タグ:大河ドラマ ( 85 ) タグの人気記事

雑日記 悩みは尽きぬ

どうも、そう言えばプレミアムフライデーとか言うのが始まるのではと朝夫に聞いてみたら「そんなものはない」とシンプルな答えが返ってきました。かえって悲哀が伝わるなと思った管理人です。
なんかネット見てると色々企画が嫌でも目に入って来るけど実際に恩恵を得る人ってそんなにいるのかね。

錦織選手のアルゼンチン・オープンは結局ドルゴポロフに負けて準優勝。これで決勝で負けたのが6連続らしいですが。
うーん、そりゃ優勝するのは簡単じゃないでしょとも思う訳で。むしろ決勝までしょっちゅう行ってる、くらいのポジティブな見方でも良くないみたいな。そりゃ優勝はして欲しいけど。
もうこの大会より格上のリオ・オープン始まりますし。初戦はベルッチ、クレーだとちょっと嫌な相手ですかね。
これは見られるはずなので見て行きたいと。

なんとなく大河ドラマ「おんな城主直虎」も昇太さん以外の場面もちらちら見ているのですが、今回の放送で主人公の好きな男(三浦春馬、見た目は爽やかなイケメン、井伊家の人でしょ役名は亀?)が物凄いドクズな行動をしていてびっくりする。
幼馴染で三角関係で身分とか関係的にも複雑らしい高橋一生(今川家よりなのかな、名前は鶴?)に土壇場で検地で隠してやり過ごそうとしてた土地が見つかったその場のしのぎを丸投げしやがった。その時の高橋一生の表情が素晴らしかったよ。
その後もおとわのためなんだからいいじゃん、的な発言をする春馬。フラれてる上に、好きな男を助けたいと直談判までされちゃってる一生に対してその発言。なんなのその無邪気、悪気がない(のかなああああ)だけに物凄いムカつく。
どうせあれでしょ、イケメン無罪なんでしょとネットの感想を見てみたら春馬が「爽やかクズ」とか呼ばれていて思わず今年一番笑ってしまいました。だよねえ、アレひどいよねえ。良かった、世間と認識がずれてなくて。
もうすぐ昇太さん、じゃなくて義元が死んじゃうので見るのは終わるつもりだったけど春馬の最期は見ようかなあ、そんなに先じゃないよね。

先日買い物に行ったらレジのお姉さんとの間で金銭のやり取りの間に静電気もやり取りしてしまう。多分着ていたコートがフリースみたいな素材だったのがいけないのかなと思いますが、まあ私はとにかく静電気が凄いんです。
ドアノブとか定番なものだけではなく、買い物で豆腐を取ろうとすればビリっ。音が周りの人に聞こえるくらいバチっと行きます。それでも今まではそういう無生物だけだったのに最近はこたつで座っていて、寝ている猫の鼻をつっつこうとしたらバチっとかましてしまい、物凄い被害者面をされて怒られました。さすがに動いてもない猫とまでとびっくり。
静電気防止グッズは一切役に立たないし困る。他人にかましちゃうのが困る。

困ると言えば私は前にも「道聞かれ顔」と言う話は散々したのです。ようするに旅先であろうと道に迷って地図を見ていようと他にも人がたくさんいて私はヘッドフォンをつけていると言う状態であろうと、とにかく人に道を聞かれるって事。
と言うかわりかし前から気が付いてましたが、私って「おばちゃんに突然に話しかけられたり触られたりする女」なんですね。いやもう私もおばさんですけど、もう少し上の年代って事で。
特にここのところ、夫と買い物に行くとやたらとその法則が発動。夫はいままで知らなかったらしく驚いてましたが、私には日常ですよ。
まず信号待ちしていたら突然後ろから着ていたコートのフードを触られる。振り返る間もなく「なんか変なになってるのが気になって直しちゃった、あら旦那さんとお揃いなのいいわね」と言って去って行く知らない人。
そんなにフード変だった?と夫に聞くも、夫は「なんか変なモン入れられてない?」とか心配してました。うん、まあそういう事もあるだろうね。でもあの相手だと違うんだな。あと、確かに同じようなモッズコートで色も似たようなカーキだけど断じてお揃いじゃない、丈が全然違いますからとそっちを訂正したかったよ。注目されてたし。
別の日にスーパーのペットフードコーナーにて、年寄り猫の食べそうなフードを物色しているときにそのコーナーに先にいた人の横から手を出して取ろうとしたら急に始まるマシンガントーク。
私「(夫に)これ食べたよね?」
知らない人「あらあなたの猫ちゃんも食べないの?でもこれ食べるわよね?いくつなの?何匹いるの?」
私「ああと、2匹です。これは前は食べたような(夫を振り返るも少し離れて逃げている)」
それからしばらく猫トーク。
おばちゃんが去った後、戻った夫が「知り合い?」と聞いてくるももちろん知らない人ですよ。
「ええ、じゃあなんで話したの」
「だって話しかけられてるんだから、返さなきゃ終わらないし。と言うかあなたが入って来て止めたらいいんじゃないの?」
「邪魔しちゃ悪いと思って」
話し方で知り合いか違うかくらい分かれ、と言うか頼むから助けてください、と思う私。まあ、無理かな。

何と言うか、おばちゃんって人に話しかけますよね。もう立派な中年の年頃になろうというのにいまだにそういう事ができない私なのですが、ホントにもういよいよアラフォーとは言えない歳になる訳です。
態度も身なりもこのままでいいのかと悩む事が増えました。特に身なり。
私は基本、服は通販です。理由はサイズとかまあごにょごにょ。
その筋では有名なニッセンとかで買っているのですが、どうもしっくり来ない事が多くなり困っていました。
なんでこの色なのそれにこの柄いらなくないかなあとか、なんでスカートこの丈かなもう少しだけでいいから長ければなあ、なんでこの色で裾をかがるのかなあいらないなあ、なんでこんな波打ったデザインにするんだろうストレートでいいのになあ、うんぬん。
そんな時ふと、最近よく広告が目につくようになったベルーナを覗いて見てびっくり、あらいいじゃないってのがあったの。サイズもあるし、値段も試すには手頃だしこりゃいいわといくつか買いまして。
実際に届いて着て見ても、ああしっくりくる。と思って気が付いた。思いっきり「ミセス」ってカタログの売り文句に書いてあるわ、そりゃしっくりくるわ。なるほどな!
ニッセンって若いのから30代、それよりはもっと上かなんだよ、その中間がなかったの(いや、あるんだけどサイズがね)
ベルーナいいよシンプルだし、それなりに流行も取り入れてるし。私は自分の幅が広がった事を寿ぐよ。
そしてずっと若い頃から今に至るまでカタログを送り続けてくるイマージュをそろそろやめよう、と思いました。もうこれこそサイズも年代も一切合わないの。ここ10年以上、靴とかストールとか小物のたぐいしか買ってない、それすらこの数年はないのに律儀なんだよねえ。
何かを得たら捨てないと、溜まる一方だからね!
悲しくなんかないもん。

さあ、明日は20年ぶりくらいに町田へ行きます。
町田の駅前って歩道橋で色々繋がっててごちゃごちゃしてるイメージなんだけど果たして私は正しいところで降りて、市民ホールへたどり着けるでしょうか。怖い。

[PR]

by hyakurin | 2017-02-21 09:39 | 日記 | Trackback | Comments(0)

おんな城主 直虎 第三話を見ての雑感、主に今川

きっぱり期間限定、しかも今川義元公が出ている回のみという視聴者です。
ただ春風亭昇太師匠が見たいだけ。

今川義元、今川家の知識は「武田信玄」(勘九郎が義元)ぐらいしかなく、しかも当時は上杉家しか主に目に入ってない。「風林火山」は見た事ない程度です。


四話で太守様の出番がなかったので暇な時に三話を見ては、太守様の酷薄そうなお顔がいいなあ、でも声がかわいいのねとかにやにやしていただけの私ですが、しばらくしてようやく自分の知識記憶と齟齬があるのに気が付きました。
まず佐名。あの、瀬名の母なんですよね、で瀬名と言えば将来は築山殿ですよね。なら佐名って義元の妹(氏親の娘)じゃないのと混乱する私。井伊家の女性なのとそこから躓く。
直虎のHPとかそこらを色々見て、へえ井伊家から人質で来てお手がついて、それから寿桂尼の養女になってそんで家臣に下賜されてから瀬名が生まれたって説なのか。
というかなら人質で来て太守様のお手付きになったら別に怒る事じゃないじゃん。そこで側室とかにはなれなくてもそれなりの家臣に正室にさせたんでしょ、井伊家としたら別に損してないし、佐名的にも悪くないでしょ。
今の価値観で見たらアレですけど、そもそもその経緯ならお手付きにした後、義元様としては結構厚遇なんじゃないの。義元の正室とか絶対無理だし。武田家くらいでないと釣り合わないよ。まあもう大河ドラマでこの辺突っ込んだら負けか。
蹴鞠合戦とかはまあもう。今川家は謀反人の首は返して葬式上げさせてやるし、何度も何度も勝負挑まれても受けてやるほど嫡男も優しいのねでもいいや。嫡男は蹴鞠馬鹿だし。
雪斎様もいい感じだったのにもう出ないのか、残念。
今後、ますます今川家が悪者になる展開らしいけどそもそも井伊家の苦難は桶狭間で義元が散った後から本格的になるんじゃないのかね。正直、義元に死なれて困る家のかなり上位でしょ。
まあとにかく後5話だから、大人しく見よう。
太守様のお声は後何回聞けるのかな、桶狭間ではどう散るのかな、この辺が楽しみ。

さて、そこで私のオタク気質が騒ぐのです。
そもそも今川義元の事、知らないわ。ここで通常ならある程度の流れを調べて小説でも読んでみると言うのが私のやり方なのですが調べて驚いた。
今川義元が主人公の小説なんてない。ほぼない。
あ、あれだけの大名じゃん。私が知ってるだけでも、五男だから寺に幼くして突っ込まれ、でものちの大軍師雪斎が教育係で寺と言うより京都とか行ったり、怪しくも父親と長男が同時期に一気に死んで家臣に担ぎ出されて異母弟と家督争いして、それでも桶狭間の時期にはあれほどの大軍を動かせる大大名になってる訳ですよ。
昇太師匠が言うようにけっしておじゃるな凡将ではない、海道一の弓取りですよ。
なのに桶狭間一発でこの扱いなのねえ。なんかもったいなくないか。桶狭間と嫡男が蹴鞠馬鹿ってのがそんなに駄目か。
面白い小説書けそうじゃん。浅田次郎辺りが書いたら面白いよきっと。
寿桂尼が主人公の小説と後は幸田露伴とか出て来ちゃう。
しょうがないので本編は読んだ事がない「センゴク」の番外編の「桶狭間戦記」買ってみた。義元様がかっこいいらしい。

それとやっぱり「風林火山」見るべきなのか、結局そこなのか。
あのドラマは主人公も苦手で色々苦手でガックンがアレでで。このドラマだと義元様は谷原章介、なんかイケメン。今川義元自体結構イケメン説もあるらしいね。
とか思ってたら好都合、2月からチャンネル銀河で「風林火山」やるらしい。ならこっちも桶狭間まで見てみようかな。
直虎の事、ほとんど書いてない。すまん、子供は苦手なのです。井伊家に興味もないし。

[PR]

by hyakurin | 2017-01-30 15:25 | 日本のドラマ | Trackback | Comments(0)

雑日記 波アリ人生

どうも、今年の大河ドラマ「おんな城主直虎」は今川義元登場シーン以外ほとんど見ていない管理人です。
と言うか今のところ有名なのって義元だけなんですね。今週はいよいよ喋るみたいで楽しみです。しかし昇太さんって言われないとホントに分かんないですねえ。眼鏡と麿メイクでああも変わるかね。やっぱり若く見える秘訣はお肌ってのがよく分かる。昇太さんの地の肌が本当に綺麗だもん。

今年に入ってからなんだかまあ、色んな食器類を割ってます。
ペアのワイングラス一脚に急須の蓋に一番良く使う2枚組のお皿1枚、その他にも器やらか割れたり欠けたり。どれも微妙に一つずつ残ったり本体無事だったりするのがいやらしいところで。
ワイングラスなんかちょっと食器棚の中で倒しただけなのに。食器棚の一番上って微妙に手が届かないんですよ、背が低いから。だから普段は夫に頼むんだけど、なんかその頃夫とテンポが合わずにイラついてて自分でやってそのざまですよ。余計ムカつく。
頼んだ荷物は来ないし、まあ今年は色々初手からなんか波乱含みな雰囲気。


と、ここまで一週間前に書いて放置してました。
「おんな城主直虎」ではついに義元様喋りましたね。声が若い。そもそもあの時期の義元様は20代だからそれはそれで合ってるのかもな。雪斎も佐野史郎で凄い曲者感がよかったけどなんかもう出ないらしい。残念。

再び体調崩して落語会も一つ飛ばしたし、錦織選手はフェデラーに負けるしと愚痴愚痴言っていたらようやく良い事が。
4月の昇太さんも出る某新聞社主催の落語会取れた。それも新作の会でSWAメンバーほぼそろうヤツ。2月の下北沢では玉砕したけど取れましたよ。これ本当に嬉しい。昇太さんの新作落語が聞ける、と思うだけで生きていける。
場所が渋谷なのはアレだが、この際もう場所も席もどうでもいいの。本当に嬉しい。

そして渋谷と言えば来月からBunkamuraで「ゴールドマン コレクション これぞ暁斎! 世界が認めたその画力」ってのがありまして。もう最近は国芳やら若冲なんて見ようたって中々見れない、若冲なんか東京の美術館で6時間待ちだとかドン引きですよ。その内河鍋暁斎なんかもそんな感じかね、なんて思ってたのでこれは嬉しい。
私は絵はまったく詳しくないんですが、まあちょっと見たいと思う事もあります。猫目当てと言えなくもないけどね。地獄太夫も烏も楽しみだ。
しかもこの企画、音声ガイドが昇太さんという奇跡。好きな物に好きな物、最高じゃんって事で早速前売り買ったのさ。これ開催されてからだと買えないみたいで。気が付いてよかったー。
結構期間は余裕があるのでいつ行こうか考え中。

なんか楽しみが出来てちょっと気を取り直しました。単純だけど。

[PR]

by hyakurin | 2017-01-24 18:09 | 日記 | Trackback | Comments(0)

雑日記 テニスと大河と落語と

昨日の錦織選手のワウリンカ戦、素晴らしかったなあと思ったら客席に出川と中岡がいてびっくりした管理人です。
何と言うか、テニスもメジャーになったもんだとしみじみ思いました。
錦織選手も気が付いてサインしてあげてましたね。
今日はラオニッチかと思ったらディミトロフ、まああくまで全豪への肩慣らし大会ではありますが勝つのは良い事ですから。今夜も楽しみに観戦したいと思います。

wowowには言いたい事はありつつも、昨日のように博多落語天神祭なんてやってもらうと、もう少し契約しとこうと思う。テニスもあるけど、こうやってもっと落語とか放送したっていいのよ。
昇太さんが時間をかけて「ちりとてちん」喋るの見られたし。中々博多に行こうとはならないだけにありがたい。
どうでもいいが昇太さんの着物の色合わせは素敵だなあと特に昨日の放送見て思いました。ああいう柔らかい色合わせって男性でやる人あんまりいないと思うんだけど、多分。似合うし趣味がいい。
他の人の落語もさすがに素晴らしい。楽しかった。
博多の人が羨ましい。と言うか、こっちだと全然取れないメンツでも名古屋とかだと余ってたりするし、東京付近に住んでいると良い事が多いけど、人が多いから残念な事もあるよなと思う。いっそ今年は羽ばたくかな、日帰り出来る範囲は。

そしていよいよ今晩から大河ドラマ「おんな城主直虎」ですね。
個人的にはまあ、今川義元の昇太さんが見たいだけなので9話で離脱予定ですが、楽しみではあります。ここで夫を巻き込むと一度見たらやめない人なので(なんせ清盛だって見たもんな)1年録画を気にかけないとならなくなるので一人で見ます。夫は録画が出来ないふりしてやらない人なので。あんな簡単な作業、出来ない訳あるかっての。
話がそれた。とにかく、ダークで有能なかつてない今川義元になっている、らしいので期待して見たいと思います。

[PR]

by hyakurin | 2017-01-08 10:29 | 日記 | Trackback | Comments(0)

雑日記 クリーピーとボンゴレと大河と

どうも、新しいスタトレでチェコフ役だった方が亡くなったと知りとても悲しい管理人です。
チェコフ、年少だけど天才でちょっとロシア訛りでかわいくて。まだまだこれからだったでしょうに事故で。本当に残念です。ビヨンドは心して見たいと思います。


さて映画と言えば黒沢清監督の新作、始まってますね。「クリーピー 偽りの隣人」で、原作があるらしいですがまったく知らずに行こうとしてます。
ただ怖いの苦手なんで(そもそもそれでなんで黒沢清ファンなのか…)知らずに行って大丈夫か様子を探ってみると、監督のファンじゃない人はいつも通り「意味不明」的な批判が多く、監督のファンはファンで「CURE」と比べると〜みたいな。てことは、サイコスリラーで原作無視だ。通常運転ですな、と察しをつける。
今まで途中で見るのが耐えきれずに下向いてたのは「回路」だけだから大丈夫だろうって事で水曜日に行こうかな。でもそうすると主演の方のファンばっかりかしら。
…しかし「回路」でそんなにビビるかって言うとビビる。ホラーは根本的に苦手です。
ちなみに「ドッペルゲンガー」は借りて見たんだが、家で下向いてました。「LOFT」は怖かったけど、怖いよりトヨエツの「動けるなら最初から動け」が面白かったから大丈夫でした。


ボンゴレ・ビアンコがどうしても今一歩な件。
春先から納得行くボンゴレが作りたくて何度も作っちゃ今一。キノコ入りで上手く作りたいのだけど、つい和風っぽくしちゃったり。
最近はもう迷子で、今日は水分が少なかったしバターを入れたら多かった。唐辛子も入れるか迷い、丸ごと1本入れたけど全然きいてなかった。切った方が良かったか。
仕上げはバターよりオリーブオイルの方が好みかなあとか、何度作っても後悔が。
パスタは最近は一鍋で作れるレシピのが上手く行く。普通はパスタは茹でながら、別のコンロでソース作る訳ですが、そうすると他の料理がしにくいですよね、狭い台所だと。
それをひとつの鍋でやってしまうというレシピ本を入手したのでやってみたらこれがいい。私には合ってる。
でもボンゴレも、いつか自分好みの味にしたい。


大河ドラマの「真田丸」と再放送の「武田信玄」をどちらもまだ見てます。
「武田信玄」はようやく長尾景虎様がご登場。いいなあ19歳(柴田さんこの時30オーバー)で、早速天罰だの神に変わって成敗するだの、天子様をお守りして美しい世の中だの、きらきらした遠い目で言っちゃってる。
このヤバイ感じがたまらない。こうしてこれきっかけで上杉謙信オタクになる女子中学生。よく苛められなかったなあ。まあ学校では(一応、幽霊部員だけど)バスケ部だったし、うまい事隠してたからな。でもだから、休みでも部活でうんざりはしてた。今、部活動の見直しやるらしいけど良い事だよ、休み欲しいもん。
話を戻す。この後、様々な史書とか小説を読み、むしろ景勝様のファンになったワタクシは天×人でもうドラマに期待しないと心がボッキボキに折れたのですが、今見ると「武田信玄」もやや怪しいところがある。
まあ昔だから今とは史実も変わってるし。
小さい事だけど、源助がしれっと騎馬武者に出世してるってのが。この人未来の高坂弾正でしょう、つまり御屋形様とあれがあれで、出世したんでしょ。それはまあそっとしといた方がいいか。
でもドラマとして面白いからあり。これは「真田丸」にも言える事。特に「武田信玄」見ると合戦シーンが多くていいよなあ。「真田丸」はどうも、最初から排除してやろうやろうとしてるらしい、三谷の意向で。

だって北条の小田原攻めで、徳川はともかく、上杉景勝と真田昌幸が3人揃って氏政の説得に行っちゃうとかはさすがにびっくり。だって後の2人は北条を怨敵と思ってて、滅びたってどうでもいい人たちじゃん。特に上杉なんて偉大な先代様が滅ぼそう滅ぼそうとして滅ぼせなかった北条じゃん。
数年前に説得は黒田如水がやってなかったっけ、それも初回で。これはそっちのが正しい。
それにこの時上杉と真田は八王子で虐殺やってた頃では…、と思うところはあるんですよ。
でもそれでも「真田丸」はドラマとしてまだ面白いからあり。上杉主従のキャラも素晴らしいからあり。別に何が何でも史実通りにやれなんて思ってないですよ。天地×だって、死ぬほど楽しみにしてた手取川の合戦を飛ばされて悔しかったし、代わりに兼続の寺修行とかやってたからアレな訳で。
しつこい上杉ファンですみません。まさか「真田丸」で救済されるとはね。でも今後の展開ではまだ油断できないけど。油断てなんだ。
伊達のずんだ餅とか小さいところ拾ってくるのは面白い。三成が戦のセンスがなさすぎるとか。
特に最初、直江が御屋形様じゃなくて、殿って呼んでてああこっちもそれかあと思ってたら、数回後には御屋形様になってたし。やっぱり上杉とか武田は殿だとちょっと嫌です。
それと「武田信玄」で北条家がどーんとのさばって来た日に、その数時間後の「真田丸」では北条滅亡ってのが無情だなあって。世代が違うとこうなっちゃうってのが面白い。歴史の面白さですね。
また上杉が出てきたら真面目に見ようと思います、真田丸。
[PR]

by hyakurin | 2016-06-21 16:27 | 日記 | Trackback | Comments(0)

真田丸と武田信玄

真田丸は結構楽しく見てます。上杉のターンが終わるまでは確実に見ると思います。でも三成と大谷さんが気になるから結局見るでしょうが。
それでもなんだかんだでやっぱり、私には上杉なのでございます。

もちろんまあ、言いたい事はなくはないんですけど。でも今のところ景勝様かっこいいし、20代半ばには見えないけど、直江まともだし泣かないし(天××へのルサンチマンいまだ衰えず)
何より上杉軍のかっこいいこと。私は「風林火山」はほとんど見ていないので比べられないんですが、本当にアレよりかっこいいです。
まさか真田丸で上杉を見直すとかねえ、この後が怖いなあ。でも新発田との内乱で苦労してるとか、上杉メインの大河より分かりやすいとかどうなん。

このようにとにかく上杉贔屓な私ですが、発端は「天と地と」を読んだ事です。間違っても映画ではなく小説です。中学に入った頃ですかね。
で、しばらくして大河ドラマ「武田信玄」が始まります。前年の「独眼竜政宗」が好き過ぎて実はそんなに欠かさず真面目には見ていないのですが。
と言うか主役筋の武田家が暗いし、怖いんだって。主役は「おここーおここー」だし、八重とか言う妖怪染みたおばさん怖いし(馬鹿にはしてませんよ)
それに比べると上杉側はなんかよかったんですよ。柴田恭兵が元々大好きなんですが、ちょっと神憑りなヤバい雰囲気も良いし、力強さもあって。それに上杉家の家風が好きでね。
これで私の上杉贔屓は決定的になりました。

でも「武田信玄」は本放送でしか見たことがなくて。今あえて見てみたいなと思っていたら渡りに舟。来月からBSで放送開始。こりゃいいなと思ったら1週間1話放送。真田丸も終わっちゃうよ!
せめて2話放送とかにして欲しかった。いや見られていいけど。
来月からは大河ドラマ2本立て、濃いなー。真田丸も濃いのに、武田信玄はもっと濃いからなー。
でも楽しみ。
[PR]

by hyakurin | 2016-03-14 21:44 | 日本のドラマ | Trackback | Comments(0)

真田丸 1話船出 2話決断 見ました

過去の大河へのアレな思いとか色々ありつつ、見ましたよ真田丸。
まずね、三谷幸喜と言えば「新選組!」ですよね。私あれ好きだったですよ。でも例えばナレーションは入れないとか、どうしても池田屋を史実通りの日付でやりたいからと言うんで、前半のかったるーい展開、なんかは支持しないです。キャストをなるべく本当の年代で揃えたのは良かったと思いますけど。
真田丸は、分かりやすく聞き取りやすい(重要)ナレーションもあるし、信長の野望張りの地図は入るしでその辺は良かったですね。キャストはやや老けてますけどね。幸村の子供の頃からやるのかなって思ったら結構な大人からでしたね。とはいってもあの兄弟、15とかだと思うけど。
ただ私、真田家って正直あんまり詳しくないんですよ。だから詳しいばっかりに嫌な事ばっかり目についた「天地人」よりずっと楽しく穏やかに見られましたね。まあアレの問題点はもっとあるけどよ。

話を戻そう。大泉洋が信幸ってどうなんじゃろと思ってたけどいやいや、アップにさえならなければ大泉って事を忘れてましたよ。真面目で堅物、中々いいんじゃない。
堺さん草刈さんにはなんの心配もないし。特に真田家なら親父殿は幸村より重要なくらいだからね。良かったです。てか信繁を幸村って書いちゃまずいか。
武田家滅亡シーンも天地人よりうんとまとも。すいませんどうしても比べてしまう。
でも久しぶりに大河ドラマをのんびり楽しめそうです。ここまでは。今後は合戦をちゃんとロケでやって欲しいですね。
いちいち感想は書かないと思いますけど、気が向いたらって事で。
とりあえずガイド本買おうと思います。
[PR]

by hyakurin | 2016-01-18 13:47 | 日本のドラマ | Trackback | Comments(0)

雑日記 悪いクセの事

いやー、なんなんでしょうかこの暑さ!
今日は横浜開港記念日で、横浜市民には市立学校はお休みの懐かしい日でございます。よく横浜公園(ハマスタの周り)やら大通り公園やらでバザーやイベントがあって、出かけて行ったものですがその時にこんなに暑かった記憶がまったくない。てか普通に小中学生の頃は長袖着ていたような気がするんだけど…。どうなっておるのか。
相変わらず体がこの暑さについていけず、ウダウダしてます。もう、無理色々。だからと言ってさすがにエアコンで冷やすほどでもないし(だいたいまだ掃除してねえ)そこら中を開けっ放して扇風機を回し、サーキュレーターを直撃させて凌いでいますが、暑いよ。でも土曜日は湿度も高くて死にそうだったけど、それよりはマシか(新宿往復のダメージがまだ抜けない)

悪いクセって言うか、まあテキトーと言うか。
今晩の冷し中華用に錦糸卵を焼いたんだけど、これがまあ微妙な出来栄えで。
私もそれなりに主婦やってるので、もちろん錦糸卵の作り方くらいは心得てます。卵はよくほぐしたら茶漉しで漉す、水で溶いた少量の片栗粉と塩を極少々、油を薄く塗るくらいフライパンに引き、よく熱したら濡れふきんで少し温度を下げ、卵を入れて回し余ったら戻す。菜箸を使ってひっくり返してさっと焼いたら出来上がり。
ね、手順はよくよく知ってますの。ただ、実践するのは水溶き片栗粉入れるくらいですね。だって卵1コ分しか焼かないし。
そしてどうなるかと言うと、頑張って卵を薄く焼いてボロボロになるギリギリまで細く切った物、が出来上がる。どう優しく見ても錦糸卵とは言い切れないが、ならなんだと言うと錦糸卵かなあ、みたいな。
ま、これも家庭の味ですよね(無理があるのは分かってる)
素直にちゃんと手順を踏んで、錦糸卵たっぷりの冷し中華とか作ればいいのにねえ。テキトーの精神が邪魔をするのは開港祭を楽しんでいた頃からちっとも変わりやしないのでした。

昨日のドラマ。
・軍師官兵衛。
とうとう、竹中半兵衛様お亡くなりに。今までドラマで見た中では相当、気に入る死に様でした。大河ドラマなら、利家とまつとかより全然な。最近だとテレ東の「二人の軍師」が好きなんだけど、半兵衛が陣中で死んでないし、秀吉が看取ってないのがかなり惜しかったので、これはいいと。谷原章介も美しかったしね。
まあこれで後は、松寿丸のネタバレとかそれくらいしか見所ないわ。てか松寿丸と半兵衛があれだけ繋がりがあるならなぜついでに竹中半兵衛の息子も出さぬ…。

先週の読書。
・恒川光太郎「金色機械」
なにやら、新境地とか騒がれてたようだけど、そうでもなくないみたいな。今までの恒川光太郎が好きなら普通に面白いし、そうでないならちょっと変わった時代小説だよね。いや私は好きですけど。
しかし横浜の図書館で新作小説借りるのって、本当に待つわあ。忘れた頃って感じですよまさに。買って読んで即売り飛ばす、とかすればいいんだけどな。待ってる方が楽なんだよね。

今日の夕飯。
・冷し中華。鶏としめじの炊き込みご飯。卵豆腐。大根の味噌汁。
なんかもう、メニュー構築の軸がズレたまま直りません。なぜ冷し中華なのに炊き込みご飯。まあ冷し中華は野菜がもはやメインだから(言い訳)
迷いが味付けにも出るのか、炊き込みご飯も塩が少しばかり多かった。あ、とは思ったんだよ。その時に諦めて一度、米をすすぐ選択肢もあったのに結局、まあ今日は暑いから汗かいたから塩分多めで、とかしちゃうのがテキトー精神の象徴。ダメ人間。
[PR]

by hyakurin | 2014-06-02 19:09 | 日記 | Trackback | Comments(0)

雑日記 再来年の大河ドラマの事

今日はまだテニスについて考えながら、返却期限がヤバいDVDを見たり、HDDを空けるのにいくつか見たり。でもまだいっぱいだー。DVDもまだ6時間分くらいあります。

さて大河ドラマ。天地人で愛想が尽きてもう真剣に見ねえと誓っているし、真田幸村にもさして思い入れはないし、三谷幸喜も好きじゃないからどうでもいいっちゃいいんだけど、三谷幸喜で大河ドラマと言えばねえ。新選組!ですよねえ。
不本意ではあるが、私あれにはハマったんですね。キャスティングにやられたっつうか、土方歳三(好きなんすよ)が理想過ぎて。
だから見るとは思うけど、キャスト次第だなー。題材には興味薄い訳だから。
なんかあまり若い人でなくベテラン登用するとかなんとか。てかでも幸村は若いだろ幸村は。それにあんたが大河ドラマに若い俳優大量投入した先駆けみたいなもんじゃんか。と、三谷には言いたいところ。

今日の夕飯。
・雑穀入りご飯。鮭の照り焼き。鶏とモヤシとチンゲンサイの生姜風味炒め。あさりの味噌汁。茹でそら豆。
そら豆をたくさんもらったので浸し豆にでもしようと思ったけど、結局シンプルに茹でて食べました。
モヤシのヒゲ取りとかもしませんし(きっとヒゲにも栄養あるよと)私の料理は雑です。
[PR]

by hyakurin | 2014-05-12 23:37 | 日記 | Trackback | Comments(0)

軍師官兵衛 第一回見た

と言う訳で1年ぶりに大河ドラマを見ました。一昨年と違って、画面粉まみれじゃないし見やすくてまずそこがストレスフリーでよかったです。
が、途中で思いっきり寝てしまう。考えたら私、いまいち如水の事知らないんですよねえ。両兵衛だと完全に竹中半兵衛が好きなんで。今回演じるの、谷原章介なんですよねえ。なんか随分元気そうな…。まあ、数年前のテレ東の新春時代劇の山本耕史もハマり役だったけど、まあまあ丈夫そうだったしな。
ああもう如水から話が話が逸れた。
とにかく薬草摘みに行った辺りで寝てしまい、録画を見直しました。夫の食い付きがいいので(この人は岡田くんが好きです、私より好きな俳優さんの多い男です)多分、しばらくは見ると思うので、半兵衛も見たいし、あまり初回から突っ込むのもね。詳しくないしね。
おそらく半兵衛の扱い如何では物凄い言いたい事も出てきそうだし。うるさいですよ、私。
それに官兵衛が主役って事は、きっと善人キャラだよね。初手からそんな感じだったし。そこに強烈な違和感がすでにある私である。軍師なんて、善人じゃ駄目じゃね、多分。

ただやっぱり、小田原攻略で官兵衛が自ら投降呼びかけに行っちゃうとか、矢も弾も当たらないとかはちょっとね…。てか最近の大河ってなんでまず、最後を見せるんでしょ。
それに万吉があんな事しでかしたら傅役はまず、死ななくちゃならないよね。ちょっと他所の領土に嫡男が入っちゃいました、当主が引き取りに行っちゃいましたとか軽いなあ。
軽いと言えば桶狭間の戦いも、いきなり賢くなった万吉の感想も軽かったけど。
それとこの先、官兵衛の妻が中谷美紀でその姉役が酒井若菜って無理ありすぎじゃないか。あまり一緒にいるシーンがないならいいけどさ。

キャストで言えば、やっぱり私は竹中直人にまた秀吉を演じさせるのは禁じ手に近いと思うんだけどな。私が鮮明に記憶にある世代だからかもしれないけど、まるで主役が2人いるみたいに感じるんだもの。竹中直人の秀吉は強烈なドラマだったし。

なんにせよまだ1話しか見てませんし、突っ込むほどの知識がある場面まではまだ時間かかりそうなんでしばらくはおとなしく見たいと思います。
[PR]

by hyakurin | 2014-01-07 03:09 | 日本のドラマ | Trackback | Comments(0)