リゾーリ&アイルズ シーズン5見ました 6話まで感想

もう次シーズンが始まっちゃうよ、と言いう訳で一言くらいの超簡単覚書で。
もはや見たと言うのを自分の為に記録してるだけの事です。

でもネタバレはあるのでご注意ください。


このドラマ、向こうで始まるシーズン7で終了がすでに決定してます。
だらだら続けるよりきっちり終わる方がいいですよ。1話完結でも。これぐらいがちょうどいい。製作のTNTではクローザーに次ぐ高視聴率だそうだし、有終の美を飾って欲しいです。


1話 悪夢
リゾーリの妊娠は本当でしたよ。まだモーラ以外には言ってない、母に似たらイヤとか割と酷い事を言ってますが。コーサックがなんかお洒落になってて2人で詮索したり。フランキーとモーラはもうこれ以上はやめときましょ、みたいな感じに収まった。
赤ちゃん絡みの事件、以上。
ママに速攻で妊娠ばれるが、一応口止めに成功。コーサックがお洒落になったのはライフコーチのキキのおかげと判明。警部を目指して生活から変えるんですって。
最後、フロストが事故ったとモーラがみんなに言いに。

2話 メモリー
フロスト追悼回。
ジェーンとモーラを心配するまま。フロストの母のカミールが困っているのを聞いて、リゾーリが葬儀を取り仕切る事にする。
署に血まみれの銃を持った女が現れ、人を殺したと言うが誰を殺したのかも、そもそも自分が誰かも分からない。ジェーンは演技だと疑うが、モーラは解離性遁走かもとジェシカと名付けて様子を見る。
銃は盗品、血は男のもの、服にはエクスタシーが付いていた。
捜査中、リゾーリはフロストの幻影を見て道路に飛び出したりしてる。モーラも帰り道で泣いたり。
モーラと葬儀の話になり、海にチェロの生演奏と共に散骨してというモーラにいちゃもんつけたり。リゾーリはなんか野球がどうたらだったような。
リゾーリがジェシカに、あなたの記憶喪失を信じる努力をする、あなたも努力してと言うと、リリーが口ずさんだ歌から先生なのかもと調べるが、出て来ない。
フランキーが徹夜で私立校まで調べてようやく私立幼稚園の先生でリリーと判明。現場も分かって行ってみると死体が。傍の血しぶきからリリーがそこにいた事も分かる。
なんか恋人が悪い男で金を盗ったどうたらの結果でした。リリーは父が迎えに来て帰るときに、信じてくれたとリゾーリに感謝する。
フロストの葬儀で、フロストが最後に部屋で聴いていた曲を流す。ジェーンは立派に務め上げる。終わってモーラが心配して電話してきても気丈にふるまっていたが、フロストが旅先から絵葉書をくれていたのを見つけて号泣。

3話 獲物
リゾーリはモーラと遠くの産婦人科に。ケイシーとはやっぱり結婚はしないと。その上、相変わらず秘密にしておくつもり、内勤になりたくないばっかりに。なんかあんまりいい流れじゃないな。
ママはフランキーには喋ったので、不自然に優しくして来たり。怒ったリゾーリがこれ以上喋ったら、ママの嫌いないとこの名前をつけるとか。コンスタンティーナだったかな。
コーサックが昔アルバムを出したミュージシャンだったとかなんかそんなネタも。
フロストの後任のリストを渡されたとコーサックに言われて動揺するリゾーリ。それにケイシーにどう伝えるべきか悩んでいる。モーラは言わなくてもとか言ってるけど。コーサックもリゾーリの異変には気が付いている。
ケイシーは納得してくれるんだけど、母になれるかなとか悩んで、ママに励まされたり。
最後にはモーラに子育てを手伝って欲しいと素直に頼んだりして。
事件はまったく覚えてない。

4話 終末
シェルターで窒息で死んだのが殺人でと言う事件。シェルターは終末に備えた物で、サバイバリストとか。
ママがフランキーに女が出来たと騒ぐが、実は真面目にコンピュータ工学を学びに行ってました。刑事としてちゃんと配属されるためにやってる。エライ。
コーサックの机で退職願の書類を見つけたリゾーリはびっくりするが、直接問いただしてもんだから揉めたりして現場で。あぶないとこで。ママが後で怒ってたけどこれもまあ布石っぽい。
2人は謝りあって、コーサックはそれも選択肢のひとつとライフコーチに勧められただけで、辞めると決めた訳でも、警部も諦めてないそうです。
終末の話になって、リゾーリは私に何かあったら子供はモーラに育てて欲しいとか言ってますが、それケイシーじゃないんだね。

5話 相続人
モーラは大学へ講義に行く。でも実はイヤ。正規の履修にして欲しいと頼まれたけど、成績をつけるのが嫌だから。抗議の準備をしているとジャックというイケメンが手伝ってくれて、しかも機械工学の教授だった。コーヒー行ったりいい感じ。
州知事から直で電話。チェルシー・ロスバーガーという富豪の死亡届にサインして欲しいと言われるが、自殺ではない、解剖しないとサインは出来ないと言う。資産数億ドル。心臓に空気が入っていて、誰かが注入して殺したと判明。実はもうすぐ死ぬがん患者だったんだけど、遺言を書き換えさせよとしたらしい。
リゾーリが電話のくだりでダウントン・アビーにひっかけたらしいジョークを言ったんだけどさっぱり分からん。てか向こうでもさすが大人気。私はコスプレドラマが苦手とつまらない理由で見てないのを悔やむべきなのかも知れない。
モーラの態度からリゾーリは男だと察する。ジャック・アームストロング教授と白状するが、困っているのだと。好きになったけど、きっと上手く行かない。今までの散々な経験からそう言うモーラを励ますリゾーリ。まあねえシリアルキラーとかいたもんね。
でもジャックはめげずにアプローチし続け、最後は楽しくバイクデートしました。
事件はなんか、富豪家らしく家族でなんちゃらしてた。結局、夫の隠し子の運転手が金に困ってやりました。

6話 変身
検死官会議に行きたくないモーラ。自分が主催した時より派手で豪華だから。でも自分のホテルの部屋でパーティーしたりして対抗してた。
留守を預かるスージーが現場の模型作ったり頑張ってた。
なんか太ってた妻が好きだったのに痩せちゃったからみたいな話。ばれない弾で撃って、刺して偽装したりとかなんとか。
コーサックは昔一緒に音楽やってた人の孫とステージに立ったり。ママの励ましもあって。
モーラが行く前にリゾーリにビタミン剤渡したり、行ってもそっちから捜査に参加したりと忙しかった。

とりあえずここまで。
[PR]

by hyakurin | 2016-05-25 16:38 | 海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://escape72.exblog.jp/tb/25838042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]