Re:Genesis 3(リ・ジェネシスS3 死にゆく大地)

ネタバレ注意。


今回も過激なシーンから始まるリジェネ。ジョアンナとお楽しみ中のデヴィッド、一応カルロスに気を使ってるのかごまかそうとしたけど、全然でしたね。
しかしジョアンナと結婚してるときにカルロスは男に走ったのか…。そりゃ女としてはショックだし傷つくよ。相手が女でも傷つくのに…。
それですっかり愛を信じないようになったようですが、やたらとその手のシーンが多くてもあんまり嬉しくない。
それはそうと、デヴィッドのところから帰るレイチェルを何でウェスが拾いにきたのやら。この2人、なんかあるのかな。
メイコは鏡を使った療法が上手くいきそうでよかった。でも今度はボブになんかありそうな予告編。ボブにもあるんだろうな、事故の影響…。そう考えるとカルロスめっちゃ強い。

結局湖の水銀汚染はどうやら遠く離れた中国の石炭を使った発電所の大気汚染のせいらしい。でもそこまで行くともうノーバックではどうにもならないわけで。湖を今浄化したところで一時凌ぎだもんな。
無力感を味わうデヴィッドがカール(レイチェルの旦那)の幻影を見て、そのカールが金金言ってるのは本当に笑えない。私たちはみんな環境破壊に関わってるんだしね。一人残らず。そう考えると本当に暗い気持ちになります。

そんな事をしてる内に急展開。別の調査に飛ばされたジョアンナがCDADに感染。どうやら抗生物質に耐性があるらしくかなり重篤な状態に。
デヴィッドとカルロスは駆けつけるけど打つ手がないままあれよあれよという間に…。
カルロスがジョアンナに「僕が僕である事を許してくれてありがとう」みたいな事を言ったところで泣きそうに。ジョアンナはまだカルロスを愛してたんだろうなー。せつないな。
次回はメキシコの農場へ。というかまた農場か。
なんかカルロスが大暴れしてたのが気になるところ。
[PR]

# by hyakurin | 2008-06-04 03:01 | 海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

ブレイブ・ワン

ネタバレしてる上にまったく褒めてません。ご注意ください。


昨日見たミディアム3「直感とひらめき」に続いてまたも私刑・処刑人ネタ物を見てしまいました。偶然なんだけど。
もうどこから突っ込んだらいいのかわからないけど、これはアメリカは経験のない女性でもすぐ使いこなせて殺傷能力の高い銃をそこらで1000ドル出せば買えるんですよって銃の宣伝映画なの?
まず、エリカと恋人は気の毒ですよ。なんの落ち度もない幸せなカップルがあまりに理不尽な暴力にさらされて。このシーン、ちょっと泣きましたよ。
だからエリカが銃を求める気持ちはわかる。わかるけど、許可証がなくて買えなかったらすぐ他の店員が裏で使いやすい銃を売ってくれるってまあ、親切なモラルのない人ですこと。つか街中で売ってる銃が殺人に使われたらその線から追えないのかな、警察…。私がCSIの見すぎなのかな。

最初の殺人は正当防衛と言えば言えるかも。相手は強盗殺人を目の前でやらかしてるわけだし。でもその後の地下鉄からはもう、完全に処刑人ですよね。過剰防衛ですらない。
はしょって、オチもどうなのかなー。刑事さんとしてアレでいいの?
殺したのが悪い奴らばかりだから?
私もそりゃはここまで来たら復讐させてやりたいとちょっとは思ったけど。でもあんな偽装工作、すぐバレるでしょー。もうマック・テイラーを呼べ。
でも確かに見た後、色々考える映画ではあります。私だって、あんな目にあって銃があって目の前に敵がいたらそれは多分、いやそこで怖気づくか、だから話としてまずエリカにもコンビニ強盗を撃たせたのかなとか。
ああ、すっきりしない。でもきっとこの手の話に正解はないんでしょうね。

余談ですがこのDVDのおまけで入ってたドラマのクローザーにすっかりハマってしまいました。あらすじだけ見てそれほど好きなタイプの話でもないかなーと思ってたんですが、見てみたら。
主人公・ブレンダがキャリアで男社会でバリバリ活躍はそうなんだけど、格好が妙にフェミニンだったり片付け出来なかったりするところがなんか面白くて。
もうこれ以上見るドラマを増やしたくなかったんだけどな。まだボーンズもスーパーナチュラルも探偵事務所5も途中なのに。
[PR]

# by hyakurin | 2008-06-02 17:45 | 映画感想 | Trackback | Comments(0)

ミディアム3 直感とひらめき

ネタバレあり。


マリーちゃんがいっぱい喋ったー。かわええのう。
じゃなくて、そのマリーちゃんが砂嵐画面を見て喜んでいるのを見てジョーは自閉症を心配してます(というか、字幕は「心の病」になってたけど自閉症とそれを混同しない方がいいと思うけどなあ)
これは凄くまともな心配だと思う。アリソンは頭ごなしに否定してたけど。
結局はその砂嵐画面は有料チャンネルで、お金を払ってないデュボア家はもちろん番組を見られないわけだけど、マリーちゃんには見えてるらしい。ブリジットもかな。
なんて便利な能力なんでしょ。というかそれを「法律に違反してる」っていうジョーが面白かった。
それとドラマの中のTV番組でFBIのクーパー捜査官だの、被害者がダイアンだのスタッフ遊びすぎ。ツインピークス世代にはぐっとくるけどw

事件の方はすっきりしない終わり方だったなあ。
FBI捜査官の気持ちはわかるけど、証拠隠滅して釈放して処刑はどう考えても正義じゃない…。もっと捜査に力を入れるべきだし。
同じ捜査官で場所は違えど2度も重要証拠がなくなったら、捜査官のやってる事が露見してもよさそうだけどなあ。アリソンも追求は難しいと思うけど、もっと普段なら喰らい付くはずが、矛先が鈍ってるのはやっぱり捜査官を否定出来ないからなの?
すっきりしない。
犬が助かったのはよかった。
[PR]

# by hyakurin | 2008-06-02 10:10 | 海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

神保町花月「犯人と人質(オレ)」の感想

2日目に行ってまいりましたー。
なんだがお一人様が多かった気がします(私もだが)
ほぼ満席。さすがノンスタでしょうかね。
ひとつ素晴らしいのが入場の時に配られたチラシにちゃんと出演者と役名が書いてあった事。すぐ役名を忘れる私にとってはありがたいです。
タイトルから想像してたのとは少し違う内容でしたね。人質、というとなんとなくプラン9の「銀行のススメ」を思い浮かべていたからかも。実際はもっとほのぼのしたお話でした。

ではでは、以下ネタバレありで感想とちょっとのレポ書きます。信用ならない記憶に基づいたレポなので内容の齟齬等はご容赦ください。

その前に勝手に宣伝。
神保町花月「カーテン」DVD7月7日発売。amazonで予約すれば26%割引になって比較的お手ごろ価格。別に他のところでもぜひとも買い上げを。ブラックな内容がどうしても駄目という方以外にはオススメです。面白いです。

More
[PR]

# by hyakurin | 2008-05-30 02:38 | お笑い・落語 | Trackback(1) | Comments(0)

6月のお笑いライブの予定を書いておこう

自分の為のメモ代わり。

6月5日 神保町花月「ZOO」
6月15日 神保町花月「アグレッシブ6」
6月21日 よしもと若手おもしろオールスター大集合!~夏の夜の若手事変~(東京厚生年金会館大ホール)
6月28日 ダイナマイト関西2008~オープントーナメント大会~ルミネtheよしもと予選①
6月29日 ダイナマイト関西2008~オープントーナメント大会~ルミネtheよしもと予選②

先月書いたのより意外に増えてませんね。神保町のゆったり感班を増やしただけ。これはあらすじ見たら急に行って見たくなって買いました。後コントバトルがあると思うんだけどいまのところ予定が上がってこないので。あったら行くつもりです。
相変わらず若手オールスターは詳細が謎のまま。

それより7月が問題なんですよ…。まずルミネがワンコインだのプライムだのライブが増えたし(増えすぎだよマジで)神保町は1周年だし。
ルミネの先行はまだわかりませんが、トータルテンボス単独とD関は絶対行きたいし。先行駄目だったら1日に全てをかけるしかない…(追記:結局なんとか取れました)
神保町1周年はノブコブ班とヒデ班。希望公演全部は先行で取れなかったんですが、今の時点でも1公演ずつは確保。
ルミネのワンコインライブと青田買いに行きたいのがあるんだけど、他の神保町やらR-1リターンズやらに被ってるのでどうするか悩み中。
この調子で行ったら8月はどうなる事か。
[PR]

# by hyakurin | 2008-05-29 01:38 | お笑い雑記 | Trackback | Comments(0)

ミディアム3「機械の亡霊」 その他

まずはミディアム3「機械の亡霊」
ビデオカメラが犯行を映してて見せてくれるなんてアリソンの能力も実に便利だ事。無視しようとしたらカメラが警告までしてくれるなんて。
というかもう霊能力というよりは何でもありだ。サイコメトリーも出来るのか。
正解に辿り着くまでは時間がかかったけど。それにしてもデジタルビデオカメラ、随分高額だなあ。それとも日本の家電量販店で買い叩くのに慣れすぎなのかな。まあ我が家はデジカメすらないんでわかんないけど。
マリーちゃんもソロで登場してお喋りもして、今後はもうちょっと目立つかな。可愛いからもっと出て欲しい。ブリジットダンスも可愛かった。
電気屋の店員が最後ぺらぺら喋って全部持ってったのは面白かったな。

CSI:7「磔の女神」
グレッグが復帰はしたけど、まだ痛々しい顔面だなあ。くらいしか感想としてはなかったり。
宗教絡みはホント、イライラするわあ。喋ってくれりゃあもっと早く終わるのに。1話で事件がこれだけというのも淋しい。つまらない。

WOWOWドラマ「パンドラ」
全話見ました。なんというか、なんてスケールの小さいドラマなんだろうと言うのが一番の感想でございます。
だって、本来ガンを撲滅できる新型抗がん剤なんてもんができたらそれが世の中に与える影響は計り知れないでしょ。まさに今世紀最大の発明と言っても過言ではないわけで。実際途中から国家レベルの開発に代わった…はずなのに。はずなのに。
セキュリティーはなってないわ、開発者は野放しだわ全然国家レベルに見えやしないよ!
それにこの新薬はもう、絶対的な善なわけですよ。それに対抗できるものなんてそうそうあるわけもない。なのにそれに絡む出来事、小さい小さい。もうホントにスケール小さい、理屈も小さい。
登場人物の性格設定もなんか都合よくほいほい変わってるように見えるし。コニタン、ただ刺激が欲しかっただけとか何それ。あんなにうまく立ち回って狡賢そうに見えたのに…。
お話としては凄くいいのに、それがかえって残念な感じのドラマでしたー。
最後にちょっと考えたんだけど、風邪のウィルスに抗がん剤を乗せてそれが感染して体に行き渡ってガンを撲滅するわけですよね。だったらその抗がん剤入り風邪ウィルスを世の中にばら撒いちゃえばガン、治るんじゃないのと。感染させる方法、吸い込み式だったし。
そんな風邪ウィルスだったら大歓迎ですね。
[PR]

# by hyakurin | 2008-05-27 03:53 | 海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

Re:Genesis 3(リ・ジェネシスS3 心の傷)

ネタバレ注意。

今週も盛りだくさんですが、まずはなんと言ってもメイコー!
まさか義足だったとは…。セラピストとの会話で胸が痛かったのは、抗不安剤を拒否して鎮痛剤を要求した事。科学者で、薬の知識もあるんだから幻肢痛だってわかってるはずなのに…。鎮痛剤を飲んだところでない足の痛みが消えるわけないのに。
ボブは目薬差してるし、あの爆破事件はまだまだ尾を引きそうですね。でもデヴィッドだけは元気一杯で、カルロスの元妻に目を輝かせてましたが。カルロスってゲイじゃなかったっけ。
は、おいといてどうでもいいがメイコの新しい彼、イスラエルにいてノーバックのセキュリティ通れるってなんか怪しくないですか?
これ以上、嫌な事が起きなければいいのに。
とりあえず、レイチェルのもうすぐ元旦那と一応和解して、資金面はなんとかなったのかな。ウェスは臓器移植仲介業者の脅し方といい、根回しも上手いですねえ。って単純に捉えていいのかな。このドラマ、もうどこから何が来てもおかしくないからなあ。

もうひとつ衝撃的だったと言えばオーウェン!
ドーパミン遮断するんだもの、そりゃパーキンソン的な症状も出るよなあ。というかインフォームドコンセントはないのかよ。デヴィッドも彼女とヤルよりするべき事なんじゃなかったのかよ。
最初はオーウェンを心配してるそぶりも見せてたアンジー、今回は完全にオーウェンをラット扱いしててもう胸糞悪いったら。オーウェンには全然共感できないけど、これは気の毒だ。これで依存症治ったって、こんな治療役に立つとも思えない。ロボトミーみたいなものじゃないの。

シナトラの方はとりあえず一段落なのかな。蔓延もなんとか食い止められたし、後はワクチンを作ってもらうと。
それで新しく持ち込まれたのがカルロス元妻ジョアンナからの鳥インフルエンザかと思ったら水銀中毒らしいよ病。こちらも揉み消しがありそうだったり一筋縄ではいかない感じ。またデヴィッドがジョアンナと…で、しかもそのジョアンナも何か酷い目にあってるっぽいし(というかwowowは予告でネタバレしすぎじゃないか?)
水銀中毒と言えば水俣。ミナマタで通じるのが日本人としては残念な事。その上もみ消し工作、しかも理由が観光シーズンだから?
ああ色々胸糞悪い。まあそんなに単純でもないんだろうけど。最後池にぷかぷか浮いてたお魚ちゃんたちが不安感を煽ります。
と、こんなに続きが気になるドラマなのに26日の予約失敗してしまった…。金曜日まで見られないー。生殺しだー。
[PR]

# by hyakurin | 2008-05-27 02:38 | 海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

ラ・ゴリスターズLIVEレポと感想。その2。

引き続き曖昧な記憶で書いていきます。

「my graduation」
説明が難しいなあ。SPEEDのアレを全員で歌うだけといえばだけ。全員が白シャツに黒いパンツで合唱隊みたい。メロディーとかはちょっとおかしく変わってます。
基本的には2組に分かれて歌っているのですが、松兄のソロパートが突然あったりかなり面白かったです。Qちゃんのソロパートで暗転。

「天○○○又吉教」
タイトル忘れました。
教祖様(又吉)の前に相談者が3人(Qちゃん・硲・吉村)
徳井の進行で、教祖様に相談を始めます。
1人目の吉村は、教祖様はなんでもお見通しのはずだから一言で相談しますといい「コンバット」と…。
教祖様は言います(言葉遣いはきわめて普通)そんなのまだマシな方だと。あるお笑い芸人は(おそらくゴミ箱トークでの話)みんなTVで見るし相方もピンでTVに出てるのにそいつだけ見ない、と書かれていてショックだった。それで実の姉に相談したところ「直樹は面白すぎるんちゃう」と言われたと。
それで決めポーズを取って強引に終わり。
2人目の硲は「親父が再婚しようとしてるが、その相手が4人の子持ちで今更7人兄弟になりたくないのでなんとか阻止したい」(これ本当なのかな)
なんか適当な事を言ってポーズ。そしておもむろに後ろにかかっていた幕をとると十字架に磔になってる人が(石橋)
3人目のQちゃんは質問の前にポーズ。
客席に現れた刺客を教祖様が一言で倒したりした後で「ドカタの夏は暑い」などと意味不明のシュプレヒコール。
最後磔の人が「ドカタの夏は暑くないよ」
シュールだなあ。でも好き。

「野次ウザ男」
車のタイヤ(4つ前輪後輪の位置にきちんと並んでいる)の横でその持ち主(松田)と警備員(硲)が揉めていると、髪の長いオタク風の男(徳井)が突然写メを取り出す。
車のタイヤ以外の部分をすべて盗まれた松田はキレるが、徳井は待ち受けにすると。更に言われると地球のためだ、などと意味不明。松田も「車内に入るな」とかやや混乱しているよう。そんな松田に「土禁?」「スケルトン車?」などと言って気持ちを逆なでする徳井。
そして犯人を捕まえる手助けをすると言い出すのだが、終始ふざけているか意味不明。これ凄く面白かったんだけど、説明が難しいなあ。徳井がもう最高でした。ハンドル代わりにドーナツを持たせたり、クラクションを鳴らさせたり(徳井が口でプーって言うのですよ)
途中、タイヤの間を自転車に乗ったおばはん(石橋・いつものコントのおかん)が通り抜けてまた松兄がキレたり。長髪ヅラがズレるたびにおもむろに直す徳井とか。
このコントが一番好きです。

「ロングアイランドアイスティー」
バーテンダー(硲)と客(綾部・吉村)吉村は酔いつぶれて寝てしまう。綾部がオススメのカクテルを頼むと、ロングアイランドアイスティーを出して薀蓄をたれた後、上手側に移動して硲が自作のロングアイランドアイスティーと言う曲をピンスポの中でギターを弾いて熱唱。歌い終わると綾部が硲をどついて「お勘定!」
マジ歌でしたね…。私は正直、お笑いライブでマジ歌というのも…。
このCDを硲が100枚自主制作してきて配ったのですが、奪い合いでちょっとした地獄絵図だったようです。それでやっぱり配るのやめて後日抽選にするから返してくれとか言って、もうグダグダだったけど結局どうなったんでしょうね。
追記:無料配信が決まったみたいです。

「WORLD」
こうしている間にも戦争は続き、子供たちが意味もわからぬまま戦場で死んでいく…みたいな暗いナレーションが流れます。
その合間合間に、修学旅行中で夜ふざけて、先生が来たら寝たふりをしたり枕投げをしている中学生(吉村・石橋・硲・徳井)や、どの娘が可愛いとかくだらない事を言いながら雑誌を見ているサラリーマン(Qちゃん・綾部・松田)ゴールを決めたJリーガー(吉村・石橋。カズダンスをする吉村に抱きつこうとしては投げ飛ばされる石橋)などが。
ナレーション「こんな不公平はない。私はバランスをとる事にした」
そして中学生たちの前に黒尽くめでアイアンクローを付けた男(又吉)が現れ、男は「バランス、バランス」といいながらアイアンクローで子供たちを突きます。すると突かれた子は「バランス、バランス」と男と同じ事を始めます。
最後の1人になってしまった吉村が突かれてないのに「バランス」と言い出してごまかそうとするのですが、結局子供は全員突かれて「バランス」と言いながら部屋を歩き回ります。
そこへ先生(松田)が入って来て怒ると全員寝たふりをするのですが、なぜかアイアンクロー男まで。そしてナレーション「俺まで寝たフリしてもーた」

「ケバブ」
公園でケバブを売っているおじい(吉村)そこへやってきた硲はケバブを買おうとしますが、おじいは1人ではなくもっといっぱいいた…(残り全員)
問題作コント(吉村談)あらゆる意味で。
途中で松兄おじいが死んだり生き返ったり、風見鶏役をやれと言われて高い脚立に登って腰が引けてる石橋おじい。更にその脚立をわざと吉村おじいが蹴って石橋おじいは落ちそうになるわ、綾部はおじいではなくおばあだったとか。
ケバブは又吉おじいが棒の周りを茶色い全身タイツを着て回ってるだけで、その皮を剥いで、ケバブと言い張ったり。
最後のコントがこんな問題作でいいのかー。不思議なコントでした。

時間が押しているという事であまりトークはなし。一応、また近い内にラゴリでなんかしたいとは言ってましたが、具体的な事は何もなし。
それで一旦終わったのですが、例の硲のCDを貰いに走って出て行く人がいっぱい。そんな状態でなぜかまた再登場するメンバー。
大事な事を忘れていたので戻ってほしい、というので期待したのですがなんの事はない、ケンコバのコメントを流しただけでグタグタで終了。
なんか終わりが変でしたね…。会場が時間に厳しいのか、トークがほとんどなくて淋しかったです。

でも最初から最後までがっちりコントを見られて、コント好きとしては楽しめましたよ。とっても。どのコントを誰が書いたのかとても知りたいー。予想がつくのもあるけど、さっぱりわからないのもあるし。
またラゴリで是非、コントライブが見たいと思いました。

最後に勝手に宣伝。
神保町花月「カーテン」DVD7月7日発売。amazonで予約すれば26%割引になって比較的お手ごろ価格。別に他のところでもぜひとも買い上げを。ブラックな内容がどうしても駄目という方以外にはオススメです。面白いです。
[PR]

# by hyakurin | 2008-05-24 03:31 | お笑い・落語 | Trackback | Comments(0)

ラ・ゴリスターズLIVEのレポと感想。その1。

三越劇場、三越本館の宝石売り場の奥にあるんですね…。かなりラフな格好だったので嫌な汗かいちゃいましたよ。ただ劇場は記憶にあるのよりはやや狭くゴージャス感も薄れてました。改装してるからかな。
入った途端、スクリーンにニュースが流れてるのがびっくりでした。
そんなこんなで行ってきましたよ。ラゴリのコントライブ。
覚えてる範囲でかけるだけ書きますね。おそらく、内容的にDVD化とかはなさそうですし。ただし、記憶は相当曖昧なので、コントの順番とかは違ってたり、抜けてたりすると思います。
まともなレポではないので信用しないでくださいねー。

「OP」
ケンドーコバヤシのナレーションで始まり。映像は三越の通用口にレポーターみたいな人がいて、次々と現れるラゴリメンバーを迎えるというものから始まります。
以下順不同。綾部・スーツ、松兄・ジョギング姿、石橋・礼服でなぜか大根を下ろしながら、徳井・全身タイツ、硲・普通の格好でギターを背負って、吉村・軍服の白い礼服上半身のみ、又吉・ジミヘンの遺影を持った黒人を従えて喪服姿(違うかも)、Qちゃん・エドはるみの格好。
その後のOPのVは新しく作ったものらしくかっこよかったです。シルエットで各コンビが出てくるのですが、綾部が例のダンスの決めポーズだったので笑いが。シルエットで笑かすのは凄い。

以下、コントとコントの間にスクリーンが降りてきて、普通のCM(ホントにドコモとかビールとかのTVCM)が数本流れて、それとブリッジVが入ります。
個人のブリッジ、順不同でタイトルも適当です。
Qちゃん「縄跳びで5重跳びに挑戦」台から飛び降りながらやろうとしますが、レスリングみたいなタイツを着て裸足だったので、縄跳びが足にブチ当たって悶絶。失敗。
硲「スタックスに挑戦」…普通だった。
石橋「Perfumeを踊る」何故か白いタンクトップとぴちぴちのハーフパンツで踊ってました。ワイプで本物が流れていて比べられるのですが結構出来てましたよ(EDVTRで自画自賛してた)
松兄「テーブルクロス引き」食器ではなくQちゃんが乗ってました。Qちゃんは勿論ジャンプします(なのにEDVTRで失敗シーンが…)
又吉「劇場のお客さん全員をイライラさせます」両中指を立てながら、なんか言ってましたが、その内容より態度と表情が、いい感じにイラつくw
吉村「自分で撃ったバズーカーを避ける」ライブスタンドで使ってたハンドバズーカーを顔面のすぐ近くで自ら撃って避けると。でも結局顔じゃなくて床に向けて撃ってました。そりゃそうだ。
徳井「金魚にキス」水槽に入ってる金魚にキス。顔を突っ込んでしようとするも失敗。キスのはずだったのに最後に一言「食えなかった…」と。目的変わっちゃってるよー。
綾部「あのCMをマネしてみました」このVの前のCMがキムタクのギャッツビーのCMだったのですが、それをマネ。はだけたフリルシャツでスプレーをかけながら踊るやつ…。勿論綾部のあのアレが。サタンくんが。これが一番うけてましたかねー。
私は徳井のと又吉のが甲乙付けがたく好き。
ラゴリメンバー全員のもありました。
「布団カバーでジャンプ」全員で布団カバーに入って、ファスナーも閉めてジャンプするというもの。なんとなく成功したようななんというか。それより入るときに徳井の足が臭いとそりゃ大騒ぎに。
「目隠ししてピラミッド」目隠しして組体操のピラミッドを作る。みんな及び腰だわでもうグダグダで終了。

それでは覚えてる限りのコント書いていきます。

「くじら軒」
サラリーマン(綾部)が腹減ったなーと言いながらラーメン屋に入ります。誰もいないので店員を呼ぶと奥からなぜか鯨の被り物をした店員(石橋)が出てきます。パキスタン人(違うかも…)で片言。常連客(又吉)も入って来て、いつものを注文します。サラリーマンも注文しようとするのですが、店員は鯨が好きだとからと一角鯨のトリビアを強引に聞かせたり、くだらない駄洒落を言って全然注文を取りません。常連客は一緒にハモったり楽しそう。店員がどんぶりを叩いて自分のギャグにうけていると、奥から店長(吉村)が出てきて商売道具を粗末にするなと怒り出します(旭風に)
やっとラーメンを作りだしたかと思えば(店員も参加)麺を湯きりする段階で、麺を床や壁や人に投げつけだし、サラリーマンはキレて帰ります。
常連客が食べて一言でオチ。これが聞き取れなかった…。カレーはウマイ、だと思うんだけど、全然違うかも。
店長が怒るくだりで思いっきり店員をマジ平手打ちしたり(何度も。綾部が鯨が半端なく揺れましたよ、とか突っ込んでました)鯨の被り物から潮が吹いたり、細かい所が面白かった。
というか我が地元の超有名ラーメン屋がまんま「くじら軒」なんだけど、あんな被り物の人はいませんw

「陽気な3人組」
コンビニの店長(硲)が深刻そうな電話をしているところにバイト3人組(松田・綾部・徳井)が入って来て、店長の邪魔をしだす。
結局電話を切った店長は3人を怒るのだが、3人はまったく真面目に聞かない。電話もその3人のバイトに対する苦情の電話。コンビニなのに夜に6時間勝手に店を閉めたり、おでんに竹輪ではなく木を入れたり、やりたい放題らしい。
店長が3人に突っ込み修行してるみたいでした。

「そうなっちゃうゼミナール」
東大を目指す受験生3人(徳井・石橋・松田)の前に「安産」と書かれた鉢巻をして気持ち悪い笑い方をする講師(Qちゃん)が現れる。時々見えない人と会話をして更に気持ち悪い。なんでも、そうなっちゃうよね、で乗り切ろうとする。
東大を受けると言っているのにまずルートからだといいだして、妙な語呂合わせを教える。更に東大にも一芸入試があるので替え歌で笑いを取る方法を教えると言い出してきよしのずんどこ節や亜麻色の髪の乙女、ケツメイシのさくらなどの替え歌をやるが一切面白くない。LALALA LOVESONGだけちょっとうける。Qちゃん的にはさくらがうけるはずだったらしいw
ホワイトボードを回していて顔面をブチ当てるアクシデントもあり。狙ってやったわけではないらしい。
途中、松兄と石橋さんは凄い笑ってましたが徳井さんはまったく冷静でした。石橋さんは笑いをこらえすぎて顔が真っ赤だった。

「ゆうことまさみ」
ビックカメラの店員(松田・硲)の前に、ウザイと評判の2人組の客ゆうことまさみ(Qちゃん・綾部)がやってくる。物も買わないのに店員だけからかいにくるらしい。
店員の情報にやたらと詳しく、松田には写メを撮らせろだのうるさい。硲はトカゲに似ていると「昆虫食うか?」などと馬鹿にしている。
ヒゲが濃いのでシェーバーが欲しいと担当(吉村)を呼ぶが相変わらずふざけていて、とうとう店員全員に逃げられる。
「コジマがあるからいいよね」で終了。
2人の女装が結構可愛かった…。

「CM」(多分こんなタイトルじゃないと思う)
なつかしの武富士のCM(踊るやつ)が流れて、サラリーマンの企画会議が始まる。その武富士のCMを作った人たちという設定。
主任(綾部)が「Jリーグカレー」のCMについてのアイデアを募るのだが、寝てる奴(松田)加藤久の起用にこだわる奴(又吉)ラモスなんて小汚い髪形の奴は使いたくないと言い出す奴(石橋)親戚のマサオを使ってくれ(硲)など、めちゃくちゃ。
結局それらのアイデアを色々ぶっこんで行くとラモスが昔やっていたJリーグカレーのCMになりました。
[PR]

# by hyakurin | 2008-05-24 02:36 | お笑い・落語 | Trackback | Comments(0)

キル・ポイント 4~8話見終わりました。

ネタバレ気にしてません。

なんつーか、もうどこから突っ込めばいいんだか…。
ありがちとかなんとか言いつつ、最後まで見ましたがこれはあれか、あのスナイパーポエムの人のための壮大な前フリだったのか?
もう出番はないのかと思ったら、最後持ってきましたね。

まず最初から最後まで気になってたのが、軍曹ってホントにそんなに凄い人なの?
なんか大事な場面で部下を掌握しきてれてないし。作戦はいつもグダグダになるか人任せだし。ラビットを助けておきながら、あんなにネチネチ苛めた挙句に喧嘩して殴り殺す辺りでもう完全にドン引きですよ。
何がしたかったのかも正直よくわからないし。そのままほとんど自殺同然に死んじゃうし。息子は?
カリーの奥さんを連れてく連れてかないの辺りでもうどうでもよくなっちゃったのかなー。しかしあの運転手役のハゲは、逃げるわ助けに来たのは金目当てだわ、やっぱり軍曹の人柄じゃないし。

それと気になったのがSWATの無能ぶり!
地下鉄の通路から出てきたとき、せめて銀行からも入って挟み撃ちにするべきでしょ。銀行前にあんだけ配置してた人数を全部犯人が出てくる方に回しちゃったわけでもないでしょうに。そうしときゃ人質も確保できたのに。人質優先とか言ってたのに、全然優先してない。犯人にみんなわーって行っちゃって、子供のサッカーみたいだよ。
その他でも使えないぶりがあまりに酷すぎる。
使えないで思い出したがあの上司の人、FBI退場後はカリーに協力的だしドンパチには参加してるし、最後は部下を気遣う優しさまで見せるという。どこからあんなキャラ転換したんだ、のいい上司に変わってましたね。

全滅エンドではなく、ピッグは生き残りましたが。それは結構驚いたかも。
でも送金する相手が偏りすぎだよ。もっとみんなにちゃんと分配したれよー。
13分隊は不滅、とか言ってましたけど。あんなに最後内輪もめして、兄貴も殺されたのに?ホントに?
まあもう、それでいいや。
隠れてた2人も大して活躍しないままだったなあ。
むしろ銀行の偉いハゲがびっくりするほど男を見せたのと、本当に迎えに来る人もなく1人で去って行ったのがなんか格好よかった。

色々文句たれてますけど、それなりに最後まで楽しみました。中だるみもあったけど、最終話で展開したのでまあ。
字幕だったらもっとよかったのに。
[PR]

# by hyakurin | 2008-05-22 14:21 | 海外ドラマ | Trackback | Comments(0)