒーでマーティがウディ・ハレルソン、気難しくて得体のしれない変わり者と田舎警察の真面目な刑事って感じだが、実際はマーティがかなりクズで引いた。
浮気はまだしも、家族の為にしてるんだとか言い訳がもうドクズだしラストが妻と2人で(子供もそこで見てるけどな)会ったってだけでキレるし、ラストの事情も斟酌しないで言いたい事言うし。最後の方まで大嫌いだった。妻のマギーも結局マーティと別れるのにラストを使うし最低。
一方ラストもまともではない。人付き合いは超悪いし、喋らないし喋ったと思えば小難しいような意味不明だし。母親に捨てられ父親とアラスカで17歳までテレビも見た事がないワイルドライフを送り、刑事になって結婚したら娘が幼くして交通事故で死に、離婚。その後4年と言う長期にわたり麻薬捜査でアンダーカバーをやった。
酒びたりでヤク中と揃ってるが、娘の事を知らないマーティが娘2人と妻のいる家庭に強引に夕食に誘うのがなあ、気の毒で。

ドラマは1995年の連続殺人事件と、2015年にその事を聞くのに2人が警察に呼び出されて別々に話を聞かれるパートと2つで構成されています。
どちらももう刑事は辞めていて、マーティは探偵でラストはバーで働いている。2002年に仲違いしてその時にラストが刑事を辞めたのでそれからは会っていない。2002年の仲違いにはマギーが大いに関係していて、要するに懲りずに浮気をしたマーティと別れるのにラストと寝たわよって言うのを使うためにラストとヤッたと言う。
そんでマーティから殴り合いの大喧嘩のあげく…って感じ。しかしマーティも4年後にはヤク中が我が子をレンジでチンしたのを見て、もう嫌だと退職してる。マギーとも離婚。
マーティって倫理観はあって普通は普通なんです、ただ凄い薄っぺらい。離婚に至る浮気相手が、95年の捜査の時に会った少女の娼婦でその時は女主人に激怒したり、そのベスに金やって「他の仕事をしないさい」とか言ったくせに再会したら誘いにホイホイ乗る、覚えてもいない。

2015年になぜ2人が呼ばれたかと言うと、ラストが怪しいと疑われている。95年の事にしても実際はマーティを誘導してて犯人なんじゃないかとか。確かに95年の事件で犯人を捕まえた時、マーティが逆上して犯人を撃ち殺したもんだから偽装はしたんだけどね。
しかもその後も行方不明者はもっといるとラストは独自に勝手に捜査してたり。
その後も刑事たちはラストがずっとこの土地にいて犯行を繰り返してるとか思ってるんだけど実際には2010年にラストは捜査を続けるために戻って来た。
そして犯人は別にまだいる、と結論づけた。

警察から出た2人は再会し、ラストはマーティに協力しろと。片を俺たちでつけようと。証拠のビデオを見せつけられたマーティは協力する事に。少年少女を食い物にしてる、宗教儀式みたいな感じで。実際には虐待。
ケリーという95年の捕り物の時にかろうじて生きてる状態で助けた少女なんて(それが酷い状態でマーティがキレた)何年たっても会話もままならない。とてもとても酷い目に。

議員の家系だったりして揉み消されないように動かないと行けなかったりしながらもついに2人はもう一人の、真犯人を見つけて死闘の上で殺す。たくさんの子供たちが犠牲になっていた。その真犯人の親ってのがまた鬼畜なんだけど、権力者ゆえにそこまでは捜査は及ばないだろうなって感じなのがなんとも言えない。
マーティはそれほどまで酷くないが、深く刺されたラストは一時昏睡状態に。
娘とマギーが見舞いに来たマーティは涙する。意識の戻ったラストはマーティに娘や親父と会って、闇に消えようとしたのになんで俺はここにいるのかとやっぱり涙。でもそこで生きる目的も見つけたと。星空を見上げてそんな話をしたラストは病院には戻りたくないとマーティに頼み、肩を貸して2人で歩きだす。

いやあ、面白かった。久しぶりにのめり込んで見ました。ハンニバルを見終わったら次はシーズン2を借りて見ようと思ってます。シーズン2はまた違う話でコリン・ファレルとかレイチェル・マクアダムスとかが出てるんですよね。
そっちも楽しみだ。

[PR]

by hyakurin | 2016-11-09 17:49 | 海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

ブラインドスポット タトゥーの女/BLINDSPOT

久しぶりにwowowが見たいと思ったドラマを買ってくれたなあと思って喜んでいたのですが、見終わった今はかなり微妙な心境です。


以下、超適当短文感想。
ネタバレあり。




第1話でタイムズスクエアに置かれたバッグから突如現れた全身にタトゥーが入った謎の全裸美女。そのタトゥーの中にはあるFBI捜査官の名前が…とかなりな掴みで入るドラマ導入部ですが。
まあここで「エスパー伊東」とか呟いた自分に嫌な予感はしたよ、てかちょっと笑ってしまった。
全裸美女ことジェーンドゥがバッグから出て来たときはまだしも、タトゥーを全身スキャンされてるとかいついかなる時もばっちりメイクしてるとかもまあ置いておこう。
タトゥーで名指しされた捜査官、カート・ウェラーは子供の頃幼馴染のテイラー・ショウ行方不明事件で自分の父親を疑っていて疎遠になっているが、このジェーンがテイラーなのではないかと思っている。
途中でDNAも一致し、すっかりテイラーと思うがジェーンは薬で記憶を消されていて何も思い出せない状態。
腕にはなぜか女性は入れないはずの海兵隊シールズのタトゥーもあった。そのためか戦闘能力は非常に高い。
そしてタトゥーを調べ、解いていくとさまざまな事件を予告していたりするのでその阻止などで動く事になり、ジェーンも同行。
何と言うかこの辺からとても、ご都合だなあと思わなくもない。それに捜査でいくら撃たれてもこっちは無傷とかね。
パターソンという分析官が異常に有能。恋人のディヴィッドがタトゥーの件で死んだりしても健気に捜査してるし。他にもカートの妹と付き合ってて妙にジェーンを疑ってるリードとか、賭け事でヤバイ借金作ってるザパタとかもチームに。

そんで途中からジェーンの記憶が徐々に蘇ったり、連絡員が来たり。なんかの目的を持った組織がジェーンを送り込んだ。目的は結局上司のメイフェアの失脚だったわけですが、メイフェアもなんか後ろ暗い計画に参加してたりなんだり。
連絡員がジェーンの恋人だったり?
最終回はもうバタバタで、知らずにメイフェアを陥れたジェーンが反発して連絡員殺しちゃったり、メイフェアも死んだり、死ぬ間際のカート父がやっぱり俺がテイラー埋めたよとか言い遺したりもう。掘ったら出て来てね。
最後はお前テイラーじゃねえじゃねえかとキレたカートがジェーンを逮捕してクリフハンガーと。

なんかもう、何がしたいんだかよく分からんジェーン側とカートちょっと豹変しすぎじゃねって最終回でした。
ちなみにセカンドシーズンでまずタトゥーとかその辺の謎は解けるらしいのですが、その後視聴率が急落してるっつー期待感の薄まる情報もあり。
やっぱりwowowの選ぶドラマは私にはイマイチな。


そう言えば結局、クリマイはwowowの放送にまったく追いつけないのでスパドラで追う事にしたのです。まだロンドンオリンピックとか言ってる遅れっぷりの間に、なんかホッチが役者さんのアレで退場しちゃうんですねえ。なんか残念です、ホッチがとても好きなので。
CSI:サイバーは最後のCSI:だしラスベガスから主任も来るけど、なんか見る気が起きないのでパス。

[PR]

by hyakurin | 2016-10-28 12:33 | 海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

リゾーリ&アイルズシーズン6 見ました

超テキトー短文感想。


ネタバレあり。



やっちまった、書いた感想消しちゃった…。
書き直すのやだなあ。
もう簡単に覚書だけ。


ママはコーサックのとこで働いてて安定してて彼氏とも順調でと一番落ち着いてるかな。
フランキーはニーナとどうかなるのかと思いきや、彼女っぽいのが出来たり。初回で丸腰の相手を撃った容疑とかあったけどそれ以外はアパートを焼け出された姉が転がり込んで来たくらい。結局、殺人課の刑事になったんだよな?

コーサックはライフコーチのキキと順調にお付き合いしてて、みんなにも紹介。それは嬉しいけど、そうなるとコーサックも引退なり現場からは去るなりするだろうと複雑な気もするリゾーリとか。コーサックはまだ当分って言うけど。
そしてついにキキと結婚する事になるが、その前に地雷踏んだりして。でもキキはそれも、ベストマンのジェーンが仕事でこないせいで結婚式が延期になったのも許す、心の広い女性でした。でもまあ、コーサックも引退なのかな。
コーサックはニーナに現場に出るように励ましたり、ホントに必要な人だからねえ。

モーラのところにはスコットランド人で軍上がりのケントと言うのが入る。いかつい、変人だけど郡での経験で被害者遺族への告知が嫌すぎてモーラにキスしてみたり。でもなんとなく匂わすだけで進展せず。
その上スージーがお亡くなりに。汚名は晴らしたけど凄く良いキャラだったので残念。
父親アーサーとの和解もあり。父親がご近所さんと不倫したのを見て、口止めされそれから嘘がつけなくなったりと大層傷ついたのでずっと父を避けていたモーラだけど、コーサックに後押しされて聞いてみれば、お母さんは知ってて許してくれたですって。

リゾーリは美術館潜入の回のドレスは素敵だったのに、コーサックの結婚式のドレスは微妙すぎた。は置いておいて。
アパート火事で焼け出された時、ニーナがネットで犯行予告的な動画を見つけて狙われていると判明。更に麻薬捜査課時代の恨みからも狙われたり。自分が狙われるのは平気なジェーンですが。
その放火犯にモーラが偽の現場へ呼び出され、さらわれてしまう。なんとか無事に助けはしたけど、モーラはしばらくPTSDで悩む事になるし、ジェーンは自分のせいで周りの大事な人たちが狙われると恐怖でいっぱいに。ママはフランキーにも任せられるがモーラは私が守らなければと夜中に勝手に侵入してリビングで寝てたり(かえって驚くよ)カメラつけて監視しようとしたり大暴走。
まあ徐々に落ち着きはするんだけど、とにかく捕まえないとと。でもコーサックは捜査は任せるように言われて。まあニーナから聞き出したちしてるけどね。この件では動画から犯人を追うニーナが活躍。
そう言えばジェーンはリアル親子共演もしたんだった。警察で募金詐欺やった大胆な少女がジェーン役の人の娘さん。かわいい。3人も娘がいるんだよねー、なのにスタイルよくて凄い。

放火犯の正体がついに判明。
ジェーンの警察学校時代の同期でしたが、途中で辞めちゃっててジェーンは話したこともほとんどないと狙われる理由が分からず困惑する。
実はそのアリス、一族みんな警官の家庭に育ち、優等生でなんでも一番で自信満々で警察学校に入学したのにトップになれなかった事でドロップアウト。それだけでも父親はがっかりだがその上、犯罪に手を染めて刑務所送り。これで家族とも縁切れ。
それをすべて、トップを取ったリゾーリが悪いと。まあありがちでちんけな理由ですが、犯罪者としては手強い。
共犯者を捨てて、その女になりきってカナダへ逃亡、と見せかけてまだ国内にいるよみたいな。あれ、そうだったっけ。
既に曖昧ですがとにかく、取り逃がして今シーズンは終わり。こんなクリフハンガーでした。

なんか最後の敵だとしたら若干微妙なアリスですが、リゾーリ&アイルズも次シーズンで終了です。
気軽に見られて中々面白くてってドラマは貴重なので残念ですが、続け過ぎてグダグダになるよりはまあ。とにかく最後まで楽しみに見れたらいいな。

[PR]

by hyakurin | 2016-10-20 05:34 | 海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

・HAWAII-50/ハワイファイブオー シーズン6 見ました

あまりに海外ドラマの更新がないので、超テキトー短文感想ですが書いておきます。



と言うか、あれ話数減らされてないね。私何かのドラマと間違ったかしら。
シーズン最初が海賊ネタだったのは覚えているが、後はほとんど何が何だか。スティーヴの母ネタは思い出したように触れるだけで進展はなかった。なぜか最後にウォー・ファットの父が出て来てスティーヴを許してましたけど。
ジェリーも本部の地下に部屋はもらったけどまだバッジはもらえず。役に立ってるぞ彼、凄く。

コノと結婚したアダムだけど、ヤクザのシマオに手切れ金を渡す事に。そうしなければ殺される、コノ共々。しかし用意した金をガブリエルに奪われ、アダム浚われて手下を2人殺してしまい刑務所へ。
その後も脱獄騒ぎがあったり色々あるが、まあこのカップルは上手く行ってる。
ダニーは息子の骨髄移植が上手く行って良かったね(そんなに簡単じゃねえけどな…)グレイスもパパに嘘つく年頃とかまあ色々。彼女はどうなった。
どうなったと言えばキャサリン。結局またボランティアがあるからーと去って行きもうスティーヴは待たないぞと。でもなんか軍の仕事してるっぽい。その後はどうなったんだったっけ。出て来てないんだっけ。とにかくスティーヴは検事とも続いてる訳じゃなくてなんか出会い系の女性と無人島行ってどうとかあったような。
ルーは島に来て奥さん殺した元相棒の本土の家へ乗り込んで汚職の証拠を掴んでとうとう捕まえたり、過去の潜入捜査でヤバイ目にあったりとかそんなん。
チンは視察でファイブオーに一時的に入った刑事のアビーと良い仲に。しかし彼女はファイブオーに恨みがあるFBIの手先で。てかこのFBIって誰だ…。覚えてねえ。でもファイブオーは悪くない、と任務を放棄したところでスティーヴにスカウトされて一員になりました。
カマコナの過去とか最後マックスが国境なき医師団に参加するとかも。てかマックスって降板って事なのかな。分からん。

ガブリエルが今シーズンもずっと引っ掻き回していたんだけど、最後の方でジャンキーに撃たれて結局死亡。シオマの娘のヴァネッサが親の仇と狙ってて、最期はもう街中で大戦争でした。ガブリエルは死に、ヴァネッサは逃亡。そしてガブリエルの娘サラが遺された。チンの元奥さんマリアの妹の子になるのかな。サラを頼むと言われチンはいい家庭を探さないととか言ってたが。
島には危ない混ぜ物の入ったクリスタル・メス(覚醒剤ね)が出回ってて、ガブリエルもその被害者と言えなくもないがとにかく死人がばんばん出ていて、16歳の子まで死んだためスティーヴがやる気満々。
運び屋を見つけ、ダニーと成りすましてセスナに乗り込むがヘリで襲撃されてスティーヴが意識不明に。代わりに操縦したダニー、着水指示を受けるが意識のない相棒が溺れると拒否、ビーチに突っ込みました。前回のラストの核爆弾処理ほどではないが、雑だなマジで。
スティーヴは肝臓を損傷したため、ダニーが生体肝移植を引き受ける。骨髄移植してからまだそんなに経ってないのにねえ。まあそれで助かりました。あの、血液型だけで身内でもない肝臓って大丈夫なのかよ。心臓は血液型さえあってれば結構大丈夫って聞いた事あるけど。まあそんな事気にするドラマでもないか。
最後の2話はホント、ダニーとスティーヴのバディっぷりがメインだったな。主に口喧嘩ですが。

[PR]

by hyakurin | 2016-10-02 06:49 | 海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

HOMELAND シーズン5見ました

覚書程度の感想。
ネタバレあり。




キャリーは結局、CIAに戻る事はなくドイツへ移住しそこでデューリングという財団の警備主任をやってる。そこで出会ったヨナスという弁護士とフラニーと暮し幸せそう。なんかもう2年ほど経ってるらしい。クインは結局見つけられず。
しかしクインはソールの下で暗殺者みたいな事してる。ソールはCIAにいて、なんかキャリーを嫌ってる感じ。八つ当たりと言うか、後に頼ってきたキャリーにめっちゃ冷たかったり。
ドイツ支局からハッカーが偶然的に機密文書を盗んだことが今シーズンの主軸で先に言っちゃうと、ドイツ支局のアリソンがロシアのスパイなんだけどCIAが全員ポンコツ化しており、気が付いたのもドイツで起ころうとしたテロを阻止したのも結局キャリーでした、みたいな。
アリソンはホントに憎らしかった。またその女と出来てるソールとか騙されまくる局長のアダールとか。
途中、身の危険を感じたキャリーはフラニーをアメリカに戻し薬を(双極性障害の)断って真相に近づこうとしたり、色々あり結局ヨナスにはフラれました。

クインはキャリーを守ろうとして負傷し、邪魔にならないよう自殺するつもりで外へ出るが拾われ助けられる。それがテロ集団でねー。最初はシリアに行くと言うので案内を買って出て探ろうとするんだけどそれが罠。
狙いはドイツで使うのはサリン。で、そのデモンストレーションに使われるクイン。でも助けてくれた人が事前にアトロピンを打ってくれてたのでかろうじて命は助かりますが。
で、そのクインからテロの事を聞き出そうと無理やり目覚めさしたり。仕方がない事とはいえ非情だよなあ。それに日本人ならもうクインが絶対元のように戻るどころか、意志の疎通ができる様にもならないと分かるよね。しかも脳出血起こすしで絶望的。後数日でもう目覚めないと判定されるとか。来シーズン復活したりしたらキレたい。キャリーに好きだったけど結ばれるのも無理だったねみたいな手紙を遺してる。
でもそのおかげでキャリーがテロ阻止、クインを助けた人も結局手伝って死んだ。この時もまたアリソンを信じて空港とか行ってるCIAの皆さん、ガチでポンコツだよ。
アリソンはまんまと逃げ、ロシアの手引きで出国しようとするがさすがにそれはソールが阻止。無残な最期でした。
アリソンと何年も前にふと交わした会話を覚えててそこからスパイだと暴くたキャリーってホント有能だね。

ヨナスにフラれ、デューリングのところへ身を寄せていたキャリー。なんかプロポーズっぽい事されてました。あれはそれとも一緒に財団運営しようって事なのかなあ。まあキャリーは娘とも会いたいしと言う事で、返事はデューリングがしばらくしてアメリカ行ってからねって事に。
その前にソール(なんやかやあったけど、やっぱりこの2人の絆は一応本物)にCIAに戻って欲しいと懇願されますが、断りました。

そうそうクインはアダールが施設から拾って来て育て上げたそうです(キャリーへの手紙を持って来たのもアダール)
キャリーはクインを安楽死させようとしたのだけど、窓から眩い光が入って来て…的な。キャリーは信仰に目覚めた感が今シーズンは強かったけど、ホントこれでクインが復活したらご都合すぎる。サリンの被害をそんなに軽く扱って欲しくないです、ドラマとは言え。

さあじゃあ次シーズンはどーなるのかなー。結局、キャリーはCIAに戻ると思うけどねえ。変わったとか言いつつ、たまにはフラニーの事を思い出したりしつつ、結局テロ阻止に頼まれなくても関わったわけだし。
クインの運命はとか気になる事もあるしで次も楽しみ。
[PR]

by hyakurin | 2016-08-05 18:23 | 海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

雑日記 暑いって

どうも、朝刊を読もうと広げたら下で猫が今まさに吐かん、としているので思わず手にした新聞を差し出してしまった管理人です。いきなり尾籠な話で大変失礼いたしました。
それにしても食べた朝ごはんをすぐ出すなよ…。
まだ一文字も読まないうちにぐちゃぐちゃになった朝刊、ののちゃん読みそびれました。

昨日があほみたいな暑さだったのでなんだか今日が涼しく感じますが、涼しくないですよね。なんだよ7月早々に猛暑日とか。
「暑いって」「もー、暑い」は私の夏の口癖です。誰にキレてるんだ。
そんな中、お風呂で眉を整えようとして思いっきり手が滑って左眉を半分弱そり落としてしまいました…。目立ちます…。
私はそんなに眉が薄くないので化粧はしないけど眉は描く、みたいな習慣がありません。そして生活の九割五分はスッピンです。すっぴんに自信があるわけではなく、めんどくさいだけです。
で、さっきつい眉を描かずにコンビニ行っちゃった。てへ。前髪降ろしてたから大丈夫と思いたい。
一日経っても大して生えませんね、眉。いらん部分はすぐ生える気がするんだけどなあ。
今年は去年の反省を踏まえて、早々にペディキュアしたしお出かけもしてるのに眉がないよー。

昨日はとにかく暑くて汗が止まらないので水分補給だとアクエリアスの水割りをがぶ飲みしてた。本当はポカリスエットの方がいいみたいだけど、どうも私はあの甘さの中に塩分のある感じが嫌いなのです。
私の母は逆にアクエリは酸っぱいから嫌だと言っていました。人それぞれでしょうね。
でも先日スーパーでポカリの実演販売していた人はめちゃめちゃアクエリをディスってました。あれは駄目ですって断言してたし。だから多分、熱中症対策にはポカリがいいんじゃないですかね。私はアクエリの水割りで十分です。アクエリそのままは濃いので半分に割って飲みます。それと麦茶もバンバン沸かして冷やしておきます。この2つで水分補給。
と言うか多分バイトのお姉ちゃんなのにポカリ愛がひしひしと伝わってきましたよ。そんなに駄目かねアクエリってば。

そう言えば早々と言えば、6月末から早くも蝉が鳴き出したんですけど。早くないか。
暑くなったのに蝉はまだかなんて話を去年までしてた気がするんですが。蝉も早く活動し始めたのかね。

ようやく「グリム」のシーズン3を見終わったのです。もうシーズン4始まってるって。「メジャー・クライム」はまだ見終わってさえいないけどな。
正直、ちと「グリム」に飽きてた。でも見ないで放置してた部分にニューキャラが登場していて俄然、楽しくなったのでなるべく早く感想書いてシーズン4見たい、なあ。
テレサ・ルーベル、ようやくこのドラマにもヒロインらしいヒロインが。と言うか、おばちゃんなのでこの子にご飯を作ってあげたいと思ったよ。ベーコンエッグごときでキッチン炎上させるとか、いいなあヒロインだ。
だから海外ドラマって楽しい。
[PR]

by hyakurin | 2016-07-08 12:51 | 日記 | Trackback | Comments(0)

見た海外ドラマ 殺人を無罪にとリスト

自分のための見たって思い出す為の覚え書き。
ネタバレはしてるし、先の話も書いてます。



録画したのよりレンタルを先に見ちゃった。
殺人を無罪にする方法はCSでもやってたけど吹き替えだったのでレンタルで。シーズン3くらいまで決まってるらしいですね。
ストレインは2話まで見たんだけど、あんまり合わないみたいなので。これはシーズン5まで決まってるし原作もしっかりしてるようなので、安心して見られるドラマなんだけどねえ。
次はユートピアかトゥルー・ディテクティブかな。


・殺人を無罪にする方法/How to Get Away with Murder シーズン1
最初は法廷物かあ、なら弁護士が好き勝手活躍するのかなとか思ったんだけど微妙に違いました。
このドラマの説明はめんどくさい…。
凄腕弁護士にして大学のロースクールで教授もやってるアナリーズ・キーティング(黒人)とその選抜された学生たち。夫に浮気相手に同僚なのか部下なのかよく分からんボニーと色々やるフランクにと人間関係も複雑。
まずアナリーズが引き受ける事件、それがだいたい1話完結。その他に学生たちが殺した男の事件がフラッシュバックで入り、更に学生の一人のウェスの隣人レベッカが殺人にとわれる事件、色々。
フラッシュバックが遅々として進まないんだけど段々分かってくる。アナリーズの夫サム(白人)は大学教授で浮気をした事があり、アナリーズとは微妙な感じ。アナリーズもネイトという刑事と浮気してる。
そしてサムがまた浮気したライラと言う学生の死体が寮の貯水槽から発見され、まず恋人、それから友人で麻薬の売人のレベッカが疑われる。レベッカを無罪と思う学生のウェスはアナリーズの弱みに付け込んでレベッカの弁護を引き受けさせる事に。
アナリーズは夫が殺したのではと疑いつつも夫を愛してもいる。
でまあ色々あって学生たちがアッシャーと言うのを一人除いてみんなでサムを殺してしまい。アナリーズは学生たちも守ると。しかし死体の処理が雑で見つかっちゃったり、サムをライラ殺しとしてアナリーズが告発したりとか色々。
ウェスは自分の部屋の元隣人の事からレベッカに疑いを抱くようになり、結局みんなで監禁しちゃったり。まあとにかくあれこれ巻き起こる、人間関係もあれやこれや。
結局、ライラの事で嘘はついていてもレベッカは殺していない。人として他にも酷い事はしてるけど。サムも殺してない。実はサムは妊娠したライラを持て余し、フランクに借りがあるだろうと始末を頼んだ。殺したのはフランク。
サム殺しは今のところ、ネイトって事になってるけどアナリーズはネイトを助けるつもり。
ライラ殺しがフランクなのをアナリーズは知らないが、疑ってはいる。それにレベッカを結局フランクが殺してその死体がまだ家の地下室にあるのに、サムがライラを殺したのよとウェスを宥めたりしてる。怖い。
シーズン2は、サム殺しの決着、レベッカの失踪(って事になってる)の決着がメインかな。しかし嘘が殺人を呼び、殺人が嘘を呼びで収拾付かなくなっていきそう。
人間関係もフランクと彼氏と二股のローレル、金持ちとの結婚が駄目になったミカエラ。同性の恋人がHIVに感染してたコナーとかまあこっちも色々。
シーズン2もまとめて見たいな。早くDVD出して欲しい。


・THE BLACKLIST/ブラックリスト シーズン3
最終回で脱力し、すっかり感想を書くのを忘れてた。なんか今シーズンはリズの中の人の妊娠を絡めるのとスピンオフのフリでかなり強引な展開になってる気がする。
前半はリズとレッドの逃避行。金髪にしたリズが特にどうでもない。レスラーがまた守れもしないのに執念深くてめんどくさいし、リズはレッドにべたべた頼る割には信用してないし、もう。母が生きてると思い込んでるしね。と言うか、生きてたんだっけ、死んだんだっけ。分からなくなったよ、自殺したんですよね?(聞くな)
レスラーってば成り行きでナヴァービと寝たんだけど、ナヴァービがリズに協力してるのにキレて首にしようとしたり変に大活躍。アラムはそれを知って結構長々とレスラーに怒ってる。ナヴァービを侮辱したりとかするからさあ。
でまあ、リズはロシア大使館に逃げ込んでみたりして、結局は身の証しを立てるんだけど丸腰の長官を撃ったのは事実なので捜査官には当たり前だが戻れません。当たり前とは思わないリズはぐちぐち言ってますがそれでもコンサルタントとしてレッドとポストに協力するのは変わらない。ナヴァービも戻る。
リズはそれでもテロリストとして名前が広まったので色々辛い目にも。
そんでまあ、トムの子を妊娠してるのが発覚。最初は里子に出そうとするがやめ、反対するレッドを押し切ってトムと結婚する事に。
しかしその教会がソロモンに襲われ、リズ産気づく。ソロモンを雇ったのはスコッティ(女性)でアレクサンダー・カークの依頼。先にバラすと このスコッティはトムの実の母。子供がさらわれ、それでもまだ生きてるのを信じてる可愛い部分も。闇社会に通じた女だけどね。
で、アレクサンダー・カークはリズの実の父。輸血したりしてるところを見ると、リズと子供の骨髄目当てかねえ。野暮な事を言うと親子じゃ適合しないけどな、兄弟とかでないと。それでも使えなくはないけど。日本は島国で日本人同士の結婚が多いから骨髄バンクでもドナーが見つかりやすいが、移民や混血で人種の多いアメリカではめちゃくちゃ難しいそうだから。
話を戻す。リズは無事に娘を生み、アグネスと名付けるが急変し死亡。
…死亡だって。絶対死んでないのに。視聴者誰も信じないわい。ミスター・キャプランが絡んでそうで嫌な予感が。
レッドがまた、それからしばらく落ち込んでるわ復讐鬼と化すわでもうわやくちゃ。トムはエラソーにアグネスに使づくなとか言うし。
そしてこの2人が何をしたかと言いうと、嘆き悲しむ人たちを尻目に親子3人キューバで出直す計画。最悪だなマジで。しかも自信満々にもう安全だとか言うけど瞬時に襲われるし。
気が付いたレッドが駆けつけるも遅く、カークに連れ去られた後。親子の名乗りあり。トムは生死不明。ちなみにスピンオフはトムに撃たれても生きてたソロモンとトムらしいけど詳しい事は分かりません。
レッドは心から信用してたキャプランが裏切った、しかも失敗したので怒り心頭。これもどうなるかは次シーズン。
リズが生きて出て来たときはなんかがっかりしちゃいました。知ってたけど。しかしリズ、何人父親いるんだよ。
段々適当に見だしたので色々分からなくなったけど、リズにレッドが執着するのって結局母親の事でなんだっけ。もうホントに分かってない私です。
[PR]

by hyakurin | 2016-07-03 06:54 | 海外ドラマ | Trackback | Comments(0)