ナンバーズS2 総括

FOXさんがS2を連続放送してくれたので見る事が出来ました。しかしFOXを見るのはDr.HOUSEをS2途中で投げて以来だが、相変わらず画面でFOXが邪魔だなあと。まあS3も見られるみたいだし贅沢は言わないが。
ではちょろっとピックアップして感想書いて行きます~。

#1 正義への報復
なんの説明もなく新キャラが2人もいて戸惑う。ドンとイイ仲なのかと思ったテリーは別れた旦那と元サヤで転勤?しちゃったようで。ドン振られたのか。まあ職場恋愛はいまいち…なのでその方がいいが。メーガンはどうなるのかなとこの時点では思ってた。ラリーに行くとは思わなかった。すげえ上手く行って欲しいカップルだわ。
もう一人マッチョなコルビーも。なんかデヴィッドと衝突ぎみ。ちなみにこの役者さんたぶん私の記憶が確かなら「デッド・ゾーン」の保安官役のブルーノさんの弟だよね。マッチョ度が増していてしばらく気がつかなんだ。
事件は判事の妻が殺されたというもの。結局判事の裁いた事件が元で奥さんが殺されたわけですっかり影響されたのか途中でドンも、こういう事があるから自分も結婚なんてしない方がいいとか言ってますが。
でも最後ナディーン(判事補だっけ…忘れた)とワーキングディナーではあるけど出かけていきましたね。ドンのこういう引き摺らない所が捜査官向きなのかなと思った。

#2 誘拐事件の真相
宝石店の強盗に入った女性が射殺される。しかしどう考えても強盗なんかするような女性ではない事がわかり…。ギャンブルの借金にまみれた弟の尻拭いだったという悲しい事件。宝石店の店主もグルだったり。メーガンのプロファイルが光りましたね。それに数学よりわかりやすいし…。
さてチャーリーはアミタをデートに誘うけど話題が数学しかなく気まずくなって上手く行かなかった。慰めるドンも自分も仕事の話ばっかりだったよと言うがその結末がテリーなわけで。なんかこの辺り似たもの兄弟だなと。

#4 小さな目撃者
母親を殺された目撃者の小さな男の子。本来なら保護局に連れて行かれる所だけどドンはそれが可哀想で実家に連れて行く事に。
なんというかドンのこういう所が好きだなあ。そして傷ついた男の子への父・アランの対応がまたいいんだよな。ドンも昔は我慢して泣いたりしなかった、でも本当は泣きたい時は泣けばいいんだよって。チャーリーにかかりっきりの両親に頼らず強がって生きてきた息子を思い出したのかな。
ドンは中々見た事を言えない男の子を「相棒」と呼んで励まして。
別れのシーンのハグで泣いた。ママの事でドンだって泣いていいんだよか…。

#6 狙いやすい標的
コロンビア革命家の一家の生き残りの青年が暗殺されそうにという事件。
しかしチャーリー、兄貴の命の心配した事がないってそりゃ酷い。アミタとは結局次のデートにも誘えずで親子3人で父親の天敵の叔母の誕生日パーティに揃って出かけて終わりと。ドンも気を使ったのにねえ。

#8 隠された写真
事件の途中で虐待されているらしい少女の写真が見つかって、その件で兄弟が激突。弟は少女を救いたいが兄は事件が先、関係部署にまかせると。どっちも正しいからなんとも言えない気持ちで見てた。メーガンも自分の指示で突入させた部下が死んじゃったのにチャーリーのフォローまでしてるし。いい人だ…。そしてそんな彼女にラリーは花を贈るらしい。おお進展するのかこの2人。

#9 姿なき告発者
薬害を告発しようとするが上手く行かず、売薬に細工してそのせいで被害が…という事件。大企業相手ではこうでもしないとですかね。
エジャートンが再登場。カッコいい。そして本当にとても有名人らしくコルビーがサイン欲しいってワクワクしてて、それをデヴィッドが…って見ててのが楽しい。この2人なんかいいコンビになってきたよ。
犯人を説得するのに「女だから油断する」とメーガンが立候補。それを止めないドン。こっちもカッコいいねえ。そのメーガンはラリーとランチに行ったとか。いいねえ。

#12 報復の連鎖
珍しくデヴィッドが目立ってた。事件はストリートギャング絡みの報復事件で子供が死んでいくのはやりきれないですね。しかも犯人は息子を亡くした父親で…。しかもデヴィッドが説得したけど自殺しちゃうし。でもデヴィッドはその人の代わりにボランティアで子供達に暴力への対処法セミナー?みたいなのを。そしてその施設の女性、捜査中に突っかかられたりした人ともなんか上手く行きそうでいい感じ。デヴィッドって凄く丁寧で紳士で好感が持てます。
エプス家ではアランがデートに再挑戦(前回は贈り物が石鹸で失敗。石鹸って贈り物としては微妙すぎるよねえ)チャーリーもアミタ、とラリーとお出かけ。でも事件後で疲れているようすのドンは一人家に残ります。事件後のドンって凄くダウナーですね。やはりいつでもタフってわけじゃないようでそこが人間的。

#13 賭けの代償
ラリーが昔カジノでカウンティング(ブラッジャックで残りカードを数えて賭ける、簡単に言うけど勿論素人はできません)をしていたのが発覚。最近コールドケースでも似たような話があったな。映画も。ラリーはやめたけどやめなかった仲間が…。
最後家を賭けたポーカーをチャーリーとアランがしてましたけど結果やいかに。

#14 臓器売買
インドから臓器を売りに来た姉妹をアミタが助ける話。アミタはインド系ってのを負担に思ってたみたいだけど姉妹を助けるために一生懸命で、最後には賞をもらったその賞金で祖母とインドへ旅行すると。その上姉妹の学費も出してあげるとか。ホントに胸が痛くなる事件だったけど最後は救われた。ちなみに姉妹が無罪放免になったのはドンのおかげらしい。素敵。

#15 狙われたハイテクマシン
DNA合成機が盗まれる。悪用すれば細菌テロだってありえるので大騒ぎ。容疑者はラリーの教え子でラリーは庇うが、彼が犯人。しかもニセ学生。
しかしそれよりこの話で注目は亡き母マーガレットが実は音楽家志望だった事。でもアランとの生活の為に音楽を捨て法律家になった事。でも家族に内緒でこっそり作曲を続けていた事。それでアランは傷ついているようですがチャーリーが慰めたよ。珍しい。しかも兄弟はピアノを習わされていたとかで最後母の遺した楽譜の曲をドンがたどたどしく弾く音がそこへ聴こえて来て…。いいシーンだった。

#16 追憶
アランには過去に反戦デモで2度の逮捕歴があった。しかも2度目はドンが3歳のときときた。ドンはFBIに入った時に父のファイルを見る機会があったが見なかったらしい。すべて初耳のチャーリーは驚くばかり。私もだ。
途中、自分達のした事は間違ってないし容疑者扱いの男もそんなヤツじゃないし、FBIなんか…と言い出したアランとドンが言い合いになるのが切なかった。
最後、ドンがFBIに入ったのはチャーリーへの対抗心だと思ったという父に反論するドン。そして父親のファイルを見なかったのは信じていたからだと。勿論アランだって今は息子がそんな対抗心で仕事を選んだわけじゃないってわかってますし、FBIに悪しき習慣があった事はドンも認めました。
そしてしばらく見詰め合った後ニヤリと笑って「反逆者め」「政府の犬め」ってお互いに言い合って、それを影から見守ってたチャーリーも安心。可愛い。

#17 マインド・ゲーム
霊能力者を端からインチキと決めてかかってるチャーリーが悪いがちょいうざかった。いや私もインチキだとは思うけどーどー。ドンは実務的だから数学だろうが霊能力だろうが捜査に使えればいいみたいで、その態度がまたチャーリーをいらつかせたか。でもチャーリーも大人気ないよ。
メーガンは自分が4人姉妹の末っ子で男の子を望んでいた父親との確執がある事を言い当てられて動揺。トラウマキャラ化はやめて欲しい…。
最後兄弟がまだ言い争っているとタイミング良く母の写真が壁から落ちる。いいオチ。

#18 イラク人女性弁護士
テロって嫌ですね。しか言いようがないわ。暴力ですべてを奪われた被害者の無念を思うと胸が痛い。
そしてチャーリーの元カノのスーザン登場。アミタは気が気じゃないみたいだけどチャーリーはすっかりスーザンに夢中。一夜を共にしてすっかり復縁する気満々、彼女のところへ行こうとまで思ってたけど彼女にはもう彼がいてチャーリーはいい思い出でした。なんて可哀想に。家族には本気じゃないし、とか強がってたけど。

#19 ハイスクール乱射事件
とっても後味の悪い話でした。どっちかっていうと乱射した側だったチャーリーも色々考えていたようだし。本当にアメリカの学校ってクォーターバックとチアが君臨しててチャーリーたちみたいな子たちには辛い場所らしいですねえ。
そんな中ラリーとメーガンはディナー。自分が望まれた男の子ではなくてでも男の子みたいに育ったからFBIは居心地がいいという話をメーガンがしてました。この2人には上手く行って欲しい。
犯人逮捕の場面でコルビーが生意気なレスリングのスター選手をあっさりダウンさせたのがカッコよかったなあ。ブルーノさんは大層な経歴の持ち主らしい。

#20 狂った使命感
ドンの元カノでATFのニッキーの死体が見つかる。自殺と思われたが…。
彼女をドンは捨てたと旦那に責められてましたが、どうもドンは上手く行きそうになると人間関係をぶっ壊すらしい。仕事のせいなのか育ちのせいなのか…。捜査官は空しいものだ、だから真面目に付き合えないとか言ってアランに説教されてるし。
ニッキーはガンを患っていたとか自殺が濃厚になって行ったけど真相は違いました。彼女のガンの治療薬の費用の為に夫(この人もATF)が銃器を横流ししててそれをドンに伝えようとして殺されたのでした。
チャーリーはこのままドンが仕事だけの人生を送っていたら…と凄く心配してますがアミタにあなたもそうでしょとか言われててなんか面白かった。チャーリーの計算によればドンは家族に対する強い愛情があるから大丈夫だそうですが、その頃ドンは検事補のロビンのお家を訪問中。新しい彼女になるのか。こう切り替えられればドンは大丈夫じゃねと思いました。ロビンは美人だし彼女になればいいのにな。

#21 FBI襲撃
FBIで銃撃戦。巻き込まれて顔を弾丸が掠めたチャーリーはすっかり怯えてます。全然平気なドンにも引いてます。でもアランに世界は安全なばかりじゃないと諭されて。いいお父さんだな。守るばかりでなくときには突き放して見守る。父の理想ですね。
コルビーも犯人を撃った弾が貫通して別の容疑者を殺してしまって勤務も制限されるしでなにやら落ち込んでいます。デヴィッドが心配してる。実はコルビーは従軍中に誤って味方の英軍兵を撃ってしまった過去があったのです。殺した弾は自分が撃ったのかは確認しなかったというコルビー。戦争による暗い影ですね…。デヴィッドと話して少しは救われたかな。
捜査中はチャーリーが引くほどの活力に満ちたドンですが事件が終わった途端、休憩室で放心状態。事件が終わると疲れるというドンを心配したのかチャーリーが「パスタは曲げるとかならず3つに折れるけどそれを数学的に実証したのは20年かかった」とか言い出してパスタを曲げ折り始めます。ドンもやり始めて兄弟和んでいる所へ父登場。でも声をかけるまでもないと言わんばかりにメーガンを食事に誘って行っちゃいます。本当に面白いなこの家族。

#22と23は割愛。23話でアミタがハーバードに誘われていると分かります。アミタは迷ってる?しチャーリーも引き止めたいような…で上手く行かず。

#24 過去からのメッセージ
冒頭、アランが撃たれるのと、母マーガレットが出てきてパンケーキを作る夢を見るチャーリー。母は「何か質問があるでしょ」と。いきなりな出だしで本気でビビったわ。最終話だし。でも終わり方はクリフハンガーでもないし穏やかでした。
事件はレイプ魔が連続殺人犯に…って感じ。最後追い詰めたと思ったら別人で別ルートで1人で探ってたドンがビンゴ。犯人と格闘の末に発砲。被害者を殺した注射を打たれるからこっちでもビビった。
アランも妻の夢を。というかなんでドンは見ないのかしら。マーガレットもドンによろしくねとかだし。そしてチャーリーの質問は自分が大学に通った3年間、母は家を離れて自分に付き添ったせいで父ともドンとも離れた事を後悔してないかと。特にドンだって母親が必要だったのにと。でも母はそのおかげでドンは強くなれた、大丈夫とあっけらかんとしてるし。お母さん、ドンに冷たくないか…。信じてるって事だとは思うけど。そしてちょっとチャーリーを見誤ってた。彼もその事をちゃんと気にしてたんだね。S1ではそうでもなかった気がしたけど。
そしてチャーリーはそのせいでドンって人に頼れない性格になったと。いやでも、今は結構頼ってる気が。
そのドン、実家で発砲についての供述書を書いている。相変わらずお疲れ。チャーリーはドンに昔は独りだったから人に頼らないけど今は違うんだから…と。ドンは自分も強いばっかりじゃないと返します。ただ頼られるからそうもいかないけどと。家族には遠慮しないでというチャーリーにしてないよと照れ笑いで返すドン、可愛い…。
そこへアランが。ドンは発砲した事が納得行かないみたいで(いや正当すぎるほど正当だったと思うが)書類書きが進まないようす。アランが手伝ってやると言うとチャーリーも。「自分の選択を受け入れろ」と言うアランは父らしく強い。

S2も面白かった。どうしても事件より家族に目が行っちゃうけど事件も興味深く見てますよ。そっちもちゃんと面白いです。
そして最後にひとつ。ドンって本当に自分の家(部屋)あるのかね。どう考えてもいっつも実家にいる気がするが。来シーズンはアミタやロビンとの仲は進展するのかな。
まあそれよりラリーとメーガンを応援したいけど。コルビーもすっかり馴染んでいいチームになったし、掛け合い面白いし次もこのまま行って欲しい。
ドンにはこのまま変わらずに、強いけど悩みもあり、でも頼れる優しい人でいて欲しいです。ドンが見たくて見てるから。
[PR]

by hyakurin | 2009-09-16 21:37 | 海外ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

トラックバックURL : http://escape72.exblog.jp/tb/11947357
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 笑う社会人の生活 at 2016-10-02 20:49
タイトル : 数学が事件の謎を解く!
ドラマ「NUMBERS ~天才数学者の事件ファイル~」シーズン2を見ました。 テレ東にて、月~金のお昼にやってました シーズン1も2をやる前にやっていたのですが だいぶ前に見ていたので、シーズン2からで 作りとしては1話完結型の事件捜査モノ 刑事の兄の事件に数学...... more