カテゴリ:日記( 168 )

雑日記 キャビアキャビア

どうも、いらない本をあちこちに放置してたら大変な事になって来たので一昨日ひいひい言いながらまとめて今日段ボール5箱分発送して力尽きた管理人です。
古本も大量に混じっているとはいえ、相変わらず紙の本を愛している私ですがまとめながら「あれこの本読んだかなあ、もう一度読みたいな」とか思って選り分け出したらまたまた大変な量になったのですぐやめました。
なんのために読んでいるのかねえ。
これだけ売りとばしても大した値はつかないだろうけど、CDやらDVDもあるのでね。そうよ私は時代遅れ、配信?なにそれ。
今は「バッタを倒しにアフリカへ」と言う本を読んでます。バッタは嫌いだが面白いです。


そんな事している間に錦織選手がATPツアー復帰初戦を勝利で飾っているではないか。
NYオープン出てたの知らなかった、でも本当におめでとう。
今回の手首の故障はきっとずっと付き合っていく事になるのでしょうから、この勝利は嬉しいですね。
と言うか全然試合が見れないのだよなあ、相変わらずwowowのオンデマンドにも入れないし、そもそも今回はどこも買ってないみたいだし。もう少し勝ち進んだらなんかあるかなあ。
他の選手もソックに勝ったりしてるもんね、日本男子勢の活躍は楽しいね。


そして今日はバレンタインデーでしたね。
一応夫にチョコを用意したけど夕飯は宝煮、純和風。
自分用のチョコもばっちり買ったけど、私気がついたんだけど有名ショコラティエの期間限定チョコとか高いお金出して買っても結局私には合わないって事に。
食に関しては完全に保守派なので変わったフレーバーとか全然嬉しくないの。
だから今回はテオブロマのキャビアチョコを思いっきり購入。大好きなんだけど普段は送料か交通費がかかるから中々買えないのが今回は地元の百貨店に出店したので。
トリュフなんかもあったけど目もくれずにキャビア。賞味期限も長いしゆっくり食べれるな。
父のところへも顔を出すのにチョコってのもなあと思ったらちょうどDEAN&DELUCAのお菓子がいくつかあったのでチョコレート味のを持って行って、帰って来てから気がついた。
やべえ、持ってったのカントゥッチだった。
めちゃめちゃ堅いのよりによって持ってってもーた。嫌がらせだなあ。まあ歯を鍛えてもらうか。どうしよう超高額のインプラント折れちゃったら。
私だったらコーヒーとかに浸けて食べるけど、言った方がいいかなあ。普通にチョコ持ってけば良かった。

冬季オリンピック、私はフィギュアへの興味をなくした事によって室内競技の大半に興味がないのですが、フリースタイルやアルペンなどスキー競技だけ大好きなのでよく見ています。
原選手が銅メダル取ったのは凄いハラハラして感動しました。
なんかコースの状態が悪いみたいでみんな凄く苦労したり派手にクラッシュしたりしているので、もう勝ち負けよりみんな無事に降りてえって思いながら見ていたので、心臓が痛かったです。
そんな中いつも以上の力を発揮してメダルを勝ち取った若者にホントに拍手を送りたい。メンタル大事だなあ、だってあの子笑ってたもん出る前に。昭和のおばちゃんはびっくりよ。
後はエアリアルとかスキークロス、スノーボードクロスが見たいのだが放送はあるのだろうか。
バイアスロンとかを夜中にぼーっと見るのも楽しいよね。昔からこの競技がなんか好き。
それにしてもモーグルなあ、凹凸がちょっとコースにあるだけでうぎゃあとなる私には信じられない競技です。よくあんな滑りが出来るもんだよなあ。


[PR]

by hyakurin | 2018-02-14 17:50 | 日記 | Trackback | Comments(0)

スーパーブルーブラッドムーン

天気が悪くて見られないかと思っていたら晴れましたね。
と言う訳で寒さに負けずに皆既月食観察中。
途中までは東の窓から見られたんだけど今は南のベランダに出ないと見えない。

スーパームーンは月が地球に接近している状態の満月。
ブルームーンは月に2回満月がある事。青くはない。
ブラッドムーンは皆既月食で月が赤っぽく見える事。
と言う事で「スーパーブルーブラッドムーン」なんか必殺技か悪の怪人みたい。
この条件が3つ重なるのはレア、だけど日本では35年ぶりだそうで。記憶にないなあ。北米では150年ぶりでそっちの説がネットで回ってるみたい。ちなみに確率計算上では256年ぶりとか言うけど、私には意味が分からん。
とにかく今日を見逃したら多分私の人生ではもうないと思う。

しかし月を見てると眼鏡だと乱視が矯正しきれてないのがよー分かるわ。
もっと見えるけど長時間はかけていられない眼鏡持ってこよう。

はい、皆既月食になりました。赤いかな、暗くて見えない。
今回の月食は長くて満月に戻るのは日付が変わってからです。前回は10分くらいだったのでえらい違いますね。
でもご近所だーれも見てない、寂しい。興味ないのかな。
あんまり見上げてると首をやられるから気を付けながらだったけど、完全に隠れる瞬間見えた。
後はまた月が出て来るところを見たいが1時間くらい待ってないと。
夫が飲み会でいないので一人で夜更けにベランダに出入りする怪しい人になっとる。

[PR]

by hyakurin | 2018-01-31 22:09 | 日記 | Trackback | Comments(0)

雑日記 寒いなんてもんじゃないし、色々あった

しかし、寒いですねえ。
私は生まれて育ったところにずっといるのですが生まれて初めて-2の温度計見たわ(確認しようとわざわざ温度計付き目覚ましを外に置いてみた)
寒いとやる気なくしますね、いつもだけど。

翌日追記:この晩、給湯器が凍結しました。気になって夜中にお湯出したりとかしてたんだけど、昨晩はもういいかとか思ったらやられたです。
深夜2時帰宅で風呂入ろうとした夫がお風呂場で泣いてました。湯船は沸かせるので入ればと言ったのですが。
どうしようもないので待っていたら11時くらいにようやく解凍、水漏れとかは大丈夫だったけどやっぱり凍るのね。


雪がまさかあんなに積もると思わず、どうせ平気だろうとその日に指定配達を頼んでしまい、やさぐれたクロネコさんから今日は無理ですと電話をいただく。もちろんそうでしょうとも。
そしたら次の日謝られるわ、送料返って来るわでなんか狙ってやったみたいになってしまった。反省。
そんな日に父は呑気に出かけて夕方になっても帰って来ないから心配したし。ふつーに地下鉄とバスで帰宅しましたが。でも横浜市営地下鉄も最終的にはちゃんと動いてなかったんですぜ。

錦織選手が復帰戦を飾れなかったのは残念ですが、まずは復活への足掛かりって事で試合出来ただけで良かった。
次は3月のインディアン・ウェルズだそうですがそれまでにもう少し回復するといいですね。

ベイスターズはベイスターズでカードや曜日によってチケットの価格が変動制になり、イベントの日は試合開始が早まると言う。
平日に行ける人はラッキー、そうでない人はがっかりみたいな。
まあどうせ争奪戦だからなあ、ホントに買えないもんチケット。ファンクラブとか入ってる人でないと。
と言うか横浜市民は熱しやすく冷めやすいのは前回の優勝時に分かったと思うんだ、強くても意外に客減るんだよね。今はどうか分からないけど早々変わらないと思う。
チケット代上げても今はいいけど、肝心の増席した頃にどうなるのかなあ。
てっか高い時は外野席で2700円ってべらぼーだよねえ、私庶民だからちょっとビビる。

春の選抜高校野球、何年振りかに神奈川から出場あるから楽しみ。
やっぱりそうでないと見るモチベーションがな、うん。

海外ドラマでちょっとびっくりした事。
「秘密情報部トーチウッド」(しかしダサい邦題だな)と言うドラマが以前ありまして、私もシーズン2までは楽しく見たし感想も書いているのですが、シーズン3と言うかシーズン2の最終回からは「けっ」しか思う事がなく、シーズン4に至ってはベツモノと認識しているという複雑な心境をいまだに抱いております。
しかし10周年で何かあるらしいので調べたら、シーズン2までのオリジナルキャストを揃えてまた新たに新作を作るらしいのですって言うか、どうやってだい。だって5人中3人シーズン3までに死んだんですけど。
それを10年後って設定ってどういうこっちゃ。
詳しい事は来週以降、英語が読めれば分かるのですがうーぬ。
まず放送が私はスパドラで見たのですが、他でもやったのかな。そんでもって製作がBBCじゃなくなったシーズン4はwowowだし日本版DVDはシーズン2までしか出てない上にもう廃盤。シーズン4だけは買える、高いけど。確か日本でも見られる海外版はあるけど英語字幕だけ。
この際、どこでもいいからもう一度ちゃんと通しで放送して欲しいが今はどこが権利持ってるのかなあ。でも新作の放送がもし日本でもあるならそうして欲しいし、出来ればDVD再販して欲しい。普通に欲しい。
無理だろうなあ、Huluだかどこかでは見られるんだか見られたんだかだから、そこに新作が来ればめでたいくらいだろうなあ。まあちゃんと日本語字幕が付くならこの際それでもいいけど。
そう、なんだかんだで新作を楽しみにしちゃってます、何度も裏切られてるのにー期待を。
追記:私が読んだ記事ではそう書いてなかったのだけど、他の記事ではオーディオドラマ化と取れる書き方だったらしく。そうだよねえ、今更ドラマじゃないよねえ。



最近、色々また新しい音楽を聴きまくっているのですが中々しっくり来ない。
ポルカドットスティングレイはホントに好きだが、MOSHIMOとyonigeとプルモライトはまあ普通。他はもう20バンドくらい聴いたけどなし。
そんな中、ふと改めてパスピエの「&DNA」を聴いてみて衝撃を受けた。なんだめっちゃいいじゃんこれって。なんかさーっと聴いてみてまあ初期から変わるのは当たり前だなくらいで放置してたんだけど、このアルバムホントにいい。
大好きな「演出家演出」とかとは違う良さがある。捨て曲がない。
普段そういう再評価をめったにしないんですがパスピエは良い、良いね。

[PR]

by hyakurin | 2018-01-26 20:41 | 日記 | Trackback | Comments(0)

雑日記 成人の日の事と驚くのが遅い事

それにしても昨日の成人の日の着物レンタル着付けの詐欺(だろ、計画倒産だろあれは)事件は地元だけに驚いたし、新横浜のアリーナの周辺で寒空の下途方に暮れている娘さんたちを見ていたら他人事なのに涙が出そうになりました。
私たちの頃は着物は買うなりレンタルするなりして地元で着付けメイクして新横浜へってパターンが大半だったと思います、なにせ人数が今と桁違いですから周辺のホテルで着付けなんて優雅な事はほとんどできなかったと思う。その頃ならまだ対処の仕方もあったかもですが、このパターンでは疑う事もなく信じて朝、みんな新横浜へ向かったんだろうに本当にこれは酷い。
私自身は着飾るのも着物も興味がなく自らの意志でスーツ出席でしたが、そんなのは少数派ですからね。たいていの女の子は何年も前から着物を選んだり、代々の着物を渡してもらったり、髪の毛を伸ばしたりして楽しみにしているものなのです。私でさえ今更、そう言えば私ってば一生振り袖を着る事無く死んで行くんだねーなんて思ったりするもの。
それに着物を着るって言う事が伝統を継承していくって事でも良い事じゃないですか、中々着物を着る機会もないものね。
だから某司会者が「これを機に振り袖を着るとか着飾る贅沢はやめちまえ」とか言うのはもう暴言だと思いますよ。贅沢とかそういう事じゃない。
だいたい一生に一回の事で着飾って何が悪い、それはそんなに贅沢ですかね。
小さな頃からお祖母さんやお母さんが着た着物を自分も着るのに憧れていた女の子、親に頼らず自分で資金を溜めた女の子、娘の為に仕事を頑張ったお母さん、私の周りにはそんな人がいっぱいいました。みんなこの日の為に胸を躍らせてきた、そんな人たちの気持ちが分からないからそんな事が簡単に言えるんだ。
着付けができないなら振り袖を着るなとかも。振り袖は着付け教室に通っても難しいんだよ、一人で着る物じゃない。私の親も着物の着付けは出来るけど振り袖は帯とかちょっと無理ねって言ってた。
それと切り替えてスーツで式は出ればいいとか、そんなんじゃない。私みたいに最初から望んでスーツと失意の中でスーツでなんて全然違うわ。着物じゃないのって目で見られても私は自分で選択した事だから堂々としてましたけど、そうでないならいたたまれないですよ、出られないよ。
着飾るのは云々言っても私だってスーツやらバッグやらコートなど一式は親が買ってくれました、それなりの物を。だから堂々とアリーナへ行けたんです、普段の持ち着じゃ無理。
余談だけどその買い物が私が母と2人で出かけた最後になったんです。そうでなくとも母親とかと一緒に着物を選んだりも大切な思い出でしょう。
それを大人になる女の子たちを歴とした大人が踏みにじるなんて酷すぎる。悪質にもほどがある。
どうして当日に逃げる、前々から自分の店に来ているたくさんの女の子たちを見て少しも気が咎めなかったのか。
やりきれない。



話変わりまして年末年始辺りに話題になっていたのに今更知ったんだけど「タランティーノがスタートレック次回作の監督」ってマジなんですね。新年一発目のびっくり仰天ですわ。
だってタラちゃんの10作目になるじゃん、今準備中のマンソンファミリーの映画入れたら。
10作目がなんだって言うと、タラちゃんは前から長編映画は10作撮ったらもう監督はしない、引退って公言してるんです。
ずっとほぼオリジナル作品にこだわって来たのに最後がスタトレなのは、両方ファンの私は物凄く微妙だよ。
タラちゃんはこれまでもERとかCSIとかの監督もやっててちゃんとできるの知ってるけど、それがじゃあタランティーノらしさが全開なのかって言ったら違うわけで。
スタトレファンとしても、なんかピカード出すかもとか聞くとええええそれはちょっと…ってなる。私はオリジナルシリーズだけの心の狭いファンなので。
それでもスタートレックは最後ではないかもだからいいけど、タランティーノの最後となるとなあ…。
タラちゃんのスタトレは見てみたいが、それがタランティーノ最後の監督作ならちょっといや、と思う。
ソダーバーグみたいにじゃあもう映画監督は引退するわって引退して、数年でやっぱ監督またやるわ、とかなったらいいけどなんかタランティーノは案外そう言うタイプじゃない気がするんだなあ。
もっとも長編映画はって含みは持たせてるけどねえ、脚本とかはやるのかも知れないし。
スタトレは10作に入れないって事にしてくれないかなあ、でないとスタトレを素直に楽しみに待てないかも。

[PR]

by hyakurin | 2018-01-09 10:58 | 日記 | Trackback | Comments(0)

雑日記 あけまして

なんとか実家にて正月行事やりきって帰ってきました管理人です。
もう私の中では正月終わりました、まだ初詣とか行ってないですけど。

真昼間から人が来てビール飲んであれこれ食べてきましたが、メインは神戸牛のすき焼きだ。
良いお肉は美味しいですが、柔らかくて最高ですが私は「これ6枚分くらいの厚さでいいからステーキにしたい」とか考えてました。
どうしてこんなにステーキが食べたいのだろう、去年目覚めるまで人生でステーキなんて5回も食べてないのにねえ(お店では)

3種類ほど野菜の料理を作りましたが、箸休め的にとか思いすぎて気がついたら全部酸っぱい系だった。
それでも、レモン汁、酢、白ワインビネガーとバリエーションだけは豊富でした。
根性入れて作ったカブとグレープフルーツと生ハムのマリネが全然人気なかったなとか、カリフラワーと小松菜(どっちも激高価格だった、先週まで小松菜安かったのに…)の辛子出汁あえは私が何もかも嫌いなので味見すらしなかったですが、好評。特に夫に。カリフラワーが好きだなんて初めて知った…。
エリンギとししとうとインゲンの焼きびたしはいつも作ってるから大丈夫だったし、それが結局一番美味い。

しかしおせちを渡した兄、煮しめが納得行かない味だったそうで。そうですかーってもう怒る気にもならないです。
と言うのも父が誤って出汁醤油を出してきて、私はそれに気がつかず「この醤油なんかきりっときいてこないこねーな、使いづらいなあ」と思い、普段はあまりしない味見をしながら懸命に作ったとか言っても仕方がないもんね。
そういう態度で人に作ってもらったって感謝の気持ちがないからバツイチなんだよ(絶対本人には言えない暴言)
でも今年はとうとう兄に、すき焼きやるときにワインとかマジでいらないからと言い切る事ができました。だいたい私は鍋奉行で肉を食べるヒマすらないのにワインなんか優雅に飲むかいっての。わざわざ買ってくれて悪いとは思うが、私は赤は飲まないし毎年持って帰って誰かにあげるのもいい加減嫌になったのよ。
煮しめは父はいつもより美味しい、とか言ってました。私は物によると思いました。しいたけは美味しいが、はすは駄目とか。
とりあえず出汁は父が取ってくれたのですが、純粋な鰹節でなく、サバ節とか入ってるヤツで、私はそれは合わないと思いました。父は気に入ってるが。
ひっそり思うけど多分父は舌が鈍って来てるからそういう濃いめの方が好きなんだろうなと思います。
まーとにかく、もうおせちとかホントによくない?と思う私でございました。
来年も作るだろうが、万が一父に何かない限り。それは幸せな事でしょう、後から考えたら。
今の当事者としては、正月いつもぼろぼろなだけだけど。

もう明日は夫も遊びに行っちゃうし私何もしない。
今日はリアルタイムで見られない(夫がめちゃイケ見てるから)テレ東の「池の水全部抜く」見ながらのんびりするんだ。
ようやく私にもお正月かな、一応。
週末は映画行って肉食います。肉食うのだけが今の楽しい企画です。

[PR]

by hyakurin | 2018-01-02 18:44 | 日記 | Trackback | Comments(0)

雑日記 正月なんて

今年の正月を目前にして既に、人が死なない程度の問題が起こらないかなとか小学生が運動会を嫌がってる前日みたいな事を考えている管理人です。今年も終わりだってのにそれかいって感じですが、ホントに正月嫌い。
Twitter辺りを見ていても怨嗟の声が上がっているじゃないかい。

まず明日は、チキチキ一日台所に立ちっぱなしでおせちとか作るよ大晦日恒例行事だぜイエー、ですし。朝っぱらからおせち作りで夜中近くの蕎麦までほぼ座る暇なし。
1日だって別に雑煮とか夕飯とかは作る訳だし。
更に今年は2日にいつもなら家族が集まってすき焼きを食うの集まりに父のいとこがいらっしゃいまして。
そのおもてなしの料理もいくつか作らないといけないわけで、あれおかしいなおせちって主婦が正月くらい楽できるように作るはずなのに全然楽じゃないんですけど、みたいな。
2日も片付けとかは全部私だし、ホントに台所から出られないわー。しかもいとこの方が決して悪い方ではなく本当に良い方なんですけど、声がデカいんですよね。私がこの世で一番苦手なタイプですわ、声がデカいおじさん。苦手なんです、理屈じゃないんです。
てなわけで正月からガチで料理料理、台所仕事仕事。しかも担当が野菜の副菜なんで、どこの遺跡から発掘された野菜?ってくらい高価な野菜もあれこれ買ってきましたよ。もう精神的に疲れたよ。

それでちょっとだけ面白かったのが子連れの若いご夫婦も野菜を物色していたのですが、夫の人が「野菜、もしかしてちょっと高いのかな?」とか今更な事を言いだしまして。
思わず「今気がついたのかい」と超小声で突っ込むおばさん(私)はまだしも、妻の人がその発言をガン無視してまして、そらね普段から買い物してたら「ちょっと高い」レベルじゃないの分かるもんねと。
きっと普段の会話で「野菜が高い」くらいは出てるはずだしねえ。
悪気はないんだろうけど、その悪意のない発言がかえってムカつくんだろうなあと思うおばさんでした。

まあそれでもウチはまだ、夫が掃除をやってくれますからねほぼ。それだけでも楽は楽ですよ。
でもほら、言わないと冷蔵庫の上は拭かないとか全部コマンド入力が必要ですからね。なんでそれ、目に入らないかな。入ったら拭かないかなとか言ったら負け。男性にそれは期待しちゃ駄目。

正月ってきっと、精神的に鍛練する時期なんだと思って乗り切るしかない。
終わったら肉を食おう、そうしようと行く予定のお店のHPでメニューの肉を見てたら夫が来ちゃって凄い憐れまれたけど負けない私。
なんか知らんが、40も半ばになって突然「焼いた牛肉美味い」と思うようになり、たまにやっすい肉を買ってステーキにして食べる様に今年なりました。今までほとんどそういう肉の食べ方した事ないんですが。
焼肉ではなく、ステーキがいいのです。
なんだろう、なんか頑張って生きようとしてるのかな私。
でもとりあえず正月働いて肉食います。それが私の年越しだ。


[PR]

by hyakurin | 2017-12-30 17:31 | 日記 | Trackback | Comments(0)

雑日記 気がつけば

どうも、今年はやる気なくクリスマスは家で過ごしたって書こうとしてそれが去年とまったく同じだった事と、今年の総括しようとして去年の見たら書こうとしてた事がほとんど一緒で精神的に撃沈した管理人です。
変わり映えしないにもほどがあるわー。
いや、クリスマスはホントは出かける予定で予約も席だけ取ってあったんですが、体調不良だったんですけどね。
相変わらず古い家電に囲まれて暮らしてますぜ。ガラケー使ってブラウン管見てるのはもはやウチくらいなんじゃないか。電子レンジは19年前に買った回るヤツだし。

しかし年末なので忙しいのです。忙しいのに軽い気持ちでウォークマンの管理ソフトを新しいのに変えたらまあ、午前中丸々潰してしまったではないか。
と言うのもまず1回じゃインストール完了しない。インストーラーで完結しないのよ。
手動の操作があるのに気がつくまでかなりかかった。
その上、新しいMusic Center for PCとか言うのだと、前のソフトでウォークマンに入れた曲名とかが出て来ない。
それを解消するやり方を探して、やって結局駄目で。
これじゃ曲の入れ替えも削除もできねえじゃねえかって事で前のソフトでまずウォークマンを空にしなきゃならない。
そんな原始的なと思うが、どこを見てもできないよ手動だよって書いてあるんだもん。
は、早まって前のソフトをアンインストールする前でよかった。
それで改めて新しいのでウォークマンに曲を入れていく訳だけど、私はこのアルバムからは1曲とかめちゃめちゃ細かく600曲くらい入れてるわけで、それがどれだけ大変か分かるかソニーの奴らめ。
大して変わり映えしないソフトに変わるたびにこんな事させられる身にもなれっての。
と言うかもう少しユーザーフレンドリーな入れ替えの仕方をちゃんと整えてくれないか。前の前のからの移動より今回の方がむちゃくちゃ大変だったじゃねーか。
しかも結局、ジャケ写とかでなんでか移動できなかったのははいそれまでよだしよ。
頭に来たのでもう全部終わらしてやると前のソフトもアンインストールしたんだけど、一緒に消せってソニーのHPに書いてあるのを消したら別のところではそれは消しちゃ駄目ってなっててもうカオス。
しらーねーよー。もうどうでもいいわい。

このままもう、ぬるっと年越しします。
新年から実家にお客で年末も正月も全然、休めないしね。

[PR]

by hyakurin | 2017-12-27 13:07 | 日記 | Trackback | Comments(0)

雑日記 ただやる気がないだけ

どうも、なんか放置気味になってしまってますが特になんでもない管理人です。
やる気がないだけなんですよいつもの如く。

やる気がないからスターウォーズも見に行くか微妙なところ。
最近映画館がホントに遠いのです。しかも夫が行かないと言うので。
私的には見てもいいんだけど問題は前作をまったくと言っていいほど覚えてない事でして。カイロ・レンとか言われても男だっけ女だっけという世界。なんかレイとかレンとか似たような名前過ぎないか、もしくは私の記憶力が酷過ぎる。
だいたい上映時間159分でしたっけ、長いよなあ。
とにかく覚えてないなら地上波放送を見りゃ良かったんだけどその時間はなぜかレンタルしてきた「キングスマン」を夫と見ておりました。
と言うのも続編が年明けにやるので、夫を連れて行こうと上映会を行った訳です。こっちは結構覚えてた。
てか「キングスマン」もCM見たらしれっとハリーが出て来てんだけど。なんで、死んだんじゃねーのかよ。まあコリン・ファースがいなけりゃ私は続編行かないけどさ。どう生き返らすんだよ、男塾かよ。
でも行く。


料理番組が好きです。
それも日本のよりまったく参考にもならない海外の方が好きです。
日本のも見ますしレミとか好きだけど。参考にしようと思ってはほとんど見てないなあ。
最近はTwitterとかで今日の料理とかフォローしておいて、ああこんなん作ろうかなと始めてまったく違う感じの仕上がりにするのが趣味。
海外でいいのはまず、私の嫌いなエプロンの着用率が低い事であります。嫌いなんですよエプロンが。結婚する前もした後も自分の意志ではつけた事も買った事もないです。
日本の料理番組だと、土井先生とか和食系以外はみんな絶対つけてるよねエプロン。
でもまあ冬は寒いからいいけど、夏とか邪魔くさいしなんか清潔な感じがしないんですよね。ウチの母とかもそうだったけどみんなしたまま買い物行ったり、そんなに毎日も洗ってねえじゃん。
私なんてそんな料理で汚れたら困るような服を家で着てるなんてないですし。それに料理中よりむしろ、食事中の方が服を汚すタイプでと言うかそんなところにも老いが見えると言うか。
まあとにかく、エプロンを見たくない時は海外の番組がいい。ほとんどつけてない。

以前はケーブルのチャンネルで料理とかがメインのチャンネルがあったんでそれをずっと見てたこともあったな。
アメリカの番組で、とんでもない量の砂糖使ったお菓子とかでっかいレモンを片手で握りつぶして果汁出してる女性とか楽しかったんだけど、今は見られないので主にD-Lifeとかのを見てる。
定番のジェイミー・オリバー。大昔に「裸のシェフ」とか訳の分からんふれこみで登場した時の事を私はしつこく覚えていてその面影はまったくないがまあ面白い。
と言うか料理番組を面白いで見るのもどうだ。
でもジェイミーのは凄いよ、ニンニクがなかったら料理成立しない勢い。ウチの夫に出したら毎日大汗かいて泣いてるね。なんでか知らんが、ニンニクを食べると汗が止まらない人なんですね。
健康志向の強い番組より、30分で晩ごはん(そんなタイトルではない)の方が面白い。
それとマーサ・スチュアート。どんな客招いてんだよって凄い量作るよね。前にラザニアを作るって一人一人の器は可愛いサイズに見えたから見てたけど、粉に入れる卵黄が22個とか言い出したのにぶっ飛び、中に入れる挽肉もほぼキロだし、ワイン1本丸々と入れて煮詰めた後に更に同じ量のストック入れて何時間も煮込むとか、もはやレストランだよねそれみたいな。
いきなり数時間とか一晩置けとか平気で言いだすマーサ、日本の料理番組には絶対いないタイプであるね。
そもそも海外の料理番組だって最近は割と時短傾向だけどね、マーサぶれないね。
Eテレのレイチェル・クーのバリの小さなキッチンシリーズも好き。パリに憧れはしないけど超小さなキッチンで奮闘するレイチェルが面白いから。冷蔵庫なんて冷凍庫壊れてるとか凄い。
でも今は旅レシピとか言って、ロンドンのまあまあ広いキッチンなんでちょっと魅力半減。
でも料理は結構おいしそうだし、やる気があってオーブンを使う気になれば真似できそうだししてもいいかなと少しだけ思う。
それにアジア系が入ったイギリス人だから親しみが持てる、服も可愛い。たまにエプロンしても許せる。
産休中みたいだけどまたパリシリーズやって欲しいなあ。

私の料理と言うと昨日はチリコンカンを作ったのだけど、色んなスパイスが半端に賞味期限切れてたりあったのでとにかくあれこれぶちこんで、チリパウダーもたっぷり目に入れたら私でも辛いと思うのが出来てしまい、夫が泣いてました。
ニンニク入ってなくても汗だく。しかもそれを父にもおすそ分けしてしまった。
まあ一晩置けば辛さは落ち着くと思うけど。
その前に作ったカレーが辛くなくてストレスが溜まっていたらしい。でも冬ってなんか辛い物で自分に喝を入れたくなる。夏より冬の方が辛い物を作ってしまう私です。
それでやる気も目覚めればなあ。そもそも存在しないのかも知れない、と思う最近の私でした。


[PR]

by hyakurin | 2017-12-16 18:22 | 日記 | Trackback | Comments(0)

雑日記 まだ地上に戻れず

レジェンドマッチで火がついてしまい、すっかり地に足がついていない管理人です。
進藤達哉さんが好きな事を思い出してしまった、こうなるともう止まらない。

ヒマさえあれば1998年あたりの動画を探す旅にでたり、ついには月刊ホエールズ(と言う球団誌がかつてあった)を発掘してきて、進藤さんの初登場からを追っかけだした始末。
ドラフト外入団とは思えないほど絶賛されていて、ファームの試合も始まってすぐに出ており、守備の上手さと走塁が褒め称えられている。そして既に入団時から打撃がネックとされている、なんて記事を見てはニヤニヤしている。
しかしやっぱり、可愛いなあ初々しいなあとすっかり盛り上がるおばちゃんに成り下がる。

進藤さんが入団したこの頃私は高校生なんですが、既に一人で練習場へ見学に行ったりかなり気持ち悪い女子高生でした。しかも○○選手かっこいい的な事で見に行ってる訳ではなくホントに練習やらを見に行ってるだけで、異常なまでに内気なので選手に話しかけるとか、そもそも傍に寄って行く事もできず、ひたすら物陰からひっそり見てましたね…。
練習見学行き出したのは中学生からですし、愛読書は週ベだし、相当ヤバイ子でしたね。当時は今ほど女性ファンっていなかったですし、いても追っかけ的な人だったりで。
だから約30年に渡ってずっとファンなのに進藤さんに声かけた事がたった一度しかない私です。いくらでも機会はあったのだけど。
そもそも地元なのに周りにまるでホエールズファンなんていなかったから、中3の時なんかファン感一人で行って浮いたりな。いまほどおひとり様なんて市民権がないし、そもそも女子中学生だからねえ、と言うか受験生の中3が11月に何をしてるのだ。
高校受験、ランクも落として全然緊張感がないのがよく分かるな。

もう誰も読まなくていいから、私と野球と進藤さんへの執着の軌跡とか書いて行こうかとか思っている。
なんか30年も執着してる事をそうやって昇華させたくなった、しないかもだけど。
とりあえず月ホエと途中から月刊ベイスターズになった雑誌を漁る旅に戻ります。


追記:
旅から戻って、改めて進藤さんって不思議な人だったなあって思いました。
ドラフト外入団なのに36番なんてまあまあの番号貰って、即ファームの試合出まくって次の年にはそうそうに球団誌の表紙になって、1軍への完全な定着は結構かかったけどもうそこから欠かせない選手になってる。
時は流れて色々あって、トレードされてでも3年後には現役選手として戻すって話があって、でもオリも出したくないってあーだこーだがあった、完全に現役選手として望まれていたのに本人は引退をすでに早い段階から決断してた…。
特にこの時期、野球を続けたくても続けられない人がたくさんいるのを見るとなんて贅沢で、そしてプロフェッショナル意識の塊のような人だったんだろうって。
ある野球選手が、選手の32、33歳は厄年って言ってたけどその時にやめちゃった人。
未だに私なんか続けられたのになあ、故障とか怪我とか事情は分かるけどでも最後1年でいいから横浜で現役で終えて欲しかったと死んだ子の年もいいとこだろって事を思う。そうしてくれてたらここまで執着せずに済んだかも。
もうフロントの人だから無理かも知れないけど、いつかまたユニフォーム姿見たい。
しかし、私ガチでキモイ。

違う、思い出した。山下大輔さんもGM補佐になったのになぜかその後ファームの監督になった事あったわ。
だからそういう事を思い出すと執着心が消えず、成仏できねえ。

[PR]

by hyakurin | 2017-11-28 09:13 | 日記 | Trackback | Comments(0)

雑日記 記念日

結婚記念日に「La TendaRossa」(ラ・テンダロッサ)と言う前から行きたかったイタリアンに行きました。
奮発してシェフ至高のフルコースにしたのですが、評判通りとても美味しく楽しい記念日になりました。
お店自体は堅苦しくなく気楽な雰囲気でしたし、ワインを考えるのが面倒なのと2人じゃ1本しか飲めないしでソムリエ兄さんにコースに合わせて適当にグラスでお願いしやす、と丸投げしたらこれもとてもよいワインをいただきました。
フルボトルがまあまあなお値段なのでグラスでこんなに飲んで平気かと思ったけど、実に手頃なお値段でしたよ。スパークリング1杯から始まって、白2杯と赤までに一口どうぞと半杯くらい、更に赤を私は2杯。
イタリアワインなんですけど、っていちいち言ってましたが私はイタリアワインが好きなのですよ、とても。
白で半分ほど注がれたのは特に飲んだ事のないお味でよかったなあ。私は白が好きなので白の種類が多いととても嬉しい。それにタイミングよく勧めてくださるので実に楽でいいやって寛げました。
ほら、白は一杯ですかとか最初に訊かれてもさあ、そりゃ料理と私の飲みっぷりで出してよって思う訳さ。最初にどれくらいと訊かれてまあまあ飲みますよって答えただけでこういう対応をしてくださるとホントに嬉しいのよ。
店はかなり混んでいたのにちゃんと気を配ってくれているんだなあと、こういうお店はホントにいいお店だと思う。

最後に感想を親切にしていただいたソムリエ氏に聞かれたのに酔ってたのでテキトーに答えてしまい、すまなかった。
ちょっとふりかえりましょう、一昨日の記憶でだいぶ怪しいところはあるが。

このお店はコースの量が多いとは聞いてましたが、前菜盛り合わせの前に更に突出し的に2皿。
生ガキと野菜とパンを煮込んだもの(基本、料理名は覚えてません)どちらもおいしい、特に生ガキは実にフレッシュだし煮込みも抜群に美味しい。
前菜は色んな魚のカルパッチョなど。特にカジキを軽く燻製にしたものがめちゃくちゃ美味い、白ワイン持って来てー。
パスタには伊勢海老が半分ついており、リングイネより太目のパスタ(リングイネかも…曖昧)この伊勢海老がまた美味し、ソースも美味い、特にクセの強い感じではなく一見普通のトマトソースが美味しい。
お肉は鹿でした。かなりレアだけどこれまた全然くせもなく、焼きが香ばしく、ソースとかはなくて塩だけ。それなのにこんな美味い鹿は初めてかもってくらい美味い。羊よりクセないかも。クセのある肉が苦手な私でも美味しい鹿でした。
赤ワインも私はあまりタンニンの強い渋いのは苦手なのですが、鹿にこんな軽くて合うのかってくらい優しいサンジョベーゼのワインですげえうめえ(ここらでだいぶ酔っている)
すっかり油断していたがこのお店の売りはピッツァでございまして、肉の後に出て来るのですなあ。だからパスタが少なかったのかと。
サイズはちゃんと相談できますよ、私ら大食いなので普通のサイズで水牛モッツァレッラのマルゲリータをペロリです。またこのチーズが、生地が美味い。
もう一杯別のサンジョベーゼと共にいただく。最高ですなあ。

ドルチェがなんとシェフの気まぐれ。ブランマンジェ(…パンナコッタではないと思うが違うかも)とチョコレートプリンの2皿が出て来て、私の方にブランマンジェが置かれるも即交換する失礼な俺たち。でも好みがそうなんだもん。でもブランマンジェもシャインマスカットもキウイも美味しい(結局食ってる)
プリンも濃厚で美味しいのだけど、おそらくヘーゼルナッツ(違うかも、とにかく薄茶色のナッツ)のジェラートが超美味い、びっくりするほど美味い。アイスが大好きなのだけどこれは美味しかった。
またカプチーノをお願いしたらかわいいクマさんが。こんなおばさんにありがとう。

行くまでは雨だし、体調も微妙だしでテンションやや低めだったのですが、美味しい物は凄いね、とてもいい笑顔で帰りました。
また何かの記念日に行きたい、大事なお店になりました。
でも誕生日をウエイターの行列が超歌いながら盛大に盛り上げていたので、誕生日は内緒で行きたい。私、恥ずかしいんですよあれホントに駄目。逆に誕生日をお祝いしたい人はいいかも、素敵でしたよ。

[PR]

by hyakurin | 2017-11-24 17:07 | 日記 | Trackback | Comments(0)