「ほっ」と。キャンペーン

リゾーリ&アイルズ シーズン4見ました

いつまでも感想を書けないので、一言くらいの超簡単覚書で。
もはや見たと言うのを自分の為に記録してるだけの事です。
肝心の事件の内容はだいたい曖昧です。

でもネタバレはあるのでご注意ください。



1話、モーラは腎臓提供手術からだいぶ回復してるが、ホープが結局見舞いにこなかったと自分で断ったのにやっぱりもやもやしてたりイマイチ。ジェーンにはフルーツバスケットでも欲しかったの?とか聞かれてるし。英語でも言ってるので、アメリカも見舞いにはフルーツ籠なのかと学ぶ。で途中、モーラとうとう、そうよフルーツバスケットとか高級チョコとか入浴剤とか持って見舞いに来て欲しかったのと。その後吹っ切れたのか、自分の腎臓が心配とケイリンを尾行。最近の子だからSNSでどこにいるかまで分かるらしい。ああエスプレッソにキャラメル入れてとか怒ってると見つかるも、ケイリンは意外に殊勝で腎臓くれてありがとう、心配で見に来てくれたのねとか好意的。これを手紙で出すつもりだったとドイルの絵入りカメオをくれる。18歳の誕生日にもらったけどこれはあなたのよと。
ケイシーはなんと歩いてジェーンのところへ。なんとなんとMRIの所見違いで思ったより軽傷だったとか。器具はいるけど立てるし、もちろん…もで朝まで過ごした後一緒に暮らしたいと。でもとりあえず数週間はアフガンと言われ、正直ほっとしたとモーラにこぼすジェーン。
フランキーは念願の刑事になり、麻薬課に配属になると決まるも上司のマルティネスとジェーンはワケありだったりして。それで必要とモーラとバイクを直してるところへアンジェラママがカヴァナー警部と一緒にかえってくる。ヨリ戻したんだね。
2話、マルティネスとジェーンの訳ありはおとり捜査の少女を死なせた事が発端でかなり根深い、関係もあったけど。フランキーはそれで仕事させてもらえないのか、と姉に怒る。
ケイリンがやって来てモーラ(とジェーン)にママがヤバイと。昨夜黒スーツの男たちが来てなんか揉めてたと。「MEND」というホープの医療ネットワークについて聞いてた。女性や子供のための慈善医療とかやってるみたい。ママと話して欲しいと言われるが。
気の進まないモーラをランチに行こうと言ってホープのところへ連れて行くジェーン。でもホープはケイリンの勘繰りよとそっけない。しかしケイリンには危ないからロンドンに帰るとか言っててまたケイリンはモーラのところへ。もうこっちで大学にも入ったし、今更ロンドンなんてと。どうやら「MEND」の設立の資金がドイルからでてるらしい。モーラたちにも尾行はついてるし頭に来てドイルの面会に行くが、私じゃないと。
今度はジェンガ気が進まないままFBIのディーンに聞いてみると組織犯罪課が動いてると。つまり黒スーツはFBIで、資金だけでなくドイルと連絡取り合ってただろうって事で調べられてるし、モーラも尾行されてると聞いてモーラは怒る。
いつも2人が言ってたバー、自然食に変わってる。そこでジェーンはマルティネスとの捜査で手柄の為におとりの少女にプレッシャーをかけすぎたのと後悔。そこへケイリンからまたFBIが来たと連絡。モーラは証拠保管室に忍び込み(子供の頃鍵付きテレビを開けて見てたから得意)ドイルのあれこれを見て、カメオの絵がサラエボでそこで創設したMENDの設立にはやっぱりドイルが関わってると、ホープとも会ってる。なら私が生きてると知ってたんじゃとか飛躍して疑ってますが。
3話、TJの洗礼式だが、トミーが轢いたクラウリー神父のとこだわ(酔っ払い運転で、それで刑務所に)リディアは彼氏のスチュアートことストロベリー同伴だわでめちゃくちゃ。しかもトミーは親権の書類も出してないと判明して、権利すらなかったり。しかもストロベリーと結婚したらテキサスへ行くのと言われ、なんかまともな男だしと諦め気味のトミー。
先に書くとストロベリーはモーラも巻き込んで調べたら、指輪のダイヤは模造だし、子供と動物に囲まれて暮らすのが夢なリディアなのに犬アレルギー黙ってたりで。それでトミーと一緒に犬の散歩行ったりして、とりあえずテキサス行は免れた。
フランキーは結局、麻薬課所属でなく友軍と言う名の何でも屋だそうで、費用の問題から刑事が降格されるとかみんな戦々恐々。引っ張られたら嫌だなあ(と思ってたら結局フランキーがふらふらしてただけ)
さて、そのめちゃくちゃな洗礼式の時に何か匂うと言い出すモーラ。おなじみのヤツよとTJを洗礼盤につけるのを阻止。その水おけの下の台の中に石灰まみれの死体発見、て事件でした。結局教会で奉仕活動してた男が息子可愛さにやったんだったかな、ギャング絡みの事件で。
4話、モーラがチャリティーパーティーに行くのにジェーンも行ったが、似合いそうな医者に話しかけなと言って帰る。そうしたらその医者の死体が出て、証拠からモーラが逮捕される事態に。拘置所では律儀に検死官と言って殴られたり。でも途中からドイルの息がかかった人が守ってくれて複雑。
検察官の代わりに来たのがあのポンコツポポフで任せてられないと結局、ドイルの手下に頼んでビデオチャットで捜査に参加するモーラ。色々思い出すにつれ、自分にスコポラミン(犯罪ドラマでお馴染みのゾンビパウダーね)が投与されたのではと疑う。
医者と思ってた男は医者でなく、チャリティーパーティー主催のプロゴルファーが雇った。モルグの保管室に入るために。狙いは鑑定する予定だった女性の骨で、それで自分の子を妊娠してるのを隠ぺいしようとしたのでした。
5話、ドイルの裁判だが、証言する予定の人がことごとく殺される。事故とか色々だが、ドイルのせい。なんか急にドイルがただの悪党になったし。おまけにカヴァナー警部の妻子が死んだ火事もドイルの仕業と分かってもう大変。止めるのにモーラのとこで鎮静剤打ったりして。
モーラがエスプレッソマシンで火傷したときの治療法が変わってて、それがカヴァナー家放火の時のドイルの写真にも同じ処置がされててモーラは激怒。証言するべきよと迫る。保釈されてバーで飲んでるドイルにも死ねばよかったのにともうすっかり未練はない。
ドイルはホープだけは信じられる、証言するわけがないと高をくくってて、カヴァナーも殺してやると裁判所に乗り込むが、モーラが間に入り、ホープは証言する、あなたはあなたが唯一大事にしたものにも背を向けられたのよと言い放つ。それを聞いてカヴァナーはみじめに生きろ、と銃を下す。それでも信じなかったドイルだが廊下でホープとすれ違い、絶望する。
カヴァナーが気の毒で気の毒でなあ。

6話、ジェーンは賃貸だった家を買い上げたとたんにトラブル続出で。水道から粘液みたいのが出るとか。それにイラついてるときに、ささいな行き違いでカフェで揉めて相手にコーヒーをかけてしまう。それが動画サイトに公開されちゃって大騒ぎにはなるわ、訴えられるわ。正式に苦情が来て捜査になると言われるわ。民事だから市警は知らんぷりだし。フランキーは勝手にテレビインタビュー受けてるし。
モーラが弁護士を雇ってくれるが高額で。しかし動画を見直してて、服がコーヒーはじいてるしそもそもいい位置から撮影しすぎてると。結局、ジェーンの家の管理人が女と共謀して家を再び安値で買い戻そうとしてたという。
7話、ジェーンはモーラとジョギング中に足を捻挫。ケイシーとは遠距離で気楽らしい。モーラはマルティネスと遊べばいい、気があるわとか言ってるが、そのマルティネスに殺人課のジェーンの車を取られて激怒。フロストの車までって殺人課の価値って一体。そのフロストは前回ジェーンのカフェ騒動で話をややこしくした店員の女にメロメロ。
マルティネスはジェーンとケイシーのビデオチャットの邪魔したり、車の事は私怨じゃないとか言ったり、何がしたいのかいまいち。好きな子を苛めるタイプなのかね。
えー事件は覚えてません。
8話、アンジェラママが何か困ってるようなのでモーラは家の片付けに雇うが、実は父が税金を滞納、それも数万単位でしてて。どこまでもクズだが子供に迷惑はかけたくないとアンジェラは自分でどうにかしようと頑張ってる。そこへケイリンが泊めてとやってくる。ママがヨーロッパに言ってて、雇ったシッターがウザいからとか。まあそれでモーラも色々電話を強制したりやっちゃうんだけど、まあアンジェラがいてよかったねみたいな。
フランキーはこのところ殺人課にいるけど、死体に怖気づく事もなく、フロストより向いていそう。
9話、ヴィクトリア・ノーラン博士はホイトを含め53人のシリアルキラーの本を書いてベストセラー。そのボストンでの講演会に呼ばれるジェーンとモーラ。ノーランをモーラの家での夕食に誘ったり和やか。ジェーンはいつものごとくぐだぐだ言ってるけど。現場を舞台に再現してるんだけど、人形のはずが本物で。
警察関係者が怪しいとなり、全員に精神鑑定をする事に。そこでやたらと絡んできた刑事が怪しいと思うが、その刑事が次の犠牲者に。
ノーランとコーサックは仲良く喋って、子犬の世話をしに帰るというとついていきたいと。それをフランキーが面白がって見てたのが幸い。犯行はノーランと出版社の人間として連れて来てた息子2人の犯行。コーサックも殺される寸前に気が付いたジェーンたちに助けられる。フランキーがぽろっと家に2人で帰ったって言って、コーサックも息子のコンプレックスついたり色々やってたけど、視聴者はとにかく子犬が殺されないかドキドキした。
最後はコーサック家ポーチで犬とビールでまったり。
10話、ストリート・レースでニトロによる爆発事故。それを見に行ってたジョバンニ(ジェーンとモーラをカップルだと思わされてる人)が撮影してた。相変わらずな男。
爆発物処理班のBJが気に入るモーラ。なんだかんだでリサーチしたり。モルグの隣で車の復元作業やらせたり、手伝ったり。モーラのメカマニアを見てもBJ引かなかった。いい男だったのにこれっきりだったなあ。
バーでジェーンがケイシーとチャットしようとしてるとマルティネスが来て、ビールおごるとか車返すとかなんとなくアピールしてくる。かわすが、結局ケイシーは忙しくてチャットできず。
なんか出所者の自立支援してた女が実はドラッグの運び屋で、それがバレたのでレースで殺したとかそんなんだった。

11話、アンジェラはまだ借金の事を黙ってたんだけどトミーは知ってたようで。みんなに反対されたのに前シーズンで巻き込まれた事故の賠償金を変な弁護士に減額覚悟でとにかく早く貰えるように頼み、それで払ったのでした。アンジェラは知らなかったので、事情を打ち明けたコーサックかとか色々悩んでた。ジェーンとフランキーはトミーに偉いね、でも私たちも出すからと。それにママにもっと頼ってとも。ママはこれ以上パパを悪者にしたくなかったと。なんだかんだでママは凄い。
事件はパス。
12話、ジェーンは2日休みと浮かれているが、モーラがやって来てドイルの父が仮釈放になると言いに。ホープごと殺そうとした相手だが、高齢者だし住所がなければ出て来れないと。行先が決まる数日だけ面倒みると言う。流れは忘れたがハイジがどうたら言ってて、ハイジ知ってるのかと思ったが、前に実写映画あったな。
しかしアンジェラもドイルが来るから追い出されたとお怒りでジェーンのところへ。追い出されたってあーた、考えたらいつまでモーラのゲストハウスに棲みついてるんだよって。口もきかないとか。
モーラはジェーンに付いてきてもらって迎えに行くが、物凄い悪態をつかれる。なら帰ろうとジェーンがモーラを連れて出て行こうとするが、既に書類を書いてしまっているので連れてかざるを得ない。
そのジェーンだがケイシーが戻って来てて、家事とかも完璧。でも古い食べ物を捨てられてしまうのにジェーンはややご立腹。話としては、ケイシーは大佐に昇格、将軍も目指せる。辞めたくないんだろうなと。ジェーンにしてもケイシーにしても相手の為に辞めたらいつか後悔するかもとは思ってるんだろう。軍人の妻なら働いてもいいような気がするが、大佐とかになるとさすがにね。色々あっちゃこっちゃ動くし、いつまでも離れて暮らすわけにいかないし、将軍ともなれば妻はパーティーだなんだもあるし。でもそれでケイシーは私を愛してないかもとか言うジェーンもちょっとどうかなーって。
ドイル父は車椅子なのでケイシーが介助犬を連れて来てドイルをみてくれる。しかしジジイ、息子がモーラに頼んだとしり、これは嫌がらせだとかずっと刑務所にいたかったとか言いたい放題。息子をホープに盗られたといまだに恨んでたり。しかし施設に連れて行き、まだ四の五の言ってるジジイにモーラがキレると息子に似てると。それにそこには古い知り合いもいて、上手く行きそう。
13話、朝からケイシーといちゃつくジェーン。まだどちらが辞めるか結論は出てないが、休暇が伸びたのでおいおい…とか言ってると誘拐事件。昼には公園でピクニックしながら指輪を渡されたり。でもまだ保留。
カフェのネダ(フロストの彼女)が署に来てて、モーラと話すが実は遠方でやりたい仕事があると。フロストもいるし悩んでいるネダにモーラは彼を優先したらいつか後悔するかも、と言ったら結局フラれたフロストに大いに恨まれる事に。謝るけど駄目。
ピエロの子供誘拐は1988年にもあった。なんか兄弟かなんかの復讐でみたいな。
結局、フロストはモーラを許す。
14話、リゾーリ父のフランク、トミーに連れられモーラ家へやってくる。当然怒り狂うジェーンとフランキー。フランクは家族で話したいとモーラを追い払おうとするし。そこへカヴァナーと一緒にアンジェラ帰宅。2人で話そうと言われるも、税金の説明しないなら帰ってと。
ジェーンが家に戻るとフランクが待ってる。ガンなんだ、数週間前に分かったと。でもジェーンはなぜママを捨てたのか言ってと。父は幸せじゃなかった、でも待っててくれると思ってた、ママにとりなして欲しいと虫のいい事ばかり。ジェーンはまずママに謝るのが先よと。
モーラのところへ戻り、長女だからって頼らないでよとか、がんの事とか言ってるとママが聞いていて、ジェーンに後はママに任せてと。
病院へ行くのに付き合うが、まだモーラを他人と言うのにキレる。あんたのせいで住むところも失くした私を住まわせてくれたのは彼女、家族よと。食事はモーラのところでと。父は子供たちにも病院についてきて欲しいと頼むが行くのはトミーだけ。フランキーはジェーンに行くべきだとは言うが、行くつもりは2人ともない。
食事にはアンジェラは当然とカヴァナーも呼んでいる。酔いだしたフランクはトミーは駄目な息子だとか、フランキーは期待してのに肘を壊した根性なしだとか暴言を吐き出す。ここまで父の味方だったトミーがついにキレて、兄貴の肘を壊したのは親父だろと言うが轢かずに、母親が甘やかすからろくでもない育ち方なんだと。アンジェラはお酒のせいよと諦め顔だが、カヴァナーは許せず、トミーは立派な父親だ、フランキーはいい刑事だときっぱり言う。アンジェラも女房呼ばわりで、カヴァナーついにキレる。引き離したジェーンは弟たちに言った事は取り消せない、なんて事を言うのよと。隠して食事会はめちゃくちゃ。
次の日、コーヒーとかデニッシュを差し出してきてジェーンを気を遣うフロストとコーサック。コーサックはギターも上手い。事件はストリートミュージシャンの曲を巡る殺人事件。動画が決め手で、盗作した女逮捕。
フランクのガンはステージⅡでそれほど危機的ではなかったが、治療は必要。反省して謝罪し、ボストンへ戻って来ると言うが、アンジェラはもう夫婦じゃないと。力にはなるけど、フロリダへ戻ってと。ジェーンもいつでも来てね、としか言わない。父が出て行った後で泣くが、ママは立派、決断を尊重すると言う。

15話、遺伝子組み換え食品GMO絡みの事件。これ、アメリカ人は気にもしてないって思ってたので意外だった。リアリティショーで一躍有名になった(モーラとフロスト、番組ファン)ホールデンはオーガニックに拘ったフードトラックをやってて、秘伝のソースは49ドルするがバカ売れ。GMOにも反対していて、食材には使わないこだわり。しかし自分の店の前で突然死。検死を始めたモーラ、匂いに気が付いて嗅いだら鼻血が。またしてもみんなでシャワー。幸い、大した事はないが、殺虫際が服にべっとり。
トミーは配管工の試験に合格したが、これがからまだ実地やらなんやらで正式に配管工になるには3年かかるのだと言う。でもリディアに結婚を申し込むつもり。TJのためにも素晴らしいわとジェーンもママも喜ぶ。フランキーはかわい子ちゃん巡査の方が気になってたけどな。
シャワーから戻ったモーラ、入り口で覚えのないギリシャからの荷物を受け取ったらカチっとか言うから、すっかり爆弾だと思う。動けないモーラをたまたま入り口にいたフランキーが支える。結局、ドルチェグストみたいなコーヒーマシンでしたってオチ。職場用に簡単に入れられるマシンをネット通販で買ったらたまたまギリシャ発送だったようです。そこでなんかフランキーといい感じ。姉に聞かれてフランキーはずっと彼女が好きだったとか言ってるし。数話前からそんなフリはあったが、展開にえええ。
服に付いた殺虫剤の匂いに気が付かないなんて変だとモーラが調べたら、ホールデンは事故で嗅覚が失われてた。味もこれでは分からない。だから蝶理はダリアが。そして更に調べたら秘伝ソースのサフランが安いGMOの物に変えられてた。ホールデンが死ねばソースの権利はもう一人の仲間、リードの物。リードは安いのに変えてお金をポッケに入れるだけでなく、大企業にソースを売るために殺した。
ジェーンのところへ突然やってくるホープ。娘に許して欲しいのと言いすがるが、ジェーンは今までの仕打ちを言い募る。最初に娘って分かった時、喜ぶどころか詐欺師呼ばわり、でも腎臓はくれ。それ以外にも彼女を悲しませる事ばかり。ホープは証言もしたしと言うが、クリニックも資産もモーラが黙ってるからそのままでしょうと。
バーでフランキーはトミーにモーラが好きだと。怒らないなら言うけど、不釣り合いだよとか言ってるところへ姉とモーラが。そうするとフランキー、わざとかわい子ちゃんにおごったりして、謎。トミーは指輪を買ったと2人に見せてママにも見せると帰って行く。モーラは母と仲良くしたかったと羨ましがる。ジェーンはコンスタンスはあんたを愛してるよと。そしてホープの話をするが、モーラは絶対無理って態度を崩さない。でもジェーンは態度を変えてもいいのよ、辛いんでしょうと。だって私に嫌われてると分かってても来たんだよって。
事件解決してモーラの家へ戻ると、ママ早速ケーキの試食してる。そこへホープがやって来て、クリニックをやめるつもりだと言い出す。モーラはびっくりして、貧しい母子を救うのをやめるの?そんなの望んでないわと。でも許して欲しいのと言うホープにそれは無理よと。でもホープに言われて聞いてたアンジェラ、血はついて回るのよと。ジェーンも取り成す。そこでモーラは外へ出てと。ドアをホープがノックして、最初の挨拶からやり直し。会いたかった、と言うホープ。これでようやくこの関連は終わりかなあ。個人的にはコンスタンス頑張れだったんだけどな。
16話、トミーとリディアのお祝いをいつものバーで。ジェーンも結婚する、退役してもらうと決めたと。
上院議員の娘が殺され、勤めていた国家機密を扱う会社の陰謀かと思いきや、単なる社長が若い女性社員を食い物にしてましたって卑近な事件でした。
それより、トミーはパーティーの後バーで飲んだくれて止めに来たフランキーと殴り合いの大乱闘。家で話をようやく聞き出すとリディアに振られたと。実は酒は止めたはずが、父のガン騒動の時にまた飲みだしてた。それがリディアにバレ、酔っ払いとは暮らせないと言われたと。
フランキーは一途だから傷つけないでと言うジェーンに明確な答えは返さなかったモーラだけど、キスされたりはした。でもなんかどうにもならない展開かなあって。てかリゾーリ家はみんなモーラ好きすぎじゃね。
そしてジェーンはケイシーから、帰国できない。大隊を率いる事になったから。だから君に来て欲しいと言ってくるが、ジェーンはすべてを捨てていけないと貰った指輪を送り返すつもり。しかし、妊娠したかも…とモーラに打ち明ける。


さあさあ、最後にまたぐちゃぐちゃになったけどどうなるんだろうなあ。でもケイシーの怪我さえMRIの読み違えで済ませるドラマだから、ジェーンの妊娠はないし、フランキーとも付き合わない気がする。トミーはなあどうなるのかな。赤ちゃん出すの大変だからこうしたのかもな。
そして最終回いなかったフロスト、役の方が最終回撮影中に自殺しちゃったんですよね。残念です。
素直にフランキーで穴埋めなのかなあ。
しかしやっぱり事件の記載が少なくてすみません…。
[PR]

by hyakurin | 2015-03-25 11:26 | 海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://escape72.exblog.jp/tb/24283411
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]