YOSHIMOTO DIRECTOR'S 100 その3

ネタバレありで短く感想書いていきます。


「愛2007」
ジャルジャルの2人の演技が大変そうだった。EDまで含めてジャルジャルらしさが出てて好印象。
劇場ではえ、と思ってる内に終わってしまったのでもう一度見られてよかったです。

「golden atmoshere」
なだぎさんも出演作多いなあ。
結局、全編小藪さんの脳内自分美化妄想だった、だけって事ですよね。EDロールの現実がしょぼすぎて面白かった。
脚本が覚王山だと最後知って納得。いかにもだわ。

「少林作家」
菅ちゃんが5年後に木村さんになってたり、文子さんが英語しか喋らないとか小ネタは面白かったんだけど…。なだぎさんのカツラとか。
映画でもゴエさんいじられまくりとか。
オチがなあ…。

「ラストプレゼント」
元々、ホームドラマ嫌いが見る映画じゃないので見た私が悪いとは思います。
でも、うーん、こういう家族ものを今のご時世で素直に楽しめないな…、と引いてしまいました。次男、犯罪に走ってもおかしくないなとか思ってしまった。お母さん、いくらなんでも暴言が酷すぎるよー。
それに一人部屋を欲しがるのと家族が揃ってる所を見れば、もう一発でタイトルの意味わかっちゃうし…。
私には合わない話でした。

「ぱきゅら!」
この子役見た事ある。私が見た事あるくらいだから相当メジャーな子役なんだろうな。凄いな。くらいしか思うところがない…。
結局「ぱきゅら」ってのはびっくりした時にでる言葉、でいいのかな?

「賽ノ目坂」
友近もよく見るな。
時代劇を30分とはいえ500万円で作れるのかな(100本映画は制作費が一応一律500万円らしい)いや、時代劇じゃなくてもその金額じゃ大変だと思うけど。
それはさておき、設定が結構残虐非道(犯罪者が相手とはいえ)なのに不思議ととぼけた風味なのがなんとも面白い。ほっしゃんと宮川さんの掛け合いがめちゃくちゃいい。松本くんも。
六番・秋山が出てきたときは大笑いしてしまいました。その六番の介錯に来ておいてノコギリを引こうとする侍も凄い。なんのために刀差してるんだよー。生き埋めにされてる罪人仲間の妙な連帯感も笑える。
結局、板尾さんと坊主を巻き込んで一芝居打ったわけだ、ほっしゃんが。上手いなあ。さり気に一緒に秋山も仲間みたいになって、なりふり構わず逃げちゃって、武士の誇りもへったくれもない姿に再び爆笑。逃げっぷりが凄いんだもの。
しかし、街道歩いてていきなりあんな立て札があって、ノコギリ引かされるのはめちゃくちゃ嫌だなあ。当たっても逃げたいw
若干閉所恐怖症気味なんで、生き埋め役もすっごい嫌だと思いましたー。どう埋まってるのかわからないけど大変だっただろうなあ。
凄くよかったです。面白かった。
[PR]

# by hyakurin | 2008-06-12 16:04 | 映画感想 | Trackback | Comments(0)

ミディアム3 母子の事情

ネタバレあります。


舞踏会って字幕もどうなの。ダンスパーティーじゃいけないのかね。
そのシーンで頭から血を被ってるアリエルは役者とはいえ大変だねえ。
しかしまあ、そんな催しに参加するとはアリエルもいよいよお年頃ですね。そうなると色々問題も出てくるのは当然ですが。
でもアリソンに向かって「ママみたいな人は子供を産むべきじゃない」ってのはあんまりにも直球すぎて…。気持ちはわかるけど、アリソンだって好き好んでああ生まれついたわけじゃないし。まあそこがまだまだお子様って事なんだろうけど。
日本人だったら「生んでくれって頼んでない」という言い方になるかな。
普段は強いお母さんのアリソンもこの件に関しては弱腰というか。どうしていいかわからない風情なのがなんとも気の毒で。
でもそんなアリエルに対応するジョーがもう素敵でした。怒ったりとりなしたりするんじゃなくて、アリエルに考えさせる。その上で妻にも娘にも配慮してる。いいなあ、なんていい夫で父親なんだろう。

事件の方はとんだとばっちりを食った母子が可哀想だった…。結婚を放り出すのは勝手だが、相手をもう少し気遣った方法を取るのが大人の女だと思うけどね。まあ逃げなきゃあの馬鹿男に何されたかわかったもんじゃないって気もするけど。
クレアが最後、綺麗な姿で出てきてアリエルにちょっとしたお礼をしてくれたのも切ないなあ。でもアリエルはそれで少しは気が晴れたかな。
結局、アリエルのいい夢の方が実現したのね。
というか、ドレスは結局持ってきちゃったのかしら。あなたが散々着た後でブリジットとマリーが着て、最後はママの棺になんて言ってましたがあのドレスを今後のブリジットが着るのはちょっと無理な気がw
[PR]

# by hyakurin | 2008-06-09 03:09 | 海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

Re:Genesis 3(リ・ジェネシスS3 感染源)

ネタバレありです。


いつもはデヴィッドのケツなのに今日はカルロスか~。しかしこのドラマ、男のケツよく映るなあ。とかくだらない事を言ってる場合じゃないのよ今回も。
まず、ウェスとレイチェルは怪しさ満載。メイコが疑ってるような種類の事じゃないみたいなのがますます怖いなあ。
そのメイコもメッセンジャーの彼とは上手く行かなかったみたい。どうやらメイコにも事故の影響だけじゃない問題があるようで。

農場の汚染の問題を調べている時に、荒れるカルロスが切ないなあ。農場主も最初は駄目な人かと思ったけど、リサイクル堆肥を使ったり、そんなに悪い人ではないらしく、ジョアンナの話を聞いてからはトーンダウン。
色々調べて、結局そのリサイクル堆肥が大元と発覚。リサイクル堆肥の元は下水処理場でその汚水に抗菌剤が混じっていた。それは各家庭で使っているような抗菌石鹸とかも勿論関係してる。
そしてその抗菌剤入り堆肥のせいで畑の弱い菌は死滅、強い菌だけが残りそこへ落ちた雷のせいで本来くっつかないはずの菌同士に何らかのDNAの交換が起こり、抗生物質耐性のCDADができそれが鉢植えに入って各地にばら撒かれた…。まるで風が吹けば桶屋がもうかるみたいな話だけど。雷で突然変異なんて滅多に起こる事でもないし。
でも結局は我々が過剰に清潔を求めた結果なんだな…。

カルロスはその農場で働いてた不法移民親子の病気を調べる前にジョアンナと一緒の物だと思ってしまった。だからただ点滴で水分補給をして様子見してしまった。でも結局、それはただのCDADで抗生物質を使えば助かっていた…。これはカルロスらしからぬミスだと思うんだけど、とにかくジョアンナの事がショックで思い込んでしまったんでしょうね。
その父親だって、不法移民でなければ病院に行けたわけで。
この世には明るいニュースは何もない、という気になってきた。

そしてなんと言ってもボブの目。メイコやデヴィッドに不安そうに相談するボブがかわいそうで…。
しかも予告によれば緑内障って。それはもう、進行を抑えるのが精一杯って事ではないのかな…。緑内障じゃ爆破事件とは関係ないのかな。もしボブが退場したら嫌過ぎるよ…。
しかし次回は炭素菌テロが起こるみたいだけど、ノーバック(というかデヴィッド)まで標的とはこれいかに。
ああそれにしてもボブ…。よくなって欲しいな。
[PR]

# by hyakurin | 2008-06-07 17:50 | 海外ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

YOSHIMOTO DIRECTOR'S 100 その2

また見た作品の短い感想書いていきます。
ネタバレ気にしてません。


「14階段」
役人役はもうカリカ・林の専属か。
白黒なのがかえってグロテスクさを増してる。ホラーなのかとびびってしまいました。ホラーではないけど、ある意味怖い映画。
役者・映像とも高レベルでよかった。内容も。タイトルも13階段+1って事ですよね。いいセンスだわ。
ただ剥製法は犯罪抑止効果はあんまりないと思う。重大犯罪者に憧れたり対抗心を持ってるような奴には。どんなに変なポーズでも剥製にされる事を目標にする奴が絶対いそうだから。
それと視力戻したんだったら、鏡で自分の姿を見せてやらないと。ついでに映画を見てる人にも見せて欲しかったが、まあそれは野暮でしょうかね。

「コナ・ニシテ・フウ」
悪魔をやるもの大変だなあ。
葬式のシーンでこういううるさい親戚いるよな、と共感。当事者でもないのにいらん口出ししてくる奴。でもこの映画の親戚は最後良い奴だったけど。
葬式にホントに聖飢魔Ⅱの曲流したのかとか、どこまで本当なんだろう。ただ閣下のご実家、というかお父様はかなりぶっ飛んだ方だというのは散々聞いた事がありますが。元信者としては色々感慨深かったです。時期も時期だったんだな、とか。
というか最後にご家族で撒いてるのは本当に遺骨…?
だとしたら凄いなあ。

「上京しない物語」
主人公の気持ちがわかる…。本当にこんなだったら私も福岡では仕事できない、おそらくすぐ逃げ帰る。それはそれできっといい所で、馴染めばいいと思うようになるのかもしれないけど。良い話ですがちょい苦手…。
福岡よしもとってこれが実態じゃないよね、多分。

「スターブレイザー大作戦!」
四畳半スペースオペラ、不真面目。みたいな。こういうくっだらないの好きだ。ミラクルエイト役が異常に似合ってたな、吉村。顔が古いせいか。
宇宙人・ガー伯爵のキートン最高。華丸さんの役もめちゃくちゃで面白い。銃で撃たれても死なないし、仲良くなってるしw

「パンティストッキングダイナマイト」
ハガキ職人の話。こういう過去は誰しもあるよね…。誰しもはないか。いやもう、雑誌とかに投稿しましたよ。中学生女子が週刊ベースボールとかに(恥ずかしいねえ)
今思うとまったくどうでもいいグッズもらったりね。
ここまではハマってないけど。
公開収録に行けなかったり、番組終わっても他に道を見出したり、何も主人公が変わらないというのがいいんだな。
しかしおかっぱじゃない又吉、すでに見慣れないなあ。

「オレたちコンバインボーイズ」
どんな媒体でもくーちゃんはくーちゃん。野爆テレビを見てるみたいだった。この映画の出演依頼も赤紙と呼ばれたのかしらw

「BROTHER~血より濃いもの~」
最初に見た100本映画がこれだったんですが、改めて見直してみても今のところこれが1番面白いと思います。
お葬式という題材がまずいいチョイスですね。林をまた発見。そしてRGが意外に演技達者。
ところどころに出てくるラジオがいい。「至近距離で人に石を投げる勇気はあるか」とか唐突なような、ハマるような。また時々くる弔問客が実は…だったり、最後まで見ないと面白くないのもいい。
ポットに書いてある怒りマークとか細かい遊び、出生の秘密、吉田さんの死因、みんないいよ。映画としての出来栄え最高。
[PR]

# by hyakurin | 2008-06-07 14:22 | 映画感想 | Trackback | Comments(0)

神保町花月「ZOO」の感想

「ZOO」2日目行ってまいりました。
とりあえず若干のレポと感想を書こうと思うのですが、褒めてません。
それで不愉快になりそうな方、ネタバレが嫌な方はこの先は読まないようにお願い致しますね。

ではそれでも良い方だけ続きをどうぞー。

その前に勝手に宣伝。
神保町花月「カーテン」DVD7月7日発売。amazonで予約すれば26%割引になって比較的お手ごろ価格。別に他のところでもぜひとも買い上げを。ブラックな内容がどうしても駄目という方以外にはオススメです。面白いです。

More
[PR]

# by hyakurin | 2008-06-06 01:26 | お笑い・落語 | Trackback | Comments(0)

YOSHIMOTO DIRECTOR'S 100 その1

何本かは神保町花月で見たYOSHIMOTO DIRECTOR'S 100。
wowowで放送してくれたのでまた何本か興味を持ったものだけ録画して鑑賞してみました。さすがに全部は時間もデッキの容量もないので無理ですが。
映画となると普段の芸風と違ってたり違ってなかったり、なかなか多種多様で興味深い。

では感想を短くほんの少しだけ書いていきたいと思います。ネタバレとか気にしてないのでご注意を。


「日の出アパートの青春」
神保町花月でやった舞台より映画の方が面白かったです。神保町は神保町でキャストも豪華だったんですけど。こっちの方が内容が濃いし、無理がない。

「はんこ」
中川家で前こういうコントやってませんでしたっけね。そのときはフリーターじゃなかったと思うけど。映画の登場人物としては不自然だったかなーと思ったらこれ、全編アドリブで脚本ないのか。納得。ようは長いアドリブコントなんだ。そう考えるとだいたひかるとかなだぎさんとの絡みは絶妙に面白いなあ。
はんこひとつに振り回されるああ悲しき日本人、というのはいいですね。
カリカ・林とスリムクラブをやたらと色んな監督作で見る気がする。
というか、礼二は足汚いな…。

「ハチノス」
評価不能…。シュールなのかこれは。
Qちゃんが基本は気色悪いのにところどころ色っぽく見えるのが結構嫌でした(私はQちゃんが大好きです)

「鉄と生きて」
神保町で見ました。とりあえずピースの2人は兄弟に見えないとか大学生に見えないとかはおいといて、結構楽しかった。

「スイッチ」
いまいちでした…。
ただスイッチひとつで大騒ぎするところは風刺が効いてて良かった、かな。

「レスラーハンター」
あ、スリムクラブまた出てる。
レスラーをハントしてきて調教するという発想は面白いかと。ゲームっぽい発想とも言えるけど。人であって人でない役をやってる藤田が良かった。
ハチミツ二郎が出てたのでびっくりした。藤森夕子も久しぶりに見たなあ。というか、NSC東京キッズコースなんてものがある事を始めて知りました。手広い商売だネ、よしもと。

「兄の手紙」
最後まで直球でいい話で逆に驚いて終わりました。ある意味、正しい映画。でもちょっとありがちだったかな。

「老人と木」
またもやスリムクラブが。
うーん、ちょっと設定に無理がありすぎて話にのれなかった。まず桜に対する執着がよくわからないとか、マンション建設の予定が立ってる土地を売ってくれるわけないだろとか…。
ただオチは若干読めたにしろ、しつっこいのでそこまで見ると楽しめたです。突っ込みたい事を片っ端から突っ込んでくれるのが。しかも声ケンコバw
多分、2度目の方が面白く感じると思う。

また見たら感想書こう。

最後に勝手に宣伝。
神保町花月「カーテン」DVD7月7日発売。amazonで予約すれば26%割引になって比較的お手ごろ価格。別に他のところでもぜひとも買い上げを。ブラックな内容がどうしても駄目という方以外にはオススメです。面白いです。
[PR]

# by hyakurin | 2008-06-04 03:51 | 映画感想 | Trackback | Comments(0)

Re:Genesis 3(リ・ジェネシスS3 死にゆく大地)

ネタバレ注意。


今回も過激なシーンから始まるリジェネ。ジョアンナとお楽しみ中のデヴィッド、一応カルロスに気を使ってるのかごまかそうとしたけど、全然でしたね。
しかしジョアンナと結婚してるときにカルロスは男に走ったのか…。そりゃ女としてはショックだし傷つくよ。相手が女でも傷つくのに…。
それですっかり愛を信じないようになったようですが、やたらとその手のシーンが多くてもあんまり嬉しくない。
それはそうと、デヴィッドのところから帰るレイチェルを何でウェスが拾いにきたのやら。この2人、なんかあるのかな。
メイコは鏡を使った療法が上手くいきそうでよかった。でも今度はボブになんかありそうな予告編。ボブにもあるんだろうな、事故の影響…。そう考えるとカルロスめっちゃ強い。

結局湖の水銀汚染はどうやら遠く離れた中国の石炭を使った発電所の大気汚染のせいらしい。でもそこまで行くともうノーバックではどうにもならないわけで。湖を今浄化したところで一時凌ぎだもんな。
無力感を味わうデヴィッドがカール(レイチェルの旦那)の幻影を見て、そのカールが金金言ってるのは本当に笑えない。私たちはみんな環境破壊に関わってるんだしね。一人残らず。そう考えると本当に暗い気持ちになります。

そんな事をしてる内に急展開。別の調査に飛ばされたジョアンナがCDADに感染。どうやら抗生物質に耐性があるらしくかなり重篤な状態に。
デヴィッドとカルロスは駆けつけるけど打つ手がないままあれよあれよという間に…。
カルロスがジョアンナに「僕が僕である事を許してくれてありがとう」みたいな事を言ったところで泣きそうに。ジョアンナはまだカルロスを愛してたんだろうなー。せつないな。
次回はメキシコの農場へ。というかまた農場か。
なんかカルロスが大暴れしてたのが気になるところ。
[PR]

# by hyakurin | 2008-06-04 03:01 | 海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

ブレイブ・ワン

ネタバレしてる上にまったく褒めてません。ご注意ください。


昨日見たミディアム3「直感とひらめき」に続いてまたも私刑・処刑人ネタ物を見てしまいました。偶然なんだけど。
もうどこから突っ込んだらいいのかわからないけど、これはアメリカは経験のない女性でもすぐ使いこなせて殺傷能力の高い銃をそこらで1000ドル出せば買えるんですよって銃の宣伝映画なの?
まず、エリカと恋人は気の毒ですよ。なんの落ち度もない幸せなカップルがあまりに理不尽な暴力にさらされて。このシーン、ちょっと泣きましたよ。
だからエリカが銃を求める気持ちはわかる。わかるけど、許可証がなくて買えなかったらすぐ他の店員が裏で使いやすい銃を売ってくれるってまあ、親切なモラルのない人ですこと。つか街中で売ってる銃が殺人に使われたらその線から追えないのかな、警察…。私がCSIの見すぎなのかな。

最初の殺人は正当防衛と言えば言えるかも。相手は強盗殺人を目の前でやらかしてるわけだし。でもその後の地下鉄からはもう、完全に処刑人ですよね。過剰防衛ですらない。
はしょって、オチもどうなのかなー。刑事さんとしてアレでいいの?
殺したのが悪い奴らばかりだから?
私もそりゃはここまで来たら復讐させてやりたいとちょっとは思ったけど。でもあんな偽装工作、すぐバレるでしょー。もうマック・テイラーを呼べ。
でも確かに見た後、色々考える映画ではあります。私だって、あんな目にあって銃があって目の前に敵がいたらそれは多分、いやそこで怖気づくか、だから話としてまずエリカにもコンビニ強盗を撃たせたのかなとか。
ああ、すっきりしない。でもきっとこの手の話に正解はないんでしょうね。

余談ですがこのDVDのおまけで入ってたドラマのクローザーにすっかりハマってしまいました。あらすじだけ見てそれほど好きなタイプの話でもないかなーと思ってたんですが、見てみたら。
主人公・ブレンダがキャリアで男社会でバリバリ活躍はそうなんだけど、格好が妙にフェミニンだったり片付け出来なかったりするところがなんか面白くて。
もうこれ以上見るドラマを増やしたくなかったんだけどな。まだボーンズもスーパーナチュラルも探偵事務所5も途中なのに。
[PR]

# by hyakurin | 2008-06-02 17:45 | 映画感想 | Trackback | Comments(0)

ミディアム3 直感とひらめき

ネタバレあり。


マリーちゃんがいっぱい喋ったー。かわええのう。
じゃなくて、そのマリーちゃんが砂嵐画面を見て喜んでいるのを見てジョーは自閉症を心配してます(というか、字幕は「心の病」になってたけど自閉症とそれを混同しない方がいいと思うけどなあ)
これは凄くまともな心配だと思う。アリソンは頭ごなしに否定してたけど。
結局はその砂嵐画面は有料チャンネルで、お金を払ってないデュボア家はもちろん番組を見られないわけだけど、マリーちゃんには見えてるらしい。ブリジットもかな。
なんて便利な能力なんでしょ。というかそれを「法律に違反してる」っていうジョーが面白かった。
それとドラマの中のTV番組でFBIのクーパー捜査官だの、被害者がダイアンだのスタッフ遊びすぎ。ツインピークス世代にはぐっとくるけどw

事件の方はすっきりしない終わり方だったなあ。
FBI捜査官の気持ちはわかるけど、証拠隠滅して釈放して処刑はどう考えても正義じゃない…。もっと捜査に力を入れるべきだし。
同じ捜査官で場所は違えど2度も重要証拠がなくなったら、捜査官のやってる事が露見してもよさそうだけどなあ。アリソンも追求は難しいと思うけど、もっと普段なら喰らい付くはずが、矛先が鈍ってるのはやっぱり捜査官を否定出来ないからなの?
すっきりしない。
犬が助かったのはよかった。
[PR]

# by hyakurin | 2008-06-02 10:10 | 海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

神保町花月「犯人と人質(オレ)」の感想

2日目に行ってまいりましたー。
なんだがお一人様が多かった気がします(私もだが)
ほぼ満席。さすがノンスタでしょうかね。
ひとつ素晴らしいのが入場の時に配られたチラシにちゃんと出演者と役名が書いてあった事。すぐ役名を忘れる私にとってはありがたいです。
タイトルから想像してたのとは少し違う内容でしたね。人質、というとなんとなくプラン9の「銀行のススメ」を思い浮かべていたからかも。実際はもっとほのぼのしたお話でした。

ではでは、以下ネタバレありで感想とちょっとのレポ書きます。信用ならない記憶に基づいたレポなので内容の齟齬等はご容赦ください。

その前に勝手に宣伝。
神保町花月「カーテン」DVD7月7日発売。amazonで予約すれば26%割引になって比較的お手ごろ価格。別に他のところでもぜひとも買い上げを。ブラックな内容がどうしても駄目という方以外にはオススメです。面白いです。

More
[PR]

# by hyakurin | 2008-05-30 02:38 | お笑い・落語 | Trackback(1) | Comments(0)