北欧食器が当たるかも!Xmas料理特集!

ヘイヴン-謎の潜む町-シーズン3 1話から3話

ちょっと感想、ネタバレあり。



1話 コロラド・キッドの墓
いきなり腕にサークルマークのついたネイサンがデュークを殺そうとしてる、訳の分からない展開。というか、このシーズンに入ってからのネイサンは相当うざいです…。前の受難をあっさり認めなかったり冷静なネイサンが好きだったのになあ。
オードリーがいなくなったので短絡的にデュークを疑ったようで、お前が殺すに決まってるとか、お前を殺す条件がサークルマークなら俺にもいるって事でタトゥー入れたみたい。あのこのサークル一族ってヤバい人たちなんじゃなかったっけ。いいのか勝手に入れて。
デュークは自分は父親とは違う、とネイサンを一応説得するが。
新聞社兄弟はすっかり仲たがい。ビンスはデイブがオードリーを浚ったのではとか疑ったり、ドワイトに探らせたり。
受難者はエイリアンを信じるUFOオタクで母親がエイリアンに浚われたと思ってたり、本当にUFOを呼んじゃったり大迷惑なヤツ、でも浚ったのはエイリアンじゃないし、オードリーも浚われてる。その母親は後に家畜銃で殺されてるのが分かる。
オードリーが浚われたのはコロラド・キッドの居場所を聞き出す為だった。でもコロラド・キッドは既に死んでいるはず、と一時休戦した新聞社兄弟たちと墓を暴いて見るとそこには死体がない。しかも棺にオードリーの筆跡でルーシーが残したらしいメッセージが。それは「ハンターの前に彼を探せ」でどうやらコロラド・キッドは生きているのではないかと。そして浚った男はオードリー(ルーシー)が彼を愛していたと言う。

2話 心の塩
オードリーが墓の事やメッセージの事をデュークに話しているとネイサンが来る。話したのかと怒るネイサン、まだまだデュークを敵視。デュークがハンターかもとか、近づくなとかただの嫉妬に狂った男にしか見えなくなってきた…。
デュークは俺がハンターを探すと。ドワイトも前回でデュークを見直してて協力。新聞社兄弟に訊く事にするが。結局ビンスのおかげでハンターは人ではなく「ハンター流星群」でルーシーもサラもその流星群の日に姿を消している事が分かる。ハンター流星群は27年後とにあって、あと49日後に起こる、とデュークがオードリーに伝える。
ビンスになぜ新聞を見せる、と怒るデイブだがそれどころじゃないとビンスが新聞社の奥が荒らされ金庫とかまで開けられているのを見せる。自分たちが誘拐者に狙われているかもと。
今回の受難は犬だの動物や家畜を人にしてしまう男。飼い犬が狂犬病で捨てようとした事でその施設の犬がみんな人間になり、町を裸で徘徊したり、暴れたりというもの。最後には犬に戻った別の犬を息子と飼う事に。息子が母が死んだ後、自分より飼い犬のジェシーに懐いたのも受難が現れる一因だったようす。
この回から精神科医のキャラハンという女性が登場。最初はセラビーをただ拒否してるオードリーだが(ネイサンは誘拐されたのが心配で許可、許可も何もやらなきゃいけないんだけど)彼女はオードリーが助けた受難者たちのアフターケアをしていると聞いて少し心を開く。
そしてデュークから自分の運命を聞いたオードリー、ネイサンにはまた言えない。

3話 臓器移植
46日後に消えるなら楽しめよ、とか言ってくるデュークに私は受難者を助けるとオードリー。デュークも後に事情を知ったネイサンも運命に抗わないのかとかオードリーに言うが、オードリーとしてはどうしようもないと思ってるらしい。
口から他人の臓器を盗って生きようとする男、受難に備えてた。そうなると自分の臓器が不全になり移植が必要になる。なので前から精子バンクで自分の精子にすり替え、子供を大量生産。
その内の一人がボストン署の刑事でその相棒のトミーが真相を探りにヘイヴンへ。最初は信じないし、州またぎだから管轄は本当はFBIの事件だぞとか脅して捜査に加わるが、目の前で口から変なの出して自分の子供の臓器を盗ろうとする男を見て納得。ボストンに戻るかと思いきや、問題児というのは本当でヤバい筋からヒットマンを差し向けられ、帰り打ちにして殺した後、田舎町のヘイヴンに引っ込む事に。事情を受け入れて軽く誘ってたネイサンは受け入れるだろうし、これでまらレギュラーが増えた。
その臓器吸い男を殺して欲しい、とデュークに頼む。しかし運命に従う気はないデュークは断ったかと思ったが…結局殺した。そのおかげで臓器を盗られかけて死にそうだった子も治る。デュークは断った後、嘆くその子の母親を見て決断したのでした。デュークが殺さず、ただ死んでたらみんな死んでた。でもこのせいで更にネイサンに警戒されるデューク(ネイサン、馬鹿なのもはや)
そのネイサンにも事情を打ち明け、わざとネイサンの嫌がる事をして自分から遠ざけるように仕向けたオードリー。デュークの事とかで。キャラハンには真相を。自分には時間はないし、前の自分が愛したらしいコロラド・キッドのあり様をみるとネイサンを守るにはそうして愛さなければいいと言う。
デュークもかなり落ち込んでる。
■  [PR]

by hyakurin | 2012-12-29 14:30 | 海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://escape72.exblog.jp/tb/19749115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]