GRIMM/グリム シーズン1見終わりました

一応、ネタバレあり注意。




このドラマ、とにかく5話くらいまで全然面白くなかったんですよ(いきなりか)でもやってる時間がちょうどよかったんでなんとなく見続けたらその後は面白くなったんです。普段、つまんねえと思ったら即切りの私にしては珍しい結末でございました。
でもね、そこらの評判見てもだいたい7話くらいまでは評判よくないんですよ。それに仕掛けが遅いと言うか、近年まれにみる丁寧さと言うか、シーズン1は序章に過ぎなかったと言うよくあるキャプションに「マジでそうだよな」と突っ込みたくなるくらい、シーズン1は前フリと思って見れば楽しいです。
私は前の方をあまりに投げやりに見てて、よくわかんなくなってきたのでレンタルで見直しております。

さて、内容にちょっと触れていきましょう。

タイトル通りグリム一族ってのがいて、お伽噺は本当だったみたいな。彼らには人間に紛れ込んでいる「ヴェッセン」(人間の見た目の魔物、と言うか獣?みたいな。このドラマのとっつきにくさはこの固有名詞の覚えにくさもあると思う、ブルットバッドとか狼男でいいだろみたいな。ドイツ語由来なんだろうけど、まったく覚えられん)を代々狩る一族。
主人公のニックはポートランド署の刑事、同棲中の獣医のジュリエットにプロポーズしようとしている日に、通りすがりの女性が異形の姿に見えて驚いた。そうしたら育ての親でもある叔母のマリーが訪ねて来る。
彼女は余命幾ばくもない感じだが、ニックに話さなければならない事があると。ニックがおかしなものが見えたと言うと、目覚めたのねとグリム一族の血を引いているからだと説明(ちなみに母方で両親は事故で死んでいる)
飲み込む間もなくマリーが襲われ、ニックは訳が分からないながらも自分がグリムであると納得せざるをえなくなる。結局マリーも死んで、彼女のトレーラーハウスを引き継ぐと中には代々書き継いで来たヴェッセン事典とか武器とか色々ある。マリーはジュリエットとは別れなさい、危険だからと警告していたが、ニックは別れるつもりなし。
で、このグリムって異様に恐れられてるんですよ。ポートランドには案外ヴェッセンが紛れ込んでてよく事件を起こすんですが、現場で遭遇する彼らはもう「たすけてーころされるー」ぐらいの勢いでニックを恐れます。しかしニック、ヴェッセンが見えるだけで特に変わったところのない普通の刑事なんです。本人もよく分かってないし。それで5話くらいまでは見ながらイライラする事がいっぱい。
でもそれくらいからちょっと面白くなってくるのが、ブルットバッドのモンローの存在。初回で彼を少女誘拐犯と決めつけたニックですが、彼は割と上手く世間にまぎれてるヴェッセンであり、時計職人でチェロを弾き、菜食主義者でピラティスが日課の穏やかな男。これで獣の衝動を抑えて人間界に適応してるとか。ついでに人もよく、誤解が解けたニックに何かと頼りにされ、渋々ながらもニックに色々教えたり、協力したりするんです。
ニックにやたらと都合よく使われているモンロー、グリムに協力するなんて死んだ両親が知ったらさぞ嘆くだろうよとか言いつつ、普通のグリムと違うニックを段々信頼するように。フクスバウのヴェッセンの薬屋ロザリーが気になったり、かなりかわいいんです。彼が目立って来るようになって俄然面白くなりました。
ちなみに私はヴェッセンの各名前、モンローとロザリーのしか覚えてません。ヘクセンビーストとか言われても全然姿が浮かばないでしょ。しかも本体もみんな似たり寄ったりの獣顔か鬼顔だし。アイスビーバーという例外的に分かりやすい種族もいるんだけど。
ニックの上司のレナード警部も何やら訳ありのイケメン。なんかヴェッセンの世界にも色々あって更に王家とやらが7つくらいあるらしく、その内のひとつにグリムがついて均衡が破れたとかうんんにゃら。この辺はまだ謎だし、ニック以外にもグリムは当然いるんだけど、出てきません。警部はハイネスな感じで、ニックの味方ような監視してるようなこれも謎。

そして終盤に入ってようやくグリムが恐れられてるのはヴェッセン探知機だからじゃないとばかりに、ニックも活躍しだします。グリムの武器を使ってみたり、ヴェッセンにやられっぱなしだったのに急に強くなったり。最終的にはかなり強くなりました。
相棒のハンクもジュリエットも巻き込まれる展開になり、最終話ではジュリエットが魔女の猫の引っかき傷で昏睡状態になるわ(眠れる森の美女かな)死んだと思ってた母親が出てきたり(しかも超強い…最近こういう展開のドラマ多くね?)
ちなみにジュリエットには仕切り直しでプロポーズするも、何か真実を言ってないと断られ、最終回で打ち明けるも頭のおかしい人扱いされるニックでした。

もうDVDも出てるので、そこそこオススメです。ただしとにかくシーズン1は前フリと割り切る事が大事。個人的にはお伽噺モチーフ系では一番面白いと思う(他はワンス・アポン・ア・タイムしか見てねえけど)
シーズン3まで順調に放送されてますし。これ大事。
[PR]

by hyakurin | 2013-10-23 04:14 | 海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://escape72.exblog.jp/tb/21331611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]