「ほっ」と。キャンペーン

雑日記 なにか良い事ないかな

今更ですが恩田陸が直木賞受賞めでたい、と言うか遅い。でもおめでとう。
しかしながら多彩な作風の作家であるがゆえに実は受賞作の「蜜蜂と遠雷」系統はあまり好きじゃなかったりして。陸ちゃんはもっとこう「Q&A」とかみたいに読んだ後モヤモヤモヤモヤする方が好きなのです。え、これで終わりかい、みたいな。
まあ私は少数派です。「蜜蜂と遠雷」は面白いらしいし、これから出版ラッシュなので楽しみです。
しかしタイトルを「蜂蜜と遠雷」と間違えてる人がめちゃくちゃ多いね。北大路公子大先生もだし。ハチミツじゃなくミツバチですよ。なんとなくハチミツの方がしっくりくるんだよね、読んでないけど。

何と言うか、相変わらず年明けからずっと夫にイラっとすることが多いです。
本来の私なら一発ブチギレして大喧嘩、言い争いと言う名の話し合いをして一応収めるところなのですが、どうも私にその気力がないのと夫が具合が悪いとうだうだしているのでスッキリしません。
それもイライラの理由で、具合が悪いなら悪いでもちろんいいわけですよ。ちゃんとどう悪いのか、何が食べたいのか言えばいいのに私が聞くと「大丈夫」「普通に食べられる」と言い張る。
それで私が普通に食事を支度すれば食べない。これで頭に来ない女がいるか?
強がってるんではなくて、勝手に人の顔色を窺ってこう発言してるのがまた腹が立つ。どんどん腹が立ってくる。
別にいつ私が具合が悪いのを責めたよ、意味が分からん。むしろ用意した食事が無駄になる方がムカつくだろ、それが分からないとか馬鹿なの?って思ってしまう。考え方が分からないんです。
今日も調子を聞けば「ほぼ良くなった」
だーかーら、その「ほぼ」が曲者なんじゃん。信じていつもの週末のように買い物と外食に連れ出せば絶対、具合悪くなったとか言い出すじゃん。万全じゃないならそう言えばいいじゃん。なんなのマジで。
宇宙人の方がまだ話が通じるわ。
普段なら洗濯干しを手伝いに来た時に、干し方が違うとかはあまり言わないようにしているのですが(黙って直しても気が付かない鈍いタイプなので)今日はつい言ってしまった。むっとされた。でも何度もやんわり指導したんだよ、私は。
あーもー。イライラしすぎて障子は破っちゃったし最悪。

病院に6年ほど勤めていたことが私の人生に大きな影響を与えた事はほぼ間違いないです。
そこで学んだのは、人は病気になる時はなるし、死ぬ時は死ぬ。それはもはや運でしかない。と言う事。誰だって病気になりたくないし死にたくない。でも避けようがないし、時期も選べない。善人も悪人も関係ない。
だから明日があるって心から思うのはやめよう、と思いました。明日はないかも知れない。ある日突然、朝起きたら首から下が完全にマヒしていて、一か月経っても原因すら分からないって事もあるんです。
だからさっき書いたような状態は本来は大変に不本意。
改めてこの事を思ったのはエビ中の松野さんの事があったから。
流れ星がエビ中の番組に出ている関係で知って、今もずっと見ているのですがなんか途中から本当に彼女たちが愛おしいと思うようになりました。メンバーも固定で覚えやすいし(おばちゃんには重要な要素)
番組で見るだけだけどそれでも松野さんの急死は物凄く悲しい。瀧上さんとの絡みで泣いちゃったりとかりななん、色々あったよね。食べている時の嬉しそうな顔とか思い出すと達観していたつもりでも、なんでこんな酷い事が起こるのかまったく分からなくなります。
たった18歳の女の子が突然死んでしまうなんて、ご両親の気持ちを考えたら胸が痛い。
残念でなりません。

何か良い事、ないかな。そんな事を力なく考えている。

[PR]

by hyakurin | 2017-02-12 09:40 | 日記 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://escape72.exblog.jp/tb/26636508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2017-02-12 20:48
「蜜蜂と遠雷」、よく勉強して書いてるなあと思いました。
それから昇太のことですが、今月の文藝春秋(芥川賞受賞作が載っている)の「この人の月間日記」は昇太です。
「僕にはお正月休みがない」という題で12月18日から1月20日までの日記が載ってます。
人気うなぎ上りらしく忙しい面白い日記でした。
Commented by hyakurin at 2017-02-13 13:13
> saheizi-inokoriさん
「蜜蜂と遠雷」はなんか演奏シーンが凄いとか。なんだかんだ言って図書館で予約したので回って来たら読みたいと思います。先週出た新刊は買いました。
コメントを読んで「文藝春秋」を昨日立ち読みしてこようとして忘れたのを思い出しました。当分本屋へは行かないので買おうかなあ。リアル本屋に行く習慣がなくなったのでついちょっとでも買っちゃいます。
昇太さんの文章って面白いですよね。人柄が物凄く出てる感じで。