<   2017年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

雑日記 たまには書こう

久しぶりにこのカテゴリで。

別に何があった訳でなく気温の乱高下にうんざりしていただけです。おばちゃん体がついてかない。
本など読んで暮らしてますが「ココニャさんちの障子破り猫軍団」と言う本がとても素晴らしかったのです。
最初はTwitter(登録して7年経ったがいまだに一回も呟いた事はない、見るだけ)で可愛い猫2匹が得意満面に障子を豪快に破って桟にとまっているのを同じ猫飼いとして他人事ながら、ああ…って思いで見かけたのが始まりです。
ブログも見に行って猫が他にも合わせて6匹いる事やら色々知りました。
目も開かない生まれたての2匹の白サバと白キジの姉妹猫、それが障子クライマーに成長する過程を見て、そりゃあ怒れないだろうなあとまた共感する。なんで怒らないとかしつけないとかコメントがあったけど、怒れないのよ。
私も子猫を育てた事は何度もあるのですが、その子が少し育って網戸なんか登ろうものなら「ああここまで育って良かった」と怒るより先に成長を喜んじゃうもんな。その後怒ってもやめてくれないとしても。
と言うか猫って結局、怒っても仕方ないんですよね。町田康が「猫と言う生き物はやりたくない事はやらないし、やりたい事はたとえどんな困難があろうとも絶対にやり遂げる」みたいな事を書いていたけどその通りで、網戸に上られたくないなら猫返しでもつけるかいっそ網戸なんか捨てるしかないもん。それか猫が大人になるのを待つ。
しかもこのサバトラ姉妹、強化障子もびりっびりだもの。敵わないわ。うちの猫2号が生後3年の間に家中のふすまやら壁紙やら網戸やらをひたすらびりびりと破壊した事を思い出して、遠い目になるわ。
作者のココニャさんはまた本当に猫が好きで、お料理も上手でいいなあと。
良い本です。

他には最近はよくドラゴンボール超(再放送)を見ている…。内緒である。夫(大ファン)に知れるとうるさいので。
ドラゴンボールは兄が買っていたジャンプで途中までは読んだ(ああ歳がばれるわあ)
その後は兄が買わなくなっとたのと私がサンデーに行っちゃったので読んでない、確か人造人間とかが出て来てどうこうまで。結婚してから夫の単行本をぼつぼつ見て一応補完しましたが、いまだに最初からキチンと通しで読んだ事はない。
昔のアニメも見た事ない。
夫は日曜日の9時台はワンピースとこれ見てるけど、私は邪魔しないようにしてます。寝てるだけとも言う。
と言うか男(全員が全員じゃない、と思うけど)っていつまでもかめはめ波撃てるとか筋斗雲に乗れるとか思ってるよねーと冷めた気持ちなのです。
それに私はマッチョもバトル漫画も苦手。
ではなぜ見ているかと言うと、ウイスが気になったのがきっかけ。
だってマッチョじゃないし服着てるし(露出が低いと言う事です)色は水色だけど美形じゃん。珍しいなあと思った。
PCのDVD操作のチェックをするのにたまたま近くにあった「復活のF」を使った事で出会いました。フリーザが金色なのには衝撃受けたよ、そんでベジータを勧誘してて思わずナイト・オブ・ゴールドでラキシス迎えに来たアマテラスを思い浮かべたわ。
ウイスに戻ろう。ウイスって破壊神に仕えてるウイスと言う生命体だそうですが強いのも気になった。ベジータと悟空がまったく赤子のようにあしらわれている。
と言う訳で彼を追うのにCSの再放送を見ているのです。相変わらずところどころだからよく分からない事も多いけど。
あえて調べたり、最初から見ようとかは思わない。
なんでか私のドラゴンボールに対するスタンスはこれ。

そして見てる内に考えたらベジータっていまだにかませやってて偉いなって思った。
他のキャラクターが悟空のハイパーインフレのような強化についてってないのに、まだ並ぼう並ぼうとしてんだ。少年漫画だから絶対に主役にかなわないのになとかメタ発言をしてみましたが、同じサイヤ人だからなのかな。
てかハーフの子供の方が潜在能力あるって話はどうなったのか。
そう、少年漫画だからつっこんでも意味ないとは思いつつ、異星人同士が簡単に交雑してる世界なんだよなあ。同じヒューマノイドタイプだから問題ないって事かもだけど、サイヤ人って大猿やら突如金髪とかになったり変化するじゃん。最近は青とか。どう考えても見た目よりずっと地球人とはDNAとして遠いのでは。
三つ目とかいる世界だけど、そう思わずにはおられないSF者なのです。
ベジータってそれに少年漫画のキャラクターにしては(馬鹿にしてる訳ではありません)凄く複雑なところもありますよね。私、結構好きです。悟空って正直、何考えてるか分からないけど、ベジータは分かる。応援したくなる。
マッチョだけど服は露出度低いし。
さっきから露出露出言ってますが、服は着てる方がいい肌は露出しない方がいいと思う派です。男も女も。
朝から何書いてるのか。
でもさ、バトルするなら防護の意味でも肌が露出せず、ベジータみたいにグローブつけた方がいいじゃない。理屈としても。
こんな事を考えながら見てる私って結構、馬鹿ですね。


しかし今年は変な気候なのは間違いないですよね。だって私、今年たけのこ食べそびれた。
全然スーパーや八百屋で見かけないなあと思ってる内にもうゴーヤだもの。
調べたらたけのこというのはそもそも表と裏年があって、裏年はあまり採れないものなのだそうです。今年はその裏。その上気候が不順で乾燥していたので更に駄目だったみたい。
今日も梅雨の割にはよく晴れて。冬からこっち、物凄く雨少ないけど水とか大丈夫なのかしら。神奈川だから他の関東の県よりは全然大丈夫なんだけど。水源の方に降ってれば大丈夫なんでしょうが。東北でも乾燥してて山火事とかあったし。
雨は嫌いだけど、降る時には降って欲しいですね。湿気ないのは嬉しいけど。

[PR]

by hyakurin | 2017-06-10 10:04 | 日記 | Trackback | Comments(0)

2017全仏オープン 三、四回戦

いやあ、なんか色々あるなあ。

まず三回戦のチャン・ヘヨン選手は錦織選手と同じアカデミーのいわば後輩なんですな、知らんかった。
出だしは押したものの途中腰を痛めた錦織選手。ああ今度は腰ですかいと思う間もなくヤバイ。
しかしそこで恵みの雨、試合は順延されて翌日へ。
私は翌日見られませんでスコアだけ追っていたのですが、それだけでもよく勝てたなって試合でした。本当によく巻き返したと思うのですよ、もう負傷もあちこち心配だし。
しかもすぐベルダスコとやらなきゃならない、順延したから。ベルダスコと言えば勝つにしてもフルセットの相手。正直もう絶望的かなと思うわたくし。

しかもwowowの解説が修造。途中まで我慢したけどとうとうテレ東へ撤退。しかしそこもアレだったので結局副音声で見る。
そしていきなりベーグル食らう錦織選手、ああこれは腰が悪いのだなあと諦める。はっきり言ってみんなもそうだってでしょう。
しかしそこから巻き返したんだよ、錦織選手は。久しぶりに錦織選手の底力に驚いたよ。
2セット目終盤から、あれこれ…と思い始めて。でも途中痛み止めとか飲んでたしもう色々こっちもどきどきするし。
最後のセットで今度はベーグル食らわしたのには唖然としました。まだ錦織選手に驚かされるとはなあ。
ベルダスコも茫然だ。最近快進撃のズべレフに勝って来たのにねえ。

そして次はマレー。なんつうドローだ。
去年の全米の死闘は忘れられません、号泣したし。しかし錦織選手は「勝ったんだっけ?」さすがだぜ!
でも怪我もありますからここはあまり過剰に期待せず、静かに試合を待ちたいと思います。

[PR]

by hyakurin | 2017-06-06 15:02 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

2017全仏オープン 二回戦

今年は、ツォンガやらベルディヒにキリオス、フェレールとここまででシード勢がぽろぽろ負けておりますローランギャロスにも世代交代の波でしょうか。フェレールは若手に負けたんじゃないが。キリオスはまだ若手?

昨日のシャルディ戦、インプレーなのにウェーブする観客とかありましたがまあ結果的にはストレート勝ち。報道もそうなると途端に完勝とか持てはやすけどそうかしら。
確かに2セット取ったのは圧倒的だったけど、3セット目は右肩の治療でMTO取って、結果シャルディもペースを掴んでタイブレまで行ったわけですよ。結局はそれで勝ったんですけど不安が残るでしょうが不安が。
順当勝ちくらいの感覚だけどな。まあこだわる事でもないですが。
負けたシード勢もそうだけど、みんなあちこち何かしら抱えながらテニスやってんだよね。

次はチャン・ヘヨンと言う韓国の選手だそうで。見た事がないですが、錦織選手によるとストローカーらしいです。まあアジアの選手は基本みんなそうではないのかな。
あんまり長引かないで勝てるといいなあ。
初戦から右肩から胸の辺り気にしてたもので心配です。
悪化しませんように。

[PR]

by hyakurin | 2017-06-02 08:10 | スポーツ | Trackback | Comments(0)