CSI:12 見終わりました

新主任D.Bラッセル加入の加入があったシーズン12ですが、他にもキャサリンがなんとあの歳でFBIにヘッドハンティングされてみたり、エクリーの娘のブロディが入ってきたり。
これだけで良かったのにキャサリン退場で熟女成分が足りないと思ったのか、ラッセルの元部下でかつて首にしたとかいう因縁がある(捜査の仕方が強引だったようだがはっきりしない)ジュリー・フィンレイ通称フィンも加入しまして、ぶっちゃけ新人が入りすぎて話がとっちらかり過ぎなんですよね、と思ったです。
ブロディは成り行きでホッジスママ(かなり美人)にホッジスの恋人のフリしたばっかりにエクリーも交えて食事に行ったり。この親子不仲だったんだけど、これでほぼ和解。なんか途中まではブロディをグレッグが好きみたいな感じだったんだけど、それもなんあうやむやかな。

ラッセルは死体の横に転がってみたり、グリッソムとは違うタイプの変人だが、妻子ともうまくいってるよき家庭人(孫もいる)そういえば変人ってのも途中からでなくなったなあ。内線電話を使う事を知らず、部下を呼ぶときは大声。
そんな主任の下でグレッグは更にパシリ化というかなんというか。安定してると言うか。

ベガ刑事が悪徳刑事だったとか衝撃の展開あり。最終回でも更に保安官らに汚職があったり、それにあのウォリックを殺した奴(名前が出てこない、シマンスキーだったっけ、調べません)が絡んでたりで突然ニックは腐敗はもうなくなることはない馬鹿馬鹿しいと退職宣言。
そのとばっちりでエクリーは娘といるところで撃たれ生死不明。ラッセルは娘と孫を誘拐されるというこれも何に注目すりゃいいんだっていう多角的クリフハンガーで今シーズン終了。

まあまあ面白いシーズンだったとは思うし、ラッセルも悪くないんだけどフィンは余計だった気がするなあ。ブロディは馴染んだしあのホッジスに親切にしちゃうような変わったところもあるし、エクリーの娘ってのも親子仲も上手く処理したと思うがフィンはなあ、ううん。エリザベス・シューが悪い訳じゃないけど。
またニックの退職宣言がタイムリー過ぎる(今現地で放送中のシーズンで脚本家と揉めて、とりあえず数話は出番なし、その後の状況まだ分からず)
それでもまあまだ見るけどさあ、もうCSIも本家だけだしね。
[PR]

by hyakurin | 2013-09-23 22:28 | 海外ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

トラックバックURL : http://escape72.exblog.jp/tb/21123459
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 笑う社会人の生活 at 2015-02-04 01:18
タイトル : 3期目の主任は・・・
ドラマ「CSI:科学捜査班」シーズン12を見ました。 テレ東にて お昼にやってました 元祖CSIこと ラスベガスですが 前シーズンのラングストンの事件があり、そして本作となるわけで! また今回から新たな主任ラッセルが登場 かなりの変人ながらも妻子もある家庭人で なか...... more