キャッスル~ミステリー作家は事件がお好き~ シーズン5 6話から最終話

いつまでも感想を書けないので、一言くらいの超簡単覚書で。
もはや見たと言うのを自分の為に記録してるだけの事です。

でもネタバレはあるのでご注意ください。



6話、スタトレみたいな懐かしドラマネビュラ9のコミコンでのセット内殺人事件。キャッスルは自書がコミックスになってるので普通にサイン会にいたり。そしてこのドラマをキャッスルは馬鹿にしてるが、実はベケットが大ファンと言う。最後はコスプレしてあげるから馬鹿にしないで一緒に見てとか言ってた。なんか思い出の大事なドラマらしいけど、なんか前はキャッスルの小説が人生変えるくらい大事だったんだよね、ほっぽらかされてるけど。
7話、第二のニルヴァーナ(いっぱいあるよなあ、ニルヴァーナ二世バンド)と呼ばれたバンドメンバーが殺されてな事件。なんかエスポジートが入れ込んでて最後に歌ってたような。向こうの俳優さんはみんな歌うまいよね。
8話、キャッスル家とベケット家の親対決。と言うか、マーサ対ベケット父。マーサが野球だったかなを馬鹿にして険悪な雰囲気に。でまたベケットがキャッスルと自分は不釣り合いみたいな事を。親2人は一緒に子供を心配してる間に打ち解けました。
9話、サンタクロース殺人事件。キャッスルはクリスマスと張り切ってるがさっそくマーサにも娘にもベケットにも一緒に過ごせないと言われてがっかり。そしてエスポジートもいつもライアンと過ごしててそのつもりだったけど、ライアンは当然ジェニーと過ごす新婚さんな訳でやっぱりがっかり、ってそれはあたりまえだろうよ。ベケットが仕事だと言うので警部にプレゼントして休みにしてもらおうとしたキャッスルだが、彼女の希望で勤務だと言われ。母の事件以来クリスマスはやらないと拒否られ、娘には彼氏と会うからと。なら彼氏と来たらと言うがやっぱり無理と。でもキャッスルにとってもクリスマスは特別、それはマーサがクリスマスだけは一緒に過ごしてくれたから。結局、マーサとアレクシスはやっぱり家でクリスマスしようと、ベケットもドレスでやって来る。エスポジートは証拠品を家族に返しに行って、そこでディナーに誘われる。

10話、アパート消毒でベケットがキャッスルのとこへお泊りに来るがそこにはメレディス(最初の妻、アレクシスの実母)がいて険悪なムードに。具合の悪いアレクシスの看病で泊まり込んでるのがどうしても許せず、嫌味をねちねち言い出すベケット。日本人にはちょい理解不能なくらい。キャッスルはメレディスと話し合おうとするが、娘の看病をさせてくれてありがとうと泣いて喜んでいるのでとても言い出せず。代わりにホテルで2人で過ごそうとまで譲歩したのに(あのキャッスルが病気の娘のそばから離れるんだぜ)ベケットがますます怒り狂う結果に。なんでだ。でもメレディスもちょっとベケットに意地悪してるんだけどね。結局は耐えきれなくなったアレクシス(実母が好きだけど苦手だから)の意見でメレディスだけ予定通りパリへ。ベケットはそこでメレディスにお似合いと言われて、別れた訳を尋ねてみると彼女曰くキャッスルは自分をよく知ってるけど、自分はキャッスルが最後まで分からなかったからと。あまり自分の事は言わないからなキャッスルは。メレディスも意外と考えてる。
11話、DJ殺人事件。まるで記憶にない…。
12話、なんかポルノビデオで有名になった金持ちが死んだんだったかなあ。キャッスルがアレクシスのビデオブログ見て、あまりに私生活を晒し過ぎてると心配して嫌われてたような。てかああいうのホントに理解できない、なんで世界に自分の情報を発信しちゃうんでしょうね。古いと言われても理解できない物はできない。
13話、ベケットがよりによって宿敵のブラッケンを警護した回、しか記憶にない。なんかベケットが手紙がどうたら言ってたような気がするが、そもそもキャッスルに黙ってた手紙ってのを覚えてない。なんかもう、ベケット母の事件、どうでもよくなっちゃって。駄目ですいません。
14話、ウォール街の妻たち、というリアリティショー絡みの事件。こういうのって大抵馬鹿にする奴と好きな奴の両極端だよね。この場合、ゲイツ警部が大ファンでした。キャッスルも。で、この回はバレンタインでプレゼントで張り切るキャッスルは間違って警部のジャケットにプレゼント入れちゃってバレると真っ青(まだバレてないと思ってるんだな)結局、ベケットの名前はかいてなかったので、人妻に高価な贈り物は駄目と怒られただけで済んだ。なんかベケットのプレゼントはベケットの家の引き出しの使用権だった。エスポジートがラニとデートしたりとか。

15話、16話はアレクシス誘拐事件。一緒に誘拐された娘が目当てなのかとか混乱しつつ、舞台はパリへ。実はキャッスル父のせいで、キャッスル父はスパイ。マーサが息子を生んだのは知ってたし、陰ながら見守ったり「カジノロワイヤル」(小説)を贈ったりもしたと。アレクシスを助け再び消える父、でも生きていればまた会えると。家に帰るとあの小説が届いている。てか、キャッスル父、ホントにスパイかい。まあでも面白いからまた出てきたらいい。
17話、見ると三日後に死ぬDVDをキャッスルが見ちゃってうんぬん。てかまんま「ザ・リング」じゃんと思ってたらライアンとかも言ってたからわざとだね。やはり有名なようで。エスポジートは死んだらフェラーリくれとか言ってるし。フェラーリに拘るよなあいつ。
18話、ライアンが潜入捜査官だった頃の件が絡んだ事件で、ライアンはまた潜入する事に。ショーバンという女性を救うため。7年前突然姿を消したライアンを好きだったんで、刑事と知って怒るがまだ好きだったりして。ジェニーは複雑。なんかこの夫婦も子供作りで揉めたり色々あったんで。ライアンはキャラがまるで違っててかっこよかった。でも最後ちゃんとジェニーのところへ帰るとジェニーが妊娠を打ち明けて大喜び。ベケットは寝言でキャッスルが「ジョーダン」と言ったとずっとねちねち言ってたけど、女じゃなく昔進級するためにお金で作文を書かせた相手。それを深く後悔しているキャッスル、小説を書く原動力でもあるんだって話。
19話、スキーで足を折って家にこもってるキャッスルは向かいのアパートを覗いて喜んでたけど、そこで殺人事件を見てしまう。しかしベケットは信じないし、見に行っても何もないと。アレクシスまで巻き込んで騒いでてとうとう車椅子で乗り込むと、それは役者まで雇ったサプライズでしたと。キャッスルは喜んでたけど、私ならキレるな。

20話、ビッグフットが犯人、みたいな。例によってキャッスルとライアンだけ盛り上がりました→違いましたって安定の図式。そしてキャッスルは家からたびたび食べ物が消えるのを不審に思い、冷蔵庫にスプレーを仕掛けるが。ヒントは洗濯でたびたび出入りしてるアレクシス。アレクシスはもろにスプレー浴びて顔が真っ青、怒って出て行く。キャッスルはちゃんとおこずかいあげてるし、足りないなら言えばいいのにと困惑。実はアレクシス、友達の研究に持ち金全部寄付しちゃった。でもキャッスルに言えば、友達とはいえ金目当てもいると説教されると思って言えなかったのと。しかし別にカード渡して限度額あり、とかじゃないのが不思議。
21話、大物投資家殺人事件。ベケットはキャッスルが自分のセクシーポーズよりゲームに夢中だったり、最後にしたい事リストに自分がいない事が不満。そして捜査で知り合った男に誘われたりしてるし。アレクシスは大丈夫よと慰めるが、マーサは危ないわよだってあんたたちなんの約束もないじゃないと。結局なんでもなく、キャッスルは一生懸命ベケットにサービスするが、ベケットも彼に言われたマーサと同じような発言、約束なしが引っかかってる。
22話、ベケットが現場で地雷を踏んじゃってな回。最初はどっちが惚れただの言い合いで、今までの名場面集みたいな感じ。でもヤバくなってきて、ベケットはキャッスルにあなたには娘がいるマーサがいるの逃げてと言われ、一旦は部屋から出るがやはり戻る。でまあキャッスルの推理で爆破は回避。警部もキャッスルを讃えるし、ベケットとの仲も知ってると(もちろん、とっく)ならキスしてもいいかというキャッスルに、それを控えるならこれからも見て見ぬふりをすると言う粋な計らい。
23話、なんかドローンが出てきたりFBIが出てきたりな回だったかなあ。最後ベケットがFBIに入り、DCで働かないかって誘われたのだけ覚えてる。ベケットはずっと憧れてたみたいな事言ってて、思わずいつだよって思った。てかすぐFBIで働けないだろ、途中からでもアカデミー入るんじゃないのかなあ。特例ありなのかな。
24話、キャッスルはアレクシスのジャングル探索旅行が心配であれこれ言ってるが、その裏でベケットがDCへ面接に行ったのは知らない。でもあっさりバレ、ベケットから行ったわよ面接と言われ、そんな大事な事なのに黙って行った、と怒って出て行っちゃうキャッスル。マーサに話すと、マーサはあなたは結局、心の奥底でベケットとは上手く行かないと思ってるんじゃないと。ベケットには採用電話。ベケットも父に相談に行くがもう心は最初から決まっていた。やっぱりFBIの仕事が望みだと。ベケットは覚悟してキャッスルと会うが、キャッスルは指輪を出して、ベケットにプロポーズするのでした。で終了。

わはは、ものの見事に事件の記載ほとんどなし。つまらなくはないんだけどやっぱりどうしてももう、人間関係がメインなんだよね。てか、そう簡単に結婚はしないだろうけど、なんかBONES化してきたなと思ったら、遠距離から入るとか一応差別化なのでしょうかね。
まああれよりはまだマンネリ化してないし(ちなみ私は文句言いつつ一応BONESも見てますよ)プロポーズはどうでもいいが、ベケットがいないのに市警にキャッスルいられるのかなあとかそういう興味はある。でもホントはそういうあっちゃこっちゃする展開は嫌だなと思ってますが。
しかしもう来月にはシーズン6始まるんで、適当でもなんでも間に合って良かった。
[PR]

by hyakurin | 2015-03-24 10:38 | 海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://escape72.exblog.jp/tb/24279535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]